FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


デスラー艦とガミラス艦隊
deathlershipmain.jpg

『宇宙戦艦ヤマト』シリーズは、古代進を始めとする地球側の人々の物語ですが、
同時に地球侵略を狙う様々な異星人の物語でもあります。
中でもデスラーを始めとするガミラス人は第2の主役と言ってもいいほどで、
全シリーズ中、『ヤマトよ永遠に』を除く5つの物語に登場してきます。

ガミラスの総統デスラーは第1シリーズではただひたすら強大な敵でした。
地球に遊星爆弾による爆撃という壊滅的なダメージを与えた攻撃をしてきながら、
決して極悪人ではなかったデスラーは、名前からしてデス+ヒットラーで、
冥界の主を思わせる青い顔色とも相まって凄さの極みでした。
なお「デスラー」という名前に関して、最近、松本零士が「『ラー』は太陽神ラーで、
ヒットラーとは無関係」という意味の発言をしているようですが、
帝国を率い、「総統」と呼ばれ、恐怖政治をしく人物として描かれるデスラーのことを
そういう風に言いつくろうことがナンセンスで、その明かな保身的発言には呆れます。
もし最初からそのつもりだったならまた違った描き方をしていたはずだし……。

yamato1destroerup.jpg
この最初期のガミラスの軍勢では、シリーズ1の開巻時の冥王星会戦で
沖田艦長に「奴らにはこの船では勝てない」と言わしめたデストロイヤーが印象的ですね。
緑の魚のような外観で大小いくつかのタイプがあるらしいあの船は、
いかにも異星の戦闘艦という感じがして不気味でした。

gamilusdestroyers.jpg
これはポピーの「スペースコレクション」のとメガハウスの食玩「コスモフリートコレクション」のを使って
大小2タイプのデストロイヤーを表現してみたものです。
ポピーのは例によってメカコレと同型なんですが、そのせいで巨大なことになってます。
まぁ、劇中で言ってた「超ド級」に相当するんでしょう(笑)。
メガハウスのはスタンドが凝っていて、スペック等が白抜きで書いてあったり、
自由に角度が調整できるのがいいですね。ヽ(´ー`)ノ
他のシリーズよりは一回り小さいんですが、デストロイヤーの場合はそれも可です(笑)。



domerukantai.jpg
その次はやはり21話の七色星団でのドメルとの決戦時の、第一第二第三空母&戦闘空母で、
これに形は平凡な円盤型ですがあの瞬間物質輸送機を備えたドメラーズⅡ世が
加わった艦隊との決戦は第一シリーズ最大の激戦でした。
ちなみにガミラスの三段空母は、日本の赤城にヒントを得たような形をしており、
それとヤマトが戦うというのは実は皮肉な話なんですが、それを差し引いても血涌き肉踊りますね。
sentousandankubo.jpg
戦闘空母は「スペースコレクション」、それで出なかった三段空母はメカコレです。
戦闘空母はデスラー砲付きタイプですが、スペコレを改造するのはナンギなんで(゚ε゚)キニシナイ!!(w
三段空母は複数買いで三色揃えるつもりが、一個作ってその困難さに他の色は放置中…_| ̄|○
メカコレってモノによっては細かすぎて、組み立てるのは至難の業なんですよねぇ…。

さて、ヤマトにガミラスを滅ぼされたデスラーはシリーズ2で復活しますが、
「さらヤマ」の落武者的彼より、「ヤマト2」の誇りを失っていない彼の方が好きな人は多いでしょう。
そう、「ヤマト2」のデスラーは、小規模ながらもちゃんとした艦隊を率い、
しかもそれは補充が効く状態なんですよね。シリーズ1のドメル艦隊との決戦の時に
各方面から艦隊が集結してくる様子が描かれますが、確かにヤマトは本星は滅ぼしたけども、
前線基地のほとんどは手つかずで残っている訳で、そこを思い出したスタッフに拍手を送りたいです。
これにより「新たなる」以降でのデスラーの活躍を描くことが可能になった訳なんで、
実に素晴らしい発想の転換でした。ヽ(´ー`)ノ

yamato2gamiruskantai1.jpg
シリーズ2では「私の心は遙かに地球人類に近い」と白色彗星の弱点をヤマトに教え去っていった
デスラーでしたが、同時に白色彗星大帝スォーダーのことは尊敬してるようで、
彼から贈られた物質瞬間輸送機付きの新型デスラー艦をその後も使っています。
しかもシリーズ2で一旦破棄してから後再建造したらしく、「完結編」でもまた乗っていますから、
よほどあの艦がお気に入りだったんでしょうね…。
もっとも単に「完結編」スタッフが「ヤマトⅢ」を見てなかったんじゃないか、つう話もありますが(爆

deathler3sides.jpg
今回、TOPにお見せしてるのも、ポピーの「スペースコレクション」の新型デスラー艦です。
仕様は他のと同じで、全長約13cmのプラ製ですが、内部に重りを内蔵し重量感を演出してます。 


aratabigamirus.jpg
「新たなる旅立ち」では、デストロイヤーに三段空母、それから細部がちょっと違う戦闘空母も
デスラー砲を装備して仮のデスラー艦として使われたので印象深いです。これは宇宙空間なんで
デスラー艦を新造することはできなかったための応急処置という説が有力ですが、
実は「ヤマト2」の撤退シーンに戦闘空母はいませんでした。
でもそれも、また他の星の残存勢力を呼び寄せたとすれば辻褄は合うから(゚ε゚)キニシナイ!!

