キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


心の忘れ物の配達便
nekobusmain.jpg

今夜の御題は『となりのトトロ』に登場のネコバスです。
これは当ブログ常連の覆面えるさんさんへの「勝手に連動企画返し」によるものです(笑)。

えるさんさんのページへは、こちらからどうぞ!

私もこれまでにいくつもネコバスの立体物は見てきましたが、
えるさんさんが向こうのページで取り上げているモノを、そのリアルさで
選択されたのと正反対に、私はコレをその可愛さで選びました。


nekobusgasatu.jpg

ネコバスって妖怪ですから、よく見るとけっこう怖いんですよ。
その怖さゆえ、この作品を巡る都市伝説では、
「死者しか乗れない冥界行きのバスで、さつきとめいは実はもう死んでいる」
みたいなデマが流布されてしまうはめになったんでしょうね…。


nakobus3sides.jpg

このオモチャではその怖さを絶妙にディフォルメして和らげ、足なんかほとんど記号と化しているのに、
行き先の「めい」とか、その左右のネズミランプなんかはちゃんと造形しているところにホレた訳です。
それから私は標準スケール派なんで、このオモチャの約11cmという大きさにも惹かれました(笑)。
プラスチック製で、ブルバックゼンマイで走るギミック付きという、このサン・アロー社製のオモチャ、
入手はもうずいぶん前になるので、現在は絶版のようです。



nekobuszissya.jpg

もちろんこの作品はアニメなんで実車は無いのが普通なんですが、
あまりに子供たちに愛されたために、個人や自治体が作った実車が各地に存在します。
上の2点もそういう「自作」のネコバスたちで、左の紙を貼って張りぼて細工で仕上げたっぽいのも、
右のもう少し凝った仕上げがなされているモノも、どちらも良い味出しているので、
きっと子供たちのいい思い出になったことでしょうね……。


もういい年をしたオトナなんで、これらのネコバスに乗ることは叶わない私は、
せめてこのサン・アロー製の小さなネコバスをいろいろいじくって、
忘れ物を探しに行く心の旅に出ることにいたしましょう……。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

死ぬのはコレクターだ(w
liveandbusmain.jpg

昨年最後の更新は007ネタでお送りしましたが、今年最初の007はこの『死ぬのは奴らだ』の、
サンモニークのダブルデッカーバスです。
この御題は覆面えるさんのhttp://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/7425447/への
勝手連返しによるもので(笑)、あちらの正規の珍品に対抗するために
繰り出したヒキョーなカスタム品です(笑)。

とは言っても、このサンモニークバスはコーギーからも出ており、それはこういう品でした。
corgilbusbox.jpg


このミニカーは2001年のアルチメットコレクションが初出です(写真はその後のパッケージ)。
なぜかコーギーはこの映画に冷たく、1973年の映画公開から30年近く経って
ようやく商品化された訳ですが、私がこのバスをカスタムしたのは1997~8年頃で、

corgibondbook.jpg

こちらのJames Bond Diecasts of Corgiという本を手に入れて、その中に紹介してあった
カスタムが気に入ったのが製作の直接の動機でした。

この頃から私は「各007映画のボンドカーを最低1台ずつは揃える」という目標を掲げており、
車の活躍が少ない『死ぬのは奴らだ』からは、やむなくこのサンモニークバスを選んだのでした。

lb3sides.jpg

このカスタムのベースに使ったのは、コーギーのじゃない無名メーカーの品で
確か、妹がイギリス旅行のおみやげに買ってきた品だったような記憶があります。
もちろん、元の色は赤で、実に普通のロンドンバスでした。
全長12.5cm、全幅4cmのサイズなんで、たぶんコーギーのより少し大きめだと思います。

それを劇中の色にリペしましたが、文字が白抜きなのと、サンモニーク交通(?)のマークは
この頃のパソコン環境では再現できなかったので、妥協していますが、
その代わり、たぶんコーギーの正規品には無いギミックを加えました。
lbusbunri.jpg

