キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


あのバンは今!(w
dekall.jpg
新しいところから、『特捜戦隊デカレンジャー』のデカマシンセット。
戦隊シリーズのメカには車は少なからずあるんですが、
ロボに合体するパーツとして車を使うパターンが多く、
その場合は「ミニカ-」というジャンルじゃなくなっちゃう気がするんで
基本的には収集対象に入れていません。同じ理由でトランスフォーマーもパスしてます。
このデカマシンもロボのパーツですが、ロボ玩具とは別枠で
「ポピニカ」として発売されたので買ってみました。

左から黄色い照明車のパトアーマー、赤い高速車のパトストライカー、
青いヘリコプターのパトジャイラー、緑のトレーラーのパトレーラー、
そしてピンクの水陸両用車パトシグナーの5台がセットになっています。


isetta2.jpg

最初は主役のバンが乗るパトストライカーが目当てだったけど、
手に入れてからはピンクのパトシグナーが BMWのイセッタ(写真はホンウェルのミニカー)
みたいでお気に入りになってしまいました(笑)。
劇中のキャラとしてはウメコよりジャスミンの方が好きなんだけど、それはまぁ、オイトイテ(w

「好き」と言えば、バンの中の人(すません、役者に興味ないんで名前知りませんw)が
深キョンとつきあってるって、報道されてましたね~。
仮面ライダーデルタの中の人以来の逆タマになるかナマ暖かく見守りましょう(笑)。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

交通安全でカッ跳ばせっ!
sairen.jpg

今回お見せするのは、まずこの、どこかフェラーリやアルファロメオ似の白い車です。
UPにすると若干程度が悪いのがお解りかと思いますが、
実はコレ、おなじみ万代書店で1台200円、3台500円で売られていた物です。
この値段付けがされてるのはトミカサイズなんですが、それらに混じって
この直径97mmの白い車は断然存在感を主張していました(笑)。
そこで、捕獲して帰って調べたら、これは1996年発売『激走戦隊カーレンジャー』登場の
サイレンダーというメカであることが解りました。

このサイレンダーの他に4台あり、計5台のミニポピニカというシリーズだったそうですが、
こいつら、ミニというのに大きさは標準スケールくらいあるというヘンなシリーズです。
この96年頃はポピニカがDXばかりになって肥大化していたための措置かもしれませんが、
翌97年に出た同じミニポピニカの「ウルトラビークル5」では、1台それぞれの大きさは
トミカサイズに縮小されているので、今イチ意味不明です。


cardeka.jpg

先にもこのブログでお見せした、上の写真左の『特捜戦隊デカレンジャー』の5台セットのポピニカである
デカマシンセットは、ほぼこのミニポピニカと同じサイズで作風も似ているので、
開発にあたり参考にしたのではないかと思いますが、あちらには「ミニ」がつかないのも
いかにもバンダイ的曖昧さですね(苦笑)。


carranger_title.jpg

ということで今日の御題は「戦う交通安全」こと、
激走戦隊カ~~~~レンジャーです(笑)。
この番組は1996年に放送されたスーパー戦隊シリーズの第20作で、
脚本を不条理コメディで有名な浦沢義雄が担当しているためギャグ色が強いのが特徴です。
宇宙暴走族であるボーゾック(そのマンマ)が、地球を花火にするために襲ってくる
というんですから、すでにその時点でマトモじゃありません(笑)。
スーパー戦隊シリーズのオヤクソクである怪人の巨大化にしても、この作品では
ある名店で売っている芋羊羹を食べることで行われるんだから、かなりキテます…。

「カー」レンジャーというくらいだから、この戦隊、けっこう車に縁があります。
まず、変身前のメンバーは町工場規模だけど小さい自動車メーカーで働いていて、
作業場にはスーパー7とか、エランとか、カニ目のトライアンフとか、
けっこうシブ目のエンスーカーが置いてあるので、実はそっちの方にばっか注意が向いてましたね(笑)。
それからレッドレーサー等、「色+レーサー」の名前がついているメンバーそれぞれが車に乗り、
合体して巨大ロボットになりますが、今回お見せしているミニポピニカは
その5台を立体化している、訳ではありません(苦笑)。

