FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


5個目は朱色のヒョウ?
20070908225228.jpg

今日のガムは朱色で、ジャガーEタイプのロードスターです。
映画では朱色のオープンですが、このミニカーは以前ハービーのソーンダイクスペシャルの際、
比較のためにチラっとお見せしたコーギーのヴィンテージ品です。
クローズドタイプだし、35年以上前の「初めてのミニカーたち」の一台なんで、
チップが多く見受けられますが、レストアが必要なほどボロボロでもないし、
これをリペ&改造するのはさすがに忍びないので、どうかこのままで御勘弁下さい。m(_ _)m
左のフェンダーミラーが無くなってたのだけは、放置できなったので補修してあります。

jaguer3sides.jpg

3面図はこちらで、さすがにコーギーの黄金期にふさわしい名作ミニカーだと思います。
ギミックの詳細は、こちら でどうぞ!


jaguer.jpg

この映画でのジャガーは、クジ運が悪く最後尾からのスタートとなったうえに、
エンジンがなかなか掛からないままずっと放置されてしまう可愛そうな車です。
疾走する場面は無いし、一番はっきり映るのがこのシーンなんで形式等は私には全く不明です。


coveropen.jpg

上の写真のように画面の背景でフロントカバーを開けてるシーンはあるんだけど、
惜しいかな角度的にそのカバーで隠れてしまってエンジンは見えませんでした。
Eタイプは6気筒から始まり、最後はV12エンジンを積むようになったので、
見えれば判断の手がかりになったんですが…。


20070908170819.jpg

ジャガーEタイプと言えば1960年代には大活躍した名車中の名車です。
ジャガーの誇る、265 馬力を発生する強力なXKエンジンに、
航空機設計を手がけてきた空力の専門家マルコム・セイヤーが設計した
流線型のボディをまとったその姿は、ほれぼれするほど美しいと同時に、
ノーマルの状態で時速240kmに達するという素晴らしい性能を誇りました。

その名車中の名車がどうしてこんな悲惨なことになったかというと、
実は制作者たちは、最初はジャガーに女性ドライバーを乗せるつもりだったのが、
どちらかといえばお色気担当の添え物であるその役割に、自社の車を使って欲しくない
ジャガー広報スタッフの反対を受けて、その役目はポルシェに変更になったんだそうです。

ジャガー側の干渉はそれだけでなく、ついには公道で暴走することにさえ難色を示したため、
とうとう「いつまでたってもエンジンがかからない」というギャグ要員になってしまったのでした。
イメージを大切にしようとしたジャガー広報部員の気持ちは解らないでもないですが、
そのあげくこうなってしまっては、「オーバーヒートに弱くてすぐに止まってしまう」という、
ジャガーに付き物の俗説を後押しするようなもので、全く余計なことをしたものです。
その広報社員、映画の完成後はかなり社内からの突き上げを喰ったんじゃないでしょうか?(笑)


と、この映画でのジャガーとポルシェに関しての因縁話を書いたところで、
またアメリカでのメインビジュアルを御覧下さい。
gumball_rallyearth.jpg

今度は背景に地球が描いてあるバージョン違いのイラストですが、
こういうイメージイラストは、映画製作のかなり早い時点で作られます。
酷い場合にはまだ何も決まってないウチに、プロデューサーが資金調達のために
デッチ上げることだってありますが、このイラストの場合は、主要キャストの顔は似てるので、
配役は決まってから描かれたようですね。でも衣装は全然違うから、
キャラクターのイメージや衣装が固まるよりは前でしょう(笑)。

前から3番目の女性が運転してるオレンジの車をじっくりと観察してみると、
その細長いボディがジャガーEタイプみたいに見えなくもないですよね? 
ということはやはりこの時点では、ジャガーに女を乗せて、
「女豹」にするつもりだったんじゃないでしょうか?
メスガエルじゃしまらないけど女豹ならカッコイイし(爆)。
(ジャガーと豹って、本当は違う動物なんですが、面倒なんでここでは混同しておきます)
でもよくよく見るとポルシェのカブリオレの後ろ側のガラスも見えるから、
どこかで修正が入ったのかなぁ……。

それからこのサイズで見ると、こっちでもロールスが混じってるのが解りますね。
ということは最初はロールスもレースに参加させるつもりだったんでしょうか?
それから、カワサキのバイクが2台描かれています(笑)。
カマロの得意技である増殖はカワサキが元祖だった訳ですが、
これはイラストレーターが無知なのか、日本メーカーの進出を茶化すつもりだったのか、
判断が分かれるところ…。事実、映画の最後に日本人を茶化すような描写も見られるし(笑)。


とまぁ、この辺で、朱色のガムも食べ終えるときが来たようです。
次回はまた新しいガムの味を楽しんでいただきましょう…。


スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用