キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


ヤッター、ヤッター、童夢-零!
昨夜から読売テレビ・日本テレビ系で始まったリメイク版『ヤッターマン』は、
作曲家の山本正之さんをないがしろにして録音した改悪オープニングソングは惨かったけど、
それ以外は快調で今後の視聴も楽しみなアニメでした。

話は例によって3悪がセコイ悪巧みをし、それをヤッターマンたちが食い止めるという展開ですが、
今回の悪巧み「インチキスポーツカーを量産してボロ儲け」のネタとして、ボヤッキーが盗んできた
材料でテキトーに作り、ドロンジョ様に「どっかで見た車だネェ…」と言わしめたこの車、
yatta1.jpg

これこそはまごうことなき、童夢-零じゃないですか!

童夢-零といえば、スーパーカーブームがまだ続いていた1978年開発の純国産スーパーカーで、
その国産車離れしたスタイルが注目を浴び、市販化が待たれたものですが、
当時の陸運局のお役所体質に阻まれ、各種の安全・耐久試験に合格どころか、
それを受けるための書類さえ受理されないという結果に終わった悲運のクルマです。

そのため、お役所とは関係ないミニカーの世界では今も当時も人気で、当時はトミカやダンディ等、
今はエブロを始め、海外のメーカーからも多数取り上げられています。

しかし夕べの『ヤッターマン』第一話はこの車のファンにとっては夢のようなお話でした。
yatta2.jpg

こうやって童夢-零が街のショップで売られ、

yatta3.jpg

このように街中にあふれるんだから壮観です。最初の売り出し価格が「1000万」というのも、
本来そのくらいの価格で市販の予定だったそうなんで、脚本を書いた人、ちゃんと解ってますね(笑)。

実はこのクルマを私は大好きで、実車に乗ってステアリングを握ったこともあるんですよ。
つっても動かした訳じゃなくて、1980年前後、福岡は天神の岩田屋デパートに来たので見に行って、
他に誰も客がいなかったんでかぶり付きで見てたら、ヒマそうな係員が
「よかったら乗ってみますか?」と言ってくれたんで、大喜びでしばらく独占してたんですが(笑)。

このブログでも取り上げたかったんですが、市販されてない車なもんで、
映像作品への登場はなく、漫画でも『こちら亀有公園前派出所』で中川の愛車として
登場したことは記憶にあったんですが、どの話なのかが不明で、
そのために今日まで見送ってたんですよね…。

そこへこの『ヤッターマン』の快挙です。
もうこれだけで、このリメイクは存在意義があります(笑)。

domemain.jpg

つうことでさっそく作ったドロンボー仕様(手描きドクロシール貼っただけだけどw)がコレ。

dome3sides.jpg

これは当時発売されたダンディで、全長約10cmの標準スケール。
童夢もミニカーではいろいろな色が出ていますが、自分が乗ったのがまさしくコレなんで、
この銀色のに一番思い入れがあります。


じつは劇中ではこの後すぐ、

yatta4.jpg

こうやってバラバラになっちゃうんだけど、これは童夢-零をまねて
テキトーに作った車だから無問題(笑)。

まぁ、こういうかたちだけど、ひとまず童子の夢がかなったんで大満足です。
ヤッターマン、ありがとう!!

あとはオープニングを山本正之さんの歌にしてくれたら文句無しです。

えっ、フカキョンに生瀬にケンコバ?
何それ、知らないなぁ(爆笑)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

全国のオヤジのみなさ~ん!
osiokimain.jpg
公開2日で38万人動員でランキングトップになると、思ったより好評な実写版『ヤッターマン』ですが、
まだ見に行ってないし、グッズも未入手なので、今夜はオーソドックスなアニメ版ミニカーをお届け!