一応、メンバーが乗る車ではあるんですが、この頃ではもう商業主義が進んでいたため
メンバーの乗る車は5台に留まらず、それどころか6人目の戦士の途中登場も恒例になっています。
ではこの5台の内訳はと言うと、レッドビークルとブルービークルこそ、最初、同じ色のメンバーが
乗っていた車ですが、サイレンダーは6人目扱いのシグナルマンが乗る巨大メカだし、
ペガサスサンダーとドラゴンクルーザーは、物語途中に登場した
「隕石に閉じこめられていた意思を持った自動車形機械生命体」です。
つまり5台の結びつきというのが特に無いバラバラな構成なんですね。
純然たる自動車のペガサスとドラゴンの2台はともかくも、
レッドとブルーのビークルは、他の色の3台と合体してRVロボになるし、
サイレンダーも単独でロボット形態になって、それぞれのオモチャも出てるんだから、
この規格で出さずに、代わりに女性のゲストキャラが乗るゾンネットカーやラジエッタカーを
出していればなかなか面白かったんじゃないかと思いますが、
やはり売り上げを考えると一番人気のレッドビークルや、
テコ入れ目玉のサイレンダーを外すわけにはいかなかったんでしょうね…。



blue.jpg

最初のサイレンダーをルースとは言え200円で手に入れた私としては、他の4台も格安で揃えたかったんで、
いろいろ探してみたんですが、ヤフオクでは5台で4000円くらいでした。
1台辺り800円なら、さほど痛くない額ですが、サイレンダーがダブるのは避けたいので、
バラの出物を狙ったらこれがなかなかうまくいかない…。
最初にまずブルービークルを100円で落札したんですが、そこは発送が佐川オンリーで
全国一律1000円との指定。時々こういうヤフオク業者いるけど、これたぶん、
佐川と契約して安く配送させて、その分の浮いた値段を着服しようと言うセコイ業者でしょうね(苦笑)。


pegasusdragon.jpg

次にペガサスサンダーとドラゴンクルーザーを計1000円で落札しましたが、
これは定形外郵送に応じてくれるまともな売り主で助かりました。

そして最後の、コレ、
raziettaup.jpg


もとい、こっち(汗)、
red.jpg

このレッドビークルは単品で出してる売り主が一人だけいて、1000円スタートで何度か流れてたんですよ。
定形外発送にも応じてくれるんて、そこで買っちゃおうかとも思ったんだけど、
写真に写ってる箱に1000円の値札の上から「処分特価250円」と貼ってあるのが見えたんで、
4倍の1000円出すのは何ともシャクで、ずっとヲチしてたらとうとう根負けしたのか
750円に下げてきたんで、すかさず落札しました(笑)。

かかった金額を全部足したら、4000円セットのを最初から買っておけばよかったような気もしますが、
それは言わないオヤクソクだよ、おっかさん(泣

ともあれ、これで5台そろったんで、ようやく取り上げられるとばかり、撮ったのがこの写真です。
大きいんでクリックしてどうぞ!
seizoroi.jpg


さっき間違ってお見せしたフィギュアが中心にいますが、この娘こそ、説明でちょっとだけ
車の名前が出たラジエッタちゃんです。カーレンジャーに憧れて地球にやってきた魔法少女で、
魔法の力でホワイトレーサー・ラジエッタの姿に変身したのがこのフィギュアです。
宇宙を飛べてロボットに変形するラジエッタカーに乗っていて、実は姉がボーゾックの女幹部である
ゾンネットだったりするんで、この姉妹の車を揃って発売してほしかったです(笑)。

zonnetmini.jpg

まぁ元AV女優の水谷リカだった七瀬理香が扮するセクシーなゾンネットのフィギュアは前に出てたし、
最近、こうやってラジエッタのフィギュアも出たんで、それで充分だっつう話もありますけどね…。
この辺はねこざかなさんの得意分野なんで、詳細はオマカセします!(爆笑)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

