キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


人間の最高頭脳を結集して作られたシャドーモービル
shadomobilemain.jpg
昨年度、欠けていたピースが見つかったため、ようやく正規紹介することができた
『謎の円盤UFO』シリーズでしたが、もう一つ、やはり長年の懸念で、
しかもこちらは入手を半ば諦めていたメカがありました。
それはディンキーのシャドーモービルで、ミニカーに一番燃えた1980年代後半は
「戦車は対象外」だったので、大枚はたいて買う気にはならず、
いきつけのアイテムショップにルースが2500円で売ってたのにそれすらスルーし、
戦車も集めだした最近は、高騰で手が出なくなってたんです(つД`)
タマにミニカーショップで見つけるとルースでも2万前後、箱付き美品だと3万以上、
中野のショーケースに出ていてもルースで8000円となるとオイソレと手が出せません。
ヤフオクにもよく出ますが、1万前後になることが多かったですね。
ところが震災後、コレクションを手放す人が増えたのか、程度の良くないモノが多いですが
タマは多くなる反面、相場は下がり、5000円以下で落ちることもチラホラ出てきました。

このミニカー、やはり人気商品だったのかバリエーションがけっこう多く、
外装は、紙箱入りとバブルパックケース、そして前面中央が透明ウインドウの箱入りの3種はあり、
本体の違いは、キャタピラ、車輪、コックピットの色違いや、ボディも劇中に近い青い物まであるし、
さらには様々にカスタマイズされた個体も多数net上では見つかるので、もはや全貌解明は困難です。
広告で描かれている色と紙箱入りがグリーンなので、たぶんグリーンが初期型だとは思いますが…。
shadomobilead.jpg


そんな中見つけたのが、ハゲチョロだらけ、シール破れ、キャタピラ無し、ミサイル紛失、
とおせじにもいいコンディションではないブツで、色もありふれたグリーンで
他に出物も有ることだし、純粋なミニカーコレクターならまずパスする個体です。
でも、窓は割れてないし、天井の回転ギミックは稼働する長所もあって、
何よりスタートが500円という、これまで見た中で最低の激安なのが(・∀・)イイ!
冗談半分、御挨拶入札したら、なんとそのまま落ちちゃいました! (゚ロ゚ノ)ノ!!

落札しちゃったからにはレストアしないといけません。塗装やシールは何とかなるとして
問題はキャタピラです。プラモデルの定例スケールなら流用可能でしょうが、ミニカーの、
それも戦車ですらない物だし、戦車だとしてもディンキーの戦車の予備キャタピラなんか
入手は不可能です(苦笑)。シャドーモービルをもう一台調達する手もあるけど、それだと、
この個体の存在価値無くなっちゃうし……。ということで困りました。経年劣化で自然に
切れたキャタピラをつなぐのはお手の物ですが、イチから作ったことはないしなぁ…。

そこで、ネットでゴムキャタピラを売ってないかと捜したら、あるにはあったんですが、
ホンモノの重機用のでした。へ~、ホンモノでもゴム使う場合もあるんだぁと、
『ほこ×たて』的豆知識は増えたもののツカエね~!ヽ(`Д´)ノ
ヤフオクを捜すとゴムは皆無で、大型模型用のやたら高い金属製のはあったんですが、
キャタピラだけでウン千円では、たとえスケールが合っても買えマヘン(つД`)
いろいろ検索した結果、ゴム製のキャタピラを自作してる方が何人かいらっしゃいまして、
基本的にはゴム板を切って加工するという作業で、キャタピラのパターンに凝れば凝る程、
いいものができあがるようです。型に流し込んで整形してるあのパターンを1コ1コ、
手で彫り込んでいく気の遠くなるような作業をしてる方もいて、それはマネできないけど、
一番簡単な方法ならなんとか自分にもできそうと目測付いたので材料を買ってきました。

