キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


今でこそ解る『激突!』の怖さ……
DuElmain.jpg
今日の御題は『激突!』ですが、スティーブン・スピルバーグがキャリアの最初期に監督した
TV用作品で、海外では劇場公開されたため「初監督映画」と呼ばれることもあります。
日本公開は1973年で大ヒットしたので、本来無関係な彼の正式な初劇場公開用映画
『Sugerland Express』が『続・激突 カージャック』としてその翌年に公開されました(笑)。

急ぎの用事で郊外へとクルマを走らせる平凡な男が、前をふさぐ大型タンクローリーを
ごく普通に追い越しただけなのに、それに腹を立てた運転手から執拗に追いまくられる。


あらすじを言えばたったこれだけで全部を語り終えてしまうこの作品ですが、
その画面構成の荒々しさと大迫力は比類が無く、今日の目で見ても充分にスリリングです。
この原稿を書くためにチョッとだけチェックするつもりがついつい全編観ちゃったくらいですから!(笑)。
これだけの作品を71年にTV用に撮ったならば、放映予定の無いヨーロッパや日本では
劇場公開しようという動きになるのも当然でしょうね。アメリカにしたって当時は
家庭用大画面TVなんか普及していない時代だから、
劇場の大画面でもう一度観たくなる人がかなりいたんではないでしょうか?

duelbook.jpg
しかしこの作品、原作&脚本はあのリチャード・マシスンになってるけど、
原作ではいちいちカーチェイスを描写してたんでしょうか? 
それとも主人公の内面描写に専念してたのかな? 
だって映画はほとんどセリフが無く、抜き出したら2~3ページで終わっちゃいそうなんで、
小説にしたら余計書くこと無いだろうに(爆)。
ガレージからクルマが走り出す場面で始まるこの映画ですが、
最初の10分ほどはラジオの声意外は一切セリフが無く延々とクルマが走るシーンのみ、
しかも極端なクローズアップばかりなので、よほどクルマに詳しい人でもないと
車種さえ解らないんじゃないかと思うほど偏ってますからね…。


この奇形的作品を初めて観たのは確か『日曜洋画劇場』で、1975年新春の日本初放映時でしょう。
主演のデニス・ウイーバーは『警部マクロード』でも有名ですが、アメリカでの放映は
『マクロード』の方が早かったので、この『激突』に抜擢されたのは
そこでの熱演が認められたためかも知れません。
日本ではどうだったかと言うと、実は日本での『マクロード』の放映は変則的で、
まず1973年12月から翌年にかけて現在のテレビ朝日で120分枠パイロットフィルムと60分版6本が
声は羽佐間道夫で『マクロード警部』のタイトルで放映され、

mclordbook.jpg
1975年からはNHKで90分版&120分版39本が『警部マクロード』としてオンネアされましたが、
その際は『刑事コロンボ』の後番組として吹き替えも宍戸錠に交代し、
大々的なキャンペーンやノベライス本の発刊も為されたので、
この時が初マクロードだった人も多く、私もそのクチだったのです。
だからたぶん、初めて『激突!』を観た時には、声が穂積隆信だったせいもありますが(笑)、
主役のキャラクターは「ひねたオッサン」としか感じてなかったんじゃないかな? 
マクロードを観た後だったらもう彼にしか見えないはずだけど、
まだビデオソフトも普及してなかった頃、書籍で『激突!』のスチルを見た時に
「あれはマクロードだったのか~!」と驚いた記憶がありますから(笑)。