太陽をつかんだ男たち
sandvulkanmain.jpg

今日の御題もフリマで掘り出したブツです。『太陽戦隊サンバルカン』からサンドバルカンですが、
ジャンクの箱から掘り出したんじゃなくて、業者が棚の上に大事そうに置いていたモノでした。
最初から乗員が2人しかいないことには気づいてたんですが、その特別扱いから、
そこそこはするだろうな~と思いつつ、値段を聞いたら「1500円」とのこと。
すかさず「1000円だったら買う!」と値切ってみると、なにやらノートを開いて確かめてから、
「よ~し、売ったぁ!」との一言(笑)。
おお、ちゃんと仕入れ値をチェックしてあるとはなかなかコマメな業者さんです。

実はこのサンバルカン、ちょっと前に3人揃ったポピニカのルースが某所で3500円付いてて、
どうするか迷ったあげく見送った経由があるので、1500円でも買っていたとは思うんですが、
やっぱ値切りがフリマの醍醐味ですからね~!(笑)


で、持ち帰ってよく見ると、フロントの6連ライトの向って左2つが折れて無くなっていたので、
値切って大正解でした(笑)。そして何よりも驚いたのは、コレ、ポピニカじゃなかったんですよ。
ポピニカのサンドバルカンの写真はググればみつかると思うんで気になる人は捜してもらうとして、
コレは大きさは11cmで、違和感を感じる差は無いんですが、フィギュアのブルーのポーズが違うんです。
それからポピニカには後部に玩具オリジナルのロケットランチャーが付いていますが、コレにはありません。
このランチャーはよく紛失するんでフリマで見た時は単にパーツ欠けと思ったら、
よくよく見てもそれを差し込む穴がないんですよ…。
それらを総合して、どうやらコレは別物らしいと解り、ひょっとしてプラデラかもと思って
いろいろ調べましたが、なかなか資料は見つかりません…。


vulkunpuradera2.jpg

唯一、e-bayに基本的に同じモノと思われるオモチャが出ていましたが、
「サンバルカンのサンドバルカン」という説明だけで詳細不明です。
上がe-bayの写真ですがフィギュアが3人とも同じ色です。こちらの個体に欠けてる3人目は後にいますが、
どうもバンパーの間に足を挟んで立たせてるらしくて、これじゃ無くなるのも当然です(苦笑)。
たぶん、この3人同じ色のフィギュアが付いてるのが初版で、途中で色分けされたんだと思いますが、
ブルーに運転させてるのは御愛敬。

sandvulkancard.jpg

というのも、この写真のように、サンドバルカンは本来は赤いバルシャークが運転するメカですから(笑)。
まぁたぶん、色分けしたのはいいけど、何色が運転してるかまでは担当者が把握してなかったんでしょう。
ちなみにこのオモチャ、前に乗ってる2体のフィギュアは足が床に固定されているので取り外せないし、
そもそもブルーがハンドルを握るポーズになってるから、間違いは明らかです(笑)。
ポピニカはここはちゃんとしていてレッドが運転してるのはさすがです。


minimoke.jpg

このサンドバルカン、デンジバギーと同じようにジープベースかと思われがちですが、
なんとミニ・モークを改造した車だとのこと。
なるほどこうやって実車の写真と見較べてみるとそのままで、
6連ヘッドライトは元車のバンパーを上手く利用した物だと解ります。
しかし、ミニ・モークとはシブイ選択です。当初は英国陸軍向けに設計された車なので、
軍隊とも関係が深いサンバルカンにはピッタリですが、設定されている最高速度500キロを達成するのは
エンジンを載せ変えてもちょっと無理なような気もします(爆

vulkan3sides.jpg

こちらのプラデラ(?)も、やや大振りな感じはしますが、なかなか元車の雰囲気を再現した
いいミニカーだと思います。ヘンなギミックが無い分、プロポーションはポピニカよりいいかもしれません。
折れて無くなってた左側のライト2つはプラ版削りだしで自作。まぁ多少のアラは(゚ε゚)キニシナイ!! (w




さて、マジメは解説はここまでにして、恒例の、
ちょっと遊んでみましたコーナ~!

