FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


謎の怪重機あらわる!?
kairobotzyoukimain.jpg
今回の御題はとある重機ですが、ミニカーコレクションの中で「重機」と言えば
主流とは言えないまでも、熱心なファンが居るジャンルです。
SIKUなんかにはいつもけっこうな数の重機がラインナップされてるし、
アガツマが買ったダイヤペットも、今や事実上重機専門ブランドも同然だし、
トミカにも少なからずラインラップされてますよね。

ここ数年はトミカがまたビョーキを起こしてもとい、ラインナップの拡充を図って
ロングトミカなるシリーズで、船だの汽車だの出している中にも、ちゃんと重機が
それも怪物級のバケットホイールエクスカベーターが混じってるからスバラシイ!ヽ(´ー`)ノ
川崎重工製の車体なんで海外製の程は大きくはないでしょうが、担当者のシュミでしょうなw

私は特に集めてはないですが、このエクスカベターだの地雷除去機だのには
やはり、サンダーバードメカ的機能美を感じますね。

zyuki3sides.jpg
さてマクラはこの辺にして、今回取り上げるこのクレーン車ですが何だかお解りですか?
クレーンまで計って全長8.5cmのソフビ製。ソフビ製のメカに多い一体成形じゃなく、
キャタピラ部が別パーツになってるんで、左右に回して遊びに自由度が多くなってます。
ディテールもっこう細かいんで、これでクレーンが上下したり、チェーンを巻き取れたら
言うこと無しですが、ま、それは無いものねだりでしょう(笑)。

そうこれは「まんが宿」製「鉄人28号ジオラマシリーズ」第2話「怪ロボットあらわる」編
にセットされてるクレーンです。
mangayadotv.jpg
本来はこんな感じで、海に落ちた鉄人を引き上げる際に海からS国の怪ロボットが迫る
シーンを再現したジオラマで、いつも表現に苦労する「水」に青く着色したクリアソフビ
を使うという痒いところに手が届く商品でした。さらに外箱が当時の白黒テレビっぽい
外観をしており、本当に好きな人が企画制作した商品だというのが解ります。
第2話というからには第1話もあって、それは「28号誕生編」でした。
そちらは持ってないので画像は検索して捜していただけると幸いですが、
素晴らしさで全くヒケを取りません。残念なことにこのシリ-ズ、この2つで打ち切りで
続きは出なかったんですが、2002年当時、13800円という定価が高すぎたんでしょうか?
2年後の2004年には今川監督版を始めとするちょっとした鉄人ブームが巻き起こるから
その時に出せば良かった気もしますが、著作権絡みでトラブル多発のこの作品だけに、
そのアニメ絡みで何かあったのかも知れませんね…。

tetuzinminifigure.jpg
では最後に、その2004年版権で出たタイムスリップグリコや、時期不明ですが同等サイズの
フィギュアを使った7cm前後サイズオールスターキャストの簡易ジオラマを御覧下さい。
舞台装置はそのまま「怪ロボットあらわる」を使い波パーツを外し海底を海岸に見たてました。
バッカスとサターンがちょっと小さいけど(゚ε゚)キニシナイ!!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

スーパーロボット軍団とライバルたち ~その1~
20ウン年振りにゲッター1・2・3が揃った嬉しさに、スパロボ熱にうなされ、
ブコフでプレステゲーム『新スーパーロボット大戦』を100円で買ってきてクリアしたら、
ますます盛り上がりが激しくなって、その宿敵や仲間たちまで気になってきました!(°∀° )
怪獣ソフビで育った世代としては、ヒーロー側だけでなく敵側キャラも揃えたいですが、
なぜか日本のメーカーは積極的でなく、ミニソフビとしてなら過去にも結構出たけれど、
大物はジャンボマシンダーの敵機械獣くらいで、それも当時はほとんど売れなかったのか、
今日出ると超高値になるのが実状です。でもやっと、超合金魂でガラダK7とダブラスM2が
出てくれたことで機械獣人気に地味に火が付いたのか、それ以降、超合金魂サイズや
スタンダードのソフビでいくつか出てますが、どれも限定や受注生産ばかりで
常に市場にある訳ではないし、やっとマジンガーZから始まったところなんで、
他のロボットの敵が出るまでには時間がかなりかかるんでしょうねぇ…。

とか思いながらいろいろ検索してみたら、こんな物を見つけました。
teiouGoal.jpg
モビーディックというメーカーの「スーパーロボットヒールワールド」という
シリーズの「帝王ゴール」で、2002年頃に3360円で発売されたモノらしいです。
この時期は超合金魂が始まった頃なので、たぶんその補完の意味もあったのか、
大きさが揃えてあるようですね。
でも、こんな貴重なフィギュアなのにアマゾンの業者が1000円で出してたので即買いで、
1/3以下になってるんだから売れなかったんでしょうが(苦笑)、その勇気は評価したいです。
超合金魂に合わせてあるってことはスーパーロボット大作戦にはちょっと小さいんですが、
こんなウロコだらけのキャラは自作も出来ないので、まぁ(゚ε゚)キニシナイ!!