それがこの2階の離脱ギミックで、劇中、メイン道路と立体交差する部分を
無理にくぐり抜けて脱落する2階部分を表現しています。
内部の赤は元の塗装の色ですが手抜きではなく、この部分を劇中に近い
地味な色で塗るよりも、元の色が解るようにしておく方を選んだ訳です(笑)。


lbusgasatu.jpg

これが劇中のスチルですが、道ばたに放置同然で置いてあった車を拝借したので、
色があせまくって、全体的にくすんでるんですよね。
まぁ、つまり、本来はこういう色だったろうと想定したバージョンです(笑)。

いずれにせよ、この映画でボンドが乗って活躍するメカは他にある訳で、
このサンモニークバスは一発ギャグに近いアイテム選定だったんです。
だから、後に正式アイテムが出た時は大笑いしましたが、今考えるに、
その頃からコーギーの迷走というか乱心は始まっていたんですね(笑)。
まぁでも、それだけアイテムを乱発しても潰れずに続いている訳ですから、
コレクター泣かせではあっても、ビジネス戦略的には成功だったのかも知れません……。
ハナから全部揃える気なんか無い私みたいなエセコレクターはともかくも、
マジメに全部おっかけてる善良なコレクターは「死ぬ」思いだったでしょうねぇ…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

いつも2人で歩んだ道
tftrmain.jpg
今日の御題はオードリー・ヘップバーンとアルバート・フィニーが競演した1967年の映画
『いつも2人で』です。この映画は12年間のある夫婦の絆を時間を交差させながら描いたもので、
夫婦の愛車を手がかりに物語を追うという変わった手法を取った作品です。

tftrred.jpg
オードリーはこの作品が撮影された時、メル・ファーラーとの離婚騒動の真っ最中だったため
かなりやつれています。そしてそのやつれた風貌で夫婦の歴史の回想シーンを彩る
様々なファッションに身を包んでいるため、その姿がかつての自身の出演作とも重なり、
その痛々しいリアルさが話題を呼びました。


Two-for-the-Road-Poster.jpg
原題は「Two for the road」で、この「road」というのはもちろん「道」のことですが、
英語のこの言葉は「舗装された自動車用道路」を第一に意味します。

logotftr.jpg
ロゴにワイパーのような図形が織り込まれていることから考えても
車が大きな意味を持つことは明らかですが、「road」には「まっすぐに道を行く」てな場合の
比喩的意味で「方法」という用法もあって「way」と近い意味になってきますから、
この場合だと原題は「2人のたどった人生」的な意味となり、
さらに意訳して「いつも2人で」という邦題になる訳ですね…。
このころの邦題は実にセンスがあります。直訳されて「道の上の2人」とかならなくて
本当に良かった。「2人の道行」だったら意味は通るけど、最後に死んじゃいそうだしw


そういう成り立ちの映画ですから車はたくさん出てきますが、
その中から今回はフォルクスワーゲン・タイプ2を取り上げます。
いわゆるワーゲンバスで、とてもポピュラーなクルマなんでたくさんの映画に出てきますが、
この『いつも2人で』には1950~67年の間に製造されたT1が登場します。

tftrwagenbus.jpg
この写真のように屋根にキャリアーを取り付け、いっぱい荷物が積めるようにしたタイプで、
こういう小改造はオーナーの都合や趣味に合わせてよくなされてましたね。
このクルマは当ブログ2回目の登場で、以前はプリキュアのタコカフェ仕様車を取りあげました。

trtr3sides.jpg
お見せしているミニカーはホンウェル製です。1/43で全長約9.8 cmのダイキャスト製。
実はコレ以前のウルトラマンマックスのダッシュアルファを手に入れたときの
「ミニカーたくさん袋詰め」の中に入っていたモノで、上の透明ケースは無くなってましたが
下の台座から取り外されてなかったので、ケース破損で返品された個体かもしれません。
元は黄色でしたがそれだとプリキュアのと色がダブるので青くリペイントするだけのつもりが、
ついついやる気が湧いてきて、開いてた窓をパテで埋めてつぶしたり、
またしても銅線を使って、屋根のキャリアーらしきモノを取り付けたりしました。
ホントはもっと細いけど、あとで壊れそうだったので丈夫なこの素材を使ってます。
劇中写真でお解りのようにかなりのポンコツなんで、あえて粗めの仕上げにしてあります。
ホ、ホントダヨ、ユウベ ヒトバンデ カイゾウ シタカラ シアゲガ アラインジャ ナイヨ (・∀・)ドチドチ!

