キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SATの真の力を示せ!
satmain.jpg


今日の御題はちょっと毛色を変えて、円谷特撮から『トリプルファイター』のSATカーです。
不幸な事件で注目を浴びてしまったSATですが、こちらのそれはSpace AttackTeamの略で、
宇宙人の子孫である早瀬三兄弟が、それぞれの最高の「頭脳」と「勇気」と「心」を活かして戦い、
最大のピンチが訪れたときには三位一体のトリプルファイターに合体します。

このSATカー、ちょっと見ではベース車が何なのか全く解りませんが、
それもそのはず、玩具メーカーのブルマァクが、デザインも造形も担当したらしく、
ボディを木材で組み上げている最中の写真が残っています。
一説によると、シャーシはクラウンで、フロントのウィンドウが別パーツでなく、
本体と一体成形で、破損しても取り替えが効かないという欠点があったそうで、
第一話ですでにヒビが入っているのが見えるのもそのためかと、これで納得がいきました(笑)。


sat3sides.jpg

改造でない新造ボディなので、極めて独創的かつカッコイイ姿をしており、
ブルマァクが強気で各種展開を試みたのももっともな話です。
今回お見せしてるのはゼンマイ駆動プラトイですが、実測12.5cmとほぼ標準スケールで、
この他にトミカサイズのブルペットや、大型サイズのゼンマイ玩具、
さらにはエアリモコン駆動のモノまで売られていたそうです。


satdooropen.jpg

このSATカーの最大の特徴の一つであるガルウィングドアの開閉は、
ちゃんとこのオモチャでも再現されています。実はこのドアは後部座席で、
フロントには右側にだけ運転者用のドアがあり、それもこのオモチャでも一応、
スジ彫りによって表現されていますが、開閉まではできなかったのは残念でした。

ともあれ、このSATカー、直線と曲線が織りなすバランスがすばらしく、
どこかあのポインターのラインを思わせるほどです。
いつの日か、敵であるデーモンたちの車として多数登場した黒いフラット塗装の
スバル360を作って競演させ、その真の力を示させようと思ってます。



スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

なぜか不遇の傑作メカ
mightymain.jpg

今日の御題は『マイティジャック』登場の万能戦艦マイティ(MJ)号です。
これを潜水艦のジャンルに入れていいかどうかは迷うところですが、
轟天も入れているので、とりあえずここに(笑)。

『マイティジャック』と言えば、『サンダーバード』のメカ描写に仰天した円谷プロが、
それを超えるメカSFを目指して制作した作品です。
東宝映画での実績や「ウルトラシリーズ」の驚異的視聴率でTV界からも注目されていた
円谷作品だけに、昭和43年に日本TV界初の本格SFドラマとして、
フジテレビから土曜夜8時という最高のゴールデンタイムに放送されましたが、
視聴率が伸び悩み1クールで打ち切られてしまい、
複雑な設定を整理して怪獣も登場する子供向けに手直しした
『戦え! マイティジャック』として夜7時から再スタートを切るもそちらも2クールで終了と、
決して成功したと呼べる作品ではありませんでした。

マーチャン的にはイマイからプラモ、バンダイから完成品玩具が発売され、
『サンダーバード』に続く作品として大いに期待されていましたが、こちらも不振を極め、
『キャプテンスカーレット』の打撃等もあったイマイは、やがて倒産という事態に陥ってしまいます。


musasabi.jpg

これは放送当時にバンダイから発売されていたフライングスカイラルのオモチャです。
商品名が日本語訳の「ムササビ」となっているのは微笑ましいですが、
ひょっとしたら劇中もこう呼ばれていたのかも知れません。
私は本放送当時の実際の放送を見た記憶はほとんど無いんですが、
なぜか当時、このオモチャは持ってました。
実はこのメカって、敵方の、しかもたぶん1度しか登場しないゲストメカです。
当時でこういうものを単品発売したバンダイもすごいですが、
それを欲しがった子供時代の私も相当なものです(笑)。
もっとも他にマイティ号の50円のミニプラモを持っていたので、
ちゃんと敵と認識して欲しがったのかも知れません。


mjdock.jpg

『マイティジャック』のメカデザインを担当していたのは成田亨さんで、
単体メカはもちろん、このドックの全体の美術に至るまで、
彼特有のクールでシャープな感覚で統一されているのがよく解ります。

atago.jpg

独特な形状のマイティ号の艦橋ですが、旧日本軍の重巡洋艦である愛宕を
モデルにしているという説があります。上がその愛宕の写真ですが、
確かにイメージ的に近いものがありますね…。どこかで成田さんがそのあたりのことを
寄稿もしくはインタビューされている記事を読んだ記憶があるのですが、
今回は発見できなかったのは残念です。