zisakukyatapira.jpg
つまりはゴム板をキャタピラのサイズに切るんですが、まず、実際に使う長さの1.5倍程を
切り出し、使うサイズだけ切り取った残りを、幅1ミリ程の細かい短冊状に切っていって、
使う部分の上に一定の幅で縦に貼り付けていけばいい訳です。キャタピラのパターンは
とても単純になりますが、昔のプラモやミニカーにこういうのは確かにあったし、
そもそもあまり見えないところなんで(゚ε゚)キニシナイ!! 張り合わせにゴム系接着剤を
使うからどうしてもはみ出すんですが、それも(゚ε゚)キニシナイ!! 高いゴム系ボンドなら
黒いのもあるけどお金がないから昔ながらのG17で、はみ出した部分が黄色いのも、
こっちは、さすがに気になるからあとから黒マジック塗ってゴマカシますた。(°∀° )
ちょうどキャタピラの継ぎ目になる個所は、他より幅の太い短冊を使い強度を稼いでます。
貼る際に目分量だとヘロヘロになる恐れ大だったため、ちゃんと計測してアタリを
書き込んでいくのが面倒くさかったので、実際に貼るのはさぞナンギかと思ったんですが、
案外、アッと言う間に終わってしまったのは意外でした。
そういえば私は過去に、ガレージキットの初代アンギラスの背中の棘を1本1本、
30cmサイズと15cmサイズの二回、貼っていったことがあったんで、
こういう感じの貼る作業には耐性付いてるのかも知れませんね!(°∀° )

smoble3sides.jpg
結局、本体価格500円+キャタピラ材料費160円の計たったの660円で我が物となった
この全長約14.3cmのダイキャスト製、ディンキーシャドーモービル。
ハゲチョロケが残ってますが、戦車なんで多少ヤレが有った方がリアルだから(゚ε゚)キニシナイ!!
手に入れるまでずいぶんと長い時間かかりましたが、これでようやくUFO撃退の準備はできました!
32年遅れたけど、待ってろ、謎の円盤UFOめ!ヽ(`Д´)ノ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

21世紀の新しい水平線を求めて!
今年初めての更新です。震災後だし、まだ出口は見えない状況なんで
「今年もよろしくお願いします」という挨拶だけにさせていただきます。m(_ _)m

kubohiryumain.jpg
さてもう1月中ばですが、今年始めての更新なので、何かそれにふさわしいモノをと
思ったのですが、今年の干支が「辰」でもあるし、旧日本海軍の空母「飛竜」にしました。
甲板前部に大きく描かれた日の丸が、ちょうど初日の出にも見えますし…。

飛竜と言えば1960年の東宝映画『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』で
大きく取り上げられました。

日本映画全盛時なので、千葉県の勝浦海岸に1/1スケールの飛龍のオープンセットを作成し、
海が見渡せるリアルな撮影をしています。航空機もゼロ戦、九九式艦上爆撃機、
九七式艦上攻撃機などを、飛行不能のセットですが、1/1スケールで表現し、
できる限りの迫力が出るように務めたそうです。


hfsr.jpg
今回の模型はタカラトミー製ガチャポンの「連合艦隊コレクション」のシリーズ第4弾
「空母機動艦隊」中の1品で、硬質プラ製の全長約11.5cmでスケールは1/2000です。
連合艦隊空母

統一スケールの軍艦模型と言えばプラモのウォーターラインシリーズが有名ですが、
あれは1/700スケールです。今では船舶模型の標準として1/700は一般化してますが、
このスケールが標準化したのは70年代に始まったウォーターラインのおかげだとか…。
帆船やラジコン模型等1m越えもザラの大型が多かったジャンルだけに、大和で30cm程度
というサイズは充足感とコレクション性を両立できるギリギリまで縮めた結果しょうね…。

でもやはりこのサイズでも数を揃えるとなると場所的に大変です。
実は模型界にはもっと小さい軍艦シリーズもあるにはあって、1960年代後半に各社が
50円で出していたキットの中には大和、武蔵、長門、アリゾナ、ビスマルク位は揃っている
「戦艦」シリーズがあって、よく作ったもんです。あれはスケールは唱ってなかったけど、
たぶん1/2000ぐらいだったと思います。