osioki3side.jpg
つうことで、ドロンボー一味ならコレでしょ、のお仕置き三輪車です。
これ、友人にだいぶ昔にもらったので詳細不明だったんですが、
調べてみたら2000年頃に発売されたユニファイブの真合金シリーズの1つだったみたいですね。
全長、つうてもどこからどこまでか解りにくいので(笑)、ベースの透明樹脂のサイズがちょうど10cm、
フィギュアなんかは軟質プラ製ですが、意地でも合金と言い張るためか、
自転車のフレームには金属が使ってあるようです(笑)。
このノーマル仕様の他に、詰め合わせで入ってたリペのブロンズバージョン、
それからフィギュアがちょっと違うダメージバージョンの3種類が、出ていたようです。


いやしかし、実写版が好評なようで本当にヨカッ(・∀・)タ!
ガンちゃん役のジャニはどうでもいいんだけど、アイちゃん役の福田沙紀ちゃんは
もともとアニメ系が好きなコで、この役に決まったことを本気で喜んでたし、
ラジオでは、特撮界に限りない害悪をもたらした柳田理科雄なんてインチキ野郎の
相方なんか務めさせられてるカワイソウな人なんで、
今回のこの実写版『ヤッターマン』がまた、例の『デビルマン』とか『鉄人28号』みたいな
どうしようもないクズもとい、大人の事情でねつ造された本質がすっ飛んだ哀れな作品だったら、
本当にカワイソウだなぁと思って見守ってたんですよ…。

lib076927.gif
そしたらたぶん本人の意思とは無関係なところでなされた例のCG修正画像が出回ったりして、
「全編この調子でやれって指令が出てるなら、CG予算の大半はそこで浪費されるんじゃないの?」
となんか悲観的な予想が立っちゃう雲行きになってきて、
最後の最後までもったいぶって引っ張った深キョンのドロンジョ様も、もとからデ
もといムッチリセクシー系の彼女だけに「もしかしてより多くのCG修正に手間取ってるのか~?」と
ますます悲観的な気持ちになってた矢先、ようやく公開された三悪のスチルが
yatter3aku.jpg

と、非常に好感触のもので、CG修正疑惑も同じ頃ワイドショーで上がってた
wideshowstill.jpg
こっちの取材したナマの写真をみるとむしろ好ましいムッチリ感なので、
全国のオヤジのみなさ~ん、は「絶対見に行く!」と鼻息を荒くしたとかしないトカヽ(´ー`)ノ

まぁもともと『ヤッターマン』は悪玉トリオが主役みたいなもんで、
その三人が邦画にはめずらしく原版のイメージを損ねないキャスティングされてる上に、
ドクロベェ様にはちゃんと滝口順平さんを起用してるとなると、ほとんど成功したようなもんだし、
監督はあの『ウルトラマンマックス』の神エピソードと絶賛されている「第三番惑星の奇跡」を撮った
三池崇史さんなんで、脚本がよっぽど惨いことにでもなってない限りはダイジョブかな~と
かなり安心はしてきましたが、それでも好評という話が聞こえてきてホッとしました。
ヒットの要因の一つにジャニ目当ての小娘もいたようで、早々に見に行ったオヤジ諸君の中には、
そういうキャピ連中で劇場が埋まってるので「自分が場違いな感じもした」という思いを持った
可哀想な人もいたようでしたが、まぁそこはガマンです。
彼女らの存在あってこそのヒットだし、ジャニを主役に持ってきたのと同じお布施だと思いましょう(爆

深キョンもノリノリでこの役のために厳しいダイエットに耐えたので、その成果を
frau.jpg
このように女性誌の表紙で取り上げたりもしたようですが、この写真、クビレつうよりは
もともと女性ならそうなってる骨格を腰を伸ばし尻を付きだして強調しただけ、
という気もしないではないです('A`)。

どうも若い女性はダイエットを気にしすぎなきらいがあるんだけど、上の女性誌の写真の深キョンと
doronjyohakuryoku.jpg
こっちのダイナモンドじゃないダイナマイツな深キョンとどっちがイイと思いますか?(爆)



まぁなんやかんや言いながらも、ただ今、松竹と日活の共同配給で絶賛上映中の
実写版『ヤッターマン』、非常に気になってるので、もう少ししたら見に行ってみようかな?