hiperdeathrer.jpg
デスラーの軍勢が最も充実していたのは「ヤマトⅢ」のガルマン・ガミラスの時でしょうね。
従来の艦船の拡大再生産タイプと、パイパーデスラー砲を装備した超デスラー艦(私命名w)を
始めとする板橋デザイン全開の新規艦船が入り乱れた豪華布陣で、
ボラー連邦の被植民地を解放して1年にしてはずいぶん大規模の帝国と艦隊を組織したものですが、
まぁたぶん、各地の残存艦隊の名将に招集をかけ、一般兵士以下をガルマンの兵隊で固めたんだと
理解しておきましょう。何せヤマトの世界では「一航海すれば一人前になる」そうなんで、
それできっとダイジョブヽ(´ー`)ノ

いかにこのガルマン・ガミラス軍が優秀かと言うと、ガイデル提督なんかヤマトに
戦闘で勝利を収めてますからね~。もっとも古代が負傷中の艦長抜きのヤマトだったし、
大型宇宙要塞の中に囚われた時点でデスラーの知るところとなり戦闘は終了してるんで、
完全な敗北とは言えませんけどね。
もしあのまま戦闘を続行してたら、古代の回復を待ち突入部隊を組織して、
要塞を内部から攻略しようとしたろうし、そうなったときのヤマトの強さは
あの白色彗星都市を破壊したくらいなんで、それに比べたら遙かに小規模の
ガルマンガミラスの宇宙要塞なんか恐れるに足らずでしょう…。

ガルマンガミラス軍はデザインがあまり好きじゃないので模型はパスさせて下さい。m(_ _)m
ガルマンウルフは好きなんだけどメカコレになってないんですよねぇ……。


kanketugamirus.jpg
この時の大軍勢もまた、わずか一年後の『完結編』ではアクエリアスの大接近により
水没・壊滅してしまう訳ですが、デスラー自身は「辺境を視察中」とやらで無事でした。
そして地球の危機を知り、助太刀にやってくるんですが、その時の艦隊が
シリーズ2の新型デスラー艦の同型艦、および多数のデストロイヤー級という編成だったんで、
デスラーは本来は使い慣れた装備を好む性格で、
辺境の視察という任務だからこそ、こういう小編成の精兵部隊だったものと考えられます。
ということは新型デスラー艦は白色彗星は製造を担当しただけで、
設計はガミラス側によるものだったと考えるのが自然でしょうね。
白色彗星はそのオリジンから言ってもワープを多用する都市帝国には見えないし、
デスラーが物質瞬間輸送機の技術を提供し、それで白色彗星側はメダルーザを作り、
彗星を改造し、その見返りとして形式的には対等の同盟を結び、
新型デスラー艦を製作してもらったんじゃないでしょうか? 
そうでもないといくら友情を感じたからとは言え、あの尊大の権化のようなズォーダーが
踏みつぶさない訳がありませんから(笑)。
白色彗星が土星周辺までいきなり小ワープしてきたのは、新しいオモチャを取り付けての
テストだったんじゃないでしょうか? そのせいで地球艦隊は巻き添えを食って
半数以上が壊滅する訳だからずいぶんと物騒なオモチャですが(苦笑)。

新型デスラー艦とデストロイヤー級からなる艦隊でディンギル軍を蹴散らし、
ヤマトの宇宙の海への水没を見届けたデスラーは
また去っていったと思われますが、ガルマン・ガミラス本星は残っている訳だから、
水が引いた後にまた復興へ向けて躍進を始めたことでしょう。
『ヤマトⅢ』の最後のベムラーゼ艦隊への大勝利から考えて、ボラー連邦の勢力範囲も
支配下に置いたと考えるのが自然ですから、資材も豊富にあるだろうし、
あれから20年くらい経った今度の「復活編」に出てくるとしたら、
また広大なガルマン・ガミラス帝国を構築してるに違いありません。
ひょっとしたら今度こそ、本来「ヤマトⅢ」の後半に出てくる予定だった
アメリカを模したゼニー合衆国との抗争に明け暮れているかもしれませんが、
まぁ、元気なのは間違いないでしょう。

nisizaki.jpg
なにせデスラーは西崎プロデューサーの化身です。
あの人のやることなすこと、デスラーそのママなんですから、
そういうキャラを西崎さんが活躍させない訳はないじゃないですか!ヽ(´ー`)ノ


では最後に、スペースコレクションの戦闘空母、メカコレの三段空母、
食玩のデストロイヤー等を使ったガミラス艦隊をお見せします。
gamiluskantai.jpg
大きいのでクリックして御覧下さい。

さて、以上、カケ足でデスラーとガミラス艦のあらましを紹介しました
紹介物件も5体で通常の五倍のボリュームなんで、一回お休みさせてもらって、
次回更新は8月3日(頃)の予定です。

スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用