キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


引っかかりの良さが仇となり…(ボンドが銃を変えた訳)
今回はムービーガンの順番ですが、以前ついでに写真だけはお見せしたけど、
詳しい解説はまだ書いてなかったワルサーPPKを改めて取り上げます。
PPKhikaku.jpg
これは御存知、007号ジェームズ・ボンドの銃で、そのため他の多数の
空想キャラクターも使うことになりました。

でも、フレミングの原作ファンなら常識だし、映画でも第1作の『ドクター・ノオ』を
じっくり見ていた人は御存知でしょうが、ボンドは元々この銃は使ってなかったのです。

berettaM1934
彼はベレッタ25口径(原作は型番指定無し、映画に出たのは写真のM1934)の銃身を少し
切りつめ、グリップを外しテープを巻いた、カスタマイズ銃を長年愛用したのですが、
『ロシアから愛をこめて』の最後のローザ・クレップとの対決で、消音器がホルスターに
引っかかって後手に回り、クレップの毒ナイフ攻撃を受け気絶してしまったのでした。
そう原作では映画とは違ってクレップは成功し、ボンドが倒れるところで終わるのです。
当然、あの映画のラストの橋の下でのキスシーンなんかは無しで、そこは物足りないけど、
絶体絶命のスリルは原作の方が勝ってるかも?(笑)

waltherchange1.jpg
そのため、次の作品『ドクター・ノオ』(原作ではこの順番で、映画は逆)冒頭での
Mに強いられての銃の交換シーンになる訳で、あのやり取りが強い意味を持つんですね。
映画では諸事情により『ドクター・ノオ』が第1作になったから(原作では6作目)、
あのシーンが唐突になり、ボンドがまだロクに使ってないのにブツクサ言いながら
銃交換させられる、少し気むずかし気なキャラになっちゃいました。(°∀° )

この銃の交換ですが、表の理由は上に書いたとおりですが、裏の事情があって、
実はベレッタは殺傷力が弱く最前線で撃ち合うスパイの護身用にはふさわしくない銃で、
フレミングは銃に詳しくなかったため、たぶん外見で選んだんでしょう(笑)。
あるいは一応彼もスパイのまねごとのようなことを任務でやってたようだから、
形式上持ってたのがベレッタだったのかもしれませんねぇ…。
シリーズ最初の頃は注目度も低かったからよかったんでしょうが、ベストセラーになると
専門家の目にも引っかかり、実在の銃器研究家ジェフリー・ブースロイドから手紙で
「25口径のベレッタは女性用の銃だ」と意見されてしまいます。
そのアドバイスに素直に従い、『ドクター・ノオ』の銃交換のシーンが書かれた訳ですが、
ブースロイドをしっかりと銃器担当として登場させ、感謝の意を表わしています。
ジェームズ・ボンドの名も、偶然目に留まった鳥類学者の名から拝借しているように、
フレミングはけっこう名前に無頓着、というより記号としてしか認識していないようで、
有り得ない名前を平気で付けたりもしてますが、このブースロイド少佐も映画では
名キャラクターのQとして大活躍するんだから、そのセンスは確かだったんでしょう(笑)。

ブースロイド少佐とQに関しては面白い話があって、映画でだけ007を
鑑賞していた人たちには、この二人が同一人物だとは解らなかったようなんです。
というのも、一作目では役名はブースロイド少佐とクレジットされてますが、
演じたのはピーター・バートンという役者で、劇中の呼称は「兵器係(アーマー)」だけ。

q and weapons
それが二作目で役者はデスモンド・リュウェリンに変わり、役名はQだけで、
以降ずっとその状態が続くので、てっきり別人だと思ってたようなんですね。
だから10作目の『私を愛したスパイ』(1977)で、アーニャがQのことを
「ブースロイド少佐」と呼んだ時、ちょっとした騒ぎになりました。
原作をちゃんと読んでいれば、Mのオフィスに呼ばれる兵器装備担当者はずっと
ブースロイド少佐で、彼がQ課の課長だってことは常識なんだけど、
それを意外がるとは映画しか見ない新しいファン層が生まれてる証拠だと思ったもんでしたが、
それからさらに35年経った今となっては、原作を読む方が難しい状態です。('A`)

さてそのワルサーPPKですが、ベレッタに較べ、いかにも無個性でスッキリしてます。
その分、ホルスターに引っかかることも無いでしょうが、引っかかったのは
サイレンサーだから、あまり関係無いかな? そもそも映画ではサイレンサー
外してからホルスターに入れてるしなぁ(爆

masudayawalthar.jpg
今回は2挺PPKをお見せしてますが、上の写真左で新しく出してきたのは、
私がもう1挺持ってるPPKで、マスダヤのトイガンです。
子供向け玩具でありながらほぼ実銃サイズだし、プラ製だけど、一見金属製と見間違う
メタルメッキを施した外装だし、ちゃんと実物の銃弾の形をしたプラ弾を発射できるし、
それに何よりも発射と同時にちゃんとコッキング動作をするというスグレモノで、
安全装置のオンオフまでできるので、子供にとってはホンモノ同然ですね!ヽ(´ー`)ノ
つうか白状すると、私もついこないだまで金属製だと思ってたけど、
詳しい人にプラにメタルメッキしてるトイガンがあることを知らされて、
よくよくこれを見たらプラだったというオチです。マスダヤ、恐るべし(((((( ;゚Д゚)))))
最初にこっちを持っていて後にマルシンのエアガンを入手したんですが、
あっちは重いけどコッキングしないんで、こっちも手放せずにいます。

