キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


燃える真夏の入団発表!
前回、雄々しくもWPBという団体を立ち上げるに至った、我がパンチング人形たちですが、
PR効果はめざましかったようで、夏にふさわしくタナボタ式に(笑)、
一気にまた3人も新規加入者を迎えることになりましたた。

今回もBGMはこちらをプリーズ、エンジョイ!( ^ー゜)b


まずはこの人、そう、『ロッキー3』のサンダー・リップスことハルク・ホーガン!
hoagunpunching.jpg
この映画も封切りで見たっきりだったので、リップスが負けたと間違って記憶してたんですが、
今回見返したらそんなことはなかったぜ!( ^ー゜)b
そうですよねぇ、まだ無名の頃ならともかく『ロッキー3』時はそこそこ人気もあったから、
たとえ映画上で別人設定としてもホーガンが負けることに同意する訳がないですなw!

そして続いては同じく『ロッキー3』からクレバー・ラング! 
MrT punching
でもこれはミスターTの別の有名キャラ、『Aチーム』のミスター・コングでもいいです。
なにせ無版権の海賊商品だから、自分がそう思えばイイんです!(°∀° )


そして3人目はこちら! さぁコレ誰に見えますか?
bondpunching.jpg
このパペットはアメリカではジョージ・ブッシュ元大統領(パパの方)と呼ばれる
ことが多いけど、パパ・ブッシュってこんな顔なんで、似てますかねぇ?('A`)
George H W Bush

むしろこちらの「世界を救えるのはワタシだけ」の人にそっくりじゃないですか?
NSNA Sean Connery

そう『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のややマイルドになったショーン・コネリーですな。
何度も言いますが無版権商品だから自分が似てると思えばそれで(・∀・)イイ!ので
「みなしの心」を発動して当協会ではコレをジェームズ・ボンドとして登録します!
これまでジェームズ・ボンドのパペットと言えば1960年代中盤に出たギルバート社の
BondPuppet.jpg(参考写真)
私は持ってないこのヴィンテージ品しか無くて、当然超レア超高値なんで、
まさかこれを手に入れクビチョンパして使うわけにもいかず、基本戦うキャラなのに
ボクシングパペットとして入手することは諦めてたんで、まさに飛びついた訳です。


ということで一挙に3体も増えた今回ですが、それには理由があります。
普段、ヤフオクとeBayでボクシングパペットを検索してる私ですが、
やや気分を変えて楽天市場も覗いてみると、パンチング人形をたくさん、
しかも1コ290円という激安で売ってたのを見つけたんです。
在庫過多による処分価格のようですが、それにしても安すぎで
この値段なら私でも複数買いできるのでホーガン、ミスターT、
そしてジェームズ・ボンドの一挙入団が実現したのでした。\(^o^)/

で、無事届いて勢ぞろいした写真がコチラ!
puncing2013 6(クリックで拡大します)
よく見るとロッキーに比べてミスターTやホーガンの頭がやや小さいのは、
チャイナクオリティで昔の金型を保持してるわけも無く、昔の商品から
何度も型取りしたあげく縮んじゃったのかもしれないですね…。

そのくせヘッダーは昔のと基本的に同じ
header.jpg
コレを使い続けてるから面白いです(笑)。

ということで1970年代の海賊商品が今も作られ続けてるという、
中国の歴史のすさまじさを否応なしに感じさせられた今回の入団発表でした!(爆)

引き続き、当協会Wolrd Pupetts Boxingは新人ボクサーを募集中です!
全世界の強豪たちの参加を期待しますぞ!ヽ(`Д´)ノ


来週は5巡目なのでお休みさせていただいて、次は9月5日にお目にかかりましょう!
[READ MORE...]

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

WPBビックプロジェクト進行中!ヽ(`Д´)ノ
久しぶりのWPB(ワールドパペットボクシング)ですが、その間も新規参加者はあり
それなりの変動はあったし、実は長い沈黙の間、
とあるビッグプロジェクトが水面下で進行中だったのです!