今日は題して、
「サンバルカン、新たなる旅立ち!」です。



あの激しかった戦いからはや何年経ったのか?
太陽戦隊サンバルカンの面々は今日も厳しい訓練を続けていた。
特に今日は新任のイーグルが赴任する日だ。
はやる気持ちを押さえきれず、集合場所へ迎えに行ったシャークとパンサーは
同じ思いだったのか、集合場所を離れ、演習地への道をたった一人で歩いている男を発見。
いささか言葉が上手く伝わらないものの、その風体で彼が新任のイーグルだと直感した二人は、
3人でサンドバルカンに乗り込み、富士のすそ野へと到着した。

ensyu.jpg


新しいイーグルに太陽戦隊の歌を教えるシャークとパンサー。
アイビー星からの移民という新しいレッドは、ちょっと変わった外見で
言葉もカタコトだが、そのうちに地球になじむだろう……。

シャーク
「よし、オレから歌うぞ!」

♪太陽がもしもなかったら
   地球はたちまち凍りつく♪


パンサー
「次はオレだ!」

♪花は枯れ 鳥は空をすて
    人はほほえみなくすだろう♪




シャーク&パンサー
「ほら、イーグルも歌って!」

♪太陽は オー 生命(いのち)の星だ
         幸せを オー 守る炎だ



グフォフォフォフォ… 相変わらず、下手くそな歌だわい…
helsatan.jpg



シャーク「あ~っ、お前は!   
イーグル「マタ、出ヤガッタ!」
deyadatta.jpg

                パンサー「そのセリフ、チーム違うと思う…」



フッフッフッ、何をゴチャゴチャ言っておるか? 3人には3人で勝負だ
これを見よっ!
bunsin.gif


シャーク「ウヘッ、なんだあれ?」
パンサー「ウヒョ~、どうしようか?」

ryoukai.jpg

イーグル「ヤッチマイナ!」



                 シャーク「おっ、今度のイーグルは話せるねぇ、じゃお言葉に甘えて…」
                 パンサー「今度は全然映画が違うと思う…」
dododogen.jpg

ウワ~ッ!



munenjya.jpg

せっかくスパイを送り込んだのに、む、無念じゃ。ヘドリアンよ、今、側へ逝くぞ……。


かくして地球の平和はまた守られた!
新しいイーグルもすっかりチームにとけ込んで、
太陽戦隊サンバルカンはこれからも大活躍するに違いない!!

kan.jpg

シャーク「もうすっかりイーグルもオレたちの仲間だな」
パンサー「コイツ、よくよく見るとどっかで見覚えがあるような…」

イーグル! シャーク! パンサー!
 イーグル! シャーク! パンサー!
 おれたちの魂も 燃えている
  Follow The Sun, Catch The Sun
    太陽戦隊 サンバルカン♪







                                  アレ?





その頃、集合地点では……
eaglesafari.jpg


本当のイーグル「くっそ~、遅ぇな~。こんな辛気くさいスナックの前でいつまで待ってりゃいいんだ、いったい……」


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

戦隊シリーズとクルマの関係
machdiamain.jpg
今日は覆面えるさんとの緊急連動企画で、『ジャッカー電撃隊』を取り上げます。
番組自体の詳細は省きますが(笑)、まぁ要は、戦隊シリーズの2作目で、この作品の不成功により、
戦隊シリーズは中断されてしまった(ある意味、終息) という曰く付きの番組です。

さて、戦隊シリーズとクルマの関わりですが、第1作である『秘密戦隊ゴレンジャー』には
乗用車は出てきません。途中からバリタンクという装甲車は出たんですが、
普段の陸上の移動は2台のサイドカーと1台のバイクでした。
これは『ゴレンジャー』の企画の発端が、系列局の腸捻転騒動により
『仮面ライダー』シリーズの放映権をTBSに奪われ失ってしまったNET(現・テレビ朝日)のために、
替わりになる「5人ライダーが活躍する番組を作ろう」としたことに始まるため、バイクや、
『キカイダー』シリーズで人気のあったサイドカーを意識したからなんではないでしょうか? 

