キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


あのバンは今!(w
dekall.jpg
新しいところから、『特捜戦隊デカレンジャー』のデカマシンセット。
戦隊シリーズのメカには車は少なからずあるんですが、
ロボに合体するパーツとして車を使うパターンが多く、
その場合は「ミニカ-」というジャンルじゃなくなっちゃう気がするんで
基本的には収集対象に入れていません。同じ理由でトランスフォーマーもパスしてます。
このデカマシンもロボのパーツですが、ロボ玩具とは別枠で
「ポピニカ」として発売されたので買ってみました。

左から黄色い照明車のパトアーマー、赤い高速車のパトストライカー、
青いヘリコプターのパトジャイラー、緑のトレーラーのパトレーラー、
そしてピンクの水陸両用車パトシグナーの5台がセットになっています。


isetta2.jpg

最初は主役のバンが乗るパトストライカーが目当てだったけど、
手に入れてからはピンクのパトシグナーが BMWのイセッタ(写真はホンウェルのミニカー)
みたいでお気に入りになってしまいました(笑)。
劇中のキャラとしてはウメコよりジャスミンの方が好きなんだけど、それはまぁ、オイトイテ(w

「好き」と言えば、バンの中の人(すません、役者に興味ないんで名前知りませんw)が
深キョンとつきあってるって、報道されてましたね~。
仮面ライダーデルタの中の人以来の逆タマになるかナマ暖かく見守りましょう(笑)。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

巨大な奴等がやって来る!
convoy.jpg

今日の御題は『コンボイ』です。今、日本でコンボイといえば
『トランスフォーマー』の司令官の方がメジャーですが、そっちではなく、
「18輪の大型トレーラーが100台もの船団(コンボイ)を組んで暴走する」、サム・ペキンパー監督の映画です。

この映画が日本公開された1978年当時、「コンボイ」は日本では馴染みのない言葉だったので、
すっかりこの映画のイメージと共に心に焼き付けられてしまいました。
ちょうど『トラック野郎』のブームに重なり、街を走るデコトラの美しさに目を奪われたりもしたんですが、
やはりトラックのデカさが違いますよね。
スピルバーグ監督『激突』の、あのモンスタートラックの驚異が再び登場したようなもので、
「巨大な奴等がやって来る、地響き立ててやって来る!」という感じの宣伝文句に違わぬ大迫力を
映画館でたっぷり堪能させてもらったものです。


convoy3sides.jpg

このミニカーはアーテルの「トラックス・オブ・ザ・ワールド」の1つで、全長16cm。
スケール表示は無いものの、他のアーテルのモノから考えても1/64程度と思われます。
ちゃんとフロントカバーが外れ、エンジンが再現してあるのも、この大きさならではでしょう…。
このシリーズの存在は全然知らなくて、このラバーダックトラックを見つけたときに、
ジョニーライトニングの劇中車シリーズみたいな「映画に出てくる有名トラックを集めたもの」で、
他にも、『激突』のや、『007/消されたライセンス』のがあったらいいなぁと思っていたんですが、
他に数個見つかった例から、残念ながら「有名トラックを集めた中にたまたま劇中車があった」ようでした。



hakoeura.jpg

パッケージイラストが楽しく、主人公の通称である「ラバーダック」もユーモラスに描かれています。
ちゃんとこのシンボルマーク、小さいながらもボンネット中央にも銀メッキで取り付けられていて、
このミニカーの価値を高めています。

そのうち、映画冒頭のように、ジャガーEタイプのオープンと競演させようと思ってますが、
ちょっと探した範囲ではトミカサイズのEタイプのオープンは見あたらないので、
食玩のブツを手に入れ、屋根を切ってカスタマイズしようかと思案中です。
古いプレイアート(のポケッター仕様)なら持ってるけど、さすがにそれをつぶすのは忍びないし(笑)。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

頑丈フォワードでガッチリスクラム!
carrymain.jpg

今回の御題は西部警察シリーズのファイナル、ダイヤペットの西部警察キャリアカーです。
これは劇中に登場する車ではなく、ロケやショー等への大門軍団スーパーマシン群の
搬送用の車ですが、いすゞフォワードを使ったこういう車両まで商品化してくれるところに、
ダイヤペットのミニカーブランドとしての奥深さを感じます。
ダイヤペットは元もと、この種の実用車・大型車をラインナップに加えており、
一定の確実なファン層がいたからこそ、西部警察オンリーのファンにはうけるかどうか微妙な
このトランポーターを、シリーズの末尾を飾るC-7として加えたのでしょう…。

carry3sides2.jpg

フロントに取り付けられた2つの大きな拡声器がいかにも西部警察という感じで、
このまま劇中に登場しても何の不思議も無い感じがします(笑)。
写真が小さくて判別しにくいですが、側面には「西部警察PART・III」のロゴと写真が使われているため、
そのパート3の頃のキャリアカーのミニカー化だと思われます。
スケールはさすがにレギュラーの1/40という訳にはいかなかったようですが、
1/55という微妙な縮小に留めたため、並べてもさほど違和感が無いだけでなく、
ちゃんと上部にはマシンRSやスーパーZを置くことができるという、
「キャリアカーの使命」を解っている仕事ぶりにうならされます。