Getter1 VS Goal
サブロー効果とセッシューを上手く使えば、体格差なんかホラ、ほとんど解らないでしょ? 

他にこの辺りのサイズで手に入るスパロボの敵としては、
いつも独自路線を逝く浪曼堂が出していた
ピグドロンとギルギルガン(35cmもあるけど設定上はそれでも小さいw)や
浪漫堂ソフビ
(参考写真)

漫画版に登場のウザーラ(70cm超サイズ!)
Uzahara.jpg
(参考写真)

バンドック(ザンボット3)のソフビや、
bandoksofubi.jpg
(参考写真)

2年ほど前に「真マジンガー」版が出た新世紀合金の暗黒大将軍があるので、
新世紀合金真マジンガ
(参考写真)
これらを少しずつ買い揃えて、Myスーパーロボット大戦も充実させねばなるまいと、
また新たな野望が燃え上がったのでした!ヽ(`Д´)ノ


とは言え、ホイホイと買える金も無いので、低コストでメンツを増やそうと出てない分を
自作することにして、すでにお見せしたガンテを作った訳ですが、『勇者ライディーン』の全敵メカで
一番印象深いこのキャラすら、何ら商品が出てないんだから悲しい限りです。(ノД`) 
さらに敵一番人気のプリンスシャーキンも、SDフィギュアしか出てないんですよ…。
それも小さい商品なのに巨大シャーキン仕様なんだから、なにこれバカにしてんの?(°∀° )

超合金魂はヒットしたようで実にいろいろ商品出たけど、それでも敵は結局最初の2つしか
出てないって事は、今のメインのお客さんは敵メカに興味無いんですかねぇ? 
ガンプラであそこまで細かい敵メカ出たのに、合金を集める層と客層が違うんかしらん?
例えばマジンガーのナンチャラ仕様をいくつも集めるより、マジンガー、アフロダイ、
ボスボロット、ガラダ、ダブラス、キングダン、ドナウ(ライン)等々が並ぶ方が、
ディスプレイにしてもブンドド遊びにしても燃えると思うんですけどねぇ…。
本放送当時のオモチャじゃ、高かったとはいえ、マシンダーの敵としての機械獣をいくつかと
「光子力研究所」までちゃんと出してるから、当時の担当の方がよく解ってたのかしらん……。

とかナントカ思いながら、その当時の光子力研究所なんて買える訳も無いので、
小さな紙細工の光子力研究所を作った訳ですよ(w
それをマジンガーの横に置いてモチベーションを高めつつ、半年がかりでお金を貯めて
ついに念願の暗黒大将軍、それも新品で買っちゃいました!ヽ(´ー`)ノ
ankoku3SIDES.jpg
GETしたのは約2年前に出た「真マジンガー」版。商品自体は以前の「マジンカイザー版」の
リニューアルで、全体の色を変え、肩アーマーや胸の顔を大きくしただけのようですが、
以前の2つのバリエーションでそれぞれ1つずつ付いていたガシャポンHGサイズ相当の
ドクター地獄とあしゅら男爵のミニフィギュアが両方付いているというウレシイ仕様です。
買った時点で発売から1年経ってたんで、届いた品は梱包の発泡スチロールと樹脂の接触面が
溶けてたり、樹脂の内部分泌物が滲みだしてベタベタになってたりしたけど、(゚ε゚)キニシナイ!!
上の方にある広報用写真の個体に比べ全身のグレイが濃くなってるように感じますが、
特に「ナントカ限定バージョン」と唄ってあった訳でもないので、サンプルから商品になる時点で
若干仕様が変わったのかもしれませんねぇ…。

暗黒大将軍vsWマジンガー
スパロボ大作戦のZやグレートに比べ頭ひとつ大きいサイズはピッタリで、
やはりダブルマジンガーの最大の敵はこの御方だよなぁと見惚れてしまいました。\(^o^)/


