FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


V3のマシン、ハリケーン!
harricanemain.jpg
サイクロンという、もうほぼ完成体に近いヒーローバイクをそのスタート時点で
作り上げてしまった仮面ライダーでしたが、撮影都合による改造サイクロンという簡略化を経て、
新サイクロンという新たな究極体へとたどり着きました。
メカだけでなくライダー自体の意匠も基本イメージはそのままに完成度を増していき、
新一号という洗練の極みとも言うべきスタイルに到達したのですから、その続編となると
どういう展開を見せるのか、興味津々だったところへ登場したのが仮面ライダーV3です。
この番組は1973年2月から1年間の放送ですが、正直、写真の初見の印象は「カッコ悪い…」でした。
頭と身体の中央に走るジャバラ模様がダンプか何かに引かれた跡にしか見えず、
「なんだこの礫死体」としか思わなかったのです(爆笑)。
放送第一話も1号2号は文句無しにカッコイイんですが、V3は最後にチョット出てくるだけで、
しかもフラフラしてるもんで失望しましたが、2話以降、彼が主役となって
バシバシ動き出すとアラ不思議! 宮内洋さんのいささかオーバー気味の掛け声とも相まって、
断然カッコ良く見えてきたではないですか(・∀・)!

そのV3のマシンがハリケーンで、サイクロンと同じく熱帯低気圧から取った名前ですね。
新サイクロンに比べ直線主体になったデザインは石森章太郎先生のラフ画を元に
スズキのデザイナー斉藤勝彦氏がまとめたものだそうです。
旧サイクロンが石森デザインに忠実に作ろうとしていろいろ無理が生じ、
リファインの連続だっただけに、最初からオートバイのプロに頼むというのは実に合理的ですね。
撮影用のベースマシンはスズキのモトクロッサーTM250で、制作時期から考えて
実際に使われたのは1972年型以前になりますが、バイクアクション担当だった室町氏の
手持ちの古いバイクを使わざるを得なかった旧サイクロンと違って、
ちゃんと最初からスズキの協力が得られてるから72年型でしょうか?

1972_TM250.jpg
これがそのカタログ写真ですが、前作のハスラー以上に軽量な車体で、
取り回しがより容易になったようです。

hurricanewhiteblack.jpg
撮影用には少なくとも2台のマシーンが用意され、
フロントカウルの下の塗装が、黒い(左)か、白い(右)かで区別できます。

kazamibike.jpg
風見が変身前に乗っているのはGT750という水冷2サイクル3気筒の大型車で、
変身すると小型化するってのも伝統ですな(笑)。

harricane3sides.jpg
お見せしてるのはポピニカのハリケーンです。ポピニカには1~3期があって、
73年発売の1~2期はホイールが金属だったり風車がちゃんと塗られてるという利点はあるんですが、
ソフビ製の人形がカッコワルイ致命的欠点があるんで78年発売の3期を選び(笑)、
これも1980年頃、新品で定価程度で手に入れました。
全長約9.5cmでメインフレームはダイキャスト製、ホイールはプラに銀メッキの3期は
この通り人形は細身のPVC樹脂製で、この時代にしてはかなりカッコイイです。

実車の話に戻れば、このハリケーンには速度によってフロントの風車の色が変わったりする小技や、
10時間の飛行も可能という大業も設定されてましたが、やっぱいろいろ大変だったのか
あまりそういう設定は使われなくなり、もっぱら乗用や、V3ナントカキックの踏み台に使われたりの
悲惨な状況になってましたが(笑)、それでもサイクロンに次ぐ人気マシーンの座は不動でしょうね! 
あ、nextのあれは無視の方向で(爆
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用