mj3sides.jpg

お見せしているモノはイマイのプラモデルです。イマイから出された複数のマイティ号のウチの
全長34cm5mmのタイプで、水物でない、電動走行のプラモとして開発されたキットです。
私がこれを入手したのは1980年頃のことで、当時、往年のキャラものの再販をボチボチ始めていた
イマイがいきなり出してきた小松崎箱絵のバージョンで、当時1000円でした。

komatuzakihakoe.jpg

当時は今ほど情報が発達してなかったので、行きつけの模型屋で、
いきなりこの箱を見つけたときは大きな衝撃が走りましたよ(笑)。
後の再販ではイマイのマイティジャックシリーズは別の箱絵に変わりますが、
この時の小松崎箱はたぶん初版と同じなんじゃないかと思います。
マイティ号の色って、ドックの中の写真でお解りのように、実は軍艦色なんですが、
この箱絵と昔持っていたミニプラモの印象が強いので、作例はブルー系の色に塗ってあります。



konamihakoe.jpg

そのイマイも2002年に「倒産」してしまい、マイティジャック関連のアイテムを手にすることは
二度とないだろうと思っていましたが、なんと2004年にコナミが食玩として出してくれました。
これがパッケージ画像で、シンプルながらもセンスのいいデザインに期待は高まり、

konamilineup.jpg

このラインナップ一覧を見て、MJ側とQ側のメカが半々なのは納得でしたが、どちらも中途半端だし、
「マイティ号の敵として1台だけ出すならホエールじゃなくてジャンボだろう」と
失望も若干含んだ複雑な思いで発売を待ちました。きっと第二弾でラインナップ充足が
なされるだろうと期待し、売り上げに貢献するつもりで買う気マンマンだったんですが、
とうとう、近所のコンビニでは見かけないままに終わりました。

やはり、『マイティジャック』という作品はトコトン商売的には不遇なんでしょうか?
作品自体はともかくも、メカの魅力はかなりの傑作だと思うんですけどねぇ…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ヒーローはつらいよ……
zyancarzmain.jpg

あの何かと物議を醸している新オーナーからは「作品を作るたびに赤字になってしまう」と
バッサリと言い切られてしまった過去の円谷プロの作品群。
確かにその通りなんですが、実際の制作現場に落ちてくる予算の少なさはCMの比じゃないので、
その事実を知った上での発言なのかどうか、以降、お手並み拝見と行きましょう(苦笑)。

さて、「借金とヒーロー」ということで思い出すのがこの作品です。
ということで、今夜の御題は、『ジャンボーグA』からジャンカーZです。

『ジャンボーグA』とは1973年に円谷プロダクションによって制作された特撮ヒーロー番組で、
『ファイヤーマン』『ウルトラマンタロウ』と共に、円谷プロ創立10周年記念番組でした。
特殊な経由を持つ作品で、マンガが先行したんですが、1970年に小学館の学習雑誌に
「ジャンボーX」と「ジャンボーグエース」という二つの作品が相次いで掲載されています。


janbox.jpg

「ジャンボーX」の方は「まもる少年が変身するウルトラセブンの弟」という設定で、
マンガを描いていたのは『ウルトラQ』も手がけていた中条けんたろうでした。
「ウルトラ兄弟」から外されたウルトラの弟と言えば『ウルトラマンA』登場の
梅津ダン少年が有名ですが、マンガとは言え、それ以前にも存在した訳ですね。
このジャンボーXはブルマァクからソフビも出ており、ソフビ系のサイトでは
取り上げてある所もあるので、どうか興味のある方は検索してみて下さい。

もう一つの「ジャンボーグエース」の方は内山まもる作品で、小学2年生に掲載されました。
これは少年が巨大ロボットに搭乗して戦う設定で、デザインもほぼジャンボーグAそのままです。
私はこちらの内山版は読んでいたので、後にソフビ収集を通してジャンボーXを知った時には、
その更に前の企画かと思っていたんですが、どうも競作に近かったようですね。

たぶん、新ヒーローを創作するにあたって、これまでの円谷ヒーローの延長上がいいか、
全くの新機軸で行くのがいいのかを、子供たちの反応を見て決定しようとしたのでは
ないでしょうか? 『ミラーマン』の際も、若干デザインが違う目が鏡になっている
ヒーローをマンガとソフビで先行させた例があるので、その流れなんでしょう…。


この二つのマンガを経て、デザインと設定が決定したように思われる『ジャンボーグA』ですが、
なぜか企画はそこで一旦ストップし、実際にTV化されるまでには二年の月日が経っています。
この空白期間が何を意味するかですが、ひょっとしたら、ジャンボーグ企画は
それほど人気が上がらず、一旦はオクラ入りになったんじゃないかと思います。
それがとある巨大ロボット作品の影響で再び注目を浴び、再起動したのではないでしょうか?