今日のBGMはこちらでドゾー( ^ー゜)b


これまでのWPBの記事の中で仰々しい煽り文句はあっても、
肝心のボクシングをしている写真が無いのをいぶかしんだ方もあったのではないでしょうか?
その疑問はもっともで、ボクシングをしないとボクシング協会とは言えませんが、
そこには2つ大きなハードルがあったのです。('A`)

1つ目は試合会場の問題。テキトーにその辺で向かい合ってる写真を撮っても意味不明だし、
良くて野外での喧嘩にしか見えないので、やはりボクシングはリング上じゃないと! (°∀° )

2つ目は技術的、肉体的な問題。ボクシングパペットを操るには一体につき腕1本が必要で、
試合はボクサー2人で行うので腕2本使う、つまり写真を撮る腕が無いんですよ。
腕と言ってもスキルじゃなく物理的な問題ですが(笑)。
えっスキルもないじゃないかって? イイノ(゚ε゚)キニシナイ!!

話をを戻すと、協力者がいないと試合状況は写真が撮れないんですね。
ファイティングポーズのまま向かい合わせることなら可能だけど、ボクシングの醍醐味である
パンチが炸裂した瞬間を激写することはこれまでは不可能でした…。(ノД`)


今後WPBがより一層の発展を遂げるにはこの2つの問題の克服は絶対必要ですが、
まずリングの問題から考えてみると、身長25~30cmのパペット用だからボクシングリングの
1/6と考えると1m四方となりますが、これでは大きすぎて常時設置不能です。('A`)  
逆に最小でどの位ならそれらしい感じになるかと考えると、人形置台が8cm四方程度なので
その4倍もあればファイティングポーズのまま向かい合えるだろうから、約30cm四方となります。
市販のリングのオモチャや模型をチェックしてみたら、そもそもボクシング用のリング玩具
というモノが売ってない!∑(゜ロ゜ノ)ノ あるのはプロレス用ばかりで、ボクシングとプロレスでは
正式にはリングの大きさや高さ、ロープの数、床材の仕様等細かい違いがあるようですが、
数字上は共用できないこともないようだし、オモチャだから細かいことは(゚ε゚)キニシナイ!!
で、30cm四方のプロレスリング玩具があるかですが、タイガーマスクソフビ用のが60cm四方で
大きさは充分だけど、オリジナルならウン10マンだろうし、復刻版もお安くないです('A`)
プロレスアクションフィギュア用のはあったけど、安いのでも5000円程度、高いのだと1万円越えと
買うにはちょっと気合が必要な値段だったので自作を考えてみました。

ボクシングリングはプロレスリングほど床からの高さが無いみたいです。
まあこれは、ボクシングはプロレスみたいにコーナー上から自らマットに飛び降りたりしないし、
床下に凶器を隠したり、真っ黒な格好をした奴や同じ格好の奴が潜んでたりする必要が無い(笑)
からですが、30cm四方のサイズなら厚みは5cmもあれば充分でしょう。
床を何で作るかですが、最適の硬質ウレタンは近場では売ってないし、通販だとコスト高…。
そこで近場の100円ショップやホムセンで何か代わりになるものはないかと物色した結果、
stirenblock.jpg
厚み約5cmの硬質発泡スチロール製レンガを4つ組み合わせると30cm四方になり、
コストも400円で済んで一番安上がり、かつ見た目がいいという結論になりました。
ただし、4畳半の畳の敷き方と同じで、4つで済ませるには中心に正方形の空きができるので
ここに半分切って置くか、上に1枚厚めの板を敷く必要がありますが、コストは増やしたくないし、
どうせ表面を平らにしないといけないので手持ちの1cm厚スチレンボードで対処。
最初からコレを5枚貼り合わせてもよかったんですが、横の貼り合わせ面の加工が面倒でw
発泡材にしたのは硬度と加工のしやすさの両立を考えたからで、四隅のコーナーポストの固定を
より確実にするために、角を丸く削って広い面積で接着する計画です。
この部分、四隅に穴を開けると壊れそうだしマットの上に貼るだけじゃ強度不足に感じたんですね。
ロープを張る必要上、上に乗ったりジャンプする反動に使うプロレス程じゃないけど(笑)、
そこそこの強度は確保したいですから…。コーナーポスト4本は最初100円ショップで買った
安物デッキブラシの柄を切って使うつもりだったけど、
買って帰って切断しようとしたら糸鋸の歯が折れちった。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
なんとこの部分プラ材と思ってたら金属の上にビニールを張ってるんですよ!
昔、勝手に改造した船のオモチャが艦橋に知丹もといチタンを使ってて仰天したことがあったけど、
時々ダイソーってばイラン本気出すなぁ…。(ノД`) 
それでホムセンに行き直して、そこでチャンとした直径15mmの米ヒバ集成棒材を購入。
2m近くで使い出があるけど500円もしてコスト5バー(°∀° )ーーイ!
使うのは20cm×4本だから1mでいいけど、太いのはこの長さしか無かったっす(´・ω・`)ショボーン
残ったロープはいろいろ物色したけど太さと長さから、子供用なわとびを切って使うことに決定。
ボクシングは4本張りなんでなわとび2つ必要だけど、勘違いして1つしか買ってきてなくて、
2日後にまた行ったら商品入れ替わりで全く同色のは無く、100均はこれがあるから怖い('A`)