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

とにかく ひとまず なにより すなわち!
タ~イムボカ~ン! 
timekabutonmain.jpg

という訳で、今日は「タイムボカンシリーズ」の元祖である『タイムボカン』が御題です。
ここ数年の『ヤッターマン』リメイクにより、シリーズ第2弾のそちらばかりに注目が集まってましたが、
やはり元祖の『タイムボカン』が極めて魅力的だったからこそ、その魅力の一部を強化した
『ヤッターマン』が作られたわけで、私は今でも『タイムボカン』の方が好きですね。(・∀・)

sontra.jpg

男女2人の正義チームと三悪が時空を超えた大珍戦を繰り広げるというフォーマットは同じで、
声優もオリジナル版ではそのまま揃って引き継がれてましたが、丹平とオリジナル版の
ガンちゃんを演じた太田淑子さんは私にとってはオリジナルの『ひみつのアッコちゃん』や
『リボンの騎士』の主役を演じたことで印象深い声優さんで、
ちょっと高めだけどハスキーという非常に個性的な声の持ち主です。
相方の女の子を演じたのが極めてお姫様チックな声の岡本茉利さんなんで、
とってもタカラヅカなコンビで(笑)、その辺リメイク版や実写版は不満でしたね(笑)。

timemekabuton.jpg
『ヤッターマン』が犬・ペリカン等の動物メカだったのに対し、
『タイムボカン』は昆虫メカで、主役は当然、カブトムシ型のタイムメカブトンです。
メカ型の昆虫というのは戦隊シリーズ等でもおなじみですが、
1975年10月放送開始のこの作品あたりが脚光を浴びた最初期の例じゃないでしょうか?
メカデザインは中村光毅さんで時期的にメカマン設立前年なんで、
作品全体のメカは大河原邦男さんとの共作でしょう。

wikiによると、
>本作の企画は、ミニカーを売るためのアニメという発想で、1966年のアメリカ映画
>『グレート・レース』の影響を受けたカーレースものが源流である[要出典]。
>1972年頃には「時空を超えた善悪のタイムマシンによるコミカルな競争」という
>本作の企画が決定。『タイマー大混戦』とタイトルがつけられて、
>その時点でメカブトンのデザインは出来上がり、15分のパイロットフィルムを制作。
>このパイロットフィルムは1話の数シーンやオープニングに一部流用された。

と「要出典」扱いながら興味深い記述がされており、もしこれが事実なら、
『マッハGoGoGo』の1997年リメイク版の後半が「タイムボカン」的展開になったのも
『ボカン』やそのレース版的存在だった『とびだせ!マシーン飛竜』のさらなる二番煎じ
というより「先祖帰り」的要素が強かったということになるでしょう。
ま、いずれにせよ、タツノコのネタ切れという部分は否定できないんですけども(爆

timekabuton3sides.jpg
お見せしているミニカーはバンプレストのプライズ品で、
1998年12月リリースの「タツノコメカアクションビーグル」という景品です。
硬質プラ製の全長約12.5cmで動力はありませんが、ギミックはけっこう凝っていて
mekabutonurahane.jpg
裏には未着色だけどヤゴマリンが収納され、羽根の開閉も可能で、
背中のテントウキも取り外せるという、堂々たる時間母艦(タイムボカン)ぶりです!

