キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


花は咲く 春が来れば この地が続く限り!
みなさま、おひさしぶりです。2007年の4月末に、本当は5月1日から始めるつもりが
手違いでスタートしたので公式には5月1日を開始日とする当ブログなんですが(笑)、
昨日でめでたく丸4年を迎えました。
本来ならその前後を盛り上げようと、プラニングまでしてあったんですが、
東日本大震災でミニカーコレクションが大被害を受け、それどころではなくなったのは
更新停止日に報告させていただいたとおりですが、更新停止のお知らせに
コメントをお寄せ下さった方には心から感謝いたします。

記念日なので久しぶりに更新する気になったんですが、
幸か不幸か、震災以降、物欲がスッカリ無くなりました。
壊滅した室内の片づけができてないせいもあるんですが、実は4月に入った時、
やっと気を取り直して片づけ始め、4月4日にはほとんど棚の再整理も終わったんですよ。
ところが4月7日の大余震でまた盛大に落ちまして、もう完全に心が折れたつうか、
このような状態で整理しても無駄だとしか思えなくなって今日まで来ています。
思った通り、4月11日午後は当地で感じただけでも20回以上も大きな余震が起こったし、
このところはやっと震度3程度のが1日に2~3回に落ち着いたと思ったら、
また震度4のが起こるようにもなってきたし……_| ̄|○

こう余震が続き、原発問題も解決しないようではとてもその気にならないので、
当分の間は月二回目標の不定期更新ということにさせていただきます。m(_ _)m


我が部屋の被災はミニカーだけに止まらず、必死に自作した万博会場も吹っ飛び、
チキチキバンバンワールドも崩壊し、限定品のガラスのクレアフィギュアも砕け散り、
最近集め始めた陶器製駅弁容器も一番貴重なもう手に入らないブツが割れてしまう等、
コレクター&モデラーの自分にとってはかなり辛い状態です。

でも、趣味に興味を示せなくなるとボケが進むので、なんとか気を奮い立たせるべく、
TV見て感動したニュースの、忠実ではない心象風景アレンジのジオラマを作ろうと、
廃墟同然の室内から関連のミニカーを掘り出したり、自作したり、近くのお店を探したり、
それでもみつからない分はヤフオクで取り寄せたりして、あれこれやってました。

作ったのは原発の冷却のために全国いや全世界から結集した放水隊のジオラマで、
以降はこれを聴きながらお読み下さい。


まずは最初に上空から放水作業をした自衛隊ヘリのチヌーク、
TKY201103170166.jpg

それが有効だったので最初に地上から放水した機動隊特殊放水車と
TKY201103170235.jpg

自衛隊化学消防車
1300369527002.jpg

そして本格的な放水作業をするために消防の精鋭が集まったハイパーレスキュー隊の
haiperrescueteam.jpg

屈折放水車
1300414231060.jpg

民間提供されたプッツマイスター社製コンプリートポンプ車、通称「キリン」
kirin.jpg

自衛隊74式戦車ドーザーと
2_20110321k0000e040009000c.jpg


時代や国境を越えたスター級のメカがキラ星のように登場し、非常時ではあることは承知の上で、
メカフェチの心をつかんで離しません。ヽ(´ー`)ノ

掘り出したミニカーに加え、ダイソーの100円welly(ダイソーミニカーにはシリーズが
何種類かあり、その中でwellyは一般販売もされる香港のメーカーでデキも悪くない)の
屈折放水車風消防車や、それをベースにスクラッチビルドした機動隊特殊放水車。
そして買い占めされなかなか手に入らなかったけど、
ショーケース内の見本を頼み込んで売ってもらったトミカ13番の
モリタ空港消防車(自衛隊化学消防車と同型)。
機動隊放水車を作る際取り外した折畳ハシゴを土台に備え付けたなんちゃってキリン。
そして、最後の御奉公をするために出撃した姿に感動し、これだけはヤフオクで入手した
ドーザー付き74式戦車(コナミ陸上自衛隊装備大全第参段)が勢揃いしました。
実は74式戦車落札時にはまだ震災から日が浅かったせいもあり、
「茨城には荷物は送れない」と言われプチ風評被害を味わったんですが、
茨城南部では郵便は不通ではないと説明し、やっと送ってもらうことができました。


