キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊ちゃまのソアラ
一時に較べたらずいぶんと余震も治まり、原発も一進一退を続ける状態で
国会中継を見るたびに、当初の公式発言とは違うことを主張し、責任逃れに終始してる
ミンス内閣には心底ハラが立ちますが、怒ってばかりいても精神的によくないので、
ようやく今月2回目の更新をする気になりました。

soaramain.jpg
という訳で、今日は「土曜ワイド劇場」シリーズの2回目です。
正式には違うシリーズなんですが、ま、2時間枠の推理ものとして同じ括りで(笑)。

推理ものに欠かせないのが名探偵ですが、「日本の三大名探偵」を考えてみたとき、
明智小五郎・金田一耕助までは異論の無いところでしょうが、3人目となると
なかなか意見が絞れないんじゃないかと思います。

昔は高木彬光が創作した神津恭介が最有力候補でしたが、推理モノを楽しむ媒体が、
小説よりも映像に移ってしまった今となっては、映像化が多くない神津はかなり不利です。
041412253306780010583_s.jpg
多くないと言っても、1983~1992年には近藤正臣主演で11本、1997年と2002年には
村上弘明にバトンタッチして2本作られているので、決して少なくもないんですが、
ここ10年ばかり、何故か新作が作られないので影が薄くなってるの事実です…。

その神津の映像化における沈黙の間を縫うようにして、続々と映像化され、
今やすっかり名探偵として有名になってしまったのが、今回の主役、浅見光彦です。
内田康夫が創作した浅見光彦シリーズは、推理小説としての出来映えはともかくも(笑)、
シリーズ映像化に適したフォーマットを持っています。光彦の家族との触れ合い、
旅先で事件に巻き込まれること、一旦犯人と疑われるオヤクソク、
奇抜なトリックよりも状況が生んだ悲しい犯人の事情が事件のカギなこと、等々、
とてもドラマにしやすく、難しいことを考えなくても見ていられる展開の塊、
というより、2時間ドラマ視聴者の主流である主婦層を狙ったマーケッティングの成果
なんじゃないかと思えるほどです(苦笑)。内田センセは小説家になる前は
コピーライターをやったり、テレビCM制作会社を経営したりしてたそうだし…。

主役の光彦のキャラにしても、名家の次男坊でハンサムなのに独身の「永遠の33歳」。
警察庁の刑事局長の地位にある兄が継いだ実家に居候で、精神的に肩身の狭い思いをし、
母からはいつもハッパをかけられるも、仕事も女性関係もイマイチ積極になれないという、
今どきの女性が好みそうな草食系男子そのもので、このキャラ立てが上手かったから
ここまで(女性)人気を得ることができたんでしょう(笑)。

一方の神津は、近藤や村上が演じた程なんで、ハンサムな点では引けを取らないんですが、
頭脳明晰、口調も辛辣、態度も冷徹と、光彦とは正反対で、
男性推理ファンならその推理の冴え、頭の切れを最重要視するところですが、
女性はそうでもないようなんで、この今日の人気の差が出ちゃったのかも知れません…。
ビッグ2である明智と金田一にしたって、今日では金田一の方が圧倒的に映像化の機会は
多いので、いつの日にか、明智小五郎がその座を滑り落ちないとも限りません。

tenkawa.jpg
映像化された浅見光彦シリーズは各局に渡ってますが、もっとも正統的なシリーズは
初映画化の『天河伝説殺人事件』(1991)以来、原作者が惚れ込んだ榎木孝明を主役にし、
彼が年を取りすぎてからは中村俊介に交代したフジテレビ版でしょう。
このシリーズの上手いところは、主役交代後も榎木さんを兄の陽一郎役として
残したことで、光彦役の配役にはうるさく、日本テレビの水谷豊版を
「イメージに合わない」と中止させたことすらある原作者も、この措置には納得、
というよりそれを条件で中村への交代を認めたそうですが、なぜここまで内田センセが
榎木にこだわるかは、本人と人相的に同じタイプの顔だからじゃないかと私は思ってます。
同タイプでもセンセは榎木さんほどハンサムじゃなく、三遊亭小遊三に近いお顔ですが(笑)、
21399.gif
こういう写真も撮ってらっしゃるあたり、光彦を自己の分身として
お考えなのは間違いないので、自分の顔立ちに近い榎木さんが理想なんだろうなぁ…。