1/2000の艦船模型がコレクション対象となってきたのはその後で、まず先駆者として
1980年頃にバンダイからネービーコレクションというシリーズが出ていました。
これはちょうど『宇宙戦艦ヤマト』のメカコレみたいな感じの100円キットで、
(1)大和 (2)長門 (3)翔鶴 (4)赤城 (5)伊勢 (6)金剛 (7)妙高+伊16
(8)高雄+伊1(9)最上+白露(10)利根+吹雪(11)阿賀野+秋月(12)大淀+雪風
(13)ミズーリ(14)ニュージャージー(15)エンタープライズ(16)エセックス(17)レキシントン
(18)ワシントン(19)ビスマルク(20)ティルピッツ(21)サウスダコタ
(22)プリンス・オブ・ウェルズ(23)フッド(24)イラストリアス(25)武蔵、のラインアップで
日・米・英・独の人気軍艦が揃う当時としては素晴らしいキットでした。
ヤマトのメカコレを組んだ方ならお解りでしょうが、当時のバンダイ模型の実力は高く、
これらのネービーコレクションも遠目に見る分には全く問題無い出来映えなので、
今も人気は衰えず、集めている人も多いのですが、残念ながらとっくに絶版で、金型は
中国に売られてバンダイでは再販できないので中古市場での人気は高騰してるようです。


それからぐっと時代は下がり、2004年にフルタから「軍艦コレクション」という食玩が出て、
furutagunkans.jpg
こちらは12cmに絶対サイズを合わせた仕様で、戦艦クラスでおおよそ1/2000程度です。
昔の50円プラモと同じノリで、そこそこデキも良かったので揃えたかったんですが、
ブラインド箱でシークレット有りというイヤな仕様だったし、そもそも近場では
売ってなかったのでスルーせざるを得ませんでした。
ヤフオクで同じくらいのスケールのミズーリを入手したのはこの頃で、
フルタのラインナップになぜかミズーリが無かったので、その代わりとして
いずれ各国の主要戦艦を揃えるつもりだったのです。

これはアメリカのバックマンというメーカー(製造は香港)の「ミニシップス」というシリーズで
mini ships  BACHMANN(参考写真)
やはり絶対寸法を統一サイズの箱に合わせて数多く出したシリーズのようで、
英文で検索してもほとんど資料が見つかりませんが、たぶん1970年代のモノと思われます。

海外製の小形船舶模型というとダイキャスト製のminicshipというシリーズも有るんですが、
これはラインナップはかなり莫大なんだけど1/1200とちょっと大きすぎますね。

ftoys_batole_ship_2.jpg
2008年にはエフトイズの「バトルシップコレクション」というのが出ました。
こちらにはフランスのリシュリューがあるのがうれしいんですが、
やや小さめの1/2400だし、デキが今3つなんで買うには至りませんでした(笑)。
原型制作海洋堂ってことだったんだけど、サイズ的に無理だったかな?


そして昨年、大震災でミニカー棚が崩壊したので、ミニチュア模型から心が離れてしまい、
各国の主要戦艦を揃えるという野望(笑)も中断されたままでしたが、
この度「空母機動艦隊」のガチャを近場で見つけ、1回200円という安価で売っているとなると
萎えていた気持ちも少しずつ盛り上がってきたので、何回か回してみたのです。ヽ(´ー`)ノ

今回のは空母と駆逐艦だけですが、シリーズ第4弾ということはその前にもあるはずだと
前のラインナップを調べるとこれが見つかりました。番号振ってないけどたぶん最初でしょう。
連合艦隊1
大和級戦艦、高雄級重巡、翔鶴型空母がラインナップされるという、最初ならでの
人気艦中心で、さらに2つずつ金型使い回しという経営にも優しい配慮がされてます。