そう、あの『マジンガーZ』が1972年の10月に連載が、12月にはアニメが始まっているのです。
集英社フジテレビ、そして講談社まで相乗りしてブームを盛り上げた『マジンガーZ』なんで、
そこに乗れなかったNET(現テレビ朝日)が「何かロボット物はないか?」ということで、
すでにあった企画を元に円谷プロをつついて作らせたのでないかという気がします。
『ジャンボーグA』の放送開始が73年の1月17日という半端な時期なのも、
夏の終わり位に『マジンガーZ』のことを知ったNETが、10月の連載開始を見て驚いて、
大慌てで円谷に発注し、ようやく間に合ったのがその時期だったのではないでしょうか?


tatakaezyan9.jpg

ともあれ、特撮版『ジャンボーグA』は始まり、セスナが変身するジャンボーグAの
強化策として中盤から登場したのが、このジャンカーZが変身するジャンボーグ9です。
上の写真は、挿入歌として出されたジャンボーグ9のテーマソングですが、左がAで、右が9です。

ジャンボーグは、マンガ版とは違いエメラルド星人から送られた宇宙サイボーグという設定で、
非力だけど空を飛べるAと、パワフルだけど陸戦用の9を立花ナオキが使い分けるの斬新でした。
斬新と言えば、立花ナオキはこの作品世界の防衛隊PATの隊員でなく、元隊長の弟だけども
民間人という設定もあまりないもので、そのため、彼は借金に苦労することになるのです。

そう、ジャンボーグの2台は幸運にもエメラルド星人から贈られるのですが、
それが憑依する地球のメカはセスナもクルマも、ナオキ側が保持していた物で、
セスナはナオキの勤める会社の所有物でしたが、資金繰りに困って売り飛ばされる
エピソードがあるし、ジャンカーZに至っては一応はナオキの物なんですが、
それを買うお金を姉に借り倒し、姉はその資金を工面するために、
死別したナオキの兄である夫から贈られた指輪を処分しているのです…。

主人公がセスナパイロットというのは、『ウルトラQ』の万丈目と同じですが、
当時の超高級車スカイラインスポーツを乗り回していた彼に較べ、
軽自動車のホンダZ一台買えない立花ナオキのダメんずぶりはけっこうキテますが、
この役を演じた立花直樹は後に麻薬に手を出し、芸能界を去ったので、笑うに笑えません。


jyanka-3sides.jpg

お見せしているミニカーはトミカダンディをリペイントしたモノで、実測7.8cmの標準サイズ。
ただ実車が小さいので、スケールは1/38のミニカーです。

zissyazyancar.jpg

実車はこのようにもう少し赤い部分がオレンジがかった感じにも見えるんですが、
ジャンボーグ9の色合いと違っても変だと思うので、そちらに近い色にしてあります。


借金に苦しんで、とうとう身売りしてしまった円谷プロですが、
10周年記念作品でそれを想起させる内容を作り出していたというのは何とも皮肉な話で、
やはりヒーローというのは、なるのも作るのも、かなりつらいものだった
ということなんでしょうかねぇ?(笑)。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

スターウルフに萌えているっ!(w
bacusmain.jpg

今夜の御題は1978年4月~9月まで日本テレビ系で放映された『スターウルフ』です。


starwolfep.jpg

『スター・ウォーズ』等によるSFブームを当て込んで、『キャプテン・フューチャー』の
原作者でもあるエドモント・ハミルトンの小説を翻案し制作されたSFドラマで、
その高レベルのメカ描写が一部の注目を浴びましたが、視聴率的には苦戦し、
1クール放映後『宇宙の勇者スターウルフ』と改題されると同時に、コメディリリーフの導入、
物語の単純化等、良くあるテコ入れがなされましたが、その種の介入が成功した試しはなく、
結局、2クールで打ち切られる結果に終わりました。


sasurai.jpg

ハヤカワ文庫による原作で、このお話に馴染んでいたSFファンは、
日本人に置き換えられた登場人物にとまどいながらも、
宍戸錠が扮するキャプテン・ジョーの貫禄に感心し(笑)、
それから、谷川みゆきが扮する紅一点、ヒメの可愛らしさに魅了されました。
主人公は、、、、、えっと誰でしたっけ?(爆

lasthime.jpg

これは最終回の1シーンですが、円谷ヒロインに多いポッチャリ系の顔立ちながら、
ここまで可憐さを感じさせてくれたヒロインはそんなに多くありませんよね~。


swolf3sides.jpg

主にヒメとキャプテン・ジョーの魅力でもっていたこの番組でしたが、
主役メカであるバッカスⅢ世号も大変魅力的でした。
お見せしているのは全長約14cmのポピニカのスタンダードですが、
この独特のT字型のデザインは流線型のオーソドックスな物が多い円谷メカでは
他にあまり類を見ない異色の存在です。