また榎木さんが陽一郎を演じたことで思わぬ利点もあって、これまでこの役を演じた
西岡徳馬や村井国夫(TBS版)等が、威厳のある役作りだったのに対し、
頭の切れる冷徹なエリート官僚としての側面を強調した感じで演じ、
ちょうどそれが神津恭介のイメージと重なるのですよ。
原作者オキニの榎木さんなんで、他の陽一郎より出番も多く、最新作の『棄霊島』では
光彦と共同戦線を張っていろいろと活躍してくれたりもしたので、
まるで神津恭介と浅見光彦が共演してるみたいな感じもしました。ヽ(´ー`)ノ

このお坊ちゃま探偵である浅見光彦が乗っているクルマがソアラです。
これは原作でそう記述されており、どうも最初は2代目のZ20型で、
光彦は長期ローンでやっとこさ買ったのに、内田センセのヘマで廃車の憂き目に会い、
彼の手配で3代目のZ30型を手に入れるんですが、弁償してもらった訳ではなく、
またしてもローン地獄に陥ったようです(笑)。まぁ単にこの辺のクルマを内田センセが
リアルで乗ってたからこの選択になったんだと思いますが、その後のZ40型は
お気に召さなかったらしく、買い換えたという事実は無いようです。

映像では、榎木版では映画の『天河伝説殺人事件』ではなぜかジャガーに乗ってましたが
内田センセが激怒したので、以降変更は御法度となり
TVでは第1作の『伊香保殺人事件』(1995年)以降、ずっとZ30に乗っていて、
第40作を数える最新作でも、その白い車体は健在でした。
SOARA.jpg
でも少なくとも17年ということは、それそろポンコもといヴィンテージカーになる訳で、
この先あと何年、光彦がこのソアラに乗り続けるのかも楽しみになってきました(笑)。

soara3sides.jpg
お見せしているミニカーはヤフオクで980円だったので落としたモノで、
全長約11.2cmのダイキャスト製。印刷の無いブリスターパックに入っていたし、
裏版にNOREVと刻印があるので、何か「日本の名車」って感じの
書店販売のバインダー式のシリーズのモノだと思われますが詳細不明です(笑)。



では今日は最後に映画『天河伝説殺人事件』の主題歌で、私も当時から大好きだった
中森明菜の「二人静」をお聞きいただいて、終わりにしたいと思います。
嗚呼、この頃の明菜の歌は荒んだ心に浸み入るなぁ……(つД`)

スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

花は咲く 春が来れば この地が続く限り!
みなさま、おひさしぶりです。2007年の4月末に、本当は5月1日から始めるつもりが
手違いでスタートしたので公式には5月1日を開始日とする当ブログなんですが(笑)、
昨日でめでたく丸4年を迎えました。
本来ならその前後を盛り上げようと、プラニングまでしてあったんですが、
東日本大震災でミニカーコレクションが大被害を受け、それどころではなくなったのは
更新停止日に報告させていただいたとおりですが、更新停止のお知らせに
コメントをお寄せ下さった方には心から感謝いたします。

記念日なので久しぶりに更新する気になったんですが、
幸か不幸か、震災以降、物欲がスッカリ無くなりました。
壊滅した室内の片づけができてないせいもあるんですが、実は4月に入った時、
やっと気を取り直して片づけ始め、4月4日にはほとんど棚の再整理も終わったんですよ。
ところが4月7日の大余震でまた盛大に落ちまして、もう完全に心が折れたつうか、
このような状態で整理しても無駄だとしか思えなくなって今日まで来ています。
思った通り、4月11日午後は当地で感じただけでも20回以上も大きな余震が起こったし、
このところはやっと震度3程度のが1日に2~3回に落ち着いたと思ったら、
また震度4のが起こるようにもなってきたし……_| ̄|○