こうしてようやく原発放水隊が勢揃いした訳で、
まずは74式ドーザーによるガレキ撤去作業を再現してみました。
nanayonnsikidorzer.jpg
ガレキは地震でへし折れて足下に転がってたなんだかよく解らないパーツと、
砕け散った姫路城型駅弁容器の破片です… (つД`)

それからフルフォースならぬフルホースによる注水作業開始です。
syouboufullforcekakouzumi.jpg
これも震災に耐え倒れることすらなかった「ゴジラヒストリー」のバーニングゴジラを
暴走原子炉に見立て、それに放水しているというコンセプトです。
指揮は上空のチヌークが執り、74式は何かがあった時のために待機中ですが。
ドサクサに紛れて主砲をぶっ放す気かもしれません(爆)。


74式がやや小さい感じもしますが、スケールは1/150前後でだいたい合ってるんです。
zieitaivehicles.jpg
それだけ74式が小さく、各種消防車が大きいということなんでしょうが、
これは自分でも意外な発見でした!


この状態で注水作業の有効なことが実証されましたが、いつまでも消防の
ハイパーレスキュー隊の被曝覚悟の捨て身の作業に頼る訳にもいかず、
やがてキリンと同等の性能を持つコンプリートポンプ車が世界中から日本に集められ、
今は遠隔操作で3~4台を使い注水作業に当たっているようです。

すると今度はその水が溜まり、漏れだした原子炉の中身と混じって
高濃度放射能汚染水となって、それが海へと流れ出す事態を生じましたが、
とは言え、注水を続けないとまた熱で爆発する可能性が大いにあります…。
敷地内の放射線値も明らかにされ、とても長時間作業できる状態でないこともはっきりし、
袋小路に陥った感もある原発事故の現場ですが、それでも続けるしかありません。
東電による作業工程表も発表され「半年から9ヶ月で一応の収束」ということに
なりましたが、絵に描いたモチもいいところで、もはや政府や東電の発表を信じる人は
よほどおめでたい人と言わざるを得ないでしょう。現に海外のプレス向けに行っている
記者会見は取材する人が皆無の状態で、その無人の空椅子に向かって発表を続けている
様子は、滑稽を通り越して恐怖を覚えます……。

私の住んでいる場所は避難が必要とされる至近距離ではありませんが、150km圏内で、
3月15日には近接した東海村辺りでは平常時の50~100倍の放射線値が観測されてました。
それなのに政府は「爆発的事象が起こったが原子炉は健全な状態にある」と大ウソを吐き、
枝野官房長官は「直ちに健康に影響を生じる値ではない」と力説してましたね…。
私はこの時点でミンス政府の発表は全く信じられないと確信し、「死」を覚悟しました。
直ちに影響無くても100倍もの放射能を浴び続けたらどうなるか、答えは明かだからです。
幸い、数日でこの異常な値は下がり、現在では平常時の10倍程度で落ち着きましたが、
直ちに健康に影響は無くても被曝したのは確かで、あの数日間に心に感じた
ザラリとした感覚はたぶん一生忘れることは無いでしょう…。

edanopugya-.jpg
枝野は後に「私は安全だとは言っていない」と述べ、直ちに避難の必要は無いと
自分で発表した被災地視察に、厳重な防護服に身を包んだフルアーマー状態で臨む等、
そのヘタレぶりが明らかになってますが、
そんな状態でああいう大ウソを吐き続けていたんだから呆れ返ります…。

