キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西部警察が生んだ名車、マシンX
machinexmain.jpg


日本ドラマ界に刑事ドラマ数あれど、その中で特殊な輝きを放つのが
1979年に放送開始された『西部警察』であり、
そのきっかけを作ったのが、今日の御題のマシンXです。
単に過激なカーアクションを売り物にするものはそれ以前にもありましたが、
この『西部警察』はその卓越したメカ描写によって他の作品とは一線を画していました。

このマシンXとは、第45話で高性能の外国車で逃亡する犯人に翻弄され、
従来のパトカーでは太刀打ちできなかった大門軍団に始めて配備されたスーパーパトカーで、
スカイライン・ジャパンターボに徹底的な改造を加え、
マイクロコンピューター制御による、サーチライト、リモコン式スチルカメラ、
フロントバンパーに設置された特殊発信ペイント発射銃、等52種類もの特殊装置を搭載し、
更に敵に奪われた時を想定した遠隔操作式の自爆装置まで配備してあるという、
まさに夢のパトカーでした。


mx3sides.jpg

ノーマルでも充分にカッコイイ、スカイライン・ジャパン(この通称は「日本が生んだ名車」という意味)に
JPSロータス張りの黒字に金ラインというシブイ塗装を施し、
さらにそれにオモチャチックにならない程度の特殊装備を取り付けたこの車は、
まさに日本版ボンドカーというにふさわしい、西部警察が生んだ名車でしょう。
実際に、この通りの外見に改造するジャパンオーナーも数多く登場したほどの人気を呼び、
この後も続々と続く大門軍団スーパーパトカー群の露払いの役割を見事に果たしました。

今回お見せするのはスカイネットから近年発売された1/43スケールのレジン製完成品です。
材質の性質上、室内はムクのため黒塗装でごまかしてあるのは大きな欠点ですが、
プロポ-ションは素晴らしく、シャープさも充分です。

西部警察のスーパーパトカーのミニカーは、放送当時、ダイヤペットから発売されましたが、
なぜかこのマシンXは出ませんでした。ノーマルのスカイラインジャパンは出ていて、
黒地に金のサイドラインというほとんどマシンXと同じ塗装のタイプまであるんで、
きっと腰の重いダイヤペットのこと、タック・パンサーの時みたいに、
モタモタしている間に発売時期を逃してしまったのか、
あるいはこの「なんちゃってマシンX」を試験的に出してみて、
売れ行きを計っていたのかもしれません(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

水もしたたる良いサファリ!
safarimain.jpg


昨日のマシンXに引き続き、今日の御題は『西部警察』の特別機動車両サファリです。
フロントバンパーに2門の散水銃、ルーフ内部には同じく2門の高圧放水銃と、
潜望鏡式ビデオカメラ・レーダーを装備し、無線だけでなく電話回線の傍受・盗聴も
可能なこの車は、特別機動車両隊の旗艦となる指令車です。

この車が配備された時の、ものすごい勢いで水を噴射するワイドショーでの特写が、
私が『西部警察』に注目するきっかけになりました。
この番組の存在は知っていたものの、「カーアクションが激しい刑事番組」との認識しかなくて、
全く注意の外だったんですが、このサファリのドハデなアクションを見てトリコとなり、
この番組が「コンクリートウエスタン」というSFだったことにようやく気づいたのでした(笑)。

本来この車は、「サファリ」の名が示すように、乾燥地やジャングル等の
条件が過酷な発展途上国での激しい運用に耐え得る性能を持たせて開発されたんですが、
そういう地域では水は貴重品なので、この放水車としてのサファリがもし市販されていたら、
きっと歓喜の声で迎えられたんではないでしょうか?