そうした奮闘の結果、コスト約1000円で出来上がったリングがこちら!
ring kansei
いずれプロレスに使う可能性を考えるとロープを接着する訳にいかず、現時点では固定方法が
イマイチ思いつかないので、素材の軽さと粘着性を活かし、四隅の柱に引っ掛けただけですが、
上に乗ったり寄っかかったりしないので、たぶんこのままでも不都合は無いと思います。
リング下部が殺風景だけど、ここには普通、団体のロゴ等をあしらうので、まぁそれはいずれw


最初のハードルは何とかクリアできたので、次は手が足りない問題です。
一番簡単な方法は家族に協力を仰ぐことですが、ただでさえ肩身が狭いのに
お人形で遊ぶ手伝いをさせた日には、朝夕口をきいてくれなくなること必至で
それは絶対に避けたい。('A`) 
次に考えられるのは友人の協力ですが、こんな僻地まで来てくれる人はいなさそう…。
となるとバイトを雇う! そんな金あるもんか~!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

つうことで、他の手を探さざるをえないけど(ノД`)、人がダメならメカに頼ろう!
なんとか研究の末、すんばらしいメカを作り上げ、その結果がこちらです!!
rocky vs lung
おおおお、クラバー・ラングの左ストレートがロッキーの顔面にヒットし、顔がゆがんでいる!
これはロッキーシリーズの試合シーンで有名なカットじゃないか~!

どうやって撮ったか詳しくはまだヒミツ!(°∀° )


tankenTAI.jpg
こうして我々は難題を見事にクリアし、WPBの明日は前途洋々となった。
たとえどんな強豪が来襲しても、このリングと秘密の撮影法で
白熱した試合をお伝えできることだろう!ヽ(`Д´)ノ



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

アリ、ザ・グレーティスト!ヽ(`Д´)ノ
ari greatist
偉大な元ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリが亡くなりました。
引退後、パーキンソン病を患い、ほとんど全身の身動きがとれない状態が
長かったアリですが、ついにこの日が来たかという感じです。


ちょうど彼に関する原稿を書き進めていたところだったので、今回はアリ追悼です。
お題はボクシングパペットで、世界で最初のメカニカル付きパペットは何かという
考察ですが、バイヤー間ではアリだとされるパペットは少なくとも3つあります。

ari3.jpg
(参考写真)
その3つはバイヤー間の推察では「60年代初等」となっているのですが、写真右2つは明らかに
70年代初めの、香港製ブルース・リーのパペットと構造が同じなので、怪しいんですが、
残る一つ、スペイン・クレーメル社の「グレーティストチャンピオンボクサー」(以降「グレチャ」、
写真では左端)は箱入りでしっかりした作りなので、香港製の2つは、
もしかしたらコレを手本に作ったのかもしれません。

