キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラメカ随一のカッコ良さ


『ウルトラセブン』登場のウルトラ警備隊の地上メカ、ポインターです。
その前の科学特捜隊の車が子供の目にはちょっとヤボったく見えたのに対し
(今ではあれはシボレー・コルベアというなかなかの名車だったと理解してますが)、
このポインターは成田亨デザインを忠実に生かしたスマートさにあふれ、
最初のあこがれの車として心に刻まれたものでした。
今日ではあいにくと実車は行方不明ですが、熱心なファンの手ににより、
ベース車のクライスラー・インペリアルから、イメージもそのままに再現されているので、
イベント等でその勇姿を目にした方もいらっしゃるかと思います。


pointer3sides.jpg

このミニカーは1978年発売のポピニカで、同シリーズのポインターとしては
「第1期」になります。ポピニカとしてもわりと初期の品なので、
ボディはダイキャスト製で、「屋根が開いて人形が飛び出す」という、
コーギーのボンドカーからインスパイアされたようなギミックが付いています。


このブログの記事は、ミクシィのコミュに発表した順番に取り上げていますので、
今回、ポインターになるのは前回をUPした時点で決まっていました。
日付は替わりましたが、そのポインターを取り上げる日に、
ソガ隊員を演じた阿知波信介さんの訃報を聞こうとは何とも言えない偶然ですが、
心から御冥福をお祈りいたします…。


ウルトラ警備隊を演じた方々は、キリヤマ隊長役の中山昭二さんもすでに亡く、
アマギ隊員を演じた古谷敏さんが消息不明なので、
ダン役の森次さん、アンヌ役のひし美さんと、フルハシ役の毒蝮さんしか
「健在」ではなくなってしまいました。
これを機会に古谷敏さんが名乗り出てくれるとせめてもの慰めになるんですが…。

スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

あんた、マットのビークルでしょ?(笑)
matmain.jpg

『帰ってきたウルトラマン』のMATの乗る特殊カー、マット・ビハイクルです。
初代コスモ・スポーツにMATのシンボルと赤いラインを描いただけのシンプルな意匠ですが、
1971年当時の国産車としては最高に、そして今も充分にカッコいいベース車の良さが物を言い、
今日に至るまでポインターと人気を二分するウルトラ車両になっています。
この「ビハイクル」という聞きなれない言葉がまたカッコよく、
ジムで、当時人気絶頂だった「キックの鬼」こと沢村忠選手が、
「あんた、MATの郷さんでしょ?」と呼びかけたほどのスマートな郷隊員が
ドライブする姿はまさに「一枚の絵」になっていました。
今となってはその「ビハイクル」とは、VEHICLE(ビークル)の誤読らしいことが解ってますが、
やはりこの車はマット・ビハイクルとして永遠に記憶されるべきでしょう(笑)

この車はコスモ・スポーツにシールを貼れば作れるので、当時、国産初の
本格的キャラクターミニカーとして、トミカやダイヤペットから発売されました。
特にダイヤペットのは、一年で25万個という驚異的な売り上げから激しい型の摩耗を呼び、
ついにはコスモ・スポーツ自体が発売中止になってしまったほどだったそうです。


mat3sides.jpg

今回お見せするのは、その「ダイヤペット」を最初から手がけた川端昭男氏が
起こしたブランド 「J-43(川端企画)」製のマット・ビハイクルです。
少数生産が可能なアンチモニーを素材とした、通常のダイキャストよりさらに
重量感あふれる仕上がりを持つこの商品は、やはりダイヤペットの例にならい、
同ブランド製コスモ・スポーツのバリエーションとしてラインナップされました。
また、ダイヤペットとの差別化のためか、後部ウイング装備の品も発売されています。
少数生産のため一万円近い値段でしたが、高騰化が進みその数倍を覚悟しないと
美品が手に入らないダイヤペットしか標準スケールが無かったおよそ10年前には、
その代換商品としてありがたい存在で、かなりダメージの大きいジャンク個体しか
ダイヤペットのマットカーを持っていなかった私は、発売と同時に即買いしました。
今日では「何か標準スケールのマット・ビハイクルを欲しい」となると、
この後に出た、値段も安くて迷彩バリエーションまで用意してある、京商の商品に
なるんでしょうが、決して、この川端企画版の魅力が衰えたわけではありません。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

TACの仲間と車に乗って
tacmain.jpg

今回は『ウルトラマンA』のTACの車、タック・パンサーです。
これまでは外車や、国産車でもスタイリッシュな車を採用し、
子供心に何かしらの「憧れ」の気持ちを抱かせてくれていた、
怪獣攻撃チームの車だったんですが、今回のベース車はただのコロナ・マーク2で、
二代目に当たるX20系2ドアハードトップとのこと。


コロナ・マーク2は乗用車としてはなかなかいい車だと思いますが、
当時そこら辺にいくらでも走っていた一般車であり、
しかも大きな改造を施した訳でもなく、ラインを引いただけでは、
秘密兵器としてのありがたみは皆無でした。