safari3sides.jpg

この車はダイヤペットの『西部警察』シリーズの第一弾として、
「西部警察日産サファリ4WD」というごく普通の名前で1/40スケールで商品化されましたが、
サファリの最大の特徴であるタンク車もちゃんと連結されており、バンパーの散水銃は可動、
ルーフはスライドさせ開閉可能で、内部の放水銃とレーダーカメラをせり出させ展開可能という、
劇中のアクションを忠実に再現できるすばらしいミニカーです。

safarimecha.jpg

スカイネットの一連のシリーズにもこのサファリはラインナップされましたが、
タンク車の無い単独での製品化で、内装が無いためにアクションもオミットという
完全ディスプレイモデルでした。そのため、このダイヤペットのサファリの人気は特に高く、
ジャンクですら高価で取り引きされているようです。
私は幸い、発売後ほどなくしていきつけのオモチャ屋で定価購入しましたが、
そうでなかったら、スカイネットのでガマンしていたことでしょう…。
その時、隣に並んでいて、予算の都合で買わなかったマシンRSは
後になんとかルースで手に入れましたが、それでもかなり苦労しましたから…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ダイモンズ・フェア・レディ
superzblog.jpg


『西部警察』の3日目は、最新鋭のマシンRSと共に、
それまでのマシンXに代わって配備された新しい大門団長の専用車スーパーZです。
このマシンのベース車は二代目のフェアレディZですが、スイッチ1つで、
各部の特殊装置が作動するようにフルオート化されているのが特徴です。
ボンネットには犯人攻撃のための4連式催涙弾発射装置が雄々しくそびえ、
そしてリアバンパーには煙幕発射装置等が装備されています。
またこの車の外観上の最大の特徴として、ドアがアクリル製のガルウイング化されており、
これもフルオートでの開閉が可能です。


supez3sides.jpg


ダイヤペットの『西部警察シリーズ』はC-2として「スズキGSX1100Sカタナ」、
C-3として「スズキGSX-白バイ」がラインナップされ、その次のC-4として、
スーパーZが「フェアレディZ武装パトカー」という名称で、1/40スケールで加わりました。

Cの2と3の2つのカタナは、黒と白の色違いで、2が鳩村が乗るタイプだったんだと思いますが、
この2つはスケールが大きく、他のシリーズと並べられないので、
私は今のところ、収集対象に入れておりません。


before-z-after.jpg


このダイヤペットのスーパーZも人気の高いミニカーで、
「一連のシリーズの中で何か一台欲しい」という場合に真っ先に選択されるミニカーのようです。
そのため完品だとかなりの値が張るんですが、私はなぜかこれにはそれほどの思い入れを
持ってなかったので、ジャンクを手に入れてレストアする道を選びました。

上の写真の左が入手時の状態ですが、致命的な破損こそないものの、
色はハゲちょろけ、パトライトは欠損と痛みが激しかったため、1000円以下という
安価で手に入りました。それを何とか見れる状態程度までにレストアしたのが右の写真で、
元の色が解らなくなってはマズイので、下地はある程度生かして色を足す方針で塗装してます。
そのため、正直言って、ちょっと表面に凸凹ができてしまってるんですが、
いずれ時間がたっぷりできたときに塗装をやり直すつもりでいます(笑)。

しかし、それまでの黒くシブイあのマシンXから、いきなりこの金色のドハデな車に
代わった訳ですから、人気が高い反面、アンチも少なからず生んでしまったようです(笑)。
まぁ、スカイラインの新型であるマシンRSが配備されたんだから、
団長車が旧式のままだとマズイだろうし、RSの赤黒のドハデさに釣り合わせるには、
この金色のボディも致し方なしというところでしょうか?