第一弾が人気だったのでこちらの「第弐艦隊」も発売され、
連合艦隊第2
空母の一番人気の赤城に、やはり人気戦艦の長門は陸奥と金型共用、
さらにプラ代節約のためと思われる駆逐艦の2隻セットも2種あり、
マニアにも経営陣にもメリットのあるラインアップなのは変わりません(笑)。

その後は1弾・2弾を再編成した特別編と、たぶん縁起を担いでナンバリングしなかった
「空母機動艦隊」が発売され、現在に至るようですが、売れ行きは今も好調なようで
dai5kantaimini.jpg
4月には「第伍艦隊」も発売される予定ですが、このラインナップだと
航空戦艦伊勢が一番人気になりそうですね!


その他にもエフトイスというところから「艦船キットコレクション」というシリーズが
kansenkits.jpg
同じ1/2000で出ていまして、これは箱入りブラインド「食玩」で1箱500円近くしますが、
タカラトミーのより造型は上らしく、こちらで全部揃えたがってる人もいるようで、
エフトイスは「バトルシップコレクション」の汚名を今回は返上できたようです(笑)。


以上ざっと、日本で手に入った1/2000前後の艦船模型をざっと紹介しましたが、
やはり日本連合艦隊に偏っているのは残念です。しかしウォーターラインでも外国船の
売れ行きは良くないようで、日本艦隊を完全に揃えることが目的の人が多いのかなぁ?
私は各国艦隊の主要艦をたとえば5隻ずつ集めるって感じが好きなんですが…。

となると、外国船を集めるにはやはり海外製品を捜すのがいいのかも知れません。
5年ほど前から、AXIS & ALLIES WAR AT SEAというウォーゲームのコマとして
同じ1/2000で各国の艦船が出ているようで、1箱に5隻ランダムで入っているそうです。
waratseabox.jpg
今は国内在庫切れのようですが1箱2000円前後だったようなので、1隻当たり400円と
決して無茶苦茶な価格設定じゃないですね。
waratsea.jpg(参考写真)

出来映えはこんな感じで、決して精密じゃないけど、遠目で見るには充分な感じかな?
フルラインナップはこちらで、イタリア海軍やオーストラリア海軍まであるんで、
いずれビョーキが重くなった時のために頭の片隅に留めておきましょうか?(°∀° )


hoodILLUSTRIOUSessex.jpg
それから、かつてそこそこ外国船を出していたバンダイのネービーコレクションが、
機種限定で再販されつつあるようです。金型が中国に売られ、日本船は処分されたとかで、
発売元も河合商会に変わり外国船のみのラインナップになってますが、自分的には無問題。
「1/2000 空母・戦艦シリーズ」という味も素っ気も無い名前になってるけど(苦笑)、
315円で8隻が2月に出るようですね。この値段なら全部買ってもいいんだけど、
ビンボーな私的にはアイオワ級戦艦はミニシップのが、エンプラはフルタのがあるんで、
パスして、米国空母のエセックスや巡洋戦艦フッド&空母イラストリアスの英国艦隊、
独軍のティルピッツはこれで手に入れるのがよさそうです。

さあ、このように世界に目を向けると1/2000でも各国の艦隊がけっこう揃いそうです。
70年代の基準が1/700なら、21世紀の新基準は1/2000じゃ~ヽ(`Д´)ノ、と無理やり
自分を納得させて、しばらくはネービーコレクションを充実させていきましょうかね?
トクニ、サイフニ ヤサシイノガ(・∀・)イイ!

hiryukutikukan.jpg
ではその1/2000艦隊の門出として、空母飛竜と、外れを引いちゃった駆逐艦の谷風での
最小艦隊の写真を撮りました。これからどこまで艦隊が発展するか楽しみです。∠(`へ´*)


まだ当分、月二回の更新が精一杯だと思いますが、
どうか今年もゆるゆるとお付き合い下さい。m(_ _)m

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用