FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


ミッチーとコタンバのラブラブ大作戦!
heartbuggymain.jpg
ジャッカー電撃隊の3回目はハートクインのハートバギーを取り上げましょう。
3回目ともなると、あまり熱心に見てなかった身としてはそろそろ語るネタも尽きて来るんですが、
紅一点のミッチー・ラブについてチョコチョコと(笑)。

前回の「テコ入れ」のところで少し書きましたが、『ジャッカー電撃隊』の終盤では
スペードエースとハートクインの恋愛感情が大きくフィーチャーされます。
スーパー戦隊では「生身の人間が強化服を着て戦う」ことが普通のフォーマットですが、
ジャッカーの初期メンバーは「4人のサイボーグ」と主題歌で歌われている通り、改造人間です。
ビッグワンに関してはよく解りませんが、まぁあれは「宮内パワー」ということで
納得するしかないんじゃないでしょうか? そもそも原子力・電力・磁力・重力の4大パワーを
合わせ持つなんて、つまりは「いつでも一人ジャッカーコバック」状態なんだから、
そんなアブナイもの、人間の科学力では制御は不可能です(爆笑)。

「サイボーグ同士の恋愛」というと、『サイボーグ009』でも『仮面ライダー』でも語られてきた
石ノ森先生得意のモチーフな訳ですが、総じてアンハッピーな展開が待っています。
しかしこの『ジャッカー電撃隊』では希望を持たせた展開のまま終了しており、このあたりは
『サイボーグ009』の移民編で語られた「ジョーとフランソワーズの子孫」を思い起こさせました。

2603060593.jpg
こういう一人の女性と誠実に愛を育てていくというしっとりとした芝居では、
地味な二枚目である丹波息子の義隆がいい味を出してましたね。
このDVD第3巻のジャケット写真でもよく解る、かなり外人顔のミッチー・ラブの相手としては
キザで華麗な宮内洋の方が釣り合いそうなものですが、
彼にはああいう芝居はきっと無理、もとい似合わなかったでしょう(爆笑)。


heartbuggy3sides.jpg
このミニカーはポピニカの標準スケールで、全長約9.7 cmです。このハートバギーのベース車は
ミニモークということなんで、当ブログで紹介済みのサンドバルカン以前に、
すでにこのクルマが戦隊シリーズにに使われていたんですね~。
同じクルマということで、マッハロッド・マッハコンドル・ズバッカーの時みたいに
この2台の関連を考えると、『ジャッカー』が77年なのに対し『サンバルカン』は81年と
年代的にもけっこう開きがあるし、後になるサンドバルカンの方がかなり原型を留めていたので、
サンドバルカンはハートバギーの流用ではなく、それぞれ別の車体から改造されたと思われます。

karenandbuggy.jpg
実車の写真はこちらで、朝日ソノラマ刊の旧『宇宙船』7号からの複写なんで喉元が若干ボケていて
恐縮ですが、ジャケ写の写真とも見比べてみると、このポピニカは忠実なスケールモデルってよりは
かなりディフォルメを効かせた作りになっているようです。
コノ シャシンハ、 ベ、ベツニ、カレンタンノ オミアシガ メアテジャ ナインダカラ ネッ (;´Д`A ```

heartenzine.jpg
このミニカーにもちゃんとハートクイーンのフィギュアが乗ってますが、他の2台ではプラもしくは
ソフビ素材が使われていたのに、なぜかこちらは両手ボヨヨンの消しゴム素材です。
しかも全くの無塗装だったので、簡単に頭を中心に色塗っちゃいました(笑)。
ギミック的には天井のフードが外れ、エンジンカバーが開閉可能です。
カバーが開いた状態で固定できなかったんで、上の実車の写真みたいに
変身後の御本人に座って支えてもらったら、フィギュアの塗装がはげちゃったけど(゚ε゚)キニシナイ!!
それからボンネットのグリルを前に倒すことができ、
奥に格納されたミサイルはシフトレバーを押すと発射する仕組みになっています。
いや~、ずっとこのギミック使ってなかったんで完全に忘れてました(笑)。


搭乗フィギュアと言えば、スペードマシーンのスペードエースに小さいのと大きいのがあるようです。
NET上であのミニカーを取り上げている時「フィギュアに対しクルマがオーバースケール」という説明を
してあるのをよく見かけたんですが、前回ウチで取り上げた個体では特にそう感じません。
写真を見比べても微妙な違いなんで「アングルで違って見えるのかも知れない」と思っていたところ、
今回、どどまいやさんの追撃企画でウチと同じようなアングルの写真を載せて下さったんですよ。

見比べてみると一目瞭然。どどまいやさん所有のブツのフィギュアは明らかにウチのより小さいです。
ほとんどのミニカーを複数個所有するブルジョワコレクターとして有名などどまいやさんは、
スペードマシーンも複数お持ちで綿密に比較して下さるとのことなんで、
+(0゚・∀・) + ワクテカ +で続報を待ちましょう! 

スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用