ほら、古来から「紳士は金髪がお好き!」とも言うことだし、
けっこう団長はこの金髪の淑女が気に入ってたりして!(爆)。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

最強のマシン軍団、RS!
machinersmain.jpg


『西部警察』シリーズ、本日はマシンRSです。スーパーZと共に配備された最初のマシンRSは、
外観はほとんどノーマルのスカイラインRSですが、元々「史上最強のスカイライン」と呼ばれた
高スペックを持つ車だし、赤黒のハデな配色の車体は「高性能コンピュータ装備の情報収集車」
という設定にふさわしく、同じくドハデな金色のスーパーZの相方として大活躍しました。
『西部警察』PART3では戦闘指揮車RS1、情報収集車RS2、そして情報分析車RS3の
RS軍団として再登場し、そのハデさと性能にますます磨きをかけられましたが、
設定上は初代RSがRS3に改造されたので、延べ4台、計3台がRS軍団となるはずなのに、
外見上と役割的には最初のRSとRS2が似てるので、少々混乱の元になっています。

rs3sides.jpg

今回お見せしているこのミニカーはダイヤペットの「西部警察パトカースカイラインRS・C-5」で
ルーフからせり出す2門の機関砲と大型パトライトから、RS軍団のRS1のモデル化でしょう。

rsopen.jpg

ダイヤペットらしくミニカーとしての機能もきちんとしており、ドアと前後トランク開閉や
このマシンRSの最大の特徴の一つである、助手席をつぶして装備された大型コンピュータも
シール貼りですが、しっかりと表現されています。



さらにダイヤペットからは、シリーズのC-6「西部警察スカイラインRSターボ」として、
屋根にパトライトの無いモデルが発売されてますが、これはその特徴からたぶんRS2でしょう。
Cの通番が与えられている『西部警察』シリーズではRSはこの2台だけなので、
初代RSやその改造であるはずのRS3が出ていないことになりますが、
スカイネットのC・Cシリーズではノーマルと軍団の4台が全て1/43スケールで発売されたので、
それを揃えるのも壮観で、内装の充実を取るか、軍団勢揃いを取るか悩ましいところです。
私の場合は、予算の都合と、同じような車が数あってもしょうがないと思ったので、
代表としてダイヤペットのCー5だけを選びました(笑)。
この私所有のミニカーは、箱無しのまぁまぁの状態でしたが、
それでもオクで1万円を切るくらいはかかっちゃったんですよね。
やはり『西部警察』は人気高いです……。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ガゼールよ今日もありがとう!
gazeelmain.jpg


今日の御題はまた『西部警察』で、木暮課長のガゼールです。
初代の2000XE-IIをベースに当時珍しい自動車電話付きオープンカーとして登場したこの車は、
ボンネットに車名の由来であるカモシカの一種のガゼルをイメージしたマークが描かれ、
それが非常に強い印象を与えていますが、これは番組の特注ではなく、
通常モデルにもディーラーオプションとして用意されていた仕様だそうです。
基本的に木暮課長の自家用車ですが、サイレンを付け覆面パトカーとして活動したこともあり、
特殊装備はほとんど無いにも関わらず、視聴者の憧れの対象となる車でした。

gazeel3sides.jpg


この3面写真でもよく解るように、ボディの白と、内装の水色が何とも粋で、
いなせな裕次郎がこれに乗ると最高にハマります。
たとえ大門軍団長でも、このスタイリッシュさを演出するのは無理で、
ここはやはり戦後最大のスター、石原裕次郎の貫禄勝ちでしょうね(笑)。


gazeelphone.jpg

フロントシートの背もたれの間にセットしてあるのが自動車電話で、
その色もまた白に統一している、このカッコ良さにシビレます!


このミニカーはアオシマ・スカイネットのコールド・キャストシリーズ。
スケールは1/43で、その名の通りレジン製です。
このシリーズは内装は再現されないのが普通ですが、オープンカーのガゼールだけに
ちゃんとブルーの内装も完全再現し、このモデルの魅力を高めてます。
この車はダイヤペットでは同型のシルビアが出ていたせいか発売されなかったので、
スカイネット版の存在は貴重で、このコレクションには欠かせない一台を
ラインナップしてくれたことに「ありがとう」と言いたい気持ちでいっぱいです。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。