キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたと私の目だけのために(笑)
震災後、月に2回の更新を目指してきた当ブログですが、今月はまだ1回しかできてないので
イレギュラーな曜日ですが、本日大晦日に本年最後の更新をさせていただきます。

この1年を振り返ってみると、やはり東日本大震災の爪痕は大きく、
あの日、激震に見舞われ、つっかい棒や上にたくさんのせた荷物のおかげで
倒れこそはしなかったもののミニカー棚は全滅し、「ガチャンガチャン」と大きな音を
たてて下へと落下していったミニカーたちの姿はたぶん永久に心からは消えません…。
そのせいですっかりコレクション熱も冷め、震災後は数台しか買ってませんが、
キャラクターミニカーが嫌いになった訳ではないし、未紹介の在庫は残ってますので、
まだボチボチとは更新していくつもりです。

さて、そんな中今年後半は何をしていたかというと、もっぱら007の人形、
我呼んで(笑)、ボンドールを集めていました。
007関連では集めていたのはミニカーだけでなく、全般的にいろいろ収集していて、
1/6スケール・30cmサイズの人形を20体ほど持っていたのですが、
それも震災で全部倒れてしまいました。
sinsaigo007.jpg
下に落ちてゴチャゴチャに積み上がってるミニカーを見るのもつらかったけど、
30cmサイズのヒトガタがたくさん倒れ伏しているのを見るのはそれ以上につらく、
かといって余震が頻繁に続く状態では陳列し直しても無駄なので、
取りかかれたのはやっと余震が治まった5月下旬でした。

これら1/6ボンドールは一般に市販されたモノとしては、1965年製のギルバートの
『サンダーボール作戦』仕様のコネリーボンドとオッドジョブを始め、
1979年製『ムーンレイカー』のムーアボンド等4体、1998年製メディコムのボンド2体、
1999年製のアクションマンの(全然似てない)ボンド5体前後、
それから、2002年から出始めたサイドショー製の20体前後のフィギュアや
同年に出たバービー&ケンのセットでボンドガールとボンドがありました。
何せ30cmでかさばるので全部集める気はなく、気に入ったのをピックアップし、
ガレージキットや出てない重要キャラをいくつか自作したのを足して、
約20体のコレクションとなっていた訳ですが、落ちたのを拾い集めて
なんとか整理を付けて以降はミニカーはしばらく触りたくなかったので、
今度はまたこれを集めてみようかという気になったのです。

実は震災前に一番のめり込んでいたのはスペクトルマン怪獣だったりしたんですが(笑)、
これが元もと相場が高くなかなか手が出ないうえに、ミドロンの再販新品が3500円即決で
出てたので小金を貯めて買おうと思ってたのが、震災後は出品されなくなって
悲しい思いをしたりもしたので、頻発する余震を封じ込めようと8000円出して無理して
モグネチュードンを買って以降は、そっちも集める気力が萎えてしまいました…。

ボンドールに話を戻すと、既発売の人形たちは男玩アクションフィギュアのカテゴリーなので
女性は少なく、市販品で私が持ってたのは1/6だと『ムーンレイカー』ホリーだけ。
正規品以外を足しても、ガレージキットで『007は二度死ぬ』のキッシー鈴木と、
『私を愛したスパイ』のナオミ、それからブリジットという名で「ボンドガール風イメージ」の
人形が出ていたのでそれを『黄金銃を持つ男』のグッドナイトに見立てたモノの、計4体だけ
だったんですが、007の人形たちにまた興味が向いてきたところで、情報を集めるため
検索すると、なんと数年前にバービーのボンドガール仕様が5点も出てるじゃないですか!
babiebond.jpg
(参考写真)
バービーからは上で書いた2002年のバービー&ケンセットが出ていたんですが、
その頃は特にどの作品とは限らずにイメージとしての商品化だったので
どっちもあまり似てませんでした。でも今回は『ドクターノオ』のハニー、
『ゴールドフィンガー』のプシー、『死ぬのは奴らだ』のソリテア、
『オクトパシー』のパシー、『ダイアナザーデイ』のジンクスとモデルを決め、
かなり似てるのでこれはうれしい援軍です! 未購入のサイドショーにも確か4体程
ボンドガールのラインナップがあるんで、全部単純に足すと5+4+4=13、
キャラのダブリを引くと11体で、シリーズ既存作が22本なので半分は揃うからです! 

あと10体くらい作ると全ボンドガールが揃うのかぁ、という目算をボンヤリと決め、
この半年間、買ったり作ったりして少しずつ増やしていき、今では倍以上に増えましたが、
これは大枚をブッ込んだんじゃなくて(笑)、市販品は中古や破格値のをオク等で狙い、
出てないキャラはジャンクのバービーやGIジョー的素体を安く手に入れて頭を自作し、
時には紙粘土で全身自作したり、衣装を手縫いしたりと苦労と工夫の結晶です。
ビンボ ナンデ ソレシカ デキナイッツー(°∀° )ウワサモ

007figures11930.jpg

こんな感じで、デキはカンペキとはいきませんが、あくまでもシュミで自己満足の世界なんで、
まぁいいんじゃないかと思ってます。フォー・マイ・アイズ・オンリーでつな(笑)。
まだ揃ってない人形もあるんで、来年末に新作が公開されるまでに集めていくつもりです。

fyeo2cvmain.jpg
とまぁムリヤリ何とかつなげましたが、本日のミニカーは『ユアアイズオンリー』のシトロエン2CVです。
fyeo2cv3sides.jpg
このクルマはボンドカー老舗コーギーからも出てますが、スケール1/36時代だったため、他と並べると
ゴツかったのでスルーしてたのが、後に他のメーカーからもボンドカーが出るようになって、
このノレブのが1/43で実車の華奢さがよく出ていたし、ドア部分に007のロゴが貼ってあり
「ボンドカー」だという自己主張を一所懸命にしていたので可愛くなって買っちゃいました(笑)。
全長約8.7cmのダイキャスト製です