この『激突』の真の主役はモンスター・トレーラー(ピータービルト351)と
主人公の駆るプリムス・ヴァリアントですが、
これだけ印象の強いクルマなのに私の知る限り、作品仕様のミニカーもプラモデルも出ていません。
その車種そのものの模型だったら何かしら出ていたかもしれませんが、
もう約40年も昔のクルマたちなんで、手頃な値段ではなかなか見つからず、
かれこれ10年近くずっと捜してたんですが、先日ヤフオクでタンカートレーラーの大型模型が、
中古で外装に色ハゲあるんでジャンク扱いの200円スタートで
出ていたので入札したところ、そのまま落札できました。ヽ(´ー`)ノ

duelkaizoumae.jpg
手元に届くとまずそのサイズが意外でした。トレーラーって1/60以下のモノか
逆にバカでかいのが多いですが、これは1/43程度というどっちつかずの大きさだったからです。
プラが多用され全体の重量はそれほどでもないんですが、大きいんで迫力はありますね~。
模型そのものには一切何も書いてないので詳細不明ですが、
Ponys41さんならこのベース車の正体御存知かな? 

duelstill1.jpg
『激突』のトレーラーと見比べると、その60年代末期のピータービルト351とは
けっこう違う部分も多かったですが、例によって(゚ε゚)キニシナイ!!(笑)。
ま、それでも微調整でなんとかなりそうな部分にはできるだけ手を入れ、
塗装つうかヨゴシをしまくったのがTOPと、この3面図の状態です。

duel3sides.jpg
タンクが模型では銀メッキむき出しだったので、メッキを落とし、側面全体と前後を覆うカバーを
自作して取り付けました。タンク左右と後ろにFLAMMABLEと大きくロゴ的な書体で書いてあるので
フレイマブル石油なのかと思ってたら、何のことはないこれは「可燃物」と書いてあったんですね(笑)。
運転席の後に出っ張る部分は激突トレーラーには無いんですが、これを切り取るとその部分が開いて
マヌケになりそうだし、シャーシを切りつめると強度不足になりそうなんでそのまま残しました。
この突出部分、最新トレーラーではもっと大きくなってるけど、乗員の休憩スペースなんでしょうか?
日本の『トラック野郎』等ではこの部分に布団を敷いて交代で寝てたような気がしますが、はて?

duelsill2.jpg
一方、主人公が運転するのがプリムス・ヴァリアントです。走りに特化してもいないフツーのクルマで、
フツーのビジネスマンがフツーに日常の足として使ってるクルマということでコレになったんでしょう。
これもあまりにフツー過ぎて模型は見つかりません。プリムスだとロードナンナーとかバラクーダ、
スーパーバードあたりはけっこうあるんですけどネェ…┐(´ー`)┌

でもnetを徘徊してたら、なんとペーパークラフトを見つけました!
http://paperkraft.blogspot.com/2009/01/duel-plymouth-valiant-papercraft-car.html
ちょっとデフォルメ入ってるけど、なかなか感じはつかんでますよね!

しかしこのペパクラは型紙は公開してないので、『007/黄金銃を持つ男』で登場した
なんちゃってホーネットを代役として特写してみました。
あの踏切間際でモンスターが後ろからいきなり押してくる緊迫シーンの再現です。
大きいのでクリックして御覧下さい!
fumikiribattle.jpg
ヴァリアントとホーネットと改造元のカプリとでは全然形が違うので、画像処理しまくりで
もうほとんど「特撮」と化してますが、いかがでしょうか?
鉄道は当ブログ標準鉄道模型のプラレールです(笑)。


この映画の主役のモンスタートレーラー、ドライバーはかなりサイコな奴ですが、
クルマ自体には特殊な部分は無いようです。
その点、メカニック自体が意志を持って人間を襲う『殺人ブルトーザー』『ザ・カー』
『クリスティーン』等の作品とは違うところですが、だからこそ、いつ私たち自身の身に
襲いかかってくるか解らないそんなコワサがあります。
この作品制作時の1970年代始めの日本だったらまだ、そんなことは無かったでしょうが、
21世紀を迎え猟奇事件が日常茶飯事化した今の病んだ日本では、
いつ実現してもおかしくありません……。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

復讐の赤い女神
christinemain.jpg
今日の御題は1984年公開のジョン・カーペンター監督作品『クリスティーン』です。
この物語は表面上は典型的な青春ストーリーで、ナイーブなハイティーンのアーニーが
イカすクルマを手に入れ恋をし、大人になっていく話です。

