キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


やっぱリアベ号は改造しなくっちゃね!
riabemain.jpg


今回お見せするのは『宇宙からのメッセージ』のリアベ号です。
ミニ「カー」ではないですが、ポピニカではあるし、
収集のポリシーの6に相当する特別編ということで(笑)。

同作品は『スターウォーズ』の最初の作品が日本公開される直前、
1978年のゴールデンウィークに、東映によって作られ公開された即席便乗作でしたが、
「里見八犬伝」を下敷きにしたその内容は、同じような狙いの東宝作品
『惑星大戦争』よりは遙かに夢にあふれ、特撮的にも凝ったものでした。
特に小型宇宙船が四方を囲まれた閉鎖空間を飛んでいく特撮はSWの上を行っており、
SWが『ジェダイの帰還』で、同じような画面を撮ったのは、
本家の面目を保つためだったという説すらもあったほどでした…。

その『宇宙からのメッセージ』の主役メカがこのリアベ号です。
金持娘メイア所有の宇宙船を改造し、小型宇宙戦闘機2機の格納を可能にした
そのフォルムは秀逸で、上映当時からいくつかのアイテムが発売されましたが、
このポピニカもそのダイキャスト特有の質感と重量感で人気の高かったアイテムです。

私が所有するのは、シロー号&アロン号が欠品し前部砲塔が折れたジャンク品でしたが、
それだけに思い切った改造&レストアを施しました。

折れた砲塔は適当なプラ材でまず自作しています。
元々付いていたモノはもうちょっと複雑な形をしているんですが、
実際のプロップとは違っていたので、それ再現することは考えずに、
なんとなくそれっぽい形状に留めています。

無くなっていたシロー号&アロン号ですが、
これは付属のパーツは整形色も単調なチャチなものでした。
というのもポピーはこれをミサイルとして解釈したからで(笑)、
確かに射出はされるけど、そのまま爆発させちゃマズイだろう~って気もします(笑)。

だから、これをそのまま自作する気は無かったんですが、
幸いなことに、ガシャポン発売のカプセルポピニカの
ギャラクシーランナーとコメットファイヤーが流用できるのです!
この2つはシロー号・アロン号のTV版での呼称ですが、
当時、この2つも独立したポピニカとして発売されていて、
そのミニサイズであるカプセル版が計ったようにほぼ同じサイズなんですね。
元々、企画意図がよく解らなかったカプセルポピニカですが、
担当が実はリアベ号マニアで、チャチだったこのパーツを補完するのが
その主目的だったんじゃないかと勘ぐってしまいます(笑)。

さて、寸法はほぼ一致するカプセル版の2つのメカですが、
もちろんそのままではくっ付きません。
でも、映画の本物だって、元々、違うメカだったのを改造して一体化させたんだから、
ここは小改造を施して何とか付けちゃいましょう!(笑)


aronsiro.jpg

これがコメットファイヤーとギャラクシーランナーの後部ノズル部分です。
左のコメットの方は上手い具合にノズル噴出部に凹みがあるので利用することにして、
そのようなモノがないギャラクシーの方は、とある工夫を凝らしました。
写真で白い本体中央に黒い突起物が接着してあるのが見えると思いますが、
これはピップエレキバンで、鋼鉄ジーグ張りに磁石のパワーでくっ付けようという作戦です!(笑)



hontaiup.jpg

そしてこっちがリアベ号本体の取り付け部分です。
写真左は、無改造のコメットが付く方ですが、本体のそこにくっ付いているのは、
綿棒を切って軸部分をミサイルを差す穴に差し込んだパーツです。
綿部分をコメットのノズルにはめ込んで固定させるために、
瞬着とボンドG17をしみこませて、まず指で大まかな整形し、
ある程度乾いたら実際にはめ込んでみて、微調整してあります。

