キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな大好き、ちっちゃなネリー!ヽ(´ー`)ノ
なんとかパソコンの不調も落ち着いて、御約束通り更新できることになりました。
007ヘリ特集の最後はこのカワイイコちゃんといきましょう!ヽ(´ー`)ノ

nellymain.jpg
ジェームズ・ボンドが初めて空中戦を繰り広げたのが、このオートジャイロ、リトルネリーです。
『ロシアより愛をこめて』で執拗にヘリに追いかけられた彼は、大空への憧れを強め、
『ゴールドフィンガー』終盤での敵の小型ジェット機内での死闘を経て、
『サンダーボール作戦』の冒頭で飛翔したものの、ホンの一瞬だったので満足せず、
5作目にしてようやく、自らの翼を手に入れた訳です。 ⊂二二( ^ω^)⊃ ブーン

YOLT Little Nellie
劇中ではリトルネリーと呼ばれるこの小さなヘリコプターのような機械は
正式名称はWA-116 Agile(アジャイル;俊敏な)というオートジャイロです。
ヘリとオートジャイロはどう違うのかというと、ヘリはエンジンで直接、上のプロペラを
回して揚力を得ますが、オートジャイロはお尻に付いた小さなプロペラで前向きの力を得て、
主翼の替わりに上のプロペラが風の抵抗で回って揚力を得るのです。
ヘリはエンジンの水平回転を打ち消すために、後にメインペラとは垂直方向に
サブのペラを取り付け、それも回さないといけません。ヘリが墜落寸前に自分も
横にクルクルと回ってるのは、このサブローターが止まって制御不能になるからです。
またヘリは自力で飛び上がらないといけないので一般にエンジンは大型になりますが、
オートジャイロは前進させる力だけなので75hp前後のバイク程度のエンジンでも
飛行可能ですが、機構上、その場で止まるホバリングは基本的にできないし、
滑走路も必要なので、ヘリの発達に連れ衰退し今はレジャー用にしか残ってないそうです。

4caces.jpg
『007は二度死ぬ』が公開された1967年頃には、すでにオートジャイロの衰退は
始まっていたと思いますが、そのコンパクトさから、小型トランク4個に分解して
運搬可能という設定(あくまで設定で、メインのボディは入らないと思うw)が
嘘臭く見えないので採用されたんでしょうか? 後のアクロスターもそうですが、
スタッフがこんなコンパクトな乗り物こそボンドにふさわしいと考えてるんでしょうね。

nelly3sides.jpg
(写真に収まらないのでメインローターは外してますw)

お見せしている模型はエアフィックスのプラモデルで、ボディの全長は約13cm。
今でこそリトルネリーのミニチュアも、コーギーや京商等から
各種出るようになりましたが、20年くらい前まではこれが唯一でした。
封切り当時に作られたにしては、複雑なあの形のイメージをけっこう適格に捉えており、
スケールは1/24なのでけっこう大きなフィギュア、それもタキシード姿じゃない、
ちゃんと劇中と同じ服装のボンドのが乗っていますが、他の製品では乗員無しが多く、
外から人がモロ見えのこの機体では、遊ぶ時にいないと不自然なので、
その意味でも今日も存在意義の大きなキットです。ヽ(´ー`)ノ

1stkit.jpg
2007年頃に再販も出たようですが、私の持ってるのは初版を組み上げたもので、
箱絵が今のとは違っています。最近の箱は映画の公式のビジュアルを使ったものですが、
昔のはそれを元にしたプラモオリジナルのイラストでした。公式ビジュアルに勝るものは無いんだけど、
初版絵も味があっていいですよね。こっちにはちゃんと火山基地も描いてあるのもポイント高いし…。