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

スーパーロボット大作戦補完の試み その1
以前、全8種を紹介したバンダイの「スーパーロボット大作戦」シリーズ。
ただ8種と言っても、市販にこぎつけた数がそれで、試作が進んでいたのが他に2種、
ガイキングとコンバトラーVがあって、それらのテスト抜きと思われる肌色整形色のソフビが
極一部のマニアショップに出回ったんですが、もちろん、ビンボなfziroに買えるはずも無く
遠くからありがたく拝見するが精一杯でした。(ノД`)
それでこの2つに関しては収集を諦めてましたが、数年前、マックスファクトリーのスパロボソフビ
について調べてみたら、ゲッターロボの作風と大きさが、スパロボ大作戦のそれに
よく似てることに気付いて、マックス製ゲッター3を「補完」として入手し当ブログでも取り上げました。

ゲッターが似てるなら他のスパロボも似てる可能性が高いってことなので、
マックスファクトリーのソフビスパロボが他に何があるのか気になってきたんですが、
現在のマックスの主力商品はフィグマと呼ばれる1/12程度の間接稼動フィギュアで、
ラインナップには美少女キャラが多く、20cmサイズのスパロボソフビなんかありません。('A`)
まぁこれはマックスさんに限った話じゃなくGKメーカー全般に言えることで、今やロボットや
怪獣を作ってるメーカーなんてワンフェス売りオンリーの小規模なところばかりでしょう。
(あ、海洋堂の特撮リボルテックがあったか! でもあれもシリーズ継続されてるのかなぁ?)

そこで過去製品をネットで探そうとしたんですが、一般のマニアショップではGKは取り扱い
対象外なので、ヤフオク、まんだらけ、駿河屋あたりを巡回することになりますが、
どうやらガイキングがあるらしいことが解ってきました…。

『大空魔竜ガイキング』は1976年4月1日から77年1月27日までフジテレビ系で
毎週木曜日夜7時に『ゲッターロボG』の後番組として放映された作品ですが、
ダイナミックプロが原作から原作協力と一歩退いた立場になり、
今後同プロ抜きでのロボットアニメ製作をにらんだ東映動画と、
東映動画だけが制作現場じゃないと他社との協力体制を模索していたダイナミック側の
思惑が図らずも一致した製作体制となっていたようで、そのせいかロボットの姿も斬新で、
当時はこれが正義の味方なのかと戸惑いがあったのも事実。

GAIKINGBOX.jpg
その斬新な姿を見事に再現したマックスファクトリーのソフビキットは定価で4800円程度で、
プレミア値段になると1万円前後まで上がりますが、2000円程度で出ることもあり、
しばらく張っているうちに、「本体組み立て済み・2800円」というのが出たので落札しました。
純粋コレクターなら未組み立て・美品でないとスルーでしょうが、私は最初から組むつもり
だったし、組む作業が好きな訳じゃないのでこの状態は好都合です。
ソフビキットなんで組み立ての上手い下手もあまり無いだろうし(笑)。

gaikingnoncolor.jpg
手元に届いてみると、特に不手際も無く、ちゃんと組みあがってたので、塗装に入る前に
他のスパロボ大作戦シリーズとの釣り合いを見ようと、こういう写真を撮りました。
シリーズ中一番頭の大きいマジンガーZと比べるとプロポーションの差が目立つけど、
ゲッター2とならさほど違いは感じないので十分許容範囲内ですね!\(^o^)/

これはこれで格好よかったのでしばらくそのまま飾ってたんですが、
完成品の中に無彩色が混ざってるのはやはり違和感があったので、塗装したのはこちら
giking3sides.jpg
完全筆塗りで、塗り分けに苦労しましたよ。(^_^;) 胸の骸骨の色を赤くしたのは、
そういう市販フィギュアがあってガイキングの不気味さをよく表してると思ったからです。
ヒーローロボなのに機械獣にしか見えないところもガイキングの魅力ですからね!(°∀° )
では、最後に仁王立ちのカコイイ姿を御覧ください!
gaikingmain.jpg
やっぱ骸骨の目は赤い方がいいなぁ…\(^o^)/



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

スーパーロボット大作戦補完の試み その2
先月は試作まで進んでたのに未発売に終わった「スーパーロボット大作戦」版のガイキング
補完の話をしましたが、となるともう一つ残ったコンバトラーVも揃えたくなるのが人情です。
ということで今回はこれを聴きながら御覧ください。