写真右はギャラクシーがくっ付く部分ですが、黒い丸いのモノはやはりピップエレキバンです。
こっちはどうしようもないので、瞬着で接着しています。
写真で見えている位置より、もうちょっと上に付けた方がよかったんですが、
ギャラクシーの方の取り付けの上下がイマイチはっきりしなかったんで、
天地を逆にしてもいいように中央に貼った状態になっています。
あと、エレキバンの厚みですが、1個だけをそのまま本体に貼ると厚みが足りず
ギャラクシーの方と完全には接触しませんが、さすが強力パワーを誇るだけあって、
間に空間を残したままでも充分に引き合っていたのでヨシとしました。
この辺、密着してないと気になる人は、本体側のエレキバンを二重にするとか、
後ろに何か貼って厚みを持たすとか、自由に工夫してみて下さい。
それからギャラクシーを取り付ける際には、下向きに延びている垂直尾翼の先を、
本体ミサイル穴の下部にある赤いプラ材と本体の隙間に強引に差し込むようにして下さい。
これでマグネットとの2点支持になるのでしっかり固定されます。

ただし、これどちらも、本体の「スプリングによるワンタッチ装着アームオープン機能」を
作動させると吹っ飛んじゃうので御注意(笑)。
どうしてもその機能で遊びたければ、カプセルポピニカの中心に穴を開け、軸を差し込んで、
ミサイル用の穴に差し込むしか無いでしょう。
それをやると取り外した時に、ちょっと見栄えが良くないので私はパスしましたが、
まぁ、そのあたりは改造する人の考え方次第だと思います。


liabe3sides.jpg

カプセルポピニカ開発担当者さんのこだわりにより(笑)、
オリジナルよりカッコ良くなったポピニカのリアベ号、私は最高に気に入ってます!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

強烈! 忍者キャプター!!
captercarmain.jpg


今日の御題は複数方面で話題に上がったので、『忍者キャプター』のキャプターカーです。
『忍者キャプター』は東映の製作で原作も八手三郎という、今のスーパー戦隊シリーズと
同じスタッフによる作品で、強化服を着たチームが敵組織と戦うフォーマットも戦隊そのものなんですが、
『秘密戦隊ゴレンジャー』放送中に、その対抗番組としてTV東京(当時は東京12チャンネル)で
放送されているため、オトナの事情によりシリーズに入れてもらえない不幸な作品です。
戦隊シリーズに関しては、第一作の『秘密戦隊ゴレンジャー』と次の『ジャッカー電撃隊』が
石ノ森章太郎原作作品だったため、しばらくの間シリーズにカウントされない時期もあり、
原作者でくくるならこのキャプターこそ、シリーズの第一作と呼んでもいい存在なのですが、
キー局の違いはTV界では大きいため、当分この不遇状態は続くでしょう。


nc3sides.jpg

ポピニカの標準サイズのこのキャプターカー、最大の特徴は御覧の通り、
ウジャウジャと乗り込んでいる7人のフィギュアが付属するところです。
子供に女性、それから、潮建志氏扮する雷忍までという幅広い年齢層で構成されるのが
忍者キャプターの大きな特徴でしたが、
それだからこそ収録現場ではいろいろと大変で、リーダー役の伴大介(当時直弥)さんは
かなりの苦労があった旨、お話しされていました(笑)。
このショッカーマニアwみたいな付属フィギュアは約3cmという小ささですが、
ちゃんとバイザーの上のシンボルマークまで再現されているのは素晴らしいと思います。


このポピニカの素晴らしさはそれだけではなく、遊び心に富んだギミックが施されているところです。
プチ実況風に構成したので、本編と同じく納谷悟朗さんのナレーションを脳内再生して下さい!(笑)


忍者キャプターに強敵迫る! キャプターカーの秘密兵器、
フロントミサイルをぶっ放せ!

