キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


マックでマックィーンを!(w
macmain.jpg

今日の御題は『カーズ』です。2006年に公開以来、日米共に大ブームを巻き起こしたこの作品、
トミカよりやや大きめのサイズのミニカーはもう何台あるのか解らないほど増殖していますが、
標準スケールにこだわる私はこれまであまり気にしてませんでした。

もっとも、これだけの人気キャラです、標準スケールのアイテムもちらほら出るには出ていて、
ラインナップがけっこう充実しているのは、マクドナルドのハッピーセットのオマケでした。

macarsrineup.jpg
キャラクターミニカーのコレクター仲間で、こういうカワイイ系が大好きな人たちは
ハッピーセットを大人買いして、頑張って集めていたようですが、そうでもない私は
「どうせ、一過性のブームだろうから、どっかでまとまって安く処分していたら買おう」と考え、
スルーしていたんですが、ところがギッチョンチョン(w
いきつけのオタク系リサイクルショップでは、遊び倒してデロデロになった奴が、
500~800円くらいの詰め合わせの1袋に1個入ってるかどうかだし、
そろそろ発売開始から2年近く経ちますが、「安く処分」どころか、
未だヤフオクでは揃ってるとけっこう高値逝っちゃいます……。

正直、こんなに人気続くとは思ってなかったっす……_| ̄|○

ま~そんなこんなで、これまで手つかず状態だったんですが、
プロフィールの紹介文でちょっと触れているため、『カーズ』の単語検索で
このブログにいらっしゃる方も時々いて、申し訳なく思っていたんですが、
ようやく、ミニカー系コレクターショーケースで1個だけ見つけたのでエントリーアップです。

mac3sides.jpg

このミニカーがマクドナルドのハッピーセットのオマケで、約10.3cmの標準スケール相当。
主役のライトニング・マックィーンですが、なんでもこのシリーズは目のシール違いで
いくつかバリエーションがあるらしく、どれなのかは不明です、つうか調べる気になりません(爆)。


macwilly.jpg
プラ製のオマケにしてはズッシリと重いんですが、それはお約束のブルバック走行に加え、
スピードが乗ると自然とウイリーするという面白いギミックが仕込んであるからで、
この完成度だったら、オマケでなくてもショウバイできるんじゃないかという気さえします。


carsdvd.jpg

正直、これまで『カーズ』は、映画もレンタルDVDですら見たことないんですが(笑)、
このハッピーセットの出来映えに感動したんで、DVDもちゃんと見て、
残りのこのハッピーセットシリーズも揃えようと思います。
こういうすばらしい作品をこれまで見ていなかったことが悔やまれてなりません。







                                    えっ、今日の日付?、それが何か?(w


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

メーターがしゃべる、そんな…w
metermain.jpg

4月1日の記事で『カーズ』について「こういうすばらしい作品をこれまで見ていなかったことが
悔やまれてなりません」と書きましたが、その日に書いたことなんで、当然まだ見てません(笑)。
でもハッピーセットの「カーズ」シリーズ自体には、興味が湧いてきたので、またいくつかオクで
落としてみました。当然、新品セット売りより、ルースでガタガタなハンパ品を選択したんですが、
今日取り上げるメーターは100円ながらも、キズもシールのはがれも無く新品同様の品でした。
この「メーター」というキャラは見ての通りのレッカー車ですが、「天然で、陽気な性格」だというし、
元は水色だったそうですが、今は赤サビと汚れで茶色にしか見えないし、
出っ歯でひん曲がった大きな口を持つので、イメージ的にはロバか老馬って感じでしょうか? 

mred.jpg
ひょっとしたら、昔の「馬がしゃべる そんなバカな?」でお馴染みの
『ミスター・エド』のイメージを引きずってるのかも知れません(笑)。


metermac.jpg
この『カーズ』の作品を通して「ナマイキで勝つことにしか興味が持てなかったマックィーンは
いろいろ大切なことに目覚めていく」とのことなので、このメーターの天然振りなんかは
かなりの影響を与えているのかも知れませんね。見ずに書いてるからテキトーですが(爆笑)。


meter3sides.jpg
さて、今回のハッピーセットは全長およそ9.7cmですが、こういうキャラなんで
ブルバックゼンマイは仕込まれていません。でもその代わりにワザと前後の車輪が
グニャグニャに取り付けられていて、しかもフロントは左右に遊びが設けられているため、
手で押しながらどっちか片方に重心をかけるとそのまま曲がってくれるギミックになっています。
これ、実際に自転車やバイクなんかで曲がる時のフィーリングに近いものがあるので、
本来のこのオモチャのターゲットである幼児層にはいい体験学習になるんじゃないでしょうか? 