17になったアーニーは親友デニスのクルマがうらやましくてしょうがありません。
いつものようにデニスのクルマで出かけたアーニーは郊外のボロ屋の前で
スクラップにしか見えない一台の車が売られているのに惚れ込み、買い取ってしまいます。
日本では余り考えられない行動ですが、アメリカでは大金持ちでもない限りは
最初のクルマは野ざらし同然のポンコツ、というのが一般的なようですね。
日本と違い車検が無いから動けばいい(州によって異なる)し、
最初のクルマはあちこちぶつけるもんだからどうせすぐ傷だらけになるし、
それに自分で整備すればメカの知識も身に付くってもんです。
つうか国土が広いのでメカ知識が無いと荒野でエンコしたら死活問題ですからねぇ('A`)
まぁそんな時でも、脚を見せればすぐに誰か寄ってくるような美女か、
ケータイで救助を呼べるような金持ちならいいんですけどね(苦笑)。

だから、このアーニーの行為はそれほど奇異ではないんだけど、
その買い取っちゃったクルマがフツーではなかったのです(笑)。
命を持つこのクリスティーンですが、いつ命が宿ったのか劇中では明らかになりません。
christine.jpg
最初に工場で組立ラインに乗ってるシーンがありますが、そこでもう工員に噛みついたり、
車内に乗り込んで葉巻を吸いながら(臭いが移る!)灰をシートに落とした(火事になる!)
黒人のデブ工員を殺したりしてます(コイツは自業自得ヽ(`Д´)ノ )
chirisossan.jpg
ペッパー保安官ソックリで威圧感アリまくりのジャンク屋の親父を説得して、
クリスティーンを預かってもらうことに成功したアーニーは、
ジャンクヤードをあさってパーツを拾い集め、なんとかレストアを完了します。

こういう命宿り車の物語って、けっこう共通要素があって
・まず往年の活躍もしくはピカピカの車体が映る
・野ざらしになってる状態で主人公と出会う
・主人公がレストア作業にはげむ
・クルマが主人公に惚れる   ってダンドリで話が進行しますよね。
この『クリスティーン』だけでなく、『ラブバッグ』シリーズも1本目や
最新作の「機械じかけのキューピッド」等でやってたし、『チキチキバンバン』もそう。
それから日本では『湾岸ミッドナイト』が同じでしたね。

レストアが完成し、やっと口説いたガールフレンドのリーとのドライブインデートでは、
大雨の中、当然映画なんか見ずに車内で彼女とヨロシクやっていた訳ですが、
敏感なリーは「クルマが嫉妬してる」と外に飛び出し、説得の末に戻ってきたら、
今度は音楽で慰めようとしたクリスティーンに過剰に驚き、食べたモノを喉に詰め
死にかけてしまいます。まったく手間がかかるオンナだなぁ…┐(´ー`)┌

DQNの一団が出てきて、アーニーをイジメるあたりもオヤクソクですが、
そのボス格がジョージ・チャキリスとトラボルタを足して2で割ったような奴で、
直ぐに「ファッキング、ファッキング」ってブチ切れるもんでウザイの極み(苦笑)。
こいつら勝手に暴れて先生にかぎつけられて叱られたのに、アーニーに逆恨みして
ガレージのクリスティーンを襲ってボコボコにしてしまいます。
激怒したクリスティーンは自己復元の後、DQNを血祭りに上げますが、これも当然の報い!
showme.jpg
むしろ、主人公の求めに従って、ハーレムノクターンの切ないメロディーに乗って
自己復元していく姿を見せるクリスたんの健気さには涙が出たし、色っぽさにはシビれました。
ここは完全なラブシーンですねぇ…。なんて美しいシーンなんだろ…。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン

chiristineblister.jpg
さてここでミニカーの解説です。今日は旧ジョニライの「フライトニングライトニング」からの
ピックアップで、このシリーズ共通ブリスターパケにやはりバッジ付きです。
christine3sides.jpg
全長約7.5cmのトミカサイズなんで造形の細かいことを言うのはヤボですが、
まぁ、ちょっとゴツイ感じがするから、何かの流用かもと思ったけど、
底板にはしっかり「CHRISTINE」って刻印されてたから、単なるリサーチ不足かも?
だって本当は白い屋根が赤く塗られちゃってるし…(苦笑)