コンバトラーVは初の「合理的」合体をする巨大ロボで、当時のポピーが超合金で
曲がりなりにも5台のメカの合体を再現できるオモチャを出したこともあって大ヒットしました。

私もオモチャを買い揃え毎週楽しみに見ていたかというと、そんなことは全然なく、
アニメは何かと表裏だったのか、毎週終わりの歌の最後あたりでチャンネルを合わせてたし、
オモチャは高いからハナから欲しいと思わなかったし、そもそもメカメカしい関節が露出してる
ロボットは嫌いなんで、コンバトラーVをカッコいいと思ったことは当時一度もありませんでした。

だから私がコンバトラーVのオモチャを買ったのは、1980年代後半にそれまで無視していた
超合金(ビンボーで子供の頃は買ってもらえなかった)を集めてみようと一通り買った時が最初で、
その時も愛が無いから、合体する奴はスルーしスタンダードを3000円だったかで入手したのでした。
愛が無い収集は長続きしないもの。30体前後のスタンダード超合金を買い揃えた時点で
このジャンルには私の喜びは無いと悟り、集めたブツは5~6体を残し処分し、
コンバトラーもその過程で手元から消えました。(ノД`)

今回もシリーズものの一環としての収集なのであまりお金はかけたくないのは同じです(笑)。
第一候補はやはりマックスファクトリーですが、探してみるとどうもあそこのソフビシリーズには
コンバトラーは無いようなんですね。意外でしたが、考えてみれば、細い関節や分離合体等、
コンバトラーにはソフビ向きでない要素がたくさんあるので無理もないかって気もしますね。

今では閉鎖されたようですが、5年程前はその頃までに出ていたコンバトラーVのフィギュアを
ほぼ完全コレクションした個人サイトがありました。個人サイトの場合、収集物のデータに無頓着な所
もあって、物の大きさが全然解らないこともよくあるし、個人サイトだからそれで無問題なんですが、
幸いそこは必ず同じ100円ライターを脇に置いて写真を撮ってくれてたため、そこから計算して
フィギュアの大きさを割り出すことができたんで本当に助かりました。

エンディングテーマにも歌われてましたが「身長57m」とマジンガーの3倍近い大きさがあるせいか、
コンバトラーのソフビはやたらデカいプライズがあり、値段も安いのでそれでいいか、
とも思ったんですが、でもやっぱ同じサイズ、約20cmじゃないと補完になりません。

CONBATERMAIN.jpg
そこでまた他のフィギュアの写真を計算して探していくと、5体のバトルマシンが合体するプライズが
組みあげると20cmに近い大きさのようなんですが、プライズで5体揃えないとダメですから、
揃えで持ってるって事はUFOキャッチャーの達人か、裏ルートから仕入れたかのどっちかなので
売値も強気で、1万越えがザラでした…。('A`)  バラなら1個数百円で売ってるのもあったけど、
送料も考えると1個約1000円×5個で5000円と、約半月分のホビー予算となかなかキツイ金額…。
こうなれば長期戦だと、ヲチを入れて気長に待ってると半年も経った頃、組み立て済みの状態で
1000円スタートで出てくれて、私には好都合でも完品にこだわるマニアには敬遠されたのか、
他に入札無くそのまま落ちてくれてラッキーでした。\(^o^)/

CONBA 3SIDES
手元に来て見ると、頭のアンテナの先までで約20cmと少々小ぶりですが、その位はキニ(゚ε゚)シナイ。
まぁシリーズ終盤がやや小ぶりになるのはブルマァクのソフビの頃からのお約束だし、
サブロー効果を駆使して写真を撮ればきっと気にならなくなるでしょう(笑)。

ALL SPROBODAISAKUSEN(クリックで拡大)
つうことで今回の占めは幻の「スーパーロボット大作戦10体揃い踏み」を御覧下さい。
このシリーズを開発した当時のバンダイのプロデューサー野中さんも
きっとこれを見たかったんだろうなぁ…(ノД`)


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ついに揃った七大将軍
二巡目ですが、今月はロボットネタ行きます! BGMはこちらをどぞ~!