kenin.jpg
それからレッカー車たるアイデンティティである、後部牽引フックもちゃんと上下に動き、
他のクルマを引っかけて遊ぶこともできるので、オモチャとして極めて完成度が高いと思います。

今回実は、3台ほどこのシリーズを手に入れたんですが、それぞれギミックが違っており、
ハッピーセットのオマケという厳しいコスト制限の中、おそらくはそれぞれのキャラにふさわしい
一発芸をどのクルマにも仕込んであるんだろうと、残りのメンツにも俄然興味が湧いてきました。
もう4月も10日なので今回はマジです(爆笑)。
という訳で、残り4台も集めてみる気になってきましたが、大人買いしても能がないんで、
1つ1つ気長にコスト制限を自らに課しながらやっていく予定です(笑)。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

サリーはアイドル!
sallymain.jpg

今日もハッピーセットの『カーズ』から、サリーを御題として取り上げます。
2002年型ポルシェ911カレラがモデルである彼女は、都会での生活に疲れ、
偶然たどり着いたラジエーター・スプリングスの雄大な渓谷に恋をし、住み着いてしまいました。
落ち着いた艶っぽい声で話す彼女は、バックにはタトゥーを入れているセクシーなクルマですが、この町の敏腕弁護士兼、コージー・コーン・モーテルのオーナーという才媛でもあります。
どちらかと言えばグータラな住民が多いこの街をなんとかしようと、
つねにみんなを励ますがんばりやさんです。

sally3sides.jpg

ポルシェが女性とは意外な感じもしますが、古いタイプの911ではそんな感じはしないものの、
最近の丸っこくなったタイプでは、なるほどそんな感じに見えなくもありません。
マックィーンはサーキットの中でもユーノスロードスターの双子姉妹にデレデレしてたので、
案外、こういう丸っこいクルマが好みなのかも?(笑)
このサリーのハッピーセットはブルバックゼンマイと、ステアリングが前身、右折、左折の
3つの状態で固定できるギミック付きです。劇中、けっこう自由に走り回ってた彼女だけに、
広い場所で左折か右折に固定し、グルグル回らせてあげるのがお似合いかもしれません(笑)。
大きさは約9.7cmの標準スケール相当です。


sallymac.jpg

さて、内容について触れているとこからもうお解りかと思いますが、
とうとう『カ-ズ』本編を見てしまいました。
基本的にメカニカルなところに魅力を感じるので、クルマを擬人化する作劇は苦手なんですが、
これはさすがは手練れのディズニーの息がかかった作品ですね。
子供だましになる一歩手前で踏みとどまって、大人の鑑賞にも堪える作品になっていました。

まぁ、サリーは確かに魅力的なクルマで、マックィーンがホレちゃうのも解るんだけど、
日本のキャッチコピーの「キミのためにボクは走る」つうのはちょっと違うような気がします…。
まぁひょっとしてして「キミ」ってのはメーターのことかもしれませんが(爆笑)。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ドックの執念は岩より硬い!
docmain.jpg

今夜の御題も『カーズ』からドック・ハドソンです。
まるでかつてのハリウッドスター、ロック・ハドソンみたいな名前を持つ彼は
ラジエーター・スプリングスの裁判官で、医者(修理工場の整備士)でもある、
町一番の信用と威厳を持つ名士ですが、実は過去に3年連続で
ピストンカップに優勝した名レースカー、ハドソン・ホーネットの世を忍ぶ仮の姿で、
町の住民にも過去を隠す彼は、たまに荒野に設営したコースを走り憂さを晴らしてたのです。
偶然その秘密を知ったマックィーンに、1954年のレースで大事故を起こして以来、
引退したと言う感じの説明をドックはするのですが、それは史実にある、
ハドソン・ホーネットが1951~53年のナスカーのネクステルカップシリ-ズで優勝し、
ハドソン社がアメリカのビッグ3以外で唯一このカップを獲得した会社だったのに、
54年にはAMCに吸収されてしまったことに呼応しています。
ホーネットの販売はしばらく続けられ、70年代中盤には新型も出るんですが、
ハドソン・ホーネットはこの3年限りで消滅してしまった訳ですね…。
だからドック・ハドソンはその正体を隠し、ボディに誇らしげに書かれた車名も消して
田舎町に隠遁してしまったんですよ…。このあたり本当に泣けるし、
演じるのがレースにも造詣の深い名優ポール・ニューマンというのも素晴らしい限りです。

docrun.jpg
だから当然、今のハデハデになったピストンカップや、そこに出場しているマックィーンに
ドックがいい感情を抱くはずはなく、最初の競走の時も、
マックィーンがダートを走った経験が無いのをあっさり見抜いて、
スタートから一歩も動かずに相手の自爆を誘って「勝利」しちゃう訳ですね(笑)。