火忍「この武器で勝てるだろうか? もしもの時には…」
雷忍「あ~、タリィ~早く終わらねぇかな~。
   終わったらまたあの店で一杯w」


全員「発射っ~!」
misail.jpg




しかし、敵は手強い! こうなったら最後の武器だ!
火忍「弾こめ用意~!」
土忍「おーし」
雷忍「ええっ、ナっ、なんなんだァ?」

touteki.jpg



雷忍「なんてことしやがんダァ~!」

ドカ~~ン!!
雷忍の尊い犠牲により、悪は倒された。
ありがとう、雷忍、ありがとう潮さん。
これまで何回も収録に遅れてきたり、酔ッぱらったりラリったりして
さんざん迷惑をかけられたが、それももう懐かしい思い出だ。
あんたのことは忘れない、安らかに眠れ!
火忍キャプター7こと伴直弥は心の中でそうつぶやいたのだった…




え~、もちろん、この武器やナレーションは冗談ですので、
本気にしないように!(笑)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

一番うらやましいのは、やっぱり(笑)
grancarmain.jpg

古くはメフィスト兄弟、キカイダーとゼロワン、ウルトラマンレオとアストラ、
それからバイクロッサーの二人みたいな兄弟ヒーローというのはけっこういるもんで、
今日の御題のグランカーが登場する『宇宙鉄人キョーダイン』の
スカイゼルとグランゼルも有名どころでしょう。

ホラ、あのささきいさおさんの軽快な主題歌が聞こえてきますよ。

♪ダ~ダ~、ダダダダ~、ダダ星の~♪





dadafuserifu.jpg


しばらくお待ち下さい…

ozigibito.jpg



えっと、三面の御方はとりあえず無視して……
この作品は『仮面ライダーストロンガー』が終了した直後に制作されたものです。
そのため、仮面ライダーとはまた違ったヒーローを創ろうと、人間の人格を移植されたロボットが
変形して敵と戦う趣向が凝らされていますが、基本的にロボットがズングリムックリなうえに、
その変形がマグマ大使やゲッターロボ並の理不尽変形で、リアル指向だった当時の私は
全然魅力的に感じませんでした…。
ちょうど子供からガキへとなりかかったお年頃だったんで、あのスカイゼルやグランゼルの
50年代SFっぽいデザインの魅力や、理不尽な変形による理不尽な戦いの抱腹絶倒さが
理解できなかったんですね(笑)。でも、大きなお友だちに成り果てた今では、
そのハチャメチャさを心から喜んでいますが何か? 
ギニョールのスカイゼルが腕をブンブン振り回しながら、
敵に突っ込んでいくところなんかもうサイコーですね!

etuko.jpg

それから堀江美都子さんが演じるエツ子さんもカワイイし(笑)。
鉄の兄さん二人なんかより、ああいう美人のおねいさんがウチにいてくれる方が
よっぽどうらやましかったなぁ(爆)。

ミッチさんには10年ほど前にお目にかかりましたが、声も容姿も相変わらずで、
歌って下さった「魔法のマコちゃん」のセリフの恥ずかしそうな様子が
また良かったです(笑)。




『宇宙鉄人キョーダイン』グッズはけっこう当時から出ていて、
超合金やポピニカにも多数ラインナップされてました。
それらのポピニカの中にこの「グランカー」はありまして、
本格的にキャラクターミニカーコレクションを始めた80年代後半頃には、
まだまだ安価で新品が買えたんですが、当時の自分の厳格さが邪魔をして買ってませんでした。
「名前こそカーだけど、どう見てもこれは車じゃない」と思ってたんですね。
ポピニカには他にも「カゲローカー」とか「デュークバギー」とか「マジッカー」といった
境界線上のモノが多くありましたから、どこかで線引きは必要だったとはいえ、
やっぱ安価だった頃に買っておけばよかったです……_| ̄|○