中のレバーを押すとボクシングの動作をするメカニカルボクシングパペット、
そのメカニズムを発明したからこそ、普通のパペットからボクシングパペットが別れ、
一つのジャンルとなった訳ですが、いつメカが作られたのかはっきりしません。
「世界最初のメカニカルボクシングパペットは何か?」という命題に関しては、
考察した結果、現状では1972年にヨネザワが出した「ウルトラマンA チョップ」
パペットが、意外ですがはっきりと解る限りで一番古い商品となりました。

でも、さすがにこれが世界最古だとは考えにくいので、もっと古いモノがあるはずだと
考えるうちに、思い当たったのがグレチャです。

grecha box(参考写真)
実は少し前にグレチャの箱入りが英国ebayで出て、入札したけど、さすがに4000円を
超えたので落とせませんでした。しかし、売り主が箱の天・地の2面と側面2面、
計4面の大きめの写真をUPしてくれ、箱は6面体なので残り側面2面のうち1面は、
UP済みの写真と同じ図版が使ってあることが、別のオクの写真から解ってるので、
残り1面もたぶん共通図版だから省略されたのだろうと推測できたんです。
4面の写真をUPする細かい性格の売り主なら、もし違う図版なら残りの2面も
UPする方が自然ですもんね。グレチャに関しては本体より箱が欲しかったのですが、
UP写真から、製造年度を示す印刷はされてないことが解ったので、こうなったら  
本体を調べるしかないと狙っていたら、今回、3000円で落ちてくれました。\(^o^)/ 
このパペットはアメリカ未発売なのか米ebayで見たことがなく今回も英国で、実は、
アストンマーチンDBSを紛れ込ませた英国便はそのために仕立てたんですよ。

さすがに推定50年前の品だけはあって、衣装は汚れまくった上に裾がほつれて
糸の束化してたので、まず浸け置き洗いし真っ黒になった洗汁を流し終わった後に、
自然乾燥させ、木工用ボンドをほつれた部分に塗布し、これ以上の崩壊を阻止。
一部サビていた内部メカのサビ取りをし、痕にオイル塗布してこちらも劣化を
食い止め、頭髪の極一部が割れ欠落してたので粘土で埋めて黒く塗り整備完了。

gc mecha
こちらがその内部メカを露出させた写真ですが、推定2番目(香港初版、上の写真では中央)
のやや怖い顔のアリとペアの白人ボクサーのメカと作りが似ています。ただグレチャは
ブロウ整形のエッジが立ってるし中心棒が途中から別パーツで延長されてるけど、
香港品は造型は甘いし、中心棒は大雑把な作りの一体成型なんで、グレチャを見本に
同じ長さにすればいいとばかり、やっつけ仕事で製品化した疑いが濃厚です(笑)。
グレチャの中心棒延長ですが、わざわざパーツ分けする利点が感じられないので、
最初は一体ブロウ成形のパーツだけのつもりが、実際に組み上げてテストしたら
それだけだとつかみ難くて操作もし難かったけど、金型はもう作っちゃたので、
苦肉の策で別パーツを差し込んで延長したんじゃないでしょうか?
最初の商品ならではの苦心の痕だと考えれば納得ですな。(°∀° )

発売時期ですが、私はカシアス・クレイがモハメド・アリに改名し「グレーティスト」と
名乗りだしたのはキンシャサの奇跡以降と思ってたんです。なぜなら当時、
日本の新聞が試合前にはクレイ表記で、勝利後「アリに改名」と報道したからです。
しかし今回調べるとこの報道が大ウソと解りました。('A`)
liston.jpg
実はクレイは1964年2月25日、WBA・WBC統一世界ヘビー級王者ソニー・リストンに挑戦し
リストン圧倒的有利の予想の元、「蝶のように舞い、蜂のように刺す」ボクシングで
6回TKO勝ちを収め、試合後のインタビューで「I must be 'The Greatest'!」と
興奮状態で叫び、本名をカシアス・クレイからモハメド・アリへと改名したそうです。
それなのに10年以上後の1974年の10月末のキンシャサの奇跡までクレイ名義で
報道してたんだから、日本マスコミは当時からゴミだったんですなぁ…('A`)