このダイヤペットの「西部警察キャリアカー」、残念ながら売れ行きは
それほど良くはなかったそうで、そのせいか一時はトンデモない高値が付いてました。
けれどもここ一年ばかりは、デッドストックでも見つかったのか、かなり買いやすい値段で
新品が出回るようになったので、今が手に入れるチャンスかも知れません…。



先月末に登録し、実質今月初めからスタートしたこのブログですが、
おかげさまで昨日カウンターが1000を突破しました。
いつもコメントをくださるみなさんはもちろんのこと、ROMって下さってる方々にも
厚く御礼申し上げ、またの御来場を心からお待ちいたします。m(_ _)m


それでは、1000達成記念に、西部警察大門マシン軍団の揃い踏みをお見せしましょう!
これまで紹介してきたダイヤペットやスカイネットのモデル総出演で、
全然スケール違いのカタナだけを他のオモチャで代用した現状のマイベストコレクションです!(笑)
サムネイルをクリックすると拡大するので、頑丈フォワードの元、ガッチリとスクラムを組んだ
大門マシン軍団の勇姿を、いつもより大きいサイズで御覧下さい。

daimongundanfull.jpg


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ヤフオク画像によりますとぉ~
ironsidemain.jpg

♪チャッ チャラッ チャ チャッ チャ~♪
というセンセーショナルなファンファーレと共に、エログロナンセンスなニュースの数々を
ひたすらオモシロオカシく伝えまくった伝説の番組『ウィークエンダー』から
早、ウン十年。司会の加藤義郎さんも今や亡く、チンチクリンのブスレポーターだった
泉ピン子が大女優として君臨する今日この頃ですが、
今日の御題はその『ウイークエンダー』ではなくて『鬼警部アイアンサイド』です(笑)。

長いマクラのわりに何の関係があるんだとお怒りの方もいらっしゃるかもしれませんが、
最初のファンファーレ、実はあれこそ『鬼警部アイアンサイド』のテーマ曲の一部なんですね。


quincy.jpg

「愛のコリーダ」の大ヒットでも知られるディスコやソウルミュージックの巨匠
クインシー・ジョーンズ作曲のこの曲は、『鬼警部アイアンサイド』という番組の印象が薄れ、
再放送も難しくなった今の日本のテレビ界では、ひょっとしたら、
「ウイークエンダーのファンファーレ」という印象の方が強くなってるかも知れません。


weekender.jpg

もっともその『ウイークエンダー』も、ナマだったし、ワースト番組常連で再放送はまず不可能で、
つまりこの曲は使われた二番組共に再放送困難という不幸な名曲になっているのです。
まぁでも、最近になって映画『キル・ビル』でも使用されたそうなんで、
今後は『キル・ビル』のファンファーレとして記憶されるのかも知れませんね(笑)。



Ironsidepeople.jpg

エログロ番組だった『ウイークエンダー』と違って、日本では、1969年から1975年まで
TBS系で放送された『鬼警部アイアンサイド』の方は、骨太の社会派刑事ドラマでした。
じゃあなぜこちらの再放送が困難かと言うと、上の写真でお解りのように、
主人公のアイアンサイドが悪人に狙撃され半身不随となり、
車椅子に乗った姿で登場するからなんです。

もちろんこの番組には障害者に対する差別意識なんかカケラも無く、
むしろ悪に屈せずハンディキャップにもめげずに、悪を追いつめるアイアンサイドと
その協力者たちの人間味あふれる姿を描いているのですが、
日本という国には、傷害のある人々の姿を積極的に人前に晒すべきではない
という風潮があるため、今後の地上波での再放送は難しいでしょう…。
平成に入ってからその圧力は強まる一方で、今の仮面ライダーが改造人間でなくなったのも、
理由の根っこは同じところにあるらしいという話も聞いたことがあります…。


ironside3sides.jpg

さて、このミニカーですが、コーギージュニアで全長6.6cmのトミカサイズです。
1969年頃に出た商品のようで、存在だけは昔から知っていたんですが、
実物は見たことがありませんでした。

というのも、このミニカーには大変凝ったギミックが用意されているんですが、
真面目に番組の設定に沿って作った結果、良くも悪しくも強烈な印象を持ってしまったのです。

いろいろ説明するより、実際に見てもらった方が早いので、
そのギミックの動きをgifアニメで再現してみましょう。
ironside.gif


もちろん、自動でこう動く訳ではなく、ドアの開閉は完全手動で、
車椅子がせり出してくるのは、側面にある黄色いレバーを操作することで動き、
最後のリストの上下動もまた完全手動です。

