キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の怪重機あらわる!?
kairobotzyoukimain.jpg
今回の御題はとある重機ですが、ミニカーコレクションの中で「重機」と言えば
主流とは言えないまでも、熱心なファンが居るジャンルです。
SIKUなんかにはいつもけっこうな数の重機がラインナップされてるし、
アガツマが買ったダイヤペットも、今や事実上重機専門ブランドも同然だし、
トミカにも少なからずラインラップされてますよね。

ここ数年はトミカがまたビョーキを起こしてもとい、ラインナップの拡充を図って
ロングトミカなるシリーズで、船だの汽車だの出している中にも、ちゃんと重機が
それも怪物級のバケットホイールエクスカベーターが混じってるからスバラシイ!ヽ(´ー`)ノ
川崎重工製の車体なんで海外製の程は大きくはないでしょうが、担当者のシュミでしょうなw

私は特に集めてはないですが、このエクスカベターだの地雷除去機だのには
やはり、サンダーバードメカ的機能美を感じますね。

zyuki3sides.jpg
さてマクラはこの辺にして、今回取り上げるこのクレーン車ですが何だかお解りですか?
クレーンまで計って全長8.5cmのソフビ製。ソフビ製のメカに多い一体成形じゃなく、
キャタピラ部が別パーツになってるんで、左右に回して遊びに自由度が多くなってます。
ディテールもっこう細かいんで、これでクレーンが上下したり、チェーンを巻き取れたら
言うこと無しですが、ま、それは無いものねだりでしょう(笑)。

そうこれは「まんが宿」製「鉄人28号ジオラマシリーズ」第2話「怪ロボットあらわる」編
にセットされてるクレーンです。
mangayadotv.jpg
本来はこんな感じで、海に落ちた鉄人を引き上げる際に海からS国の怪ロボットが迫る
シーンを再現したジオラマで、いつも表現に苦労する「水」に青く着色したクリアソフビ
を使うという痒いところに手が届く商品でした。さらに外箱が当時の白黒テレビっぽい
外観をしており、本当に好きな人が企画制作した商品だというのが解ります。
第2話というからには第1話もあって、それは「28号誕生編」でした。
そちらは持ってないので画像は検索して捜していただけると幸いですが、
素晴らしさで全くヒケを取りません。残念なことにこのシリ-ズ、この2つで打ち切りで
続きは出なかったんですが、2002年当時、13800円という定価が高すぎたんでしょうか?
2年後の2004年には今川監督版を始めとするちょっとした鉄人ブームが巻き起こるから
その時に出せば良かった気もしますが、著作権絡みでトラブル多発のこの作品だけに、
そのアニメ絡みで何かあったのかも知れませんね…。

tetuzinminifigure.jpg
では最後に、その2004年版権で出たタイムスリップグリコや、時期不明ですが同等サイズの
フィギュアを使った7cm前後サイズオールスターキャストの簡易ジオラマを御覧下さい。
舞台装置はそのまま「怪ロボットあらわる」を使い波パーツを外し海底を海岸に見たてました。
バッカスとサターンがちょっと小さいけど(゚ε゚)キニシナイ!!

スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

おねえさんといっしょ
spuumain.jpg
NHKの教育番組に『おかあさんといっしょ』というタイトルがあります。
なんと1959年10月から放送されている(!)ので、みなさんも御覧になった事は
あるでしょうし、今もお姉さん目当てに見てる猛者もいるかもしれません(爆

私の場合は主に人形劇が目当てだったようで、リアル幼児の頃は
『ブーフーウー』を熱心に見てたし、
ブーフーウー

後の『とんでけブッチー』
とんでけブッチー

『にこにこぷん』も記憶にあります。
にこにこぷん

一方、調べて解ったんですが、『おーい!はに丸』は『おかあさんといっしょ』とは
無関係の独立した番組だったようで、NHK人形劇と言えば全部
『おかあさんといっしょ』だと思ってた認識は誤りでした。
考えてみれば、開始当時はお母さんと一緒に見る子が圧倒的に多かったろうけど、
今は共稼ぎは普通なんでそんな恵まれた子は少数派だろうし、
そもそもお母さんがいない子だっている訳です。『おかあさんといっしょ』の番組内の
人形劇のメインキャラの中にもそこを配慮して孤児設定だったこともあるようだし、
『おかあさんといっしょ』のタイトルに抵抗のある子は番組自体を見たくないですもんね…。

話が重くなってきたので軌道修正して (;´Д`A ```
今回御題のキャラはスプーというぬいぐるみで、まず1999年春に『スプーとガタラット』
というタイトルで登場し、翌年キャラを追加し『ぐ〜チョコランタン』になり、
ぐーチョコランタン
そのまま9年間も続きました。この枠のシリーズは長く続くことは多いんですが、
それでも歴代2位を達成したということは、やはり特に人気が高かったんでしょうね。

でも私がこの人形劇を見たことは1回も無く、スプーというキャラにも全然興味は
無かったんですが、ある一人の偉大な画伯の力によってこのスプーが一挙に
超有名キャクターになったことがあったんです!ヽ(´ー`)ノ