空間の放射能だけではなく雨が降ると放射線値が上がり、水道水から制限値を越えた
放射性ヨウ素が発見された時すらあり、近くの母乳サンプルからも発見されました。

朝起きたら、放射線値をチェックしないといけない毎日。
この『宇宙戦艦ヤマト』の世界みたいな事態を招いたバカン率いる無能ミンスや
東電の幹部どもや 原子力保安院への怒りが収まることはありませんが、
現場で命がけで事態収拾に向けて働いておられる方々への感謝はしてもしきれません。
まだまだ終わりが見えぬこの作業ですが、朝な夕なにこのミニレスキュー隊を見るたびに、
彼等への応援を心の中でしようと思います。

そんな中でも桜は咲きましたが、いつもより1週間遅れ、例年なら10日~2週間は保つのに
きっかり7日間で散っていきました。これが今年だけのことなのか、それとも今後も続くのか、
答えが出るには長い年月がかかりそうです…。

それでは最後に3月15日あたりによく聴いていたこの歌を聴いてもらって
本日は終わりたいと思います。



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

しばらくの間の更新停止のお知らせ
この間休んだばかりで恐縮ですが、
考えてもなかった大きなできごとが起こりましたので、
少なくとも4月中は更新を停止させていただきます。m(_ _)m

開始時期は未定ですが、5月連休明けまでにはと思っております。


父さんのマシン
長らくお休みしまして申し訳有りません。実は同居中だった父が死にまして、喪中でした。
でも四十九日もようやく終わりましたので、今日からまたボチボチと再開させていただきます。

前にも少し書きましたが、私のミニカーコレクションは父が東京出張の際にお土産として
向こうのデパートで買ってきてくれた舶来品から始まりました。
その中ですでに3つほど紹介しましたが、今日は4番目で、最近、父にその話をした時に
本人が憶えていた大きいミニカーを供養も兼ねて紹介したいと思います。
bmwf2main.jpg
これはドイツのシュコー製、BMWのFormel2で、要はF2フォーミュラーマシンですね。
律儀に底板に260PS、280km/hと刻んであるあたりはいかにもドイツで、
エグゾーストパイプの先まで計って全長約25cm(1/16?)のビッグサイズらしく、
フロントタイヤとハンドルは連動し、四輪のサスペンションは独立して効くし、
金属製のボディ底板の中央にはゼンマイ動力の大きな弾み車が仕込まれ疾走する、
実に精密な作りになっています。

bmwf2tireoff.jpg
タイヤはゴム製でホイールは金属製、しかもネジを緩めればちゃんと外れるという実車さながらの
メカニズムなので、このオモチャをイジった子供はクルマの構造に強くなること間違い無しです(笑)。
父は昭和三年生まれだったんで、BMWを昔風に「ベーンベー」とドイツ語読みで発音してましたが、
当時タクシー会社勤務だったんで、息子の私に自動車に親しんで欲しかったのかも知れません。

BMWf2 3sides
今でも充分に大きいこのミニカーですが、小学校低学年の当時にはさらに大きく感じ、
ゼンマイ疾走のギミックにも関わらず、コレクションの王様として丁寧に扱ったので、
経年による多少の塗装・メッキの剥がれやサビ付き以外は良好なコンディションを保っています。

このマシンは1968年シーズンのがモデルで、私のはゼッケン6番ですが、他の番号もあるようで、
そのものが登場した映像作品は無いようですが、今回は特別だし、父と息子の絆や葛藤を描いた
『マッハGoGoGo』や『激走!ルーベンカイザー』等にちなみ御容赦下さい…。m(_ _)m
このシュコーのビッグスケールフォーミュラマシンは、ドイツのサイトを見ると他にも
ロータスやフェラーリ等、同じ仕様のモデルがあるようなので、1台じゃ可哀想だし
あと2台程気長に集めたいですが、日本語で書かれた記事がほとんどみつからないので、
セカイモン頼りになり出費がかさみそうです。(つД`)