hornet.jpg
だから、そのドックがちゃんとハドソン・ホーネットとしての塗装・装備に全身を固めて、
マックイーン自身のかつての傲慢さから、トレーラーのマック以外のクルーがみな逃げてしまった
復帰戦かつ、ピストンカップ決定戦のチーム監督に押し掛け就任したってことは、
彼の町での頑張りがドックの心をいかに溶かしたかってことだし、
ドックのことを見分けられなかった若造マックイーンと違って(笑)、
ドックを一目見るなり正体に気づき、歓声で迎えたスタジアムのみんなにも感激しちゃいます。
ただ一人空気読めてないのが、ヒゲのチックでしたが、
奴もちゃんとその報いを受けるハメになるのもいい感じですよね!(笑)

doc3sides.jpg

さて、今回のハッピーセットは全長約10.8cm。写真で見てお解りのように
左側にゼンマイのネジが飛び出しています。ただ走るだけならブルバックゼンマイにすれば
いいのになぜこれはネジ付きゼンマイにしてあるかと言うと、
docura.jpg
この中央に付いている横向きの車輪に注目!

つまりこれ、昔懐かしミステリーアクションなんですね。
そう、あのテーブルや机の上で走らせると、フチまで直進し、そこまで来たら自動的に
向きを変えて落っこちずにまた進む、という、高級電動玩具によく使われていた仕組みです。

いや、あの仕組みが、マクドナルドのオマケに使われているとは驚きです。
さっそく試してみたところ、ゼンマイなので動きに時間制限があるけど、
その間は実にうまく落っこちずに進んでくれました!
本当にこのハッピーセットの「カーズ」シリーズ、あなどれません!!


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

色男の女房
flomain.jpg
今日の御題は『カーズ』です。カーズといえばブリスターパック入りの
トミカよりやや大きいシリーズがもう何点あるんだが見当も付かないほどですが、
当ブログはそんなメジャーシリーズには見向きもせず(ホシクテモ(´・ω・`)カエナイ
ひたすらローコストのハッピーセットシリーズをゆる~く追求します。

つう訳で、今回の主役はフロー姐さん!
カーズたちの憩いの場であるフローズV8カフェのママ兼経営者であるヤリテバ
もといシッカリ者のクルマです。かつては全米キャラバンのイベントガールとして
活躍していたそうで、亭主のラモーンと知り合ったのはその時代でしょうが、
当時最新のイカス自分と釣り合いのとれるオシャレさんと見込んで結婚したラモーンが、
初めはそのセンスを活かしたカスタムペイント職人になったのはいいものの、
今では客も付かないので自分のボディを毎日のようにリペイントしている
ゴクツブシになり果ててしまった悲劇のマダムです(笑)。
ま、でもそんなラ・モーンの色男ぶりを内心喜んでいるかも知れないし、
客が来なくなったのも、ラモーンの塗装技術が衰えたんじゃなくて、
単にラジエーター・スプリングスがメインルートから外れて
クルマが通らなくなったのが理由なんで、マックィーンやドックが再脚光を浴びたことによって、
その縁の街としてきっとまた繁盛していくことでしょう!
flosv8cafe.jpg
そうすればカフェにもド~ンと客が集まるし、
フローのフローも大幅アップでウハウハだ(・∀・)ネ!

さてこのフローですが、他のカーズたちと違って特定のモデル車はありません。
1951 ビュイックLeSabre、1951 ビュイックXP-300、1956 ダッヂ・ダートあたりの
イメージの融合らしく、

ル・セーブルからサイドの処理、
sabre.jpg

XP-300からクチビル(笑)、
xp300.jpg

ダッジからリアフィンの形状を取り入れたって感じでしょうか?
dart.jpg
よく見たらヘッドライトらしいのが見あたらないのはショーカーならではかな?(笑)

flo3sides.jpg
お見せしているミニカーはマクドナルドのハッピーセットです。
約10.5cm、標準スケール相当のプラ製で、ギミックはブルバックゼンマイで走るだけですが、
オマケなんでこれだけでも充分ですよね。ヽ(´ー`)ノ
しかも私のこの個体は、何かを買ったときの抱き合わせで付いてきたんで
実質の出費はゼロでした(・∀・)! 実はこのシリーズもそこそこ値が上がってきて、
袋入り新品だと単品でもウン千円付いてることもあるんですが、
まだ全部は揃ってないんでこの値上がりはツライっす……_| ̄|○
また何かのゴチャゴチャセットの中に入ってるのを、根気よく捜そうっと……。

しかしこのフロー、流星号みたいで本当にカッコイイなぁ…。
自分の好みではラモーンよりはるかにイカシてるんで、スペースエイジの影響が
強く感じられるこのクルマのデザインにふさわしく、宇宙に飛ばして見ました!
flospace.jpg
やっぱ、カッコイイ! 
無限の果てまで、さあ行くわよ!(違

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用