PPKのトイガンではやはり映画『007は二度死ぬ』にも使われた
MGCのそれも当時出た「二度死ぬ箱」入りのモデルガンが最高峰でしょうが、
mgc ppk
(参考写真)
全般的に高騰してるMGC製品で、しかも正規の007グッズだけに
箱入りで出たらいくらになるか見当もつきません……_| ̄|○
せめてNETから拾ってきたこの写真で気持ちを慰めようと思います。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

男爵たちの憂鬱
特撮マニアに「バロンシリーズ」と呼ばれる実写版ロボット番組があります。
『スーパーロボットレッドバロン』『スーパーロボットマッハバロン』の2つを数えることは定説で
これらに『小さなスーパーマンガンバロン』を加えるかどうかは意見の分かれるところですが、
私は『ガンバロン』は見たことないので、当ブログでは前2つについて主に書いてみます。

redzissya.jpg
『レッドバロン』は番組スタートは 1973年7月4日と「マジンガー以後」ですが、
企画のスタートは『マジンガーZ』放送以前で、決して後追いではなかったらしいです。
日本テレビ関係の人物2人(日本テレビ音楽の渡辺一彦と、日本テレビの斎藤汎司)が
中心で企画された『レッドバロン』でしたが、彼等は番組プロデューサーではないので、
個人の趣味扱いで会社のバックアップは得られなかったため、外部にも人材を求め、
講談社『テレビマガジン』編集長の協力を仰ぎ、その線で野口竜氏を紹介され
noguchiryu.jpg
ビジュアル面を担ってもらう体制が整ったということです。
やがて企画が練り上げられて行くに連れ日テレの編成もその対処に困ったのか、
最終的にはできあがった企画を一旦宣弘社へ譲渡し、宣弘社の制作する番組として
日テレでの放映が決まり、さらに実際の撮影は日本現代企画へと下請け発注されるという
オトナの事情で何重にも縛られた玉虫色の製作体制が整い、なんと渡辺・斉藤・野口
の3氏は「原案」としてクレジットされるに止まっている体たらくでした…。

20110311_1713262.jpg
オトナの事情と言えば、この番組のメインスポンサーに決まったのが日本空気販売という
「100円で一定時間稼働するレンタルクーラーの貸し出し」を行ってる業者で、本放送では
「戦うレッドバロンのコックピットが敵の攻撃で高熱になるも、100円クーラー稼働開始で
主人公はスッキリさわやか」という実に印象的なCMが流れていましたが、
放送途中でオイルショックの影響を受けて倒産。以降の制作費の調達が困難となり、
高視聴率を上げていたにも関わらず1974年3月末での終了を余儀なくされています。

家電業界の売り上げ減で単独出資ができなくなった東芝が提案した『サザエさん』の
共同提供に乗る企業が多数有ったように、人気番組をスポンサー撤退で打ち切るとは
あまり例のない話で、クールの切れ目には来ていたから新規スポンサーを募ることも
できたろうに、それをしなかったのは、込み入った製作体制のために心骨注いで
動く人間がいなかったせいでしょうね…。
日テレ的には「ウチは放送枠を提供しただけで、外野が勝手にやった番組だし…」、
宣弘社的には「ウチは頼まれて製作引き受けただけで、丸投げ企画だし…」、
日本現代企画的には「ウチはただの現場で、製作費調達は仕事じゃないし…」ってな感じで、
実際に番組を練り上げた渡辺・斉藤・野口の3氏は悔しかったに違いありません。(ノД`)


このようにオトナの事情に翻弄された『レッドバロン』ですが、元々の企画者である
渡辺・斉藤の両氏は一体どこからこの発想を得たのでしょうか?
1話冒頭で描かれる「世界各国の巨大ロボットが出展された万国ロボット博覧会」という
設定は『鉄人28号』でおなじみだから、それが発想の原典だったことは間違いないでしょう。
「ロボットvsロボット」という戦いの基本的な構図も『鉄人』でお馴染みだし、
「丸っこい無骨な主役ロボット」という点も同じです。( ・∀・)
ただ武器を内蔵していない鉄人に対しレッドバロンは多数の武器を備えていますが、
これは『ジャイアントロボ』からの発想かもしれないですねぇ…。
リモコンの鉄人やGロボに対し、内部に乗り込んで戦うところがレッドバロンは違いますが、
企画時期的にマジンガーZの影響とは考えにくく、他に理由はあるようだがはっきりしません。
ただ起動時に、操縦桿を握った際に検出される指紋と掛け声の声紋が登録済みのと同一か
どうか判断するシステムを搭載してるため、登録した紅健以外は動かすことが出来ないのは
ジャイアントロボと同じで、鉄人やマジンガーが誰でも操縦できる点と違って、
貴重な見せ場となるロボットの争奪戦を描く気が無いことは興味深いです。
『鉄人28号』大ヒット以来、巨大ロボットものは細々とですが続いていたので、
渡辺・斉藤の両氏がそれらに親しんでいたとしても何の不思議も無く、
もう少し具体化が早ければ、特撮巨大ロボットがもっと人気を呼んだだろうに
という気がしないでもないです…。


さて『レッドバロン』のマーチャンダイジングですが、メインスポンサーが特殊な業界
だったせいもあるのか、オモチャは版権の独占契約を結ばなかったようで、
プラモデルはマルイ、日東、ブルマァクから出ていたし、ソフビはブルマァクが大小出して、
変身サイボーグの変身セットがあったからタカラも、さらにはジャンボマシンダーまで
出ているから、バンダイも絡んでいたことになります。
これだけのオモチャメーカーが絡んでいるんだから、クーラー屋の後釜として
共同出資を持ちかければ