そして、『ゴレンジャー』がまだ放映中の時期に、他局ですが実質戦隊ものの2作目である
『忍者キャプター』の制作が始まりました。こちらで登場した全員が乗れるキャプターマシンが、
戦隊カーの実質の第一号となる訳ですが、ここで集団ヒーローに対する
クルマメカの使い勝手の良さに制作スタッフが気づいたんじゃないかと思います。
そこへ訪れたのが空前のスーパーカーブームだったので、その人気を取り込もうという意図もあって
『ジャッカー電撃隊』には3台のクルマと1台のオートバイがジャッカーマシーンとして
採用されたんじゃないでしょうか?


このマッハダイヤ、車種の考察は覆面えるさんのページに詳しいのでこちらでは省略しますが、
ベース車に使われたというF2は、1973年から日本でも 「全日本F2000選手権」として
開催されていたので、その中古マシンが77年のこの番組に使われていても何の不思議もありません。
まぁ、マッハダイヤの詳細なメイキングや内部写真なんてたぶん表に出ないだろうから、
これ以上の推察は困難でしょうねぇ…。市販車と違いコクピットを見比べても意味無いだろうし(笑)。


machdia3sides.jpg
お見せしているミニカーはポピニカの標準スケールで約13.7 cmです。
リアウィングが飛ぶというギミックが仕込まれている以外は純粋なミニカーで、
ただでさえ車体が長いのに前にダイヤ型の突起が張り出したりしていて、かなりタテ長のミニカー
(ここを入れると15cm)になってるんで、前後2台ずつ収納してる私はけっこうナンギしています(笑)。


diasartsi.jpg
写真がちょっと手ブレ気味で恐縮ですが、こういう構図で眺めてみると、
なるほどクルマ自体のレイアウトはフォーミュラーマシンであることが納得できますね。
フォーミュラーマシンに箱のボディ付けて複座にして、ゴテゴテ飾ったって感じです。
デザインの洗練度が低いのは改造でなくボディ全体を、
東映あるいはポピーでデザインしたからなんじゃないでしょうか?
同じジャッカーマシーンのクルマでも、元のボディのイメージが色濃く残っている他の2台が
あきらかにこのマッハダイヤよりカッコ良いことから考えてもそう思います。




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

「戦隊」と「スーパー戦隊」の違いとは?
speadmain.jpg
今日の御題も『ジャッカー電撃隊』ですが、この作品の不調とそれがもたらした混乱について
書こうと思います。3人の地味な男性キャスト&外人(ハーフ?)の女性という4人編成で始まった
このドラマは、やはりメイン視聴者の子供たちには好評とはいかなかったようで、
やがてテコ入れが入ります。それが今でも「テコ入れ大失敗」の実例として語られることが多い、
行動隊長・白い鳥人ビッグワンこと番場壮吉の登場で、宮内洋演じるこのキャラはいかにも彼らしい、
キザで華麗な素晴らしいキャラだったんですが、いかんせん、これまでの路線や他のメンバーとは
水と油でした(笑)。せっかくの主役の丹波義隆の存在もかすんでしまい、
終盤、ミッチー・ラブとの恋物語を挿入することでようやく主役としての面目を保つことになります。

jackermembers.jpg
後に宮内洋自身も「よけいムチャクチャになった」とこのテコ入れ失敗を認めてますが、
そもそも最初に敷いた基本フォーマットが地味すぎたんじゃないか? という気もしますねぇ…。
初期とビッグ1登場後のメンバーの写真を見比べてみても、やはり4人だけではパッとせず
ビッグ1が中央に入ることで引き締まった感じに見えませんか?(笑)

ギャグ路線に走って人気だった『ゴレンジャー』の後なんだから、
なにもその正反対に設定する必要はなかったんじゃないかと思いますが、
ひょっとして、石森先生がギャグ路線をよく思ってなかったのかな?(笑) 
でもなぁ、先生はマンガを『ゴレンジャーごっこ』に途中で変えたぐらいで、
むしろギャグ化を楽しんでいたという話も聞くし、さて、真相やいかに?