1964年初頭にすでに「グレーティスト」だったからには、このグレチャも
1964年発売とみなしても何の問題も無い、というよりリストン戦の奇跡的勝利を
祝しての商品化と考えたほうが自然です。
という訳で、暫定1位の「ウルトラマンAチョップ人形」の最古説は覆りました。
以降私のボクシングパペット記事ではグレチャを「最古のメカニカルボクシングパペット」
と認定
します。グレチャの箱をよく見るとスペイン語で「パテントどうたらこうたら」的な事が
書いてあるので、たぶんこの玩具はヨーロッパだけで売られ、イギリス経由で香港に流れて、
そこで1970年代、たぶんキンシャサの奇跡以降、ビジネスチャンス到来とばかり、
パテント無視で同じようなモノが作られたんでしょう(苦笑)。
もしかしたらウルトラマンAチョップ人形もその流れの一つかもしれませんねぇ…。

ali superman
通常のボクシングでの業績はもちろんですが、空想の世界でのスーパーマンとの一騎打ちや
日本ではアントニオ猪木との格闘技世界一決定戦という異色のマッチメイキングがなされ、
それがサマになってるのは、さすがグレーティスト・アリで、彼をしのぐカリスマ性を持った
ボクサーはその後も現れていません。

WPBではその偉業を称え、ワールドグレイテストチャンピオンとウルトラマンAチョップ
の世界&日本最古のボクシングパペットによるスペシャルマッチを敢行しました!
ali vs ua
偉大なるアリよ永遠なれ!ヽ(`Д´)ノ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

FZIRO的ボクシングパペットの歴史
今回のお題はパペットボクシングです。前回の同テーマの記事で、
最古のメカニカル付きボクシングパペットについて書きましたが、
まとまった資料がみつからないボクシングパペットの世界でも、
ebayの売主が書いてる口上や、他の人形劇の資料を手繰るうちにある程度
みえてきたことがあるので、ここら辺で一度まとめておこうと思います。
資料不足で推測の域を出ない部分もあるので、
あくまでfziroの「私論」として読んでいいただけると幸いです。m(_ _)m

パンチング人形(ボクシングパペット)の歴史を考えると、ルーツが実に古いことに驚かされます。
そもそもなぜパペットで殴り合いをするのか? 普通パペットって幼児が遊ぶ玩具で 
愛らしい動物なんかを使って、オママゴトの延長のようなほのぼの遊びをするイメージですよね。

PULCINELLA.jpg
しかし西洋では少し様子が違っていて、まず登場するのはイタリアの道化師です。
プルチネッラ (pulcinella) は、イタリアの14世紀以来の伝統的な風刺劇に登場する道化師で、
高い鼻と太鼓腹、白い服とは対照的な黒いマスクが外見的特徴です。
このプルチネッラはイギリスに伝わり、語頭のPulciから「パンチ」(Punch) という名の
毒舌の道化師として人気を博しました。パンチは雑誌『パンチ』のメインキャラクターとなり、
やがて掲載された風刺漫画を「パンチ」と呼ぶようになって日本には「ぽんち絵」として伝わったのです。

またパンチの高い人気から「パンチとジュディ」というマザーグースの歌も生まれましたが、
punchは打撃のパンチと同じ単語なので、その歌詞は

 パンチとジュディ
 パイを取り合い大げんか
 パンチがジュディの
 お目めに一発

 パンチは言った
 もひとついるかい?
 ジュディは言った
 お目めがパイみたいに腫れたわよ

という夫婦ゲンカの歌となり、17世紀にはその内容を元にした
パペットによる人形劇にもなりましたが、
punch judy stage
基本はパンチが赤ん坊を放り投げ、ジュディを棍棒で殴り倒し、
その後も犬や医者、警官やワニなどを殴り倒し、死刑執行人を逆に縛り首にし、
最後に悪魔を殴り倒すというブラック&スラップスティックな内容でした。
そうイギリスでは17世紀頃には「パペットとは殴り合いをするもの」
との共通認識があったんですよ!

