キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


謎がいっぱい旧サイクロン!
oldcycronmain.jpg
今日は『仮面ライダー』の2回目で旧サイクロンを御題にします。
なんでこっちから始めなかったのかというと、ポピニカ(改造)サイクロンの方が商品としては
先に出ていたことと、旧サイクロンには謎が多く、前回のDCD映画版と2本立てでは
語りきれない危険性があったからです(笑)。

ということで改めましての旧サイクロンですが、やはりこっちこそが本物のサイクロンという感じで
当時から今に至るまでずっと一番人気なのも当然です。
それなのにこのタイプ、本放送当時はあまり玩具化に恵まれませんでした。
ちょうどブリキ玩具の黄昏時期にあたっていたし、形が流線型でそれっぽかったため、
ブリキ製のモノは出たんで、最初に出た50円のに飛びついたんですが、
バイクとライダーが一体化したそれはあまりに不格好でチープでした。

bandaiplamo.jpg
当時モノで満足できる出来映えの品といえば、バンダイのプラモデルでしたが、
この当時のバンダイ模型のカタログでは模型の写真の上段に載ってる
当時1日20円のおこづかいを3日ガマンすれば買える50円のや、
その上のクラスの250円のプラモは、ライダーがサイクロンに乗ってなかったんですよ!
写真下段の500円ゼンマイ動力キットはしっかりライダーがまたがっていて、
大きさプロポーション共に最高の出来映えの素晴らしいキットでしたが、
小学生が25日も何も買わずにガマンできるもんかよヽ(`Д´)ノウワァァン!!  
この種のプラモは当時は売れたらそれっきりだったので、学校帰りにお店のウインドウ越しに
毎日のようにジト目で眺めてる私の前から、そのうちに姿を消してしまうのが日常でした…。
戦車のとこで書いたように、極まれに父親やそのヨッパライ仲間が買ってくれることもあったけど、
そんな奇蹟はめったに無かったですねぇ……。


oldcyclon3sides.jpg
で、結局、自分の元に旧サイクロン玩具が来たのはそれから25年経ってからで、
最初にお見せしている1996年発売のダッシュバイカーセット付属のモノが最初でした。

dushbikerset.jpg
これはアクロバッター風の巨大な基地から、ライダーが乗ったバイクが打ち出されるオモチャで、
ポピニカサイズで旧サイクロンが製品化された最初だったと思います。
雑誌で発売を知った私は、巨大ステーションも、他に付属のV3&ハリケーンも、
RX&アクロバッターも不要でしたが、旧サイクロン目当てですぐに買っちゃいました(笑)。
硬質プラ製で約10.3cm、関節可動の人形が付いてるのはいいんだけど、
乗せると3面図写真のようになんともみっともない状態になるから、
これはむしろ乗ったポーズで固定されて方がよかったような気も……。

tamasiicyclon.jpg(参考写真)
この後、バンダイからいろんな企画で旧サイクロン玩具は発売され、
写真のポピニカ魂やメタルメカコレクション、はたまた食玩のライダーマシンコレクションのモノは
すばらしい出来映えだと思いますが、やはり最初ということで今回はコレをお見せしています。

T20250.jpg
実車の旧サイクロンは、ベースはスズキのT-20(左)、またはT-250(右)といわれています。
劇中では本郷の乗るバイクが変形するように描写されてますが、
あのバイクは実はあのシーンだけのシロモノなんですよね(笑)。