さて、2007年4月末に始めた当ブログは、今年で丸6年を終え、7年目に突入する
予定でしたが、一番身近な人の死で、そのお祝いムードも吹っ飛んでしまいました。

そこでここで一旦幕引きさせてもらおうと思います。
と言っても閉鎖する訳ではなくて、これまで何とか保ってきたミニカーブログ
という線引きを辞め、映像作品に登場するモノ全般の玩具を扱うことにしようと思います。
元々、ポインターやボンドカー等、普通車を超えたスーパーマシンの紹介をしたかったのが、
それは数年でとっくに終えて、「映画に出てくる印象的な車」という自分で妥協できる
ギリギリの線を見つけだし、更新を続けていた訳ですが、紹介するだけならまだしも
ミニカーを買わないといけないんで、それもそろそろ限界です。
だって、そんなに興味無いクルマのミニカーなんかほしくないですから(爆)。
今後扱うモノを具体的に言うと、映画のキャラの人形や、怪獣玩具、ロボット玩具等ですね。
「なんだこれまでミニカーと一緒に紹介してきたオモチャじゃん」というのは禁句ですが、
いや全くその通りで、つまりはほとんど変わらないつうことですね(爆)。
ブログ名もすでに浸透してるんで変えずに、ミニカー以外のカテゴリーが増えるだけです。
ミニカー以外には興味無い人にとっては大問題でしょうが、たぶんウチの記事を
楽しみに見て下さっていた方は、映像関係のオモチャに広く興味をお持ちだと思うので、
そんなにブーイングは来ないんじゃないかなぁと思います(笑)。
もちろんミニカーを全く取り上げなくなる訳じゃなく、強く惹かれるクルマが出てきた時は
記事にしますんで、そこは御安心を!ヽ(´ー`)ノ

それではみなさん、どうかまたごゆるりとお付き合い下さい。m(_ _)m
次回は6月10日頃お会いしましょう!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

母の日と父の日
我が家ではお祝い事は該当者が強く主張しない限りは全くやらないのが普通でしたが、
今年は父の死というスルーできぬビッグイベントがあり、母がさすがに落ち込んでました。
そこで母の日に、当日は母が終日外出で夕食は私一人で近場で食べることになったので、
外食を止めて大盛りカップメンにし、浮いた予算でカーネーションを買うことにしました。
花束の予算は無いので数本だけで、赤と薄緑(黄色も欲しかったけど無かった)を
選びましたが、帰り道、黄色い野菊が刈られて道の脇に積まれているのを見つけたので、
これ幸いと拾ってきました。なんでもその黄色い花は外来種で、(御用)学者集団が
撲滅を推奨してるそうですが、別に毒でもなく、単に学問的意味だけで刈り取るのは
ナンセンスだけど、これ幸いと公は刈り取る予算を計上してるんだろうなぁ…。('A`)

かくして、別の花が混じったけど赤・緑・黄色とカラフルになった花束(笑)を花瓶に生け、
ダイニングのキッチンに置いていたところ、夜、帰ってきた母がこの上なく喜んでくれて、
小さな親孝行ができたのでした。