まぁ、そんな訳なんで商品化にもあまり恵まれず、前年度にあれほどマットカーで
大当たりをしたダイヤペットからもミニカーは出ませんでした。
このタイプのマーク2は出てるのに不思議に思って調べたら、
元車がロングセラーだったせいもあったのか、発売が昭和50年と遅れ、
全然番組には間に合っていなかったのでした(笑)。
もっとも、この時期のダイヤペットはマットカーのせいか企画が迷走し、
キカイダーだのデビルマンだの、全然車に縁がないヒーローのシールを
適当な車に貼った商品を乱発してたので、その混迷のせいもあったのかも知れません…。


tac3sides.jpg

それで、タックパンサーの立体商品となると、プラモが中心になるんですが、
今回お見せするモノはマルサンの50円サイズのプラモです。
中空のモナカキットで、ウィンドウの透明パーツすら入ってないシロモノですが、
おおよそ1/43スケールのサイズだし、プロポーションは悪くなくて、
ちゃんとマーク2に見えるのはうれしいところ(笑)。

車体の色は劇中ではもうちょっと茶色っぽい沈んだ色なんですが、
写真資料が見つからないので、箱絵で描かれている青にしました。
と言っても、整形色そのままにストライプを描いただけなんですが、
けっこうこの模様、複雑で苦労したので、もし鮮明なカラー写真が見つかっても、
たぶんやり直しはしないと思います(笑)。
天井のポッチはミサイル発射レバーで、ちょっと目障りなんですが、
気合い入れて改造するのも大人げないようなキットなので(笑)、
窓を透明なビニールでそれっぽくふさいだ他にはストレートに組んでいます。


ありがたみは皆無と書きましたが、このタックパンサーだったら、
もし実際に遭遇したら、喜んで乗せてもらいたくなるだろうと思います。
ウルトラシリーズの車両メカは、残念ながらこの後しばらく迷走の極みに
陥ってしまうので、これあたりが最後の砦なのかもしれません……。




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ウサギとカメ、じゃなくてパンダ?
rabitt.jpg

今日、お見せするのは『ウルトラマンタロウ』登場のラビットパンダです。
この車はバモスホンダがベース車で、その段階ですでに特殊な形なのに加え、
この時の防衛チーム「ZAT」の特徴であるギンギンギラギラ調にデコレートされて、
なんとも奇抜な車になってしまいました。
ただ、この奇抜さは、ZATという組織のイメージに合ってるので、
このラビットパンダ(笑)も、それなりに人気がある車だと思います。


rubitt3sides.jpg

今回のこのミニカーは1970年代に発売されたエーダイのグリップキャラクターです。
おそらくは本放送当時の発売で、小さいトミカサイズのため、色の塗り分け等、
ディテールに甘さはありますが、それが却って、シブさを生む結果になっているかも知れません。
何せ実車はフロントの赤鼻からサイドにかけて赤いラインがそのまま続き、
サイドは赤と銀というハデハデ模様になっていますから(笑)。

もし道で出会ったとしたら、遠巻きに見つめはするでしょうが、
乗せて欲しいとは思わないかも?(爆笑)
本来はウサギでパンダなんだから、あまりハデな色使いになるはずないんですけどね?(笑)。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

燃える男の真っ赤な……
macrodymain.jpg

ここで「トラクタ~」と続くと、小林旭アニィの出番になって違う世界に逝っちゃいますが、
今回は「真っ赤なジープ」で、今回の御題は『ウルトラマンレオ』登場のMACのマックロディーです。
今回もこういうスットンキョーもとい奇抜な形をした専用車が作られたってことは、
前作のラビットパンダが好評だったんでしょうねぇ…。


macrody3sides.jpg

ただ今回はホンダの協力は得られなかったのか、三菱ジープにベース車両は変わってます。
特撮の世界では東宝「自衛隊」でお馴染みのあのシブイ車が、
ウルトラの世界に入るとこうなってしまうんだから、頭が痛い、もとい、
その発想の柔軟さには驚かされますが、ラビットパンダほど突き抜けていないのは、
やはりベースがジープだからなんでしょうね…。

ただ、これを実車で見かけたら、もはや目をそらしちゃうかも知れませんが(爆笑)。


今回のブツはタカトクのZ合金で、サイズ的には標準スケールです。
突出したアンテナパーツが折れたり外れたりしやすく、
ケースに入った状態でないと保管は難しいでしょう…。
私の持ってるのモノも上のアンテナが何度も折れて苦労しましたよ……。

この他にはグリップキャラクターからトミカサイズのモノも出ているようですが、
かのラビットパンダとウルフ777を、レジン製ながら標準スケールで出したスカイネットですら
手を付けてませんから(笑)、今後立体化される機会もまず無いだろうし、貴重な品であることは確かです。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。