ちなみにこの人形はフランスではギニョールと呼ばれる人形劇のキャラクターになり、
ロシアのペトルーシカもプルチネッラを起源とする出し物ですがロシア・バレエ団のバレエや
ストラヴィンスキーが作曲した「ペトリューシカ」にもなり西洋文化圏では広く知られていました。

パペットが殴り合いをするものならボクサーのパペットが生まれるのは自然で、
現在、普通に流通しているボクシングパペットで最古とみなされているのは
メカニックの無い単なるパペットでですが、ジョー・ルイス&マックス・シュメリングのようです。
luis shumering(参考写真)
ルイスは史上2人目の黒人チャンピオンで、黒人差別が酷い時代に初代ジャック・ジョンソンが
色々とやらかしたので、「黒人には二度と挑戦権を与えるな!」という世論が強かった中、
ルイスはいろいろ白人社会に溶け込む努力をし、やっとこの地位についた苦労人だったそうです。
ルイスとシュメリングの二人は1936年と38年の二度対戦し、先にドイツ人シュメリングが勝ち
ルイスが再戦を制しました。最初の試合では「クロンボを倒せ!」とのシュメリング応援も多かったけど
再戦は「アメリカ自由主義VSドイツナチズム」的風潮が支配しアメリカ全体がルイスを応援。
シュメリングはナチ党員じゃないけど従軍してるので、このペアで出たからには発売は
1940年代初頭の第二次大戦前、あるいは戦意高揚の戦中商品でしょうか? 
プラスチック発達以前なので顔とグローブがゴムですが、内部のメカが無い他は
現在の商品と印象は変わりません。
内部メカの発明ですが、パペットで遊んだことのある人ならお解りと思いますが、
普通は真ん中の指3本(のうちどれか)を頭に入れて、親指と小指で左右の腕を操る
仕組みですが、この状態で殴り合うと親指と小指の疲労がハンパ無いし、手首を振って
猫パンチなら打てるけどストレート系は無理です(笑)。だから「試合」が単調になり
客の不満が募ってパンチ機能を考えたんじゃないでしょうか?

前回のこのテーマの記事で、推定1964年頃発売のスペインのグレーテストチャンピオンが
現状最古のメカニカル入りボクシングパペットらしいと推測しましたが、箱にパテントが
どうのこう書いてあるんで、たぶんこのクレーメル社の商品がメカの始めなんでしょうね。

manypuppets.jpg
(参考写真)
パンチング人形を調べ始めた時、ボクサーもあったけど政治家やら尼僧やらユダヤ教のラビ等
殴り合いをやるにはブラックなキャラが多いなぁと不思議に思っていましたが、
もともとバチあたりな殴り合いをするものだったんだから、
バチあたりなキャラとボクサーに分かれていったのは極めて当たり前の話だったんですよ(笑)。
また、この商品が  最も流行っているアメリカでは、野球やフットボール選手の
殴り合い乱闘がお馴染みのようで、それらの選手やマスコットのボクシングパペット
多く作られているので、アスリート系としてもいいでしょう。

もしかしたら、日本で最初期の怪獣人形が、新進メーカーマルサンからソフビ人形として出た他に
老舗メーカーの増田屋からゴム製パペット(手踊り)として作られたのは、マスダヤのスタッフが
「パペットとは殴りあうもの」という歴史を知っていたのかもしれません…(°∀° )