タイムボカン関係の立体はなぜか激高で、当時品は5万から10万越えという
あり得ない値段になってるし、わりと近年に出たモノもすらも定価の数倍の高騰と
なかなか手が出しにくかったところに、この98年のコレあたりを皮切りに
バンプレストからプライスモノが多数出てくれてずいぶん手に入れ易くなりましたが、
もう10年以上が経ったので、そろそろコレも見つかりにくくなりつつあるかもです…。


ソレでは最後にこの『タイムボカン』のオープニングを御覧イタダキながら
今日はお別れしましょう。

この山本正之節のノンビリ感と、最後のラブラブモードが
世界観ととってもマッチしててイイんだよなぁ…ヽ(´ー`)ノ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ちょっと異色のタイムボカン2号機
dotabattanmain.jpg
今週の御題も『タイムボカン』です。当初2クール半年目安で制作開始されたこの作品、
好評につき延長が決まりました。27話で当初の目的の一つだった木江田博士が帰還するのも
初期のプラニングの名残で、最終回のつもりで盛り上げてきたモロモロの要素を
空中分解させないための措置なのかもしれません(笑)。
この「木江田博士を発見だペッチャ」というオハナシはかなりの異色編で、
太古の日本の富士山の近くで遭難している博士の元に、
昆虫人間が操縦するバッタ型タイムマシンがイキナリ現れます。

kontyuzin.jpg
彼らは博士を拉致して現代へと戻り、ボカンチームがちょうど過去へと向かっている最中で
もぬけの空の研究所を襲いますが、それを救うのは意外にもマージョ一味でした。
彼女的にはあくまでもダイナモンドの在処を聞き出すため博士を奪おうとしてなんですが、
アルマジロ(?)メカからの光線であっさり昆虫人間を全滅させてしまいます。
かくして今度は三悪の手に落ちた博士ですが、ダイナモンドの在処を聴かれ、
三悪が憎しのあまりに「地獄の三丁目にゴロゴロしとるワイ」とタンカを切ったところ、
素直に信じた三悪に地獄へと連れ去られてしまいます (゚ロ゚ノ)ノ!!
え~っ、この世界、地獄とか平気であるの~!

一方、丹平と淳子は博士がいない野原で途方に暮れ、淳子は感情が抑えられず涙を流すんですが、
なんとこの時、淳子は花を摘みながら悲しみの歌を歌います。
junkouta.jpg
声優さんの歌が挿入歌としてバックに流れるんじゃなくて、淳子が泣きながら歌うんですよ!
これなんて青春ミュージカル? とビックラコイテしまいますた。(・∀・)

今でこそ、キャラクターの持ち歌もアタリマエですが、この頃は珍しかったんじゃないかなぁ?
まして劇中で歌うなんて他に何かあったっけ?(笑)
お姫様声の岡本茉利さんならではでしょうが、当時は声優のアイドル化も始まりつつあったんで、
プロダクションが強烈プッシュしていたのかも?
もっともこのキャラクターの名前の「淳子」ちゃんって、桜田淳子からとったらしいんで、
全体が壮大なギャグだったのかも知れませんが。(°∀° )

岡本さんは1970年の『いなかっぺ大将』のキクちゃん役が声優デビューなので、
キャリア40年の大ベテランですが、実はその当時17才なんで『タイムボカン』の時も
22才のまさに当時のアイドル年代だったワケですね。
toraokamoto.jpg
声優以前から女優としてのキャリアをお持ちで、あの寅さんの『男はつらいよ・寅次郎恋歌』で、
山田洋二監督に気に入られ、以降山田組の常連となっているし、
今日では大衆演劇の沢竜二劇団で活動されてるようです。
まぁたぶん、舞台では地声でやってらっしゃるんだろうけど、
もともと日本の町娘的ルックスの方なんで、時代劇お似合いでしょうねぇヽ(´ー`)ノ


さて、話を『タイムボカン』27話に戻すと、
現代に戻ったボカンチームは、三悪の後を追って地獄へ向かいますが、
先に三悪共々捕まっていた博士は「地獄にダイナモンドがある」とウソを吐いた罪により、
閻魔大王から「舌ヒッコ抜き」の刑を宣告されてしまいます。
enma.jpg
「これにはワケがあるんじゃ…」という博士の言葉にも全く聞き耳持たないエンマ様、
さすが、パネぇっす!(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