何事もバランスと調和を重んじる私(笑)としては「母の日を祝ったからには父の日も」と
なりますが、もう父はいません。「孝行をしたいときには親は無し」の格言そのままで、
昔の人の教えが重くのしかかりますが、ここは一つ前向きに考えようと、
私が幼少時期に父が東京出張の度に買ってきてくれたミニカーの中で、
父もよく憶えていて、ここでも紹介したシュコーのビッグスケールBMWの
フォーミュラーカーを、遺骨が置かれている祭壇に備えることにしました。
父からもらったミニカーの王様として、子供としては大事に扱い損傷も少ないこのクルマ、
最近、NETで調べたところ、同じ規格のミニカーが他にも出ていることが解り、
お供えが一つだけでは寂しいので、そのシリーズのどれかを手に入れてやろうと
したんですが、40年以上前のドイツからの輸入品だけに国内ではミニカー屋の在庫は
見あたらず、ヤフオクでも年に数回出る程度…。eBayでやっと20個程見つけましたが、
箱付き美品では5万円のお値段! (゚ロ゚ノ)ノ!! 
これでは手も足も無理で舌しか出ませんが、程度が普通の中古なら数年円程度でみつかり、
こっちなら海外からの送料等を加えても何とかなりそうだと、いくつか入札した結果、
落札できたのが、こちらのアメリカから出品されていたロータス33で、
ebay.jpg
ちょうど父の四十九日の朝が入札締切だったので、落札を確信してたブツです(笑)。
その後の経過も順当で、売り主が3日程でセカイモン流通センターに送ってくれ
(これはアメリカでは異例の早さで、普通は10日以上はかかる)、センター内で一週間程
行方不明でしたがこれはいつものこと(人手不足で配達物をすぐには検品できてない)で、
結局二週間で手元に届きました。この一週間のロスを無くせばセカイモンの評価も
もっと上がるだろうけど「落札価格の15%または500円」の手数料ではコスト的に
これ以上人手は割けないんだろうなぁ…。

このロータス、実際に届いてみると、ボディ前にはカケがあるし、ハンドルは折れて紛失、
シートもどっかに飛んでたんで、元のページの小さい写真を拡大しよくよく見ると、
たしかにそのダメージは写ってましたが、説明文には一切その辺はありません(苦笑)。

Very used but otherwise working wind up lotus,
         probably from late 1960's only one owner.

とても使い込まれてるがゼンマイは効くロータスで、たぶん1960年代末のワンオーナー品

説明たったこれだけなんだもんなぁ…。┐(´ー`)┌ 黄色いラインがハゲチョロケなのは
解ってたから気にしませんが、これじゃはっきり言って、元から持ってるBMWの方が
程度いいけれど補修できそうなので諦めて、レストアしたのがこちらです。
lutus33main.jpg

オヤクソクのデータ的なものは、
lutus33 3sides
全長21.5cm、シャーシとサスペンションは金属製でボディ上部はプラ製、ホイールは着脱可能で
前輪はハンドル連動、壊れてないゼンマイを巻くと中央の弾み車と後輪が連動して走り出すのは
先のBMWと同じですが、こちらのシャーシにはなぜか馬力等のデータは刻まれてません…。
状態は良くなかったけどメッキが生きてたのは、アメリカの乾燥した空気のおかげかも?

しかしこのオモチャをハンドルがぶっ飛んだり、ボディ前部が割れたりするほど走らせて遊んだとは
さすがアメリカ人のガキで(笑)、メリケンなオオザッパさでも、それだけ勢いを付けて走らせられる
空間があるという点でも、狭い島国のガキでは太刀打ちできませんわ!(°∀° )

Grand Prix Movie
ロータス“クライマックス”33は1960年代後半に活躍のF1カーで、1966年の映画『グランプリ』でも
主役級ではありませんが激走する姿が見られます(上写真、右端)。

シュコーの1/16フォーミュラシリーズには9種類の車種があり、モノによっては
動力がゼンマイのとダイナモ(昔懐かしいレバーを手回しするゼネコン)のとが用意されているようで、
さらにゼッケンナンバー違いやボディーカラー違いも有るうえに、完成品が普通ですが
キットフォームでも発売された車種すら有り、バリエーションを重視する人には
オサイフにも場所的にもツライ商品と言わざるを得ません(苦笑)。
私はバリエ無視派なので気にせずにどれか1つあればいいんですが、
BMWがシルバーのドイツナショナルカラー&ゼッケン6番なので、
ロータスは英国のナショナルカラーのグリーン&ゼッケン1番のコレにした訳です。

2台並べてみるとコレクター心がムラムラと涌いてきて、同規格のミニカーを
あと1台は欲しいところで、日本人としてはホンダのも加えたいですが、
残念ながらラインナップにはありません…。