TVや映画の発達に連れて手踊り、そしてボクシングパペットにも映像キャラが増えていくのは
当然の流れで、その結果、私がコレクションを始める気になった訳ですが、
このジャンルは今後も、伝統バチあたり系(含む政治家)、アスリート系、映像キャラクター系を
3本の柱として、細々と増えていくんじゃないでしょうか?
一番新しいキャラクターとしてはオバマ大統領のが売られていますが、
指で押せばパンチをするパペットは、単純で面白いだけに廃れきってしまうことはなく、
とは言え、勝敗を決する方法が無いために飽きられやすく、
今後も主流にはなりえないんでしょうねぇ…。
首をバネでボヨンボヨンにする工夫を取り入れてる商品もあるから、もう一歩進めて
普段はカチッと首が座っていて、激しいパンチを受けたら留め金が外れてボヨヨンになって負け、
みたいな工夫をしてもいいような気もします、アジアパチモンの伝統で、
コストダウンには熱心だけど、新規工夫なんか考えようともしないのかもしれまへん。(°∀° )

以上、今回は通史だったので参考写真バッカでしたが、それではあんまりなので
次回予告がてら、アメリカから来襲したボクシングパペット軍団の来日スクープ写真をお見せします。
merikenboxingteam.jpg
まるで『タイガーマスク』のふく面ワールドシリーズ開催前に羽田に降り立った
覆面レスラー軍団のような怪しいパペットボクサーの一団。
彼らがWPBでどんな熱戦を繰り広げるのかは今後の展開に御期待下さい!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

メリケン拳闘団の襲来!ヽ(゚`Д´゚)ノ
先月のこのシリーズの最後にお見せしたメリケン拳闘団の襲来ですが(笑)、  
いつもなら1個ずつチマチマ買ってるビンボー人の私が、
一度に多数の購入となったのにはこんな理由があったのです。

ある日、ebayにこういうモノが出ました。
skulstar.jpg
(参考写真)

ボクシングパペットのスケルトンですが、これは今まで一度も、
写真を見たことすらない珍品だったんです。
頭だけでなく体も服に骨が描かれて『タイガーマスク』のスカルスター風だし、
入札者もゼロだったのでぜひ落とそうと、自分でこのジャンルに課してる  
ルールである「上限5000円」ギリギリまでスナイプ入札し、
その金額で終了したので落札出来たと思ってたら、しばらくして
「スナイプ入札できませんでした」という通知がセカイモンから届いて、
私が入れたのと同じ金額で他人にかっさらわれてしまったのでした…。(ノД`)
しばらく何がどうなったのか解らなかったけど、冷静に考えてみると
ebayでも同額入札は先にその金額を入れてた人に権利があるようで、
誰か先行者が5000円(以上)を先にスナイプで入れていたため、後発の私は弾かれ、
延長が無いからそのまま先行者の落札になるようですね…。
ギリギリまで自己入札額がライバルに伝わらず便利なスナイプ入札ですが、
こういう副作用がある訳ですが、まさかパンチングパペットにライバルがいるとは
夢にも思わなかったので油断してしまいました…_| ̄|○
こうなるとヤフオク自動延長って、終了寸前に値段が跳ね上がる危険性のため
心臓とサイフに優しくないけど、何もできず同額でライバルにさらわれるよりは
精神衛生上はいいかもしれないです。('A`)

それでムカついて他のパンチングパペットを検索したら、これまでは
「似てないし高い」と敬遠してた推定2番目のムハマド・アリが、
予算内の約2500円即決で出てるじゃないですか! 
もうこうなったらついでとばかり、3500円即決で回転寿司状態だった
ブラックスパイダーマンも落としちゃいました(°∀° )

セカイモンの買物で一番のネックは海外からの送料で、最低でも1個に付き
約3000円かかります。それで以前から「1週間に落札した品物は1つにまとめて発送」
というサービスはしてたんですが、何かとアバウトなメリケンなので、
売主が発送するまで数日~数週間かかるのが普通だし、
セカイモンの現地倉庫に入ってから検品が済むまで4~5日はザラで、
酷い時にはそこで紛失することもあったらしいです。
だから1週間猶予では複数の品が揃わぬ方が普通で、私も2回程、
同梱指示を無視され別便で届き立腹したことがありましたが、
さすがにセカイモンも拙いと思ったのか「検品作業終了後30日は同梱可能」と
システムを改めてたので、それを試してみようという気になった訳でした。