Qにもボンドにも健気なイイコと評されたちっちゃなネリーですが、
でもやっぱネリーって誰なのか未だ解りません(爆)。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ゴールデンアイ・オブ・ザ・タイガー
tigerherimain.jpg
気まぐれで始まった007ヘリ月間、第2回目は『ゴールデンアイ(以降『GE』)』(1995)
登場のタイガーヘリこと、ユーロコプター・ティーガーをお届けします。
このヘリは初飛行こそは1991年に成功しているものの、実際の発注がかかったのは
1998年からそして運用開始は2004年とけっこう最近で、『GE』封切り時にはまだ
試作の段階だったようです。劇中では一般の電子機器を完全に作動不能に追い込む
ゴールデンアイの作用空間内で唯一飛行できるヘリとして描かれており、
アレックが陰謀開始の第一歩にデモンストレーション中だったこのヘリを強奪したのは、
自らの行動の足とするためと、敵方の行動を完全に奪うための両方の意図がありました。
Goldeneye TIGER
1985年の『ブルーサンダー』以降、攻撃ヘリコプターは映像作品でもメジャーに
なりましたが、007は最適のタイミングだった89年の『消されたライセンス』では
内容的に登場は無理だったし、以降中断していたので10年後の『GE』での採用となり、
今さらガゼルやアパッチでもない(ブルーサンダーはガゼルのボディにアパッチの風防を
取り付けたニコイチヘリw)ということで、導入前のタイガーヘリに着目したんでしょう。

tigerrezists.jpg
ゴールデンアイで電子機器がマヒしまくって、MIG29すら墜落する異常事態の中で
颯爽と飛んでいくこのタイガーヘリは実に格好良かった!ヽ(´ー`)ノ
tigerescape.jpg
中盤でボンドたちを処刑するために破壊され、もちろんボンドたちは無事という処遇が
なんともモッタイなく、まだ4機しかないデモ機を貸し出したユーロコプターも
さぞ不満だったと思います。できればボンドが奪回して最後まで使って欲しかった…。

tigerhari3sides.jpg
今回お見せするのはタミヤのプラモデルで、公開当時に買ったモノですが、
ただのタイガーヘリのプラモで『GE』仕様という訳ではありません。
この時は6年振りの新作だったこともあってお小遣いを使いまくりで(笑)、
劇場で売ってたグッズもテレカ以外は一通り買ったし、プラモ屋で普段は行かない
ミリタリーの棚から、このプラモを懸命に探し出したのでした!ヽ(´ー`)ノ
TAMIYAtiger.jpg
公開当時のことなんで模型化はそれ以前で、ということは実戦配備前もいいところなのに
よくタミヤも出したものだと思いますが、当時はそれだけ注目されてたんでしょうね。
タミヤのウォーバードコレクションのNO10なんでスケールは1/72、全長は約19cmと
私の標準コレクションサイズより大きいですが、当時は他に無かったから(゚ε゚)キニシナイ!!
今はsikuからトミカサイズのミニカーが出てるんで、どっかで出会ったら捕獲予定です(笑)。
かなり早いキット化のせいか、ローター上のタマネギ状のパーツや
翼下のロケットランチャーが付いてなかったので、それはテキトーに自作しました。


さて、新年が始まったばかりですが、パソコンの調子が悪く
酷い時には立ち上がってる最中に落ちたりします。調子がいい時には
半日付けッパでも何とも無いし、ウィルスチェック等でも無問題なので、
まだマシンを買い換えたくはないので頭が痛いです…。
それで急にしばらく更新が途絶えることがあるかも知れませんが、
どうか御了承下さい。m(_ _)m 
では、パソコンの調子がよければ、次回は30日頃お目にかかりましょう…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

007シリーズのヘリコプター
skflherimain.jpg
12月の3回連続特集で「スカイフォール」はひとまず区切りと思っていたんですが、
前回の原稿をUPし一息ついた後、NETショッピングとばかり、ヤフーだけじゃなく、
楽天の方も見てみたところ、なんとシルヴァのヘリがお手頃価格で売ってたんですよ! 
実はヤフオクにも4千円も出せばあるにはあったんですが、つい先日2300円で売ってた
モノにその金額は出したくありません。楽天の業者はアオシマプラモの投げ売り等で
我々を楽しませる駿河屋で(笑)、しかも1コだけですぐ売り切れたので誰か個人からの
買い取り品かもしれませんが、未開封新品で2500円+送料300円なので全然無問題。
30日夜に注文し、31日にはFIX、そして翌元旦に届くという、年末年始とは思えない
フットワークの軽さでした。駿河屋は発送は遅いと聞いていたので二重にビックリです。

その驚きの余り、1回休むつもりだったけど1月10日に更新しちゃいます!ヽ(´ー`)ノ
その嬉しい驚きを表すために、この曲をBGMにお読み下さい!