わりと最近の話なんで御記憶の方も多いでしょうが、その画伯とは、はいだしょうこさん。
当時のうたのおねえさんで、その事件が起こったのは2006年4月のことでした。
番組中でおにいさんおねえさんがスプーの絵描き歌を歌ってお絵かきする
という、この番組でよくあるひとときのはずだったんですが、

この完成したあまりにアレなイラストには「地獄のモンスター・スプー」という異名も付き
この事件以来すっかりお馴染みになって、スキモノによってYOUTUBEやニコ動で、
主役動画もたくさんUPされたし、ついにはスクラッチビルドしたフィギュアが
ヤフオクに出品され、熱心なアフォもといファンによって激しい入札合戦が繰り広げられ、
ついには700000000(7億)円にも達したため、オークション不成立になってしまいました。
もちろん真面目な入札じゃなく捨てアカウントによるイタズラの結果でしょうが、
この種の祭を成立させてしまうヤフオクの問題点が浮き彫りになる事件でもありました。

この絵描き歌で「画伯」という称号をほしいままにした
しょうこおねえさんはその後も絵の仕事が増え、


このように子供たちが相手でも絶対に手を抜かない匠の技を見せつけています(違


こういう動画バッカ見てたら、はいだしょうこってのは裏返った声で変な絵を描く人と
誤解されそうなんで、彼女の本気の歌唱を一つ。
ハイこちらのように、元はと言えばタカラヅカで本当に娘役をやってた、相当高度な
テクニックをお持ちの歌手な訳です。裏返った声は彼女にとっては低い音域で
ムリして歌ってるからああなるんでないかと(爆

spuu3sides.jpg
当ブログでは動物が自動車に乗っているオモチャは、本当にそのキャラが劇中や番組中で
クルマに乗るシーンが無い限りは原則として取り上げないことにしていますが、
今回は余りに笑撃が大きかったので、ついつい「スプーのクルマ」というだけで購入(笑)。
データもどうでもいいでしょうが、一応、硬質プラ製で全長約11cmの標準サイズ相当。
裏にCCP.CO.LTD.MADE IN CHINAの刻印アリ。
ネズミみたいな形をしたフォーミュラーカーで、動力は特についてないんですが、
ジャコビの2号車とセットで前後の磁石で連結できるし、目玉がキョロキョロ動くし、
キャラの人形を上から押すとキュッキュツと鳴くいかにも幼児が好みそうなギミック付き。
もしかしたらあとの二人のキャラが乗る3号車と4号車のセットがあるかも知れませんが、
正直、ドーデモイイです(爆


希有な才能を見せつけてくれたはいだしょうこさんを
当ブログは心から応援しています!(°∀° )

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

オマケなのに信じられないギミックのヒーローカー
カゼおよび多忙のため、2回分開けてしまいましたが、今日からまた更新開始です。
花粉症はあまり感じない私にとって、春先は一年で一番体調のいい時期なので、
また天変地異でも起こらぬ限りはしばらくは更新できると思います。(つД`)

incremain.jpg
今日の御題は『ミスター・インクレディブル』で、ディズニー&ピクサーの大ヒットファミリー映画です。
2004年12月日本公開の本作は基本的にアメコミのスーパーヒーローチームもののパロディなので、
まぁFF(ファンタスティック・フォー)を口当たりよくした感じだろうと思ったんですが、
ディズニー的見せかけの平穏世界が苦手な私は、TVでやってるのをチラ見したことはあったけど、
あまりに子供向けの絵柄に辟易してすぐに退散してしまいました(苦笑)。
しかし、その後『トイ・ストーリー』をこのブログのために見てみたところビターな感じが気に入り、
同じ会社が作ったなら、ただのキッズ向けではあるまいと思い直したので、
今度TVでやったらガマンして見ようと思います(爆)。
increposter.jpg
そんな見てない作品を今回取り上げる気になったのは、ねこざかなさんから
この作品のミニカーを頂いたからで(本当にありがとうございますm(_ _)m)、
断片的に見た記憶を拾いつつ、記事を書いている訳です。


このインクレディモービル、基本的に空を飛べないミスター・インクレディブルが、
(一旦)引退前のバリバリにヒーローだった時代から乗っていたクルマで、
メインのお話の発端となった冒頭のエピソードでカッコよく乗り回してましたね。

incre3sides.jpg
この頂いたミニカーは、ハッピーセットのオマケで、アニメなんで実車はありませんが
硬質プラ製の全長約11cmの堂々たる標準スケール相当サイズです。
プルバックゼンマイ内蔵で、最初はトロトロ走りますが、途中で自動的にボディ両脇が
カシャっと展開し、やがて内部ギアも入れ替わりスピードアップするスゴい仕掛け!

最近いろいろ仕掛た戦略がどれも外し気味で、売り上げが落ちているらしい日本マクドナルドですが、
このブログでも何回も取り上げたように、かつては本当に素晴らしいオマケを付けてくれました。
今の社長は「消費税が上がる前に値上げして増税後は価格を維持すれば、客は値上げと感じない」と
頭にウジが涌いているようなことを公言してますが、そういうtopはとっととすげ替えて、
もっと本当にお客の心を掴む戦略に戻って欲しいですよね。
かつてできていたんだから、今できない理由が件のやっかいな社長以外無いですから…。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。