FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


強烈! 忍者キャプター!!
captercarmain.jpg


今日の御題は複数方面で話題に上がったので、『忍者キャプター』のキャプターカーです。
『忍者キャプター』は東映の製作で原作も八手三郎という、今のスーパー戦隊シリーズと
同じスタッフによる作品で、強化服を着たチームが敵組織と戦うフォーマットも戦隊そのものなんですが、
『秘密戦隊ゴレンジャー』放送中に、その対抗番組としてTV東京(当時は東京12チャンネル)で
放送されているため、オトナの事情によりシリーズに入れてもらえない不幸な作品です。
戦隊シリーズに関しては、第一作の『秘密戦隊ゴレンジャー』と次の『ジャッカー電撃隊』が
石ノ森章太郎原作作品だったため、しばらくの間シリーズにカウントされない時期もあり、
原作者でくくるならこのキャプターこそ、シリーズの第一作と呼んでもいい存在なのですが、
キー局の違いはTV界では大きいため、当分この不遇状態は続くでしょう。


nc3sides.jpg

ポピニカの標準サイズのこのキャプターカー、最大の特徴は御覧の通り、
ウジャウジャと乗り込んでいる7人のフィギュアが付属するところです。
子供に女性、それから、潮建志氏扮する雷忍までという幅広い年齢層で構成されるのが
忍者キャプターの大きな特徴でしたが、
それだからこそ収録現場ではいろいろと大変で、リーダー役の伴大介(当時直弥)さんは
かなりの苦労があった旨、お話しされていました(笑)。
このショッカーマニアwみたいな付属フィギュアは約3cmという小ささですが、
ちゃんとバイザーの上のシンボルマークまで再現されているのは素晴らしいと思います。


このポピニカの素晴らしさはそれだけではなく、遊び心に富んだギミックが施されているところです。
プチ実況風に構成したので、本編と同じく納谷悟朗さんのナレーションを脳内再生して下さい!(笑)


忍者キャプターに強敵迫る! キャプターカーの秘密兵器、
フロントミサイルをぶっ放せ!

火忍「この武器で勝てるだろうか? もしもの時には…」
雷忍「あ~、タリィ~早く終わらねぇかな~。
   終わったらまたあの店で一杯w」


全員「発射っ~!」
misail.jpg




しかし、敵は手強い! こうなったら最後の武器だ!
火忍「弾こめ用意~!」
土忍「おーし」
雷忍「ええっ、ナっ、なんなんだァ?」

touteki.jpg



雷忍「なんてことしやがんダァ~!」

ドカ~~ン!!
雷忍の尊い犠牲により、悪は倒された。
ありがとう、雷忍、ありがとう潮さん。
これまで何回も収録に遅れてきたり、酔ッぱらったりラリったりして
さんざん迷惑をかけられたが、それももう懐かしい思い出だ。
あんたのことは忘れない、安らかに眠れ!
火忍キャプター7こと伴直弥は心の中でそうつぶやいたのだった…




え~、もちろん、この武器やナレーションは冗談ですので、
本気にしないように!(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用