まぁここから後はメカブトンとアルマジロメカの激突になるんですが、
灼熱地獄の溶岩の中にちゅうちょ無く博士ごと敵メカを突き落とす丹平ちゃんもかなりキテますw
bokantatakai.jpg
幸い、アルマジロメカが熱に強かったんで無事でしたが、博士の身を案じてねぇ…_| ̄|○
そのくせ、最後の決戦ではもう博士が中にいないのは解ってたので
「博士がいないと存分に戦えるな」とか言って、敵にミサイルブチ込んでるし、
なんか今回の丹平ちゃんってば、言動がとってもMADで、
淳子ちゃんのあの青春ムード歌謡が、かなり脳にまでキテたのかな?(爆)
で、最後に取り残されて庭先に放置されっぱなしだったバッタ型タイムマシンに
みんなで注目するところで終わるんですが、これがタイムドタバッタンとして
実戦配備されるのは、29話の「枯木に花を咲かせるペッチャ」からです。

そこで29話も観たんですが、な~んと、イキナリ母艦3号のタイムクワガッタンも
完成してるじゃありませんか (゚ロ゚ノ)ノ!!
kabutonbattan29.jpg
それだけじゃなく3台が揃って格納されている移動パレット式の発射台も整備され、
ほとんどもうサンダーバード基地と化してます(笑)。
おお、なんと極端な強化案でしょうか! たしかこのあたり本放送時には、
毎週見てたワケじゃないんで、しばらく見ないうちにメカは増えてるわ、
単に温室にメカブトンを置いてあっただけの基地もソレっぽくなってるわで
ビックリした記憶があるんですが、毎週見てても結局、驚かされてたんですね(苦笑)。

フツー、2号メカ登場の際はワンクールはそれで盛り上げて、オモチャも売って、
売れ行きが落ちる頃に3号メカを投入すると思うんだけど、イキナリのフル装備(笑)。
本放送時にはこのあたりは76年春頃のはずだから、クリスマス商戦絡みで漸次投入が
できなかった訳でもないだろうし、さすがは当初3年くらい、パイロットフィルムは
作ったけどスポンサーがつかずに宙ぶらりんになってたにふさわしい
タツノコのショーバイの下手さですね(苦笑)。

dotabattan3sides.jpg
今回紹介の模型も前回と同じ「タツノコメカアクションビーグル」です。
このメカの場合、脚部が伸びるんでどう計ったらいいのかビミョーですが(笑)、
約16cm程度の硬質プラ製で、実はこの時はメカブトンとドタバッタンの全2種ラインナップで、
クワガッタンが無いという中途半端さは、タツノコのショーバイ下手の伝統でしょうか?
そんなにボカンのオモチャに詳しい訳じゃないけど、
そもそもあのフル装備の基地って商品化されたことあるのかな~?(爆笑)
syakutorin.jpg
こちらも内部に未塗装のシャクトリンが収納され、口を開けて出撃させることができます。
たぶん、このイメージが『ヤッターマン』のゾロメカに発展したんでしょうね。ヽ(´ー`)ノ


bokan3fleet.jpg
かくして、メカフェチにも受ける要素が強化された『タイムボカン』でしたが、
この強化案、はたして効果的だったんでしょうかねぇ? 
確かにこの後もまた放送延長されて、結局は全61話も続き、
さらなる人気爆発作の『ヤッターマン』以降も生み出す結果を生んだ訳ですが、
なんかノホホンポヨヨンのボカンらしさが薄れたような気がしないでもありません…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