このスターウルフ関連商品と言えば、バンダイやポピーから出ていましたが、
当時、売れ行きは良くなかったのか今回のポピニカも入手は困難だし、


Baccuspuramo.jpg

こちらのプラモデルも再販が無いため、幻アイテム化し、再販が待たれる一品です。

dushpopinikabuccus.jpg

ただ、こちらのトミカサイズのダッシュポピニカ版はデッドストックでも見つかったのか、
ヤフオクでもよく見かけるので、何か一つバッカスⅢ世が欲しいのなら手頃かも知れません。


この『スターウルフ』が打ち切られた後も、谷川みゆき嬢は清純派女優として、
『水戸黄門』や『おしん』等の大ヒットドラマに出演しましたが、
やはりこのムチムチのボディに目を付けたけしからんプロデューサーはいたようで(笑)、
himeglabia.jpg


こんな感じのセクシー系グラビアもこなすようになり、ついにはピンク映画やAV系での
仕事が多くなりました。そっち方面ではベテランで、近年でも活躍してるようなので、
興味ある方は検索してみて下さい。

やはり今でも「スターウルフに萌えている」のですよ(違

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

希望の朝に羽ばたくもの
jumbomain.jpg
ちょうど一週間の御無沙汰でした…。
夏バテと、他のことに忙しくてちょっと気持ちがミニカーから離れてたんでお休み頂いてましたが、
今朝、ラジオ体操の音楽をたまたま聴いたんで、ジャンボフェニックスで再開です(笑)。
イミフメーの方もいらっしゃるかと思うので解説すると、ラジオ体操の番組が始まるときに流れる
「ラジオ体操の歌」とこのジャンボフェニックスのテーマ「朝日に向かってジャンボフェニックス」って
そっくりじゃないですか!(笑) 小学校の時、最初は大嫌いだったラジオ体操が、
そのことに気づいてからはそこそこ好きになりましたよ!

jumbostill.jpg
ジャンボフェニックスは円谷プロ制作、フジテレビ系放映の
『ミラーマン』(1971年12月~1972年11月・全51話)に登場したメカですが、
あの世界での防衛組織SGMが最初は地味な組織だったのに、
26話でいったんインベーダーに全滅させられたと思ったら、派手なコスチュームに身を包み、
このジャンボフェニックスで颯爽と登場したもんで、いい意味で仰天しました。
ウルトラホーク1号と同じ3機合体飛行メカですが、ホーク1号の成田デザインらしいクールさとは違う
丸みを帯びた感じで、色も赤が主体というホットさでした。


wavegk.jpg (参考資料)

ジャンボフェニックスの立体物というと、放送当時のブルマァクのプラモや小型合金のブルペット、
それからブルマァクキットをディスプレイ化した80年代に出たウェーブの限定版キット(写真上)、
それから最近ではアオシマのガレージキットが出ていたようですが、いずれも入手困難のところ、
ザッカピー・エイ・ピーとマルサンが組んだ「マルサン・ミニソフビコレクション・円谷プロ編」から
ソフビとして登場しました。

marusanjumbo.jpg
定価525円の全5造形色違い2種づつ+シークレット(全11種)のブラインド箱で、
ワンカートン買ってもコンプしないという極悪仕様だし、欲しいのはジャンボフェニックスだけなんで、
当然店頭では買わずオクゲットです(苦笑)。


jumbofenix3sides.jpg
という訳で手に入れたこのジャンボフェニックスのソフビ、ソフビなんで分離合体はしません、
ってより、やる気さえ有ればこの程度の分離ソフビでも何とかなったと思うから手ぬきかなぁ…。
また、手に入れたのはウエザリング仕様らしいですが、この黒い横シマ模様みたいなのが
ウエザリングというのもナンダカな~。ホンネをいればコナミあたりにシャープな造形で
「円谷メカクロニクル」つうのを出して欲しかったですね。ま、バンダイでもいいけど…。

と悪口をさんざ書きましたが、実は全体のプロポーションは悪くありません。
ヘンテコウエザリングもそのうち消すから(゚ε゚)キニシナイ!! それに実を言うと、この種のメカの
分離合体機構って自分にとっては割とどうでもいことなんで、これで充分だったりします(笑)。
全長約12cmのちょうど良いサイズで出してくれたマルサンに一応、感謝(・∀・)!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。