Way_we_were_lp.jpg
「2人で歩んだ道」と言うと、ロバート・レッドフォードとバーブラ・ストライザンドが競演した
1973年の『追憶』という映画の原題は「The way we were」で、意味的には近いものがありますねぇ…。
「カップルの歴史をたどる」というのは映画の題材として取り上げやすく、
そして平穏無事には終わらないものであることが多いようです。
それがゆえ難儀なのか、だからこそ味わい深いのかは、この記事をお読みになっている
それぞれのお方によって答えが違ってくるのかも知れません……。

私の場合は………ま、言わぬが花ということでw

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

家族でGet Happy!
partridgemain.jpg
旅から旅への生活を続ける芸人たちにとって移動手段のクルマは大きな意味を持っています。
モンキーズのようにハデハデの改造カーで興行先に乗り付けるのはとてもカッコいいし、
団体で移動する人々にとっては家代わりともなるのが大型トレーラーやバスですよね。
芸能関係じゃないけど、3回前の『いつも2人で』には小さなバスが出てきましたが、
今日のお題の『人気家族パートリッジ』には大きな、そして特徴的なバスが出てきます。

partridge-portrait_2.jpg
この番組は1970年に始まり、74年まで続きましたが、家族そろった暖かい雰囲気と、
実際に演奏されるポップスの良さがウケて、長男役のデヴィッド・キャシディは
本当のアイドルスターとして売り出すことに成功し、ヒット曲も出しています。

この番組は未亡人となったシャーリーが子供たちの助けによって、
家族揃った歌手グループを結成し、だんだんと人気者になっていくストーリーで
おおらかで優しいママの元、上はハイティーンの美形の長男キースと長女のローリーから、
ミドルティーンのお調子者だけどしっかりしてる次男のダニー、
そして下はまだ十歳以下の三男クリスとまだホントに幼女の次女トレーシーまでの一家六人と、
彼らを支えたり足をひっぱたりするマネージャーのキンケードさんがレギュラーでした。

いろんな年頃の登場人物が揃ってるので、その誰にスポットを当てるかによっていろんなお話が
作れるのが強みで、長男長女だといかにもアメリカ風の青春ドラマとなり、次男だとコメディ、
三男や次女&飼い犬も加えれば、動物と子供の物語と、実に多彩なエピソードがありました。
時にはママやキンケードさん主体で大人向けのオハナシもあったような無かったような(笑)。
で、最後はみんな揃ってのステージで拍手喝采で幕を閉じるのが通常のフォーマットでしたね。

その「パートリッジファミリー」の歌の中でやはり一番印象に残ってるのは
テーマ曲だと思うんでお聞き下さい。
http://jp.youtube.com/watch?v=NO5xlk9uv10


ママ役のシャーリー・ジョーンズは若い頃はミュージカルスターとしても活躍した女優さんで、
『パートリッジ』の時も上品でキレイだけど、1950年代の出世作『オクラホマ』や『回転木馬』の時は
sharymusecal.jpg
このようにとても可愛らしい女性でした。



partridgelp.jpg
タイトルの最後にも出てくるこのバスはノーズが突き出たボンネットバスで、
この番組が始まった1970年でもさすがに旧式じゃないのか思っていたら、
アメリカではこのタイプは人気があって今でも新型が出続けているとのことでした! 
念のため調べてみたら、あれは1957年のシボレースクールバスだそうで、
シーザーズパレスでの公演に必要になったので中古屋で買ってきて、自分たちで塗ってましたね~。
あの特徴的な模様について話すと、あれはピエト・モンドリアンという画家の
「赤・黄・青・黒のコンポジション」(1921年)という作品にインスパイアされたもののようです。

