FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


アイタ、ペアペア!
ridermanmain.jpg
前回の更新からまだ6日ですが、このままだと1月は3回だけになっちゃうので、
1日繰り上げで1月最後の日にもう一つエントリーをお届けします。
前回、仮面ライダーV3を取り上げたからには、その相方のライダーマンも
続けて取り上げねばならないでしょうから好都合ですね(笑)。

『仮面ライダーV3』最終クール強化策で登場した彼は、登場前から少年誌でイラストが発表され
前人気を煽るという、まさに平成作品でも2号ライダー登場時にやる手法のパイオニアです。
younensigurabia.jpg
青いヘルメットのライダーは初めてだったため、そのスマートなスタイルと共に大いに期待し、
山口暁氏がそのイラスト通りのスマートな体形で演じてくれたために格好では何の違和感もなかった
ライダーマンでしたが、当初はV3と敵対する展開にはいささか面食らいました。
V3より弱いのもマイナス評価ではあったけど、右手のアタッチメントを交換して戦うそのギミックは、
弱さをカバーするに充分な魅力だったし、『怪獣VOW』でも揶揄されていたドリルアームの
「電源がない!」事件も、サスペンスを盛り上げる作劇作法として理解できなくもありません(笑)。

ridermanmachinestill.jpg
そのライダーマンの乗るバイクも外見上はただのオートバイですが、原子力エンジン装備だの、
シートの下にライダーマンのヘルメットが内蔵されているなんていう設定は作ってあって、
マスク取り出しは実際にそうやって変身したこともあったようですが、
エンジンの方はフツーに走ってたんでよく解らないし、マスクも虚空でポーズを取れば出現する方が
多かったんであまり設定が活かされていた感じはしませんでした。
それでもハリケーンに乗ったV3と併走するシーンは1号2号のそれとはまた違った魅力があり、
やっぱバイクに乗る仮面ライダーの姿はカッコ(・∀・)イイ! と素直に思える画面でしたね。

さて、そんなビミョーなライダーマンマシーンだけに、商品化にも恵まれず、
私は一時は市販の普通のバイクのミニカーにフルスクラッチしたフィギュアを乗せてラインナップに
加えていましたが(笑)、ここの10年程の間にチラホラ市販アイテムも登場するようになりました。
riderman3sides.jpg
お見せしているのはバンダイの食玩のザ・ライダーマシン4です。

ridermachine4.jpg
このシリーズは毎回5台ぐらいずつ、ポピニカとほぼ同サイズで
プラ素材の出来の良いライダーマシンを多数出してくれた非常に有り難いシリーズでしたが、
その4にもならないとライダーマンマシーンの順番が回ってこないあたりに、その立ち位置が
正直に出てますね(苦笑)。全長約8.5cmのバイクは硬質プラ(フィギュアはソフビ)製で、
スズキハスラーTS-250-4を手堅くモデル化してます。

さて、物語終盤で日本を狙うプルトンミサイルの進路を自ら乗り込み操作して変えることに成功した
ライダーマンでしたが、その爆発と共に大空に消え、映画『五人ライダー対キングダーク』で
タヒチから帰還するまでは生死不明でした。ではその間何をしていたかですが、これには諸説あり、
平山亨さんは「宇宙を漂っていたところを1号&2号ライダーに救われ、全身強化改造手術を受けた」
という説を発表されています。
この説だと元設定では「右腕のアタッチメントの他は生身の人間で戦闘力は低い」だったのに、
復帰後は怪人をキックで倒せる程強くなっていた事も説明が付くので、
これを定説とするマニアが多かった訳ですが、これとは別に最近人気を呼んだのが
村枝賢一著『仮面ライダーSPIRITS』の「右腕の記憶」というエピソードです。
aitapeapea.jpg(講談社『マガジンZ』掲載時カラーの引用)
これはタヒチの海岸に記憶を失い流れ着いた結城が、島の少女ヒナウの暖かい心と島の人たちの
「アイタ・ペアペア」(細かいことは気にしない)という気楽な生き方に心癒され、
そのまま一人の人間として暮らそうとするんですが、島を襲った強化ヨロイ元帥との戦いに
否応なしに巻き込まれてしまうというストーリーで、いかにも頭脳明晰な結城らしい、
敵の弱点を執拗に突いて絶対的な戦力差を一発逆転するという痛快な戦い方が無性に格好良く、
この説もぜひ定説として採用したくなった人も多いことでしょう。

だったらオイシイトコ取りで、意識のない瀕死の結城を収容したダブルライダーは、
そのままでは死んでしまうのでやむなく強化改造し、意識は戻らないものの
もはや危険のない状態まで回復したので、リハビリも兼ねてタヒチに送り届けた、
とでも解釈しておきますかね?
多少、矛盾はあるかもしれないけど、なぁにアイタ・ペアペア!(爆)
スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用