当然、狙いはボクシングパペットだけど、面白い位出品がアルアル!\(^o^)/
値段もどれも限度額以下だったので、ついつい多数落札しちゃったんですよ。
落札後はそれらの品物が一旦セカイモン現地倉庫まで送られる訳ですが、
その集結を待つ間に「そろそろ保管期限が近づいています」というメールが
セカイモンから来てまだ1月経たないのに変だなぁと思ったら、
文面は「あと2週間で期限が来ます」でした。
倉庫代かかるのは解るけど期限の半分での催促って何ですかねぇ…('A`)
このメール10日前でいいんじゃないのかなぁ? 
どうせ期限が来たら強制発送になるんだし……。

とまぁ多少の疑問は残りつつ、単品の値段は高くないし、待ってる間に
続々と他の出品があったので結局7つもの商品を買う羽目になったけど、
元々が小さく軽い品なので、送料見積は「全1箱発送総額3,301円」でした。
ただコレにはサーチャージは含まれないとのことで、かつてのジェットスターみたいな
運賃とそう変わらないサーチャージを別枠で請求する詐欺みたいなところもあるから
実際にいくらかかるか調べたら、最大で20ドル70セント、今回の私の荷物はデカくても
120サイズだろうから、17ドルと見積もると約2040円でやっぱサーチャージ詐欺でした(ノД`)

腹立ったけど、発送指示を出した後はやることもないので、受け入れ体制を整ようと、
以前紹介したぺットボトル+板のボクシングパペット用飾台を量産してました(笑)。
通常日米間の飛行機は12時間前後で飛びますが、セカイモンが使う飛行機便は異様に遅く、
ゴム動力ヒコーキを使ってるんじゃないかと揶揄される程で、今回もロス→羽田間を
丸4日飛び続け、やっと荷物は国内到着。実際のサーチャージが見積もりより安かったけど、
その代わりに関税がかかったりして結局総計5340円になりました。
関税は個人の荷物にはまずかからないんですが、今回は7つを一箱に詰めてるんで、
業者っぽさが漂ってたのか、少額だけど取られちゃいましたね(苦笑)。
まぁでも7で割ると763円なので、国内料送料並みと自分を無理やり納得させましたとさ…('A`)
謎の4日間のフライトに加え、さらに国内の配送にも2日かかって手元に届きましたが、
特に急いでないし(゚ε゚)キニシナイ!!

かくして日本に襲来したメリケン拳闘団、メンバーは

団長格のモハメド・アリ
al3rd.jpg
これは以前紹介したアリのパペットの中の3番目のもの。
可愛くしすぎてシュガー・レイ・レナードっぽくなった奴ですね。
この後、例の世界初のアリのパペットを入手したので、
これはレナードということにします(爆笑)。

副長格のチャック・ノリス(これは誰だかわからない白人の改造品w)、
chak norise

これは改造前はこんな感じの鼻の大きいオッサンで、その鼻が劣化で透明になってたので 
そのままでは使えず改造を思い立ったんですが、
whiteman.jpg
どうせなら鼻の大きさを活かそうと『ドラゴンへの道』のチャック・ノリスにしました。
rialchak.jpg
あんま似なかったけど、チャックの人形って、プロ製のも似てないので(゚ε゚)キニシナイ!!     

パンチョノザウルスと名乗るゴジラ(笑)、
green godzilla
これは70年代の米国アニメ「ゴジラ・パワー・アウワー」に出てくるゴジラによく似てます。
godzilla power hour

宇宙からの刺客グレイ
grayalien.jpg    

そして南米限定発売だったらしいブラックスパイダーマンの5名です。
black spiderman


さて、今回の大量襲来により一段と選手層が厚くなってきたWPB(ワールドパペットボクシング)、
今後どんな展開があるか楽しみです。\(^o^)/          

[READ MORE...]

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用