conposition.jpg
こちらがその作品ですが、なるほど、雰囲気はよく似てますね~。
暖かなファミリー路線のアメリカンポップスを歌うパートリッジファミリーが「冷たい抽象」と呼ばれた
ピエト・モンドリアン風の意匠をまとったバスに乗っているというのは面白い対称ですが、
あのバスってよく見ると後ろに「ナーバスなママが運転してるから注意!」とかいうジョークが
書いてあるんで、ある種のユーモアなのかも知れませんね(笑)。


partridge3sides.jpg
お見せしているミニカーはジョニーライトニングです。1990年代後半に映画に絡むシリーズを
たくさん出した時の商品で、トミカサイズなので買おうかどうか迷ったんですが、
好きな車ではあるし、あのパターンを自作するのは不可能なので押さえで買っておいたんですが、
今に至るまで標準スケールは出てないので買って正解でした。
大きさは約8.5cmですが、よくもまぁこのサイズであのパターンをちゃんと表現したものですよねぇ!
ちなみにブリスターパック状態だとこんな感じで、
partridgemoc.jpg
映画の名場面のカードが付いてるのはこのHollywood on wheelシリーズのお約束で、
このカードの違いを気にする人は、同じモノを何個も買わないといけないという地獄が待ってます(笑)。


このパートリッジバスは番組終了後はあちこちに転売されたあげく、ロスのとあるタコスショップの
駐車場にボロボロの状態で放置されているのが発見され、1987年にスクラップになったそうです。
見つかったんならレストアすればよかったのに、やっぱバスではいくらアメリカでも大きすぎて
難しかったんでしょうか…。オリジナルが失われたのは残念ですが、
やはりあのバスに愛着を持っている人は多かったらしく、そっくり、あるいは似た感じに
ペイントされたバスが今ではアメリカのあちこちで走っているそうです。

あのバスが無いと、やっぱハッピーな気分にはなれないんでこの「復活」はうれしい話ですよね!
partridge-family.jpg






テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

微笑みの国を探そうとした若者たち…
pinkintake4.jpg
1月20日にお届けした『人気家族パートリッジ』の記事の最後で触れたように、
今でもアメリカ人の心に残っているパートリッジファミリーとそのバスですが、
「アイドルスターがペイントされたバスに乗って旅をする」という番組は日本にもありました。
それがこの『青空にとび出せ!』で、登場するスターはピンキーとキラーズです。

p2hosei.jpg
これはその番組の主題歌レコードのジャケットですが、パートリッジファミリーが男女比が
半々だったのに対しこっちは女性はピンキーのみだし、
バスのペイントは向こうのサイケ調に対しこちらはフラワー・ムーブメントを思わせる花柄と、
好対照な両番組ですが、なんと放送は『青空にとび出せ!』の方が1年半程早かったのでした。
これだけ近い時期にこれだけ似通った要素を持つ2つの番組があって全く無関係ということは
考えにくいのですが、当時は家庭用ビデオすら普及してなかった頃だし、
日本の番組をアメリカで見ることは困難だったろうから、やはり偶然だったのでしょうか?

1969年3月末に始まった『青空にとび出せ!』は高度成長期のまっ只中を舞台に、
投げタバコでボヤを出したおんぼろアパートの住人であるピンキーとキラーズが、
大家との抗争でせしめた立ち退き料を頭金に作りあげた300万円の特別製キャンプカー
ピンキングカーに乗り、「税金も無くわずらわしさも無い微笑みの国、若者の独立国を作ろう!」を
合言葉に、珍商売や冒険をしながら全国を旅して青春コメディです。
家族愛がメインになった『パートリッジ』とは違い「若者の自由・連帯」が大きく取り上げられる
この番組は、いかにも当時の全共闘世代を思わせるし、どちらかというと『イージーライダー』の
世界観に近いのかもしれませんが、実はその『イージーライダー』にしたって
アメリカ公開が1969年7月と、この『青空にとびだせ!』の方が早いのには二度ビックリです!