cyclonhensin.jpg
この写真では明かですが、なんと前輪の無い、たぶんエンジンもかからぬスクラップなんです(笑)。

kamenriderhakkou.jpg
あの最初期の、サイクロンを使っての変身シーン、
「本郷が白いレバーをひねると両脇から白いカバーが飛び出してカウリングを形成し、
 サイクロンへと姿を変え、いつの間にかライダースーツをまとった本郷の頭に仮面が装着され、
 光り輝いて高速走行に移る」というあの一連のシチュエーション、
当時、あのシーンのカッコヨサにしびれなかった男の子はいなかったでしょう。
でも、変身前はいわゆる常用サイクロンに乗っていたというのは前回お話しした通りで、
あれはホンダのSL350K1なんでメーカーからして違います(笑)。
では、この撮影に使った前輪の無いバイクが何かというと? 
タンクが細いのでスズキのT-20でもT-250でもなさそうですが、デザインが共通なので
同じ頃のスズキのバイクの排気量が小さいモノなのかも知れません…。


oldcyclon3type.jpg
旧サイクロンにはカウルの違いが3種類あることはよく知られています。
カウル正面のタイヤ部分の上に完全な四角い窓があるモノ(写真左)、
その窓部分の下が切り裂かれたモノ(中央)、完全に窓が無くなったモノ(右)がその内訳で、
最初の2つは、変身のバンクやタイトル部分にしか出て来ないし、
完成形である窓無しタイプでは脇の赤いストライプが、短くなって先の方を消したような感じなので、
当初は窓付きで撮影するつもりが前輪に引っかかったので、まず下を切り裂いて、
それでも、たぶんフロントフォークが沈み込んだ状態でハンドル切ったら引っかかったとかで
走行に支障があったので、ついには窓部分を完全に削り落としたのではないかとする説が有力です。

そしてさらに、旧サイクロンには1台だけだったのか、それとも2台あったのかという謎もあります。
関係者の証言では1台しか無かったという人がほとんどです。
しかし一部の資料本で2台説を唱えてあり、根拠はライトとライトの間の間隔が違う写真があるとか、
ライト部分とカウル本体にギャップや溝が見える個体とそうでないのがある、
ということらしいんですが、ライトの間隔は計った訳じゃないと思うし、
ギャップのウンヌンに関しては、白は光の当て方によってはディテールを飛ばして写ってしまうんで、
これもちょっと弱いです。
二台並んで写ってる写真があれば決定的なんですが、見たことはありません。
それに旧サイクロンのカウルは原型から作られたハンドメイド品なんで、
型からまた抜いたとしても、窓付きの状態でしかできてこないはずだから、
それをまた削りこんで完成品にするのはすごい手間だと思うんですよ。
予算も時間もギリギリだった、あの番組の最初期に、はたしてそれをやるかなぁ? 
というのが正直な感想です…。

このあたりどうか情報お持ちの方はお教え下さい。m(_ _)m


この旧サイクロン、一文字編に移ってからもしばらくは登場しますが、
やがて改造サイクロンに変わってしまいます。
新1号編で登場する新サイクロンの場合は新マシンとして登場編をやりますから、
あくまで劇中設定では旧サイクロンと改造サイクロンは同じマシンだと思われます。
一文字編では第1話であからさまな後付のリモコンボックスが付いていることは
みなさん憶えてらっしゃると思いますが、その他にも違いがあります。

まずこの写真を御覧下さい。
oldcyclonizu.jpg
バックに写っている球体モニュメントは伊豆シャボテン公園にあったモノなので
この写真はサボテグロン編で取られたモノだと解りますが、
ここでは旧1号編の完成形と違いは見つかりません。

oldcyclonkirisaki.jpg
ところがこちらの2号編の中期に撮られたと思しい写真になると、
側面の立花レーシングチームのマーク辺りが切り裂かれて、中身が露出していることが解ります。
ドロか何か詰まってメンテしにくかったか、あるいはこの辺りはキックペダルが来る場所なので、
それ絡みでここを覆っておくことに何か支障が出たんでしょうね…。


と、このように旧サイクロンには謎がいっぱいなので、何か新しい写真を見るたびに
しげしげと見つめてしまい、その瞬間がまたとっても楽しかったりするのです。ヽ(´ー`)ノ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

