キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


おねしょのネリー

esprit1.jpg


『007/私を愛したスパイ』に登場した
コーギーの007ロータスエスプリです。スケールは約1/40程度。
これ今でも再販されてますが、私のは1978年頃買った当時モノ。
そのちょっと前にチキチキバンバンのミニカーがまだ売ってるのを
見て欲しくなっていた私は、続いてこのエスプリが新発売になったので、
とうとう我慢できずにコレクションを始めてしまいました。
と言うわけで、これは私のキャラクターミニカーコレクションの
第1号なんです。今出ているバージョンでは窓の処理が変わって、
よりホンモノに近いスリット丈になってますが、これは特別な品なので
それくらいでは買い換える気が起こらないのです(笑)。

esprit3men.jpg
 

基本は潜水体型ですが、ウイングの収納もでき、潜望鏡を押すと一瞬でチェインジ! 
リアのミサイルはフロントの007マークの上の黒い部分を押すと発射します。



この車、映画版原作小説の中では「WET(おねしょの)ネリー」という愛称が
付けられていますが、ネリーというのは『007は2度死ぬ』登場の
ジャイロコプターの愛称、「リトルネリー」と同じなので、
製作者の誰かがネリーって名前がよっぽど好きみたいですね(笑)。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

シルビアに愛を込めて
bentrey.jpg


007関連をまたお見せします。
写真は『ロシアより愛をこめて』の冒頭、
シルビア・トレンチとの最後のデートシーンにチラッと登場するベントレーです。

シルビアというのは『ドクター・ノオ』とこの『ロシアより愛をこめて』に登場する女性で、
当初のプランではボンドの恋人として全作に登場させ、
その恋の行方もシリーズのお楽しみにする予定だったとか…。
しかし、やはりボンドが作品ごとにガールフレンドを変えた方がいいと判断されたのか、
3作目以降は登場しなくなったのは残念でした。


bnt3sides.jpg

このベントレーは1/43スケールで、
デイズゴーンのミニカーをベースに映画の仕様で塗装してます。
原作でのボンドの愛車のベントレーは、映画では確か『ロシア』のこのシーンと
2本の番外編『カジノロワイヤル(コロムビア版)』『ネバーセイ・ネバーアゲイン』
にしか出てきてないと思うんで、新作『カジノ・ロワイヤル』での登場を
希望していたんですが、なぜかアストン・マーチンになっちゃいましたね…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

謎のトミカサイズ、インターセプター
interseptermax.jpg

『マッドマックス』のインターセプターです。
この映画はオーストラリア製で版権管理が微妙だったんで、
なかなか正規アイテムが出ませんでした。
1作目のこの最高の車も、パチもんのプラモやら消しゴムは出てたんだけど、
ミニカーは無し。つい最近やっと1/20前後の大型のは出て、
キャラウィールになるって話もあったんだけど、結局は立ち消えになったようです。

私のコレはトミカサイズのもので、まだヤフオクも無かった頃、
『クワント』っていう雑誌の個人売買のコーナーに
「マッドマックスのインターセプター」って出てたんで
買ってみたら、届いたのがコレ。見事に手作り感覚バリバリです(笑)。


max2side.jpg

上の右は裏の写真ですが、刻印が全部消されています。
右のフロントのupを見てお分かりのように、スーパーチャージャーなんか
ハンダ溶かして作ったんちゃうか? ってシロモノ(笑)。
まぁ、そう高くなかったし、何せ他にまともなブツが無い時代だったので
ありがたく頂戴しておきました(笑)。
このディーラーは他で見かけない007のフィギュアなんかも持ってて、
それも届いたとき、シンナーの臭いがプーンとしてたから、
たぶん、売れたら手作りしてたんじゃないかと思うんだけど、
今となったらかえって貴重ですね(笑)。

このサイズのインターセプターと言えば、
Joy Ride (レーシングチャンピオン、アーテル)の
スクービードゥのセット物の中に
フロントが丸い2灯ヘッドライトになってるピンクの車が入っているのが
話題になりましたが、これを買ったのはそれが出る遙か昔の話です。


サイドの竹ヤリみたいなマフラーとか、フロントのウィンドウ等は
後から自分でディテールupしましたが、まだまだ手を加える余地はありそうですね(笑)。

ちなみにtopの画像は『マッドマックス2』の背景とこのミニカーを
合成したものです。こうやると見栄えがよくなりますよね(笑)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

サンダーボールって、何だろ?
thunderball.jpg

この写真は『007/サンダーボール作戦』に登場した
コーギーの大人気キャラクターミニカー、アストン・マーチンDB5と、
それに合わせてカスタムしたフィオナのバイク(らしきモノ)。

DB5の方はコーギーの名作中の名作で、
数多いバリエーションを持つミニカーでもありますが、
これは通称セカンドと呼ばれているバージョンの再販です。
すでに発売されていたDB4を無理矢理改修したファーストとは違って
最初から「ボンドカー」として設計されただけあって、
助手席射出、ナンバープレート3変化、リア防御版、
ホイール(実車と同じワイヤーホイール)に仕込まれた敵タイヤ切り裂き装置等の、
劇中車の特殊装備をフルに再現したものでした。
db53side.jpg





フィオナのバイクはベース車はトミカのバイクをテキトーに使ったデッチ上げです。
本来はBSRのバイクですが、たしかホンダのを使ったんだっけな?(笑)
こういうモノを作り始めた初期の作品なんで、ホイールを実車と合わすことさえ
していない、今となっては恥ずかしいデキ映えですが、
まぁ、当時、わざわざ日本までこの2台は輸送され、
宣伝用に2台を並べて撮ったスチルが残されてるので、
それのイメ-ジ画像ということで(笑)。


でもこの映画のタイトルになってる「サンダーボール」って、
直訳すると「雷の球」だけど、日本では馴染みが無いものですよね…。
だから主題歌のキメのフレーズ、「奴はサンダーボールのように攻撃する」
っていうのが、今イチ実感わきません(笑)。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ゴッサムシティの悪ガキども
macbat2.jpg


マクドナルドのハッピーセットに付いてくるオマケには
けっこうな数のキャラクターミニカーがあってなかなか侮れないですが、
その中からバットマン関係をお見せしましょう…。
裏の刻印は1991と1993になってますが、
リアルなのと思いっきりコミックスしてるのが混在してるのが笑えます。
どれもだいたいトミカサイズですが、このサイズと造形では、
ヒーローと悪人ってよりは、楽しそうに遊んでる悪ガキども、って感じですよね(笑)。
常にハッピーセットを監視している訳ではないので今イチ解ってないんですが、
この後の『バットマン&ロビン』やこないだの『バットマン・ビギンズ』でも何か出たんでしょうか?(笑)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用