映画の話に戻れば、これまで見てきたように、クリスたんはこの種の殺人カーによくある、
誰も彼も見境無しに襲うキチガイグルマではありません。
彼女が襲うのはあくまで自分に危害を加えた(と彼女が判断した)者のみです。
ちゃんと人間関係もある程度把握していて、アーニーの親友デニスが怪しんで、
深夜、ガレージに忍び込んだ際、ラジオを大音量でかけ追い払ったけど危害は加えてません。
しかし、DQNを焼き払った後、ジャンク屋の親父まで殺しちゃたのはマズイなぁ…。
クリスたんに銃を向けたのが良くなかったのか、やっぱデブは嫌いなのか(°∀° )

最後はアーニーの身を案じるふりをしてリー横取りを企んだデニスの策略にハマり、
クリスたんはブルトーザーとガチンコバトルさせられ、ボコボコになっただけじゃなく、
乗っていたアーニーまで死んでしまいますが、アーニーの絶命と共にため息を付き
「アイ・ラブ・ユー・フォー・エヴァー」という歌を流す健気さです…。
その後も卑劣なデニスはブルトーザーで傷心のクリスたんを蹂躙し続け、
とうとう鉄の塊にしてしまいますが、不死身のクリスたんはきっと甦り、
裏切り者デニスと売女リーを処刑してくれるに違いありません。ヽ(`Д´)ノ


なお、ここまで書いてきた粗筋には途中から筆者の遺恨が入りまくりなので、
一般的な見方とはだいぶ違っちゃってるかも知れませんがナニカ?(°∀° )
ていうか、クリスたんってちょっと性格キツイだけで、やってることはハービーと
大差ないですよねぇ…。つうことはこの物語って裏「ラブバッグ」じゃね?
ひょっとしたら、『モンテカルロ大爆走』でハービーから命をもらったけど捨てられた
ランチアのセシルが恨みを持って、その恨みで命を与えられたクルマだったりして
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
Christinenow.jpg
だって、このクリスたんの元車は1958年型プリマス・フューリーで、
FURYってのは「憤怒」という意味の他にギリシア神話の復讐の三女神
「アレクトー、メガイラ、ティシポネー」(おお、ファティマたちw)を差す単語らしく、
つうことはもう一人怒ってるレディースカーがいることになりますねぇ…。
って、あ、そうだ、きっと『機械じかけのキューピッド』でハービーがナンパしたサリーが、
あの後でやっぱ捨てられて怒ってるに違いない!(このあたりほとんど全部大ウソw)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

エルヴァイラの妖しい○ッ○イ!(w
macablemain.jpg
今日の御題はフライトニングライトニングつながりでエルヴァイラです。
このどこかちょっとコメディタッチのホラークィーンの元ネタは
1950年代のヴァンピールというTVの司会者ですが、
Vampira.jpg
大人気となりそのままのキャラで各方面で活躍し、
あのエド・ウッドの『外宇宙からの第9計画(以後プラン9)』にも出演しています。

1980年頃、そのリバイバルを目論んだプロデュ-サーにより、
当時は無名の女優であり『007/ダイヤモンドは永遠に』(1971)とか、
tomsmallchange.jpg
トム・ウェイツのアルバム「スモール・チェインジ」(1977)のジャケ写に登場した
経験を持つカサンドラ・ピーターソンが200人以上もの候補者の中から選ばれましたが、
elvira-cassandra.jpg
プロデューサーがカサンドラを素材に『ロマン・ポランスキーの吸血鬼』に出演時の
シャロン・テートのイメージも加味して創り上げた新しいコメディタッチのイメージが、
オリジナルのヴァンピールであり、その権利を持つマリア・ヌルミのお気に召さず、
彼女が降りたので、エルヴァイラというパチキャラになったということらしいです(笑)。