走れ、流星のマシン!
newcyclonmain.jpg
仮面ライダーのバイクの完成形として、36年もの歳月が流れても現役で、
しかもそのカッコ良さを全然失わないのが新サイクロンです。
『仮面ライダー』第6クール3話目の第68話に登場したこのニューマシンは、
わざわざ劇中でお披露目をしているので、強力な秘密兵器として導入されたことが解ります。
この回の怪人はイカデビル、ということはつまり、あの死神博士の正体な訳で、
新サイクロンの完成に大喜びしていた子供たちは、立花の親父さんが敵に捕らわれ、
新怪人のコーチ役を引き受けるという展開にドギマギし、
しかもその怪人の正体が死神博士で、最後には死んでしまうという結末にあっけにとられました。
すでに初代大幹部のゾル大佐の戦死はありましたが、地獄大使登場後もショッカーの頭脳として
健在だったあの死神博士があっけなく散るとは意外で、ショッカーとの戦いが
いよいよ最終局面を迎えるのだなと子供心にも思ったものでした……。

新サイクロンのTVへの登場は本来ならば第6クール開始と同時に行われるはずだったんですが、
このクールの撮影開始時に、『仮面ライダー』の撮影を優先させようとした東映からの横車で
他局番組への出演ができなくなった藤岡弘氏の失踪事件が勃発しました。
幸か不幸か主役無しの状態は旧1号編で経験済みのスタッフは、最初の2話の予定を変更し、
本郷猛が極力画面に出ないような話に変えて急場をしのぎ、本郷無しでは成立しない
新マシンお披露目は藤岡との話し合いがついて撮影に復帰した3話目へとずれ込んだ訳です。
このあたりの事情は複雑なんで、誰が悪いと一概には決められませんが、
1年ちょっと前に自分の無謀運転が原因で撮影に大穴を開けたのを、
大勢のスタッフや佐々木剛さんの踏ん張りにより、不振だった番組を盛り返してもらい、
しかもケガが治った後に主役として再び迎えてもらったのに、
その後たった3ヶ月で他の仕事に目移りして失踪するというのは、
いくら若気の至りとは言え、ちょっと私には理解できないとだけは書いておきましょう…。


まぁ役者の話はこのくらいにして、この新サイクロン、ビキニカウルをまとっているのは
改造サイクロンと同じですが、そのカウル部と、それから本体の外装パーツにも
丸みを持たせたデザインのため、直線的イメージが強かった改造サイクロンよりは、
旧サイクロンのイメージを強く感じさせ、やはりあのデザインこそが
仮面ライダーの相棒としては一番しっくりくるんだなと改めて思わせるものでした。


ベース車はスズキハスラーTS-250III で、オフロード用のバイクですね。
TS250-3catalogue.jpg

hongonewbike.jpg
なお変身前に本郷が乗っているバイクは同じスズキのGT380Bで、
劇中ではあのバイクが新サイクロンに変形するという設定なんで、
似たカウルを着装してイメージが近づくように装ってるものの、結局また違うバイクを使ってるのは、
やっぱハスラーじゃ、普段のバイクとしては細身だったからでしょうか?


新サイクロンの塗装には大きく分けて2つのパターンがあります。
sincyclon1st.jpg
1つ目は73話まで使われたタイプで、ライトは黄色で、カウルは白と赤の2色ですが、
正面から見える部分全体がかなり下の方まで白く塗られており、
そのためちょっと肥大した感じで、カブトガニとかガチャピンっぽく見えます(笑)。

sincyclon2nd.jpg
2つ目は74話から使われたパターンで、赤の部分の面積が拡がり、
2つのスリット部分を超えて正面の矢印のすぐ下までVの字状に塗られ、
ライトの下部分は青に変更されたため、全体に引き締まった印象を与えるようになっています。

sincyclonskylast.jpg
また『仮面ライダー(スカイライダー)』放送時にはバンダイ(ポピー)から
歴代ライダーバイクの玩具が発売されたため、その販促として実車もリメイクされ、
最終回等の本編にも登場してますが、この時は125ccのハスラーを使ったようで、
全体に小振りになったうえに、カウルの造形だけが肥大した酷いモノだったので、
このタイプを嫌う人は多いです。('A`)