こう余震が続き、原発問題も解決しないようではとてもその気にならないので、
当分の間は月二回目標の不定期更新ということにさせていただきます。m(_ _)m


我が部屋の被災はミニカーだけに止まらず、必死に自作した万博会場も吹っ飛び、
チキチキバンバンワールドも崩壊し、限定品のガラスのクレアフィギュアも砕け散り、
最近集め始めた陶器製駅弁容器も一番貴重なもう手に入らないブツが割れてしまう等、
コレクター&モデラーの自分にとってはかなり辛い状態です。

でも、趣味に興味を示せなくなるとボケが進むので、なんとか気を奮い立たせるべく、
TV見て感動したニュースの、忠実ではない心象風景アレンジのジオラマを作ろうと、
廃墟同然の室内から関連のミニカーを掘り出したり、自作したり、近くのお店を探したり、
それでもみつからない分はヤフオクで取り寄せたりして、あれこれやってました。

作ったのは原発の冷却のために全国いや全世界から結集した放水隊のジオラマで、
以降はこれを聴きながらお読み下さい。


まずは最初に上空から放水作業をした自衛隊ヘリのチヌーク、
TKY201103170166.jpg

それが有効だったので最初に地上から放水した機動隊特殊放水車と
TKY201103170235.jpg

自衛隊化学消防車
1300369527002.jpg

そして本格的な放水作業をするために消防の精鋭が集まったハイパーレスキュー隊の
haiperrescueteam.jpg

屈折放水車
1300414231060.jpg

民間提供されたプッツマイスター社製コンプリートポンプ車、通称「キリン」
kirin.jpg

自衛隊74式戦車ドーザーと
2_20110321k0000e040009000c.jpg


時代や国境を越えたスター級のメカがキラ星のように登場し、非常時ではあることは承知の上で、
メカフェチの心をつかんで離しません。ヽ(´ー`)ノ

掘り出したミニカーに加え、ダイソーの100円welly(ダイソーミニカーにはシリーズが
何種類かあり、その中でwellyは一般販売もされる香港のメーカーでデキも悪くない)の
屈折放水車風消防車や、それをベースにスクラッチビルドした機動隊特殊放水車。
そして買い占めされなかなか手に入らなかったけど、
ショーケース内の見本を頼み込んで売ってもらったトミカ13番の
モリタ空港消防車(自衛隊化学消防車と同型)。
機動隊放水車を作る際取り外した折畳ハシゴを土台に備え付けたなんちゃってキリン。
そして、最後の御奉公をするために出撃した姿に感動し、これだけはヤフオクで入手した
ドーザー付き74式戦車(コナミ陸上自衛隊装備大全第参段)が勢揃いしました。
実は74式戦車落札時にはまだ震災から日が浅かったせいもあり、
「茨城には荷物は送れない」と言われプチ風評被害を味わったんですが、
茨城南部では郵便は不通ではないと説明し、やっと送ってもらうことができました。


こうしてようやく原発放水隊が勢揃いした訳で、
まずは74式ドーザーによるガレキ撤去作業を再現してみました。
nanayonnsikidorzer.jpg
ガレキは地震でへし折れて足下に転がってたなんだかよく解らないパーツと、
砕け散った姫路城型駅弁容器の破片です… (つД`)

それからフルフォースならぬフルホースによる注水作業開始です。
syouboufullforcekakouzumi.jpg
これも震災に耐え倒れることすらなかった「ゴジラヒストリー」のバーニングゴジラを
暴走原子炉に見立て、それに放水しているというコンセプトです。
指揮は上空のチヌークが執り、74式は何かがあった時のために待機中ですが。
ドサクサに紛れて主砲をぶっ放す気かもしれません(爆)。


74式がやや小さい感じもしますが、スケールは1/150前後でだいたい合ってるんです。
zieitaivehicles.jpg
それだけ74式が小さく、各種消防車が大きいということなんでしょうが、
これは自分でも意外な発見でした!