catalogphoto.jpg
そしてこの番組のもう一つの目玉である「ピンキングカー」ですが、
これはマツダのライトバスのA型を改造したものです。
ライトバスA型というのは1965~71年にかけて発売されたマツダの本格的マイクロバス第1号で、
その当時としては、というより今でも十分に斬新な曲面を多用したデザインは
「宇宙船」とか「観覧車のゴンドラ」なんて呼ばれてました。
私にとっても馴染み深いクルマで、実は通っていた幼稚園の送迎バスがコレだったのです。
4~5才の幼児の目にも十分にカッコ良かったこのバスに乗るのが私は大好きで、
それも一番前のドーム状の視界のいい席を確保しようと必死だったのですが、
なかなかそうはいかなかったこともいい思い出です。
今でも、幼稚園の先生が手動で折り畳み式のドアを開閉する音が耳の奥でこだましてますよ…。


お見せしているミニカーはトミカを改造したモノです。ライトバスのアイテムとしては
一番おなじみで、レギュラーではなぜか実車には無いピンク&クリーム色で発売されてました。
tomicalightbus.jpg

ピンキングカーはこちらの「レッツゴーピンキー」というサイト内の記事に掲載の写真のように、
ライトバスのフロントにピンキーっぽい目やクチビルのディテールを加え、
サイドには花柄の装飾を施し、リアには舞台を思わせる出窓も付いています。
そのあたり詳しく解説すると、リアの天井に付いている円筒形のモノは、ジャケット写真から考えて、
天幕を巻き込む仕掛けで、リアの窓の部分を改造して観音開きのドアを付け、
合わせてちょっとした舞台、あるいは物品販売窓口みたいにしてあるんだと思います。
ただ強度的に後ろ部分を開閉できるドアに付け替えるのは難しそうなので、
ボディはそのままで窓だけを開閉可能にし、外側に四角い枠を取り付けて、
窓を通していろいろ物販できるように改造してあったのかも知れません。
そして天井前部には天窓が、中央には折り畳み式の台が付いており、
ジャケット写真ではそこを持ち上げて洗濯物を干してるのは、生活感あってイイですよねぇ(笑)。
実はリアと右サイドの資料が全然見つからないので、今回の改造ミニカーは未完成ですが、
バスカテゴリー充実のため、『人気家族パートリッジ』を紹介した流れで御題に取り上げました。

そんな訳で未完成なんで三面図も無しですが、フロントだけはお見せしましょう。
pinkingfront.jpg
さて、似てますでしょうか?  写真撮ってみると吊り目加減ですねぇ…。
実は瞳は両面テープで貼ってあるだけなんで、調節は可能なんで、
資料が見つかって再チャレンジするときは調整することにします(笑)。


いろんな意味で先進的だったこの『青空にとび出せ!』ですが、いささか早すぎたのか、
それともピンキラのスケジュールを押さえきれなかったのかは定かではありませんが、
2クール26本で終了しています。そしてその回のサブタイトルが「さよならピンキー」というのは、
その後のピンキラの分裂を考え合わせると感慨深いものがありますねぇ…。
主題歌で探し求めていた微笑みの国ははたして見つかったのかどうか、
その答えは簡単には出ないでしょうが、昨年夏から今陽子の芸能生活40周年記念として
期間限定とはいえピンキーとキラーズが再結成されたということは、
案外その答えは近くにあったのかもしれないと思う今日この頃です…。


最後に貴重な記事に快くリンクを許して下さったレッツゴーピンキーの管理人であるアトムズさんに
心からお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。m(_ _)m

※今陽子さんやピンキーとキラーズの情報が満載な
  レッツゴーピンキーのtopページは こちら です。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用