下にぃ~、下に、はっけよい、残った!
日本の心シリーズ第2回目(イツ シリーズニ ナッタン ダァ! (゚ロ゚ノ)ノ)は、
前回の人力車からさらに時代を遡って、駕籠を取り上げます。
timecargomain.jpg
ただ、遡ってきたのはその駕籠の方で、カゴはカゴでもタイムカーゴですが何か?(°∀° )

yattomeinkyara.jpg
このメカが登場するのはタツノコプロの『タイムボカンシリーズ ヤットデタマン』で
シリーズ第5弾としてフジテレビ系で1981年2月から1年間放映されました。
シリーズも5作目ともなると、ストーリーもさすがにちょっと複雑になっており、
未来から遠い祖先の主人公たち2人(ワタルとコヨミ)に、助けを求めやって来るカレン姫を話の軸に、
calenhime.jpg
その王位継承の証たるジュジャク(上集合イラスト中央の青い火の鳥みたいな奴)の捕獲が目的で、
三悪(この作品では人数が増えて4+1=5人ですが)も、ただの泥棒ではなく、
カレン姫に対抗する王位継承者たちだったりするので、いつもと真剣さが違います(笑)。
とは言え、いつものようなボカンシリーズのお気楽さも失っておらず、
メインは三悪とヤットデタマンのメカ戦ではではありますが、この作品の特徴としては
ヒーロー側が男女2人の仲良しコンビは同じでも、変身するのは青年一人になったことと、
その主力メカにスパロボ並みの強さと、そして人間臭さを持たせたことです(笑)。
YATTOSKETCH.jpg
このスケッチブックのイラストなんか、完全に勇者シリーズのノリですが、
まぁこの作品ははっきり言ってヒーローよりもそのメカ、大巨神と彼が大天馬と合体した
大馬神の強さとオモロサが抜群で、大巨神の「罪を憎んで、人を憎まず」と、その直後の
トドメの一撃「大激怒」を見たくてチャンネルを合わせていたようなものです。
この頃は小原乃梨子さん演じるミレンジョの脱ぎっぷりも良かったしヽ(´ー`)ノ

timecargo3sides.jpg
ここでミニカーの紹介ですが、タカトクのZ合金で、ダイキャスト&プラ製の全長約14.8cm。
標準状態ではカゴと前後の担ぎ手ロボが一体化してますが、取り外すことも可能で、
カゴの底に車輪が付いているため、単独でコロ走行させることもできるし、
アニメの設定通りに前方の担ぎ手ロボはワタル、後方のそれはコヨミが操縦しています、が、
watarukoyomi.jpg
このようにワタルとコヨミはシール処理で、乗り込ませることは当然できないし、

carenhimeomake.jpg
ダイゴロンと姫に至っては、ほとんどグリコのオマケ並みで「誰やねん、お前」状態ですね。('A`)
一緒に撮ると小さすぎてディテールが解らないので、こっちはアップで撮ってみたけど、
不気味さがはっきりするだけでした……_| ̄|○
一応、カーゴの中に入れられるんですが、乗ってるというよりまさに積んである状態で、
姫に対する敬意もいたわりも感じられないのは、カレン姫役の土井美加さんは当時まだ新人で
「アフレコ中にいじめられている」というネタが劇中にも仕込まれていましたが、
これもイジメの一環だったんでしょうか?(爆


つうことでやはり駕籠はいいですねぇ! 例え極彩色のメカ版でもナー('A`)
『シンケンジャー』で本当の駕籠というネタでも良かったんだけど、
すでに大昔に「カゴのミニカー」という皮肉さが気に入って
タイムカーゴを仕込んでたんでコッチにしました。(°∀° )
買った当時は安かったけど、コレもボカンシリーズなんで今はそこそこの値段にはなっているようです。
まぁオモチャの人気もやっぱり大巨神絡みに集中してますが、そっちに入れ込むと
ジャンルが変わっちゃうんで、ここはやっぱり乗り物であるタイムカーゴでしょ?ヽ(´ー`)ノ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用