当ブログではバンダイがかつて出したソフビ
「スーパーロボット大作戦」シリーズを核とした「マイスパロボ大作戦」を展開してましたが、
もともと、同じ主役キャラの商品をたくさん集めるより、登場キャラをなるべく多く、
近いスケールで集めるのが好きだし、「スーパーロボット大戦」という世界観共有の格好のシリーズも
あるので、正義側と悪人側に別れてのキャラクター拡充を狙ったんですが、正義側はともかく、
やはり敵側の商品が少なかったんです…。
20cm前後のサイズで揃ったのは、以前お見せしたように、暗黒大将軍、帝王ゴール、
ガンテ、ギルギルガン、ピグドロンで、その他にベアモデルからスタンダードサイズでソフビ機械獣が
いくつか出てるけど、限定即売り切れで入手出来てません。( TДT)
まぁそれでも宿敵の暗黒大将軍や帝王グールの入手と、ガイキング&コンバトラーの 
試作品止まりだったロストラインナップの拡充でひとまず満足してました。

とは言え、全く次の手を考えてなかった訳ではなく、数千円程度のお手頃値段で
買えるモノはないかと検索を重ねるうちに見つけたのが、2002年にユタカから発売された
 「マジンガーZボトルキャップコレクション」で、
ボトルキャップと一体化した全長5cm程度のフィギュアですが、
500ccのペットボトルのオマケじゃなくて、1個270円で箱入りで発売されたモノ。
ノーマル20種、シークレット10種の全30種でマジンガーシリーズキャラクターを
幅広くラインナップしてるんですが、何より魅力的なのは暗黒大将軍配下の
ミケーネ七大将軍を全員揃えられることです。
七大将軍はミケーネ帝国のいわば大幹部で、無口の機械獣と違いしゃべることのできる
戦闘獣の上に君臨するだけになかなかキャラ立ちしてたし、
配下の七大戦闘獣軍団の特徴をよく表した外見が非常に印象的でした。
2002年発売なのでとっくに一般販売は終わってますが、集め始めた数年前はまだ、 
ネットショップにいくらか在庫が有って、目当ての七大将軍中、


大昆虫将軍スカラベス
大昆虫将軍スカラベス

怪鳥将軍バーダラー
怪鳥将軍バーダラー

怪獣将軍ライガーン
怪獣将軍ライガーン

妖爬虫将軍ドレイドウ
妖爬虫将軍ドレイドウ
の4人までがnetショップで定価程度で手に入りました。


あとの3人中の

超人将軍ユリシーズ
超人将軍ユリシーザー
はオクでもよく見かけるので値段が安い出物を待って700円で入手に成功。
でも安く手に入ったのはここまでで、あとの2人、

悪霊将軍ハーディアス
悪霊将軍ハーディアス

魔魚将軍アンゴラス
魔魚将軍アンゴラス
が難関でした。

この2人はシークレットにされてるせいなのか、実に出回ってる数が少ないんです。
特にアンゴラスなんかネットにまともな写真すら上がってないほどの幻ぶりでした…('A`) 
シークレットとなると、希少性を解ってる出品者の強気の値段に耐えるか、
解ってない出品者のゴチャ混ぜセットでの安値開始を、ライバルに気づかれぬよう
祈りながら張っていくしか入手方法がありません。
結局、ハーディアスで3回程撤退の後、ゴチャ混ぜセットで2000円、
アンゴラスに至ってはほとんどがコンプリセットでの出物で、すぐ万単位に跳ね上がるので
10回程撤退を繰り返した挙句、欲しくない物との10個セット高値4800円開始のを、
少しでも上がったら撤退のつもりで張り、メンツが半端だったせいか、
そのままなんとか落札できたんですが、それでも胃液がほとばしる高さです…。('A`)


7daisyougun.jpg
そのビンボー人には血を吐くような苦闘の末、なんとか入手したのがこちらです(クリックで拡大)。
『真マジンガー・衝撃Z編』のラストエピソードのように、超巨大暗黒大将軍と、
それに従い光子力研究所を攻める七大将軍、といった感じの写真です。
Wマジンガーやダイアナン・ビューナスは出撃し、手薄になった光子力研究所を必死で守る、
ボスボロット、ロボットジュニア、みさとさんが操縦するアフロダイA、という感じでしょうか? 
光子力研究所は完全オリジナルのペーパークラフト、飛行用要塞グール・科学要塞研究所・
アフロダイは抱合せボトルキャップの有効活用、ボスボロットはガシャポンHG、
ロボットジュニアはカプセル超合金です。
多少、年代がねじれてるのは、リメイクをしまくった挙句、正史が解らなくなってる
GOワールドではよくあることなので(゚ε゚)キニシナイ!! 
でもこうやって時代遅れのアフロダイで出撃するってことは、みさとさんはきっと
このあと真っ二つにされちゃうんですねぇ…( TДT) (桜多吾作版の見過ぎw)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用