3sideskyfallheri.jpg
そんな感じで、今回手に入ったのはイタレリ製アグスタウェストランド AW139で、
ダイキャスト製でプラ部品使用(ってことになってますが、ほとんどプラ製なんで、
プラ製で一部にダイキャスト使用ですな、これじゃ…)の1/100スケール。
似たような大きさのコーギーのストロンバーグヘリがちゃんと主要部品に
ダイキャストを使ってるのはミニカーメーカーの意地で、イタレリはプラモメーカーだから
あまりその辺にはこだわらずにプラ主体で作ったんでしょうね…。
製造国にMADE IN PRCと見慣れぬ名があったのでポ-ランドかなとも思ったんですが、
これはPeople's Republic of China の略でつまりは中華人民共和国のことでした。
毒ギョウザ事件等でMADE IN CHANAだと売れないと考えての姑息な手のようですが、
台湾と区別も付くし考えようによってはいいことかも?('A`)

アグスタウェストランドとは、イタリアのアグスタ社とイギリスのウエストランド社が
合併したメーカーで、ベルのヘリにどこか似てると思ったら、アグスタ社がベルヘリの
ライセンス生産を行った経歴を持ち、このヘリも元々ベル社と共同開発してたのに
ベルが途中で降りたのを単独で完成させたモノだとか…。

劇中では薄闇の中、スカイフォール荘を襲い、建物もDB5も破壊し尽くす憎い敵ですが、
今、お聴きいただき、前回詳しく分析したアニマルズのアブネー曲「BOOMBOOM」にノって、
あまりにハンテンションでやってくるので、憎いどころか見ほれてしまうほどです。ヽ(´ー`)ノ
skfalhelistil.jpg
全長13.77 mで乗員1名+定員15名の16人乗りという大きさなんで、
シルヴァ一味の移動にはちょうどいいサイズなんでしょう。
議事堂襲撃で欠員も相当出たろうし、スカイフォール襲撃先発隊も10人程度は
いたことを考えるとシルヴァ一味はフルメンバーで50人はいたことになるでしょうか?

え、前と言ってることが違うって? イヤ~、ミニカー手に入ったからには
ほめるに決まってるっショ!(爆



007シリーズのヘリコプターと言えば、当ブログでは『007は二度死ぬ』の川崎バートル
『私を愛したスパイ』のベル206ジェットレンジャーを紹介済みですが、
ボンドカー程ではないにしろ、いろんな作品にけっこう登場しています。
他に印象的なところでは、『ロシアより愛をこめて』の黄色いヒラー、
『二度死ぬ』のリトルネリーやその敵等、『女王陛下』のベル205、
『トゥモローネバーダイ』のユーロコプターEC13等がありますが、
ヘリコプターのミニカーや同じ位のサイズの模型はなかなか手に入りにくいので、
クルマとは一変してコレクション構築に苦労してます。
プラモならそこそこあるんだけど、20~30cm級になるのが多くて… (;´Д`A ```
ま、やっとシルヴァヘリが手に入ったことだし、今月は007ヘリ特集といきますかな?

skyfalldrink.jpg
このスカイフォールヘリの他に、昨年末あちこちを捜しまくったけど全然売ってなくて
悔しい思いをしたコカコーラゼロのタイアップ缶も、単に喉が乾いたから自販機から買ったら
あまりにあっけなく出てきて、映画でボンドが飲んでたハイネケンのビンと仲良く一緒に
コレクションに収まってくれて、今年は最初から007的縁起がいいです。ヽ(´ー`)ノ

ということで、みなさま今年もゆったりと、
10日に1回以下のペースになるでしょうが、お付き合い下さい。m(_ _)m

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。