それにしても大変凝りまくったギミックで、フィギュアなんて後の黒人で
たったの16mmしかないのに、この細かい造形と塗りです。

これを当時与えられた子供がいたとしたら、どんな反応をしたことでしょうか?
さすがにこれを使って、子供が好きなミニカーをガチャガチャぶつける遊びをやることは、
はばかられたと思うんですよ。
だから、売れ行きもそれほどではなかったのか、今日見つけることは難しい一台です。
特に日本では、正規輸入はされたんでしょうかね~?
この通りのルース品ですが、手に入れるどころか実物を見るのも私は今回が初めてです。

ヤフオクで落としたんですが、「コーギーの古いミニカーセット」という感じで出品され、
何台かまとめたそれぞれの説明は無く、程度も良くなかったので、
1000円スタートで他に入札者もなくそのまま落札できました。

yafugazou.jpg

ヤフオク画像の左の写真でもはっきり解るこの車の特異な形(ワーゲンの改造という説アリ)を
憶えていて、なおかつ右の暗い裏板の写真から、見えにくい車名や後部扉が無事らしいことを、
それこそ親に隠れて『ウイークエンダー』の再現フィルムを見ていた時のように、
必死になって読みとった眼力の勝利ということにしておいて下さい(笑)。
(ホカニ コンナノ ダレモ ホシガラナイ ノカモ シレナイケド…)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

アンカーはアンカー(w
ancermain.jpg

『グランプリの鷹』特集、最後の3回目を飾るのは、カトリレーシングチームの
トランスポーターであるアンカーです。
これは覆面えるさんねこざかなさんとのトランスポーター勝手連で、実はこのタイミングで
『グランプリの鷹』をやったのはそのためだったりします(笑)。

正直、このメカの印象はあまり無いんですが、ポピニカの箱の裏には「トドロキスペシャルを
レース会場まで搬送するのがこのアンカー。もちろん世界各地を転戦するアンカーの内部には
トドロキスペシャルのどんな部分が破損しても、たちまち修理・交換ができるよう、あらゆる部品と
工具が整然と蓄えられている。いわば、カトリ・チームの頭脳ともいえる車だ」と解説してあります。
移動修理工場を「頭脳」と表現するのは違うんじゃないかという気がしないでもありませんが(笑)、
それだけ重要なメカということを言いたかったんでしょう。

tokura.jpg
解説と一緒にドライバーとして都倉鋭夫というおじさんの顔も載ってるんですが、
この名前、ググッても関係ない2件しかヒットしません……。
『グランプリの鷹』関連のコンテンツはけっこうあるんだけど、
そこでも触れられてないって事は、特に活躍するエピソードも無かったんでしょうかねぇ…。


そんな感じで影の薄いアンカーですが、ポピニカにはスタンダードとDXの2種が用意され、
DXの方は、トドロキスペシャルやカトリスーパーロマンのスタンダードと組み合わせた
遊びができる、全長20.2cmのサイズにしてあります。

anceropenslide.jpg
屋根の後部分が斜めに下がって、後ろのパネルと一体化し、坂道を作り、
屋根に置き、車止めでストップさせていたトドロキスペシャルを、ボタン一つで転がり下ろす、
というのがそのメインの遊びですが、そのタイヤ止め辺りの造型がホンモノの整備工場や
パーキングみたいで、なかなか男の子の遊び心をくすぐる仕組みになっています。

DXはDX、スタンダードはスタンダード同士でなくこういう変則的な組み合わせにしているのは
さすがバンダイですが(笑)、 あまり大きくする訳にもいかず、苦渋の選択というところでしょうか…。
トドロキスペシャルのところで触れた、「後ろ横四輪にできない理由」というのは、
実はこのアンカー絡みです。というのもそうすると引っかかって遊びにくくなるんですね(苦笑)。
カトリラリーバージョンは問題ないから、同じような細い横四輪ならばトドロキスペシャルも
よかったのに、このあたりインパクト重視した弊害でしょうか?
また「赤にしたくない」理由の一つもそこにあり、アンカー、ラリーバージョンが白と青主体なんで、
それにはトドロキスペシャルTS1の色使いが一番似合うんですよね。


ancer3sides.jpg

今回お見せしている品は二年ほど前に近くのマニア系リサイクルショップで、
中古破損品で2000円で手に入れた物です。全体の程度はまぁまぁでしたが、
リアと片サイドのパネルが失われた状態でした。パネルはプラ版等で補修できそうだったし、
完品は当時からオクでもあまり見ないんで、押さえのつもりで買ったんですが、
今日ではこのDXアンカーはルースでも五万円超とか付くようになっちゃたんで大正解でした。

『グランプリの鷹』にはこれまでに登場した3台の他にも、カトリファンタジーというGTカーや、
最終的に主人公が乗るFゼロのサムライ、それからイザベラのカウンタック等が登場するんで、
何かアイテムがみつかって手に入ればまた取り上げたいところです…。

それでは最後に、今ある3台の原寸大に近い写真を御覧下さい。
やはりトランスポーターは迫力が感じられないとね!(笑)
サムネ表示なんでクリックしてどうぞ!
ancerfull.jpg


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用