FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


ヤフオク画像によりますとぉ~
ironsidemain.jpg

♪チャッ チャラッ チャ チャッ チャ~♪
というセンセーショナルなファンファーレと共に、エログロナンセンスなニュースの数々を
ひたすらオモシロオカシく伝えまくった伝説の番組『ウィークエンダー』から
早、ウン十年。司会の加藤義郎さんも今や亡く、チンチクリンのブスレポーターだった
泉ピン子が大女優として君臨する今日この頃ですが、
今日の御題はその『ウイークエンダー』ではなくて『鬼警部アイアンサイド』です(笑)。

長いマクラのわりに何の関係があるんだとお怒りの方もいらっしゃるかもしれませんが、
最初のファンファーレ、実はあれこそ『鬼警部アイアンサイド』のテーマ曲の一部なんですね。


quincy.jpg

「愛のコリーダ」の大ヒットでも知られるディスコやソウルミュージックの巨匠
クインシー・ジョーンズ作曲のこの曲は、『鬼警部アイアンサイド』という番組の印象が薄れ、
再放送も難しくなった今の日本のテレビ界では、ひょっとしたら、
「ウイークエンダーのファンファーレ」という印象の方が強くなってるかも知れません。


weekender.jpg

もっともその『ウイークエンダー』も、ナマだったし、ワースト番組常連で再放送はまず不可能で、
つまりこの曲は使われた二番組共に再放送困難という不幸な名曲になっているのです。
まぁでも、最近になって映画『キル・ビル』でも使用されたそうなんで、
今後は『キル・ビル』のファンファーレとして記憶されるのかも知れませんね(笑)。



Ironsidepeople.jpg

エログロ番組だった『ウイークエンダー』と違って、日本では、1969年から1975年まで
TBS系で放送された『鬼警部アイアンサイド』の方は、骨太の社会派刑事ドラマでした。
じゃあなぜこちらの再放送が困難かと言うと、上の写真でお解りのように、
主人公のアイアンサイドが悪人に狙撃され半身不随となり、
車椅子に乗った姿で登場するからなんです。

もちろんこの番組には障害者に対する差別意識なんかカケラも無く、
むしろ悪に屈せずハンディキャップにもめげずに、悪を追いつめるアイアンサイドと
その協力者たちの人間味あふれる姿を描いているのですが、
日本という国には、傷害のある人々の姿を積極的に人前に晒すべきではない
という風潮があるため、今後の地上波での再放送は難しいでしょう…。
平成に入ってからその圧力は強まる一方で、今の仮面ライダーが改造人間でなくなったのも、
理由の根っこは同じところにあるらしいという話も聞いたことがあります…。


ironside3sides.jpg

さて、このミニカーですが、コーギージュニアで全長6.6cmのトミカサイズです。
1969年頃に出た商品のようで、存在だけは昔から知っていたんですが、
実物は見たことがありませんでした。

というのも、このミニカーには大変凝ったギミックが用意されているんですが、
真面目に番組の設定に沿って作った結果、良くも悪しくも強烈な印象を持ってしまったのです。

いろいろ説明するより、実際に見てもらった方が早いので、
そのギミックの動きをgifアニメで再現してみましょう。
ironside.gif


もちろん、自動でこう動く訳ではなく、ドアの開閉は完全手動で、
車椅子がせり出してくるのは、側面にある黄色いレバーを操作することで動き、
最後のリストの上下動もまた完全手動です。

それにしても大変凝りまくったギミックで、フィギュアなんて後の黒人で
たったの16mmしかないのに、この細かい造形と塗りです。

これを当時与えられた子供がいたとしたら、どんな反応をしたことでしょうか?
さすがにこれを使って、子供が好きなミニカーをガチャガチャぶつける遊びをやることは、
はばかられたと思うんですよ。
だから、売れ行きもそれほどではなかったのか、今日見つけることは難しい一台です。
特に日本では、正規輸入はされたんでしょうかね~?
この通りのルース品ですが、手に入れるどころか実物を見るのも私は今回が初めてです。

ヤフオクで落としたんですが、「コーギーの古いミニカーセット」という感じで出品され、
何台かまとめたそれぞれの説明は無く、程度も良くなかったので、
1000円スタートで他に入札者もなくそのまま落札できました。

yafugazou.jpg

ヤフオク画像の左の写真でもはっきり解るこの車の特異な形(ワーゲンの改造という説アリ)を
憶えていて、なおかつ右の暗い裏板の写真から、見えにくい車名や後部扉が無事らしいことを、
それこそ親に隠れて『ウイークエンダー』の再現フィルムを見ていた時のように、
必死になって読みとった眼力の勝利ということにしておいて下さい(笑)。
(ホカニ コンナノ ダレモ ホシガラナイ ノカモ シレナイケド…)

スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用