justarrive.jpg

ということで、このグランカー、ルースとジャンクの境界線くらいの品を
先日買ってレストアしたモノです。そういう状態なんで値段は安かったですが、
到着した時点では、上の写真のように、グランゼルはサビサビでチップも多数あり、
スカイゼルは尾翼が一枚折れている状態でした…。


grancar3sides.jpg

まぁそれを何とかレストアしたのが、一番上の写真とこの3枚です。
新品の写真と見比べると、グランカーのエンジン部に貼ってあるメーター集合のシールが
無くなってるのが解るんですが、まぁそれは気にしないことにしましょう(笑)。
このスタンダードは全長約13cmですが、最近、カプセルポピニカにもなっているんで、
それを手に入れて並べてみるのも面白いかな?
ホントはスカイジェットも欲しいけど、修理可能なジャンクが見つけるまで、歌でも歌ってガマンです…。
デモマタ、3メンサンガ クルト イケナイカラ 2バンニ シヨウ…

あ、それ、♪ザ~ザ~、ザザザザー…     

zazarn.jpg


キャ~~~~~~~~~w

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ロボットの車、その名は……
joecarmain.jpg

♪叫ぶサイレン ライトは回る 事件だジョーカー、空飛ぶパトカー♪
ということで、今夜の御題は『ロボット刑事』です。

この作品は1973年4月から半年間、フジテレビで放映されました。
それ以前にはアニメが放送されていた枠で、「第2次特撮ブーム」の盛り上がりによって
特撮枠にしたんでしょうが、半年で終了し、その後はまたアニメになってますから、
視聴率的には苦戦したんだろうと思います。

joecarstill.jpg

こちらが主要登場人物、およびロボット刑事であるKの愛車ジョーカーのスチルですが、
いかんせんシブ過ぎるのが充分伝わってきます(笑)。

ジョーカーに注目しますと、この車、おおまかなボディラインから、
フェアレディZS30からの改造という説が主流でしたが、ディテールがかなり違うし、
後部座席があるためZの2by2が発売された1974年と年代が合わないので、
異論を唱える層もあるようです。確かにボディは完全FRP製のようだから、
全然違う形状の、丸目1灯のカローラあたりからの改造も考えられますね。
ということでベース車は不明としておきますので、お解りの方、御教授願えると幸いです。

ジョーカーの名を持つこの車は、最高時速500キロで突っ走り、飛行能力に加え
垂直離着陸能力や水中航行能力までも有したオールマイティなメカですが、
名前の由来はそこではなく、「ロボット刑事の車」だからその名になりました。
今でこそ「K」として認知されているこのロボット刑事ですが、実は企画のかなり終盤までは
「ジョー」という名前で、ベルトのバックルにKでなくJの文字が入ったスーツも作られていたのです。
「ジョー」の「カー」だから「ジョーカー」な訳ですね。
キャラクターの名前変更と共に「ケイカー」にならなかった訳は不明ですが、
おそらく商標が「ジョーカー」で登録済みだったのか、あるいは「ケイカー」が取れなかったかでしょう…。
ケイカーだと軽自動車みたいなんで、ジョーカーのままだったのはイメージ的には幸いでしたが(笑)。



joecar3sides.jpg

このミニカーはポピニカのオリジナルで、全長11.2cm。20年前に箱入りミント状態で手にれました。
ヘッドライト回りが違うのは、オリジナルはここに風防がはめられ雰囲気が違ったので、
それらしい部品をプラ板で自作して取り付けたからです。両面テープで張っただけの
お気軽改造なんで、いつでも元に戻せるのが強みです(笑)。

