FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


「負けじ魂親譲り」、なのかな?(笑)
machamerican.jpg


今日の御題はアメリカで『SpeedRacer』というタイトルで大人気を呼び、
ただ今、実写版も制作中という『マッハGoGoGo』です。
小さいサイズのオモチャで恐縮ですが、上の写真左のマッハ号も、
中央の覆面レーサーカーも、右の飛行メカもいつ見てもカッコいいですねぇ!
パッケージ中央の三船剛も、ややアメコミ風になってますが、イイ男です。

えっ、カッコ良くないし、メカにも全然見覚えがないって?
だいたい、キャラが全然違うし、ミッチィが金髪だからパチモンだろうって?

いいえ、トンデモない。レッキとした正規ライセンス品です。
ただし、日本制作版ではなく、その終了後、好評につきアチラで制作された新シリーズの!
実際には見たこと無いんですが、新シリーズでは何の説明もないまま、
キャラもメカもイキナリこう変わってしまうとのことです。
まぁ、キャラの方は、世界のモノは全てアメリカ製だと信じている
ヤツラのことだからこうなるのも解らんでもないですが、
このニヤケた顔で「負けじ魂親譲り」とか言われても苦笑するしかないし、
メカに至ってはもう絶句…。
元々出てこない飛行メカには比較の対象がないし、
覆面レーサーカーの方は面影あるからまだいいけど、マッハ号は全然別モンやんけ!
さすがにこの新シリーズはすぐにうち切られたそうですが、
これにGOサイン出した奴は、どこが魅力なのか全然解ってなかったんでしょうね(苦笑)。


ではお口直しに、今度はジョニーライトニング製のマッハ号シリーズをお目にかけましょう!
machjohnny4.jpg

さすがキャラクターミニカーで一世を風靡したジョニーライトニングです。
イカれた新シリーズじゃなくて、ちゃんとオリジナル版からピックアップし、
主役級の2台の他に、アクロバット族の車と悪魔のレースカーGRXを
ラインナップしてるのが凄すぎます。マッハ号のパッケージに書かれている三船剛も、
ちょっと黄色いサル顔になってるけど、上のアレよかなんぼかマシだし(笑)。
そういう顔に描いてるってことは日本人だと認めたようなものだから、
アメリカさんにしては上出来でしょう。たぶん、つうか間違いなく、
キャラの名前はアメリカ人のそれに変えて放送していたことだろうし…。

このジョニーライトニングのシリーズは好評につき「SpeedRacer2000」という
続きのラインナップが組まれ、更なる敵のレースカー数台と、
キャラクターがペイントされたバン等が発売されましたが、あいにく所有しておらず、
日本ではここまでのシリーズは出ていないので、いずれ手に入れたく思います。


以上、私のマッハ号コレクションでした!



と、ここで終わってはあんまりなんで、最後に大物を!(笑)
machmain.jpg


エーダイグリップのマッハ号の大サイズで、箱が無いため詳細は解りませんが、
いやゆるジャンボグリップのラインなんでしょうか?
サイズ的には1/36程度の大きめの標準スケールといった感じ。

mach3sides.jpg

20年前にルース状態で安価で手に入れ、完品を見つけるまでのつなぎと考えていたんですが、
アッという間に高騰してしまい、今では完品は下手したら20万オーバーの世界です(嘆)。

国内リメイク版も作られるほどの人気作品なんで、その時のバージョンの商品もあるし、
オリジナル版の方も、一番馴染みのあるアイテムである元はイマイが出していたプラモや、
ユニファイブの超真合金、キャラウィールでも発売されましたが、
なぜか標準スケールのダイキャスト製はこれだけだと思います。


machsoubi.jpg

このミニカーの最大の特徴は、マッハ号の特殊装備のうち、Cボタンの「カッター」が
ボディ裏のスライドを操作することで一瞬に飛び出すところです。
プラモにもこのノコは一応あったと思いますが、この「ジャキンッ」という操作感は
やはりダイキャストならでは! その他にタイヤ切り裂き装備も付いてますが、
これは確か劇中には無かったはずなので、ここにもコーギーのアストンマーチンDB5の
影響が認められますね…。

このエーダイのマッハ号、とても気に入っており、
ルースでギズモ号が欠けた状態のままでは可愛そうなので、
いずれ自作して取り付けようと思ってます。


スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用