この状態で注水作業の有効なことが実証されましたが、いつまでも消防の
ハイパーレスキュー隊の被曝覚悟の捨て身の作業に頼る訳にもいかず、
やがてキリンと同等の性能を持つコンプリートポンプ車が世界中から日本に集められ、
今は遠隔操作で3~4台を使い注水作業に当たっているようです。

すると今度はその水が溜まり、漏れだした原子炉の中身と混じって
高濃度放射能汚染水となって、それが海へと流れ出す事態を生じましたが、
とは言え、注水を続けないとまた熱で爆発する可能性が大いにあります…。
敷地内の放射線値も明らかにされ、とても長時間作業できる状態でないこともはっきりし、
袋小路に陥った感もある原発事故の現場ですが、それでも続けるしかありません。
東電による作業工程表も発表され「半年から9ヶ月で一応の収束」ということに
なりましたが、絵に描いたモチもいいところで、もはや政府や東電の発表を信じる人は
よほどおめでたい人と言わざるを得ないでしょう。現に海外のプレス向けに行っている
記者会見は取材する人が皆無の状態で、その無人の空椅子に向かって発表を続けている
様子は、滑稽を通り越して恐怖を覚えます……。

私の住んでいる場所は避難が必要とされる至近距離ではありませんが、150km圏内で、
3月15日には近接した東海村辺りでは平常時の50~100倍の放射線値が観測されてました。
それなのに政府は「爆発的事象が起こったが原子炉は健全な状態にある」と大ウソを吐き、
枝野官房長官は「直ちに健康に影響を生じる値ではない」と力説してましたね…。
私はこの時点でミンス政府の発表は全く信じられないと確信し、「死」を覚悟しました。
直ちに影響無くても100倍もの放射能を浴び続けたらどうなるか、答えは明かだからです。
幸い、数日でこの異常な値は下がり、現在では平常時の10倍程度で落ち着きましたが、
直ちに健康に影響は無くても被曝したのは確かで、あの数日間に心に感じた
ザラリとした感覚はたぶん一生忘れることは無いでしょう…。

edanopugya-.jpg
枝野は後に「私は安全だとは言っていない」と述べ、直ちに避難の必要は無いと
自分で発表した被災地視察に、厳重な防護服に身を包んだフルアーマー状態で臨む等、
そのヘタレぶりが明らかになってますが、
そんな状態でああいう大ウソを吐き続けていたんだから呆れ返ります…。

空間の放射能だけではなく雨が降ると放射線値が上がり、水道水から制限値を越えた
放射性ヨウ素が発見された時すらあり、近くの母乳サンプルからも発見されました。

朝起きたら、放射線値をチェックしないといけない毎日。
この『宇宙戦艦ヤマト』の世界みたいな事態を招いたバカン率いる無能ミンスや
東電の幹部どもや 原子力保安院への怒りが収まることはありませんが、
現場で命がけで事態収拾に向けて働いておられる方々への感謝はしてもしきれません。
まだまだ終わりが見えぬこの作業ですが、朝な夕なにこのミニレスキュー隊を見るたびに、
彼等への応援を心の中でしようと思います。

そんな中でも桜は咲きましたが、いつもより1週間遅れ、例年なら10日~2週間は保つのに
きっかり7日間で散っていきました。これが今年だけのことなのか、それとも今後も続くのか、
答えが出るには長い年月がかかりそうです…。

それでは最後に3月15日あたりによく聴いていたこの歌を聴いてもらって
本日は終わりたいと思います。



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。