SCHCO FORMEL2
こうして、ピカピカという訳にはいかないけど、横のBMWと同じ程度にはレストアできた
この2台を祭壇にしばらく供えることになったんですが、最初はいぶかしんでいた母も、
由来を話すと気に入ってくれて、父の日以降も居間の一角にある飾り棚に飾ると言い出しました。
これは、どこの家にもある高級食器やちょっとした人形を置いてあるガラスケースですが、
正直、自分の部屋にはこんな大きいミニカーは飾る場所が無かったのでラッキーで、
今後、そのケースを少しずつ浸食してやろうかと秘かに思ったりもしてます。(°∀° )

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

一周忌のシュコー
父が亡くなって今日でちょうど1年経ちました。母との二人暮らしになった訳ですが、
元々濃密な親子関係だった訳でもないので、特に変わることもなく淡々と日々は過ぎていきます。
四十九日の時に、生前の父がそのことを憶えていた昔買ってくれたミニカーと同シリーズの
ロータスを海外から取り寄せ、父のBMWと並べて供養にし、他にも揃えたくなったことは
以前書きましたが、40年以上前のヴィンテージのしかもドイツ製なんで、なかなか安くならず
以降全く増えなかったのが、タイミングを合わせたように1台が激安で手に入りました。

matra ford main
今回買えたのはマトラ=フォードF1です。シュコーのこのフォーミュラーカーシリーズは
F1とF2が混在してたり、年代のスパンも10年程あるので、全9種類集めると
葉巻型からウイングマシンまで揃う、フォーミュラーカー歴史館的光景になりますが(笑)、
私には全種集める金も根気も飾る場所も無いので、映画『グランプリ』にちなんで
60年代後半のをいくつかつまむだけのつもりだったんです。
このマトラはボディはかろうじて葉巻型ですが、前後のウイング形状から
70年代前半車種と判断し見送るつもりが、いろいろ調べたらマトラは1968年から
このボディで参戦し、ウイングの形状や数を調整しながら走っていたようだし、
19690801MF.jpg
69年の車体のリアウイングがこのシュコーの模型のよりすでに複雑な形状になってるので、
60年代後半というコレクションのテーマにギリギリ合致していた訳ですね。

それに100円スタートで出品され終了寸前まで全く上がらなかったので、
「それなら」とばかり入札したのが、手を出した一番の理由ですね(笑)。
結局2000円までは上がったものの、十分想定内の金額でした。
もちろん安かったのには理由があって、ゼンマイ不稼働、リアウイング欠品、片側ミラー無し
ということでしたが、前オーナーが錆落としをしてくれたそうで、見た目はかなりキレイです。
ゼンマイは走らせないからどうでもいいし、ミラーは作れるし、問題はリアウイングかなぁと
完品の写真を集めたら、幸いこの模型に採用されたウイングはほとんどが直線から構成される
自作可能な構造でした。そこで試作のつもりで厚紙で作ってみたら、わりとイイ感じになったので、
とりあえずその状態でお披露目です。
matra3siides.jpg
なぜプラ素材でやり直さないかというとウイングを本体に取り付ける構造が今ある写真ならでは
よく解らないので、取り返しの付かないその部分に手を付けるのはもっと資料が揃ってからに
したかったからで、決してメンドーだったからじゃアリマヘン(°∀° )

この個体はボディカラーはややメタリック入ったブルーですが、マトラはフランスのチームなんで、
そのナショナルレーシングカラーにちなんだのかも? 色のバリエも豊富なこのシリーズですが、
マトラに関しては他の色の個体を見たことないし…。

ようやく3台揃ったのでサーキットランをすることを思いつきました(笑)。
規格も年代もバラバラなんでプライベーターによるデモ走行という感じで、
この25cm前後サイズのが3台あるといつもの撮影ステージに乗らないので、
急遽、廊下サーキットに場所を移しての走行となりました。
granprix3up.jpg
3台揃うとかなりレースっぽい雰囲気になってきましたね!\(^o^)/
これは調子に乗ってあと何台か揃えちゃいそうです(笑)。








テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用