joecardoor.jpg

ギミック的には、ガルウィングドアの開閉と、後部の羽根が伸縮します。
コックピットにはちゃんとKが乗っており、デキもなかなかです。


cupceljoe.jpg

こちらは最近発売されたカプセルポピニカのカタログ写真ですが、
オリジナルの雰囲気はそのままなんで、こちらから御想像下さい。

charajoe.jpg

キャラウィールからもジョーカーは出ました。さすがに技術の進歩で、
実車にはこれが一番近いかも知れません…。



この作品、『ロボコップ』の元ネタになったと巷ではよく言われていますが、ロボットの刑事という概念は
アイザック・アジモフの『鋼鉄都市』ですでに1953年に書かれており、確証はありません。
むしろこの『鋼鉄都市』からのイタダキが『ロボット刑事』であり、
「ゴー!」や「ブローアップ!」といったバトルフォームを採用したところに
石森先生のオリジナリティがあったと言えるかも知れません。
全体的に地味ながらも、肉親の愛情、仕事仲間の同胞意識等、
人間の感情を深く織り込んだドラマは印象的で、なかなか忘れがたい作品でした。





テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

輝く、イナズマ!
raizingomain.jpg

今夜の御題は『イナズマン』で1973年10月からNET(現テレビ朝日)系で放映された特撮番組です。
この作品は『ミュータントZ』というアニメ作品の企画が元になったそうですが、さらに遡ると、
石森章太郎先生の『少年同盟』や『ミュータントサブ』等のマンガの映像化ということになります。

syounentankoubon.jpg

『少年同盟』は1962年に『少年』誌に連載されたバージョンと1967年に『朝日小学生新聞』に
連載されたバージョンがあり、この単行本は『朝日小学生新聞』版をまとめたものだそうです。
「少年少女たちが制服に身を包んで悪の組織と戦う」という構成はこの時期の少年マンガに
よくありましたが、そこに青年の変身ヒーローの要素を足して再構成した訳ですね。

syounezissya.jpg

少年同盟はちゃんとこうして『イナズマン』の前半では登場しましたが、話がだんだんとハード化し、
ついには『イナズマンF』と改題される後半ではオミットされてしまいました。
この作品の後半のハードさは今でもよく語り草になっていますが、少年同盟と協力するイナズマンの姿も
もっと見てみたかった気もします…。


rizingo3sides.jpg

今日、お見せしているミニカーはポピニカのライジンゴーです。イナズマンの愛車として
地を走り、空を飛ぶこのメカは、内部に犬の脳を内蔵しているという設定があるそうですが、
今だったら、愛護団体からクレームが来そうですね(笑)。

全長約10cmのこのミニカー、最初はルースを買った後に箱入りミントで手に入れましたが、
劇中の飛行形態のミニチュアを模型化しています。

raizingogasatu.jpg

ビデオから取った画像なので、若干画質は悪いですが、タイトルの最後に 
♪輝くイナズマ 平和の光♪というフレーズにのって、この飛行ライジンゴーが登場するシーンは
身震いするほどカッコ良かったし、このポピニカもこの時代にしてはけっこう頑張って
よく似せているミニカーだと思います。


raizinopen.jpg

ギミック的には口が開き、内部から二連でミサイルを発射する他に、下顎のヒゲ(?)も可動し、
さらに羽根が90℃曲げられるのと、助手席に玩具オリジナルの砲座が着けられますが、
それは今回オミットしています。

このポピニカのライジンゴーは当時大ヒットしたし、近年、イベントで限定再販されたこともあるので、
初版ミントにこだわらなければ、再販のないジョーカーよりは手に入れ易いんじゃないでしょうか?


このライジンゴーには、走行用車両もあり、そちらはキャラウィールでミニカー化されています。
charaizin.jpg


こちらはいすゞのベレット1600GT-Rがベース車だということにされていますが、
かなりの改造が成されているようなので、真相やいかに?

beretta1600.jpg

ちなみにこれがその、いすゞのベレット1600GT-Rですが、だいたいのボディーの形状は似てますね。
今となってはこの名車を改造するなんてトンデモナイという感が強いですが、
当時のことなので、きっとかなりのポンコツ車体を使ったんだろうと想像することにして、
その問題からは目をそらすことにしましょうか?(爆笑)。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用