『プラン9』にも登場し、『アダムス・ファミリー』の魔女にも似たところのある
ヴァンピールは、お笑いキャラとして今日では認識されていますが、
御本人にとっては「恐怖の女王」そのままだったんでしょうねぇ……。
plan9toavampira.jpg
ヌルミさんはけっこう真面目な人だったっぽいので、たぶん『プラン9』への出演も
縁が深かったベラ・ルゴシとのお付き合いからだったんでしょう。
で、たぶんその現場のあまりのデタラメ振りに辟易したんじゃないでしょうか?(笑)
だからエド・ウッドが調子こいてシナリオを書いたあの『死霊の盆踊り』には出演せずに、
彼女を当て込んで書かれたキャラは別の女優が演じるハメになってます…。┐(´ー`)┌

御本家には嫌われたけど、エルヴァイラはエルヴァイラで極めて魅力的なキャラクターです。
ホラー映画を純粋に怖がってた1950年代とは違い、ホラークィーンなんてものが
パロディにしかなり得ない現代では、このコメディタッチの加味は当然の措置で、
カサンドラの大きいけど切れ長の目をさらにメイクで協調したエルバイラの妖しい瞳は、
そのこぼれそうなやはり妖しいオッパイ(笑)と共に、強烈な魅力を放ってますよね。

  _   ∩   _  ∩   _   ∩   _  ∩
( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡
  ⊂彡    ⊂彡 ⊂彡    ⊂彡

elbira.jpg
エルヴァイラのクルマは1958年のフォードサンダーバードを改造したモノで、
マカブレ・モービルという名前が付いていて、まぁ死霊の車ってことですが、
クモの巣が張った形状に直してあるフロントグリルがイカしてます(笑)。
monoplamoelvaira.jpg(参考写真)
このマカブレ・モービル、映画公開前後にはモノグラムのプラモデルが出て
長いことこれが唯一の立体でしたが、
macableblister.jpg
1990年代後半、ジョニーライトニングの「フライトニング・ライトニング」
というシリーズでミニカー化されたのが今日紹介のミニカーです。

macable3sides.jpg
ダイキャスト製でトミカサイズなんで全長約7.8cmのこのミニカーですが、
ジョニーライトニングについてよく解ってなかったんで、いい機会だと調べてみたら、
このブランドはTopperToysによってホットウィールの後追い企画として発売されたけど、
あまり売れ行きがよくなかったので、数年後の1971年には発売中止になったそうです。
それが1994年にプレイングマンティスによって買収され、活発に商品リリースを開始し、
キャラクターミニカーも多数あったので私の目に留まるところとなったんですが、
やはり乱発がたたったのか、2005年にはRC2 Corporationにまたしても買収され
今日に至ってるようですね(この辺はちょっとマッハ号の時に書きました)。

「フライトニング・ライトニング」とは、「ビックリ仰天シリーズ」程度の意味で、
オカルト映画&TVの劇中車やオカルト風味のカスタムショーカーなんかを
ラインナップするシリーズのようです。
ショーカーと劇中車を同じくくりにするとは、いかにもカスタムカーのショーが盛んで、
デコアップされたクルマだけでなく制作者にも人気が集まるアメリカだなぁという感じで、
劇中車基準で考えていたもんで、聞いたこともないクルマが混じってるのと、
Hollywood on wheelsとの違いがよく解らなかったりして、
これまでそのラインナップ基準が謎だったのがようやく合点がいきました。ヽ(´ー`)ノ

話をエルヴァイラに戻せば、カサンドラは公式プロフィールでは1951年生まれなので、
映画(1988)の頃はギリギリ30代だったことになります! 
2001年には2本目の映画が作られたりして、今日でもエルヴァイラを演じ続けてる
カサンドラですが、さすがに60才じゃなぁ…('A`)
あ、でも下手なこといったら呪われそうなので、聞かなかったことにしてクラサイ(°∀° )

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用