FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


『サーキットの狼GP』池沢早人師(さとし)40周年記念イベント
およそ、10日振りの更新になります。
ちょうど先月末でスタートより1周年になったので、
リフレッシュのため、しばらくお休みさせて頂いてましたが、
この一年、この原稿を書いている時点で35236名のもの方々に御訪問いただいて
まことにありがとうござました。m(_ _)m
この一年の間に、劇中車のキャラクターミニカーに御理解いただけるミニカーブログとの交流も深まり、
数々の勝手連発動で、また一段と研究・理解が深まる結果を生んだことも喜ばしい限りです。

またゆるゆるとですが、キャラクターミニカーの同好の士が一人でも増えるように
ブログの更新を続けていくつもりですので、今後ともどうかよろしくおねがいします。m(_ _)m



さて、今回は1周年記念特別企画として、等ブログ始まって以来の現地取材もので、
5月5日に筑波サーキットで行われた「サーキットの狼GP」をお伝えしましょう。
ticket1.jpg
これは「コカコーラ・オールドナウ・カーフェスティバル」の一環として行われましたが、
『サーキットの狼』の作者、池沢早人師(さとし)先生のデビュー40周年を記念するイベントです。


ookamigp.jpg
最近も池沢先生はこのように『サーキットの狼』関係のイラストを描かれていて、
昔のような熱気は無いものの、洗練されたタッチのキャラクターの姿が新鮮な感じもします。


5月5日の筑波サーキットは曇り模様の天気でしたが、カンカン照りよりは、
いささかくだびれてきたギャラリーにとっても車にとってもいい天気だったと言えるかも知れません(笑)。

筑波サーキットの敷地内には懐かしの名車が勢揃いしていました。
blackporche.jpg
入場料の3000円を払って会場に入ると、すぐ右手にはポルシェの一団が止まっており、
356から911のナロー、ワイド、さらには写真のようなどっちかと言えば『湾岸ミッドナイト』に
出てきそうなチューン車まで勢揃いでした。


cosmo.jpg
その反対側にはコスモスポ-ツが10何台か集結しています。
マットビハイクルでお馴染みの白の他に赤い車体もあって、なかなか壮観でした。


しかし、肝心の『サーキットの狼』関連の車があまりありません。
ちょっとガッカリしたんですが、そこにはある罠が仕掛けられていました。
そうです、それらのスーパーカー群の全貌を見るには
さらに追加でパドックパスの代金1000円を払わなければならなかったのです。ヽ(`Д´)ノ

どうしようか考えたんですが、網越しにスーパーカーの大群をチラリと見せつけられては
このまま帰るわけにはいきません。

fbb.jpg
意を決して進入すると、いましたいました!
赤いフェラーリBBの横にはロータスヨーロッパ、後ろには黒いディーノ、
斜め後ろにはカウンタック、その横にはミウラと、もう一気にあの時代にタイムスリップです!
この写真には写ってませんが、他にウラッコ、ランチアストラトス、ポルシェ935、928等もありました。


yellocountach.jpg
子供の日だったんで、お子さんに限りコックピットに乗って記念撮影OKという
カウンタックLP400の撮影コーナーもありました。


lotus.jpg
ロータスが集結してるエリアもあり、いろんなタイプのヨーロッパが多かったですが、
この写真のようになぜかポルシェカレラや、中央のはエランのレース用でしょうか?
詳しい方フォロー下さい。m(_ _)m  それからスーパー7もいましたね~。


tukuba2000gts.jpg
トヨタ2000GTが集結してるエリアもあり、いろんな仕様の前期型と後期型の他に、
今や稀少な1600GTもあったりして、この車が国産車では一番好きな私としては大興奮です。


この他に最近のフェラーリが集まってるエリアもあったんですが、
大好きなF40が一台もいなかったので写真撮ってません(笑)。



さて、大興奮しつつスーパーカーの間をうろついている間に、
いよいよ「サーキットの狼GP」のスタートの時間です。
start.jpg
池沢先生の乗る吹雪裕也仕様ロータス・ヨーロッパに早瀬左近仕様のポルシェ・カレラ、
そして色は違うけど沖田の愛車だったディーノがスターティング・グリッドに並び、その後ろには
フェラーリBBにカウンタック、ウラッコ、ランチアストラトス等々がひしめき合う様子は圧巻です。


race2.jpg
あくまでもエキシビジョンなんで余裕を持った走りでしたが、
これだけのスーパーカーが筑波サーキットを走るなんて、まさに『サーキットの狼』劇中の
Aライ模擬レースか、謎のカウンタック撃滅チーム選抜サーキットランの再現です。



race3.jpg
コントロールタワー直前の一番スピードの乗る直線を突っ走る、トヨタ2000GT、フェラーリBB、
ロータスヨーロッパ、そしてポルシェ・カレラのスーパーカーたち。
パドックエリア内に集まっているのはロータスチームの面々で、
フロントの脇からウイングが出てるレース仕様のヨーロッパもいますね。


race5.jpg
選抜サーキットランの際に京極さくらが乗ったのと同じポルシェ928が快調に飛ばしてます。
あの車の色はよく解らないんで、このメタリックブルーだったということにしておきましょう(笑)。


ということで、ここで今日の御題の登場で、京極さくらの乗るポルシェ928です。
928main.jpg

たまたま私が持っていたミニカーがこの日の出走車と同じ色だったので、これを御題にしました(笑)。

sakurak.jpg
京極さくらは選抜サーキットランや日光レースで活躍したキャラクターで、最初は引用した
集英社ジャンプコミックス18巻P112のコマのように強面のアネゴ肌の女性として登場しますが、
だんだんと女っぽくなり、日光レースでは「自分を負かしたオトコとなら…」みたいな
乙女心を覗かせるようになっています(笑)。

928threesids.jpg
このミニカーはブラーゴの1/43の標準スケールで、全長約10.6cm。
国内定価350円程度の廉価な品ですが、ヘッドライトにはちゃんと透明パーツを埋め込んであります。
ここが塗装のみだとかなりカッコ悪くなるんで、そのあたりさすが「解ってる」って感じですね!


ikezawa.jpg
レースは最後はオヤクソク通り、吹雪裕也に扮した池沢先生が1位となり、
先生は剣・フェラーリのようにウハウハ顔で美しいレースクィーンからの花束を受け取ってました(笑)。

4000円の出費は痛かったけど、この日の筑波サーキットは『サーキットの狼』のファンにとっては
夢のような、心から満足できる一日でした。












スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用