まあ、ともかくも、不調のままで打ちきられた『ジャッカー電撃隊』で一旦、戦隊シリーズは終了し、
およそ1年半後に、同じスタッフで作られ好評だった『スパイダーマン』の要素を取り入れた
『バトルフィーバ-J』として復活する訳ですが、これは当初は「シリーズ第三段」ではない
全くの新しい番組として始まってます。そしてこの作品は一応、マーヴェルコミックス原作(案)
ということもあって、そちらにもロイヤリティを払わねばならなかったためか
「原作・石森章太郎」の冠が外れたんですよね。
で、名目上の原作者として八手三郎(東映社内の共有ペンネーム)が立てられますが、
次の『電子戦隊デンジマン』からはマーヴェルとも無関係になって、
ここに石森プロとの「確執」が生まれる訳です。

戦隊シリーズの全体の捉え方に混乱が今でもあるのはそのせいで、
当初は「戦隊」シリーズとはゴレンジャーとジャッカー、
「スーパー戦隊」シリーズとはバトルフィーバー以降を差すと定義し、
はっきり世界観が違うということにしたんですね。
だから1989年の『高速戦隊ターボレンジャー』の第1話でスーパー戦隊が勢揃いしたときも、
ゴレンジャーとジャッカーは出てきませんでした。
ただ全体を呼ぶときに「戦隊とスーパー戦隊」では長いので、全体を表現する名前が必要となり
「超世紀全戦隊」という呼称を1993年の『五星戦隊ダイレンジャー』の中盤で決めたんですね。
でもちょっと浮いた名称だったためか定着せず(笑)、2000年の『未来戦隊タイムレンジャー』の際に
全体を「スーパー戦隊」と呼ぶことに変更されます。
まぁ、察するに石森プロとの話し合いがこのあたりでついたんじゃないでしょうか? 
1990年代後半あたりでは東映は「石ノ森さんはマンガを担当した下請けにすぎない」みたいな
スタンスだったらしいけど、2000年と言えば『仮面ライダークウガ』によりライダーが復活した年
でもあり、さすがに仮面ライダーでは石ノ森先生を無視できないだろうから、
綿密な話し合いが持たれたんじゃないでしょうかねぇ……。


speadmachine3sides.jpg
さて、ここでようやくミニカーについての解説です。このスペードマシーンはポピニカの標準スケールで
全長約12cmですが、フィアット・X1/9がベース車だということです。

fiatx19.jpg
実車の写真はこちらで、1972年に発表されたベルトーネデザインによる斬新なスタイルと、
スーパーカーによく見られるミッドシップレイアウトが施されたライトウエイトスポーツ車で、
フィアットの大衆車の既存部品を流用することでコスト削減に成功した、
まさに大衆のための「スーパーカー」でした。
直接デザインを担当したあのガンディーニは廉価版のランボルギーニミウラを作るつもりだった
とも伝えられ、現に彼は後のインタビューで、市販車ではその2台がお気に入りと発言しています。
個人的見解ではあのサバンナRX7のデザインにかなり影響を与えていると思いますが、
あのクルマの斬新さも、ルーツがこれとすれば当然ですよね(笑)。


このスペードマシーンもかなりボディはいじってあるようですが、リトラクタブルライト部を利用して、
マシンガンを内蔵させてたり、頭の上の覆い部分はそのままだったりと、
おおまかなボディラインは活きており、元車の洗練された感じはまだまだ残っています。
こっちもリアウイングがいかにも飛びそうだけどそれはなくて(笑)、替わりに前部バンパーから
ミサイルが飛びます。リアのフードを開けるとエンジンも一応マウントされていて、
その分、上両サイドにあるダミーっぽい奴が意味不明になってますが、それは御愛敬(爆 

時期的に1300ccの初期型を使ってあると思われるんで、最高速はそんなに伸びないでしょうが、
走りのポテンシャル自体はそうとう高かったと思われます。
劇中、スーパーカー軍団と互角に渡り合っているのも、まぁもちろん演出もあるでしょうが、
けっして無茶な設定だったとは言えないでしょう。
マッハダイヤの方なんか、ベースにしたF2の車種によっては、
本当に市販車スーパーカーなんかブッちぎれたかもしれないし(笑)。




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用