FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


巨大な奴等がやって来る!
convoy.jpg

今日の御題は『コンボイ』です。今、日本でコンボイといえば
『トランスフォーマー』の司令官の方がメジャーですが、そっちではなく、
「18輪の大型トレーラーが100台もの船団(コンボイ)を組んで暴走する」、サム・ペキンパー監督の映画です。

この映画が日本公開された1978年当時、「コンボイ」は日本では馴染みのない言葉だったので、
すっかりこの映画のイメージと共に心に焼き付けられてしまいました。
ちょうど『トラック野郎』のブームに重なり、街を走るデコトラの美しさに目を奪われたりもしたんですが、
やはりトラックのデカさが違いますよね。
スピルバーグ監督『激突』の、あのモンスタートラックの驚異が再び登場したようなもので、
「巨大な奴等がやって来る、地響き立ててやって来る!」という感じの宣伝文句に違わぬ大迫力を
映画館でたっぷり堪能させてもらったものです。


convoy3sides.jpg

このミニカーはアーテルの「トラックス・オブ・ザ・ワールド」の1つで、全長16cm。
スケール表示は無いものの、他のアーテルのモノから考えても1/64程度と思われます。
ちゃんとフロントカバーが外れ、エンジンが再現してあるのも、この大きさならではでしょう…。
このシリーズの存在は全然知らなくて、このラバーダックトラックを見つけたときに、
ジョニーライトニングの劇中車シリーズみたいな「映画に出てくる有名トラックを集めたもの」で、
他にも、『激突』のや、『007/消されたライセンス』のがあったらいいなぁと思っていたんですが、
他に数個見つかった例から、残念ながら「有名トラックを集めた中にたまたま劇中車があった」ようでした。



hakoeura.jpg

パッケージイラストが楽しく、主人公の通称である「ラバーダック」もユーモラスに描かれています。
ちゃんとこのシンボルマーク、小さいながらもボンネット中央にも銀メッキで取り付けられていて、
このミニカーの価値を高めています。

そのうち、映画冒頭のように、ジャガーEタイプのオープンと競演させようと思ってますが、
ちょっと探した範囲ではトミカサイズのEタイプのオープンは見あたらないので、
食玩のブツを手に入れ、屋根を切ってカスタマイズしようかと思案中です。
古いプレイアート(のポケッター仕様)なら持ってるけど、さすがにそれをつぶすのは忍びないし(笑)。


スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用