サイドをよく見ると、ロゴだけじゃなくて黒い無数の黒い点も打ってあるんですが、
なんとこれは銃痕だそうで、実はほぼ同じ仕様の映画の宣伝カーがあって
それを忠実にミニカー化したモノだったようです。
2cv007senden.jpg
見比べると007ガンロゴの細かい仕様や天井のホロ部分の色なんかが違いますが、
その辺の大らかさはオフランスのエスプリということで(笑)。

なおこの宣伝車仕様のミニカーは他メーカーからも出ており、
こちらの覆面えるさんはソリド版を紹介されてますので見比べると面白いと思います。


さて来年ですが、またしばらくは月2回の更新ペースにさせてもらうつもりですが、
とりあえず1月中旬まではお休みで、16日にお会いしましょう!
本年も1年間、お付き合い下さいましてありがとうございました。m(_ _)m



スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ボクのニーナを救い出すまで!ヽ(`Д´)ノ
paulmain.jpg
今日の御題は『ポールのミラクル大作戦』で、1976年10月~1977年9月にフジテレビ系列で
全50話で放映されたアニメです。


♪ぼくのニーナをすくいだすまで 二人で仲良く帰る日まで♪
というなんとも泣ける健気な歌詞が表しているように、主人公のポールは

paulchara.gif
スマートですがあまりハンサムではない少年です。あまり強そうにも見えないし、
声担当の白川澄子は『サザエさん』の中島役が一番印象に残るんでますますそう感じます(笑)。
彼は10才の誕生日までプレゼントすらもらったことないから、たぶん、貧乏なんでしょう(´・ω・`) 。

nina.jpg
一方、ニーナはお金持ちのお嬢さん。声担当の横沢啓子は後に『はいからさんが通る』の紅緒や、
『伝説巨神イデオン』のフォルモッサ・リンや、『若草のシャルロット』のシャルロット等々、
けっこう主役級もこなした、ちょっと線が細目の可愛らしい声の声優さんです。

ニーナの父親は彼女がポールに会うことを好ましく思ってないようですが、
飼い犬のドッペはポールの味方なので、父親の目を盗むのを手伝ってくれているようで、
第1話では家を抜け出したポールとニーナとそしてドッペは
ドラクエ7の最初の宮殿の遺跡みたいなとこで遊んでます。
ポールの空想話を聞くのがニーナは好きなんですね!ヽ(´ー`)ノ

その日が10才の誕生日のポールはニーナから身につけていたチョーカーのプレゼントをもらい、
両親からも、初めて手作りの縫いぐるみをもらって大喜びだったんですが、
beltsutan.jpg
翌日、ニーナを魔王ベルトサタンにさらわれてしまい、以降、彼女を助けるために
不思議な世界へ旅立つというのが基本ストーリーです。
ポールを不思議な世界へ連れていくのが妖精のパックン(写真一番上、ハンマー持ってるキャラ)で、
ポールの空想物語が好きで秘かに聞きに来ていたところ、誕生日プレゼントの縫いぐるみが、
あまりに自分にそっくりなんで同化してしまったらしいどうかしてる奴です(爆)。
コイツの持つオカルトハンマーの力がいろんな奇跡を起こしますが、どれも時間制限が
あるというのが話のキーポイントですね。そうじゃないと無敵になっちゃうし(笑)。

minimiraclecar.jpg
この作品のメインメカがミラクルカーで、実はポールのミニカーをパックンの超能力で
大きくした物なんで、そのミニカーを持つことでみんなポールになれる訳だから、
当時から人気メカで商品化も数多くされています。
paul3sides.jpg
今回お見せしているのはミニカー玩具としてのミラクルカーの定番商品のポピニカです。
ミニカーの商品化だから、つまりは劇中プロップみたいなもので、やはりこれが一番人気!
ダイキャスト製の全長約10cmですが、大きな帆がちゃんと付いてるので高さが13cmもあります。
フロントの星マークのフタが開いて大きな砲弾が飛び出すギミック付きで、ポールの横の
ギアのシフトレバーみたいのがそのスイッチです。後ろのタルには予備の砲弾2つが
収納できるようになっていて、タマをなくしやすい子供目線なのがウレシイですね。
この個体は箱入り新品で手に入れたので付属品は揃ってますが、助手席に乗るパックンの
フィギュアとフロントグリル上の鳥のデコイは取り付けを忘れてるようですが(苦笑)、
今、箱は倉庫の中なのでまたいつか掘り出してきましょう!

miraclecar1.jpg
アニメの絵でははっきり描いてありますが、ボートに車輪を付けたようなこのミニカー、
プレゼントをもらった事のないポールがなぜこんなものを持ってるか不思議ですが、
ひょっとしたら『チキチキバンバン』の映画を観てスクラッチビルドしたのかも?(爆笑)
ま、タツノコの中の人が影響を受けたのは明かですね!ヽ(´ー`)ノ
他にもパックンは『真夏の夜の夢』の妖精パックで、オカルトハンマーは間違いなく
オカルトブームの影響だろうし、オカルトと言えば犬のドッペはドッペンゲルガーだろうし、
とすると「ドッペと戦い続けるぞ」という歌詞もかなり意味深になってきます。
ヒロインの名前がニーナなのは、ひょっとしたらその2年ほど前に大ヒットした
沢田研二の『追憶』という歌由来かもしれないし、この作品には原作が無いだけに
いろいろルーツを探ってみるのも面白いかもしれません。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。