さらに近年はCM撮影やイベント展示用に、今のバイクをベースにした新サイクロンがありますが、
これは非常にオリジナルタイプに似せてあるため、ほとんど違いは解りません。
なおこのタイプは夏公開の『オールライダー対大ショッカー』にも登場するので、
めでたく正規版の仲間入りですね。


newcyclon3sides.jpg
お見せしているのはバイク本体はプラ製の玩具で、『仮面ライダースーパー1』放映当時の
「仮面ライダー・スーパーマシンセット」のモノと思われますが、バラで入手したんで確証はありません。
全長約9cmで、ちょうどポピニカサイズですが、この個体も相当バチアタリで(笑)、
1980年代前半にポピニカのスカイライダーまでを安価で揃えた後の入手だったんで、
何よりも同サイズの新サイクロンということが貴重だったため、本来乗ってた消しゴム人形を外して
本体をリペし、手元にあったポピニカサイクロンの3期からフロントの立花レーシングチームマークを
はがして移植し、乗っているライダーはそのズングリムックリの体型を活かすべく、
ポピニカサイクロンの1期のフィギュアをリペイントして、深緑マスクの新2号として乗せています。
つまりこのモデルを完成させるために、3つのヴィンテージ品を破壊してるという訳で、
今考えるとモッタイナイの極みですが、当時、スキャナやプリンタは無いし、

tachibanamark.jpg
この立花レーシングマークは、5mmの小ささでカッコよく手書きするには難しいし、
その頃は自分的にはポピニカはダブってたんで、そういうムチャもやれた訳です(笑)。

今日では新サイクロンの精密玩具もたくさんありますが、
いろいろムチャしてこしらえたこのオモチャが、私の若気の至りとして愛着を感じてます。ヽ(´ー`)ノ


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

西部警察のバイクたち
昨日は石原裕次郎二十三回忌がつつがなく大々的に行われてましたね。
まだちょっと情報を集め中なんで、当ブログで取り上げるのはしばらく後になりますが、
まずは無事に済んで何よりでした。

さて、それにちなんで今回はまた西部警察ネタです。
特殊装備付きスーパーパトカーが『西部警察』のメカ部門での大きな魅力ですが、
七曲りジャナクテ、曲がりなりにも警察ものである以上、普通のパトカーや白バイも登場します。
舘ひろし氏はバイクがメインだったし、御木裕氏演じるジョーこと北条卓も、白バイ隊上がりでした。
中でも舘氏は前身がソッチ系なだけにバイクがとてもよく似合い、
ハトの戦闘服も胸にぶっとい赤いラインの入った黒い皮ツナギでしたね。
さてその舘氏は2つの役で『西部警察』に登場しますが、そんなに違いがある訳ではありません。

tatuharley.jpg
最初の巽はハーレーを乗り回し、後の鳩村はアメリカ帰りと、どちらもアメリカと縁が深いし、
役作りやセリフ回しも似たりよったりなのは、この頃の舘氏の演技力の限界もゲフンゲフン…w
強いて違いを挙げれば、タツはジーンズ派だけど、
ハトはツナギを脱げばソフトスーツ派というくらいでしょうか?
ではなんでわざわざ役を変えたかというと、実は舘ひろし氏の都合だったんですね……。

『西部警察』の撮影開始時にレギュラーで誘われた舘氏は、その頃はTVより映画の仕事に
比重を置いていて、既に主演映画『薔薇の標的』の撮影が決まっていたんで断ろうとしたら、
「それまでの間でいいから」と再度口説かれたんで重い腰を上げたんだそうです。
石原プロ側も最初は舘ひろしにそれほどには期待してなかったということでしょうか?(笑) 
実際に『西部警察』の撮影に入ってみると、石原プロの仕切りが非常に自分に合ってることを感じ、
良い感触を持った舘氏は、約束通り半年で殉職し一旦リタイヤした後、
巽殉職への抗議の声が圧倒的に高かったことから再度の登場を打診してきた
石原プロにOKを出し、今日まで続く太い長い絆を結ぶことになった訳ですな。

part2member.jpg
まぁ男の中の男である石原裕次郎や渡哲也の薫陶を直に受けられるんだから、
芸能界にお金だけじゃない何かを期待しているなら、こんなに居心地の良い場所は無い訳ですよね。
たとえば1984年元日スペシャルだったパート3の「燃える勇者たち」では勝新太郎が登場し、
ハトは完全に子供扱いされますが、これなんかも男磨きの絶好の機会だったことでしょうね(笑)。
hatovskatsu.jpg
この場面は勝新の扮する謎のマジシャンの楽屋に潜入したハトが、
それを察知し物陰に隠れていた勝新にピストルを突きつけられ、
眼前で引き金を引かれてやられたと観念したら実は……というシーンで、
当時の舘ひろしと勝新太郎の格の差をいやというほど見せつけられることになるんですが、
ここで怒ったり腐ったりしてはその後の成長は無い訳です。

対照的な話として『太陽にほえろ』の方ですが、大病を押して出演していた裕次郎御大の出番を、
少しでも彼の負担を減らそうとしてまとめ撮りしていたところ、
そのために待ち時間が生じた他の俳優の誰かが「石原さんだけ特別扱いかよ」と言ってゴネて、
渡氏を激怒させたというゴシップがありますが、舘氏がそんなアホンダラでなくて何よりでした(笑)。
石原プロ入りした俳優は他にもいますが、芸能界に確固たる地位を築きながら今でも辞めてない
舘氏や神田正輝氏は一本筋の通った本物の漢だということなんでしょう。


さて、そんな舘氏が劇中で乗るバイクですが、正規商品化されてるのはカタナです。
ダイヤペットで他のと釣り合わない1/17スケールのと、それからチョロQ、
そして最新のブンカオリジナルの1/12のがあります。

cyoroQkatana.jpg(参考資料)
たとえばこういうパッケージのチョロQは、定期的に再販されてるようなので
手に入りやすいんじゃないでしょうか?
以前、西部警察メカ勢揃いの写真をUPした時ににぎやかしで添えたチョロQは、
正規版ではなくて、銀の通常版を黒く塗ったインチキでしたがw


ダイヤペットでは黒と白の西部警察仕様が出ていて、どちらもシリーズ屈指の入手困難さなんで、
私は「どうせ並べられないし、(゚⊿゚)イラネ」と酸っぱいブドウ状態だったんですが、
素晴らしい幸運のおかげで入手が叶いました! 
なんと近くのリサイクルショップから500円で掘り出したのです。
店のオヤジは最初強気で800円と言ってきたんで、あまり乗り気でない風を装うために
「500円なら買う」と答えたら、シブシブそれで納得しやがりました。
この幸運の産物ををそのまま写真に撮ったのではモッタイナイとばかり、
ハトのカタナらしさを出すためにアングルにも凝って、いつもとは違った感じでお見せします。

hato.jpg
どうですか、暗闇にとけ込む漆黒のボディとキラリと光る「西部警察」ロゴ、
これぞまさにダイヤペットの至宝、ハトカタナです。






katanakoware.jpg
とか書いておいて、本当はこの個体は、後半分しか無いんですけどね。('A`)
そうなんです、前の車輪がハンドルやシャフトごと無くなってる大ジャンクで、
ニコイチしようにも特殊なスケールなんで、部品を流用できそうな他の模型は無いし、
ダイヤペットのカタナ自体がレアだから、ずっとこのままだろうなぁ……_| ̄|○
いや、値切ったのもだからなんですよ。完品だったら800円でもホクホク買ってますって(泣



ブンカオリジナルのは出たばっかりで、13650円もするんでとても買えませんが、
bunkakatana.jpg(参考資料)

メーカーのセールストークによると
★人気刑事ドラマ 鳩村刑事 仕様車です!
★初期型の特徴である、バックスキンタイプのシートを再現
★フロントアンチノーズダイブのパイピングを再現
★フロントカウルを割らずに一体成型で再現
★ヨシムラ機械曲チタンサイクロン仕様    だそうです。

あれ? 『西部警察』とは書いてないなぁ? でも「鳩村」にはなってるし……。
ハトのカタナってSUZUKIの文字が赤いはずなんだけど、そこも違う……。
なんかちょっと疑問が残る商品ではありますが、詳細御存じの方、お教え下さい。m(_ _)m 


まぁこれだけで終わるのも何なので(笑)、トミカの白バイ2種と、
最近ハトのカタナとして私が使ってるたぶん缶コーヒーのオマケをお見せしましょう。
katanasiroby.jpg
トミカの2つはたぶん1/36スケールで、こうやって並べるとカタナが小さい(1/43?)のが
モロバレですが、なぜかトミカで出てないのでガマンです(笑)。
トミカの白バイはたぶん大きく分けて3種はあって、写真中央のホンダCB750Fベースの奴と、
右の今も売ってるVFR800Pと、ここには写ってませんが、ネイキッドのヤマハTX750です。
CBにはカウル無しと有りがあるので、TXにもカウル付きがあるのかも知れません。
VFRのネイキッドってのは想像付かないので、たぶん無いでしょう(笑)。

横に添えてるのは、自作の、ハトフィギュアと、元白バイ隊員ジョーフィギュアです。
ダイソーの海賊フィギュアを改造して作ったんですが、
NET上に素晴らしい『西部警察』のカスタムミニカーやフィギュアを多数発表されておられる
さとやんさんに触発されて作ったものです。さとやんさんからはメールで
アドバイスや励ましの言葉まで頂きましたので重ねて御礼申し上げます。m(_ _)m

なお、このフィギュア、御覧の通りスケールは1/40程度なので、
細かい部分は御容赦下さい(笑)。


『西部警察』での白バイというと、パート1オープニングの団員が西部署の階段を下りてくるカットで、
階段前に課長のガゼールやタツのハーレーと共にネイキッドの白バイと
隊員らしき警官がスタンバっているのが見えますね。
part1op.jpg

機種選定はこの写真からはちょっと無理だけど、後にカタナを使ってることから解るように
『西部警察』のオートバイ担当はスズキのはずなんで、トミカの3種はどれも間違いと
思われるんですが、トミカサイズでスズキの普通のバイクは出てないので代役です(笑)。
ちなみにこの頃はクレジットにオートバイ担当部門は見あたらないんで、
石原プロ自前だった可能性もありますね~。

seibukeisatuSP siroby
それからVFRはレギュラーシリーズには全然年代合わないんだけど、
2003年スペシャルでそれっぽいのが登場してるんで、それに免じて許してやって下さい(笑)。  
あ、あと、トミカにはスカイウェイブの白バイ仕様があったけどアレは却下。
スクーターなぞ大門軍団には似合わぬわ! (爆)。



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

V3のマシン、ハリケーン!
harricanemain.jpg
サイクロンという、もうほぼ完成体に近いヒーローバイクをそのスタート時点で
作り上げてしまった仮面ライダーでしたが、撮影都合による改造サイクロンという簡略化を経て、
新サイクロンという新たな究極体へとたどり着きました。
メカだけでなくライダー自体の意匠も基本イメージはそのままに完成度を増していき、
新一号という洗練の極みとも言うべきスタイルに到達したのですから、その続編となると
どういう展開を見せるのか、興味津々だったところへ登場したのが仮面ライダーV3です。
この番組は1973年2月から1年間の放送ですが、正直、写真の初見の印象は「カッコ悪い…」でした。
頭と身体の中央に走るジャバラ模様がダンプか何かに引かれた跡にしか見えず、
「なんだこの礫死体」としか思わなかったのです(爆笑)。
放送第一話も1号2号は文句無しにカッコイイんですが、V3は最後にチョット出てくるだけで、
しかもフラフラしてるもんで失望しましたが、2話以降、彼が主役となって
バシバシ動き出すとアラ不思議! 宮内洋さんのいささかオーバー気味の掛け声とも相まって、
断然カッコ良く見えてきたではないですか(・∀・)!

そのV3のマシンがハリケーンで、サイクロンと同じく熱帯低気圧から取った名前ですね。
新サイクロンに比べ直線主体になったデザインは石森章太郎先生のラフ画を元に
スズキのデザイナー斉藤勝彦氏がまとめたものだそうです。
旧サイクロンが石森デザインに忠実に作ろうとしていろいろ無理が生じ、
リファインの連続だっただけに、最初からオートバイのプロに頼むというのは実に合理的ですね。
撮影用のベースマシンはスズキのモトクロッサーTM250で、制作時期から考えて
実際に使われたのは1972年型以前になりますが、バイクアクション担当だった室町氏の
手持ちの古いバイクを使わざるを得なかった旧サイクロンと違って、
ちゃんと最初からスズキの協力が得られてるから72年型でしょうか?

1972_TM250.jpg
これがそのカタログ写真ですが、前作のハスラー以上に軽量な車体で、
取り回しがより容易になったようです。

hurricanewhiteblack.jpg
撮影用には少なくとも2台のマシーンが用意され、
フロントカウルの下の塗装が、黒い(左)か、白い(右)かで区別できます。

kazamibike.jpg
風見が変身前に乗っているのはGT750という水冷2サイクル3気筒の大型車で、
変身すると小型化するってのも伝統ですな(笑)。

harricane3sides.jpg
お見せしてるのはポピニカのハリケーンです。ポピニカには1~3期があって、
73年発売の1~2期はホイールが金属だったり風車がちゃんと塗られてるという利点はあるんですが、
ソフビ製の人形がカッコワルイ致命的欠点があるんで78年発売の3期を選び(笑)、
これも1980年頃、新品で定価程度で手に入れました。
全長約9.5cmでメインフレームはダイキャスト製、ホイールはプラに銀メッキの3期は
この通り人形は細身のPVC樹脂製で、この時代にしてはかなりカッコイイです。

実車の話に戻れば、このハリケーンには速度によってフロントの風車の色が変わったりする小技や、
10時間の飛行も可能という大業も設定されてましたが、やっぱいろいろ大変だったのか
あまりそういう設定は使われなくなり、もっぱら乗用や、V3ナントカキックの踏み台に使われたりの
悲惨な状況になってましたが(笑)、それでもサイクロンに次ぐ人気マシーンの座は不動でしょうね! 
あ、nextのあれは無視の方向で(爆

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

アイタ、ペアペア!
ridermanmain.jpg
前回の更新からまだ6日ですが、このままだと1月は3回だけになっちゃうので、
1日繰り上げで1月最後の日にもう一つエントリーをお届けします。
前回、仮面ライダーV3を取り上げたからには、その相方のライダーマンも
続けて取り上げねばならないでしょうから好都合ですね(笑)。

『仮面ライダーV3』最終クール強化策で登場した彼は、登場前から少年誌でイラストが発表され
前人気を煽るという、まさに平成作品でも2号ライダー登場時にやる手法のパイオニアです。
younensigurabia.jpg
青いヘルメットのライダーは初めてだったため、そのスマートなスタイルと共に大いに期待し、
山口暁氏がそのイラスト通りのスマートな体形で演じてくれたために格好では何の違和感もなかった
ライダーマンでしたが、当初はV3と敵対する展開にはいささか面食らいました。
V3より弱いのもマイナス評価ではあったけど、右手のアタッチメントを交換して戦うそのギミックは、
弱さをカバーするに充分な魅力だったし、『怪獣VOW』でも揶揄されていたドリルアームの
「電源がない!」事件も、サスペンスを盛り上げる作劇作法として理解できなくもありません(笑)。

ridermanmachinestill.jpg
そのライダーマンの乗るバイクも外見上はただのオートバイですが、原子力エンジン装備だの、
シートの下にライダーマンのヘルメットが内蔵されているなんていう設定は作ってあって、
マスク取り出しは実際にそうやって変身したこともあったようですが、
エンジンの方はフツーに走ってたんでよく解らないし、マスクも虚空でポーズを取れば出現する方が
多かったんであまり設定が活かされていた感じはしませんでした。
それでもハリケーンに乗ったV3と併走するシーンは1号2号のそれとはまた違った魅力があり、
やっぱバイクに乗る仮面ライダーの姿はカッコ(・∀・)イイ! と素直に思える画面でしたね。

さて、そんなビミョーなライダーマンマシーンだけに、商品化にも恵まれず、
私は一時は市販の普通のバイクのミニカーにフルスクラッチしたフィギュアを乗せてラインナップに
加えていましたが(笑)、ここの10年程の間にチラホラ市販アイテムも登場するようになりました。
riderman3sides.jpg
お見せしているのはバンダイの食玩のザ・ライダーマシン4です。

ridermachine4.jpg
このシリーズは毎回5台ぐらいずつ、ポピニカとほぼ同サイズで
プラ素材の出来の良いライダーマシンを多数出してくれた非常に有り難いシリーズでしたが、
その4にもならないとライダーマンマシーンの順番が回ってこないあたりに、その立ち位置が
正直に出てますね(苦笑)。全長約8.5cmのバイクは硬質プラ(フィギュアはソフビ)製で、
スズキハスラーTS-250-4を手堅くモデル化してます。

さて、物語終盤で日本を狙うプルトンミサイルの進路を自ら乗り込み操作して変えることに成功した
ライダーマンでしたが、その爆発と共に大空に消え、映画『五人ライダー対キングダーク』で
タヒチから帰還するまでは生死不明でした。ではその間何をしていたかですが、これには諸説あり、
平山亨さんは「宇宙を漂っていたところを1号&2号ライダーに救われ、全身強化改造手術を受けた」
という説を発表されています。
この説だと元設定では「右腕のアタッチメントの他は生身の人間で戦闘力は低い」だったのに、
復帰後は怪人をキックで倒せる程強くなっていた事も説明が付くので、
これを定説とするマニアが多かった訳ですが、これとは別に最近人気を呼んだのが
村枝賢一著『仮面ライダーSPIRITS』の「右腕の記憶」というエピソードです。
aitapeapea.jpg(講談社『マガジンZ』掲載時カラーの引用)
これはタヒチの海岸に記憶を失い流れ着いた結城が、島の少女ヒナウの暖かい心と島の人たちの
「アイタ・ペアペア」(細かいことは気にしない)という気楽な生き方に心癒され、
そのまま一人の人間として暮らそうとするんですが、島を襲った強化ヨロイ元帥との戦いに
否応なしに巻き込まれてしまうというストーリーで、いかにも頭脳明晰な結城らしい、
敵の弱点を執拗に突いて絶対的な戦力差を一発逆転するという痛快な戦い方が無性に格好良く、
この説もぜひ定説として採用したくなった人も多いことでしょう。

だったらオイシイトコ取りで、意識のない瀕死の結城を収容したダブルライダーは、
そのままでは死んでしまうのでやむなく強化改造し、意識は戻らないものの
もはや危険のない状態まで回復したので、リハビリも兼ねてタヒチに送り届けた、
とでも解釈しておきますかね?
多少、矛盾はあるかもしれないけど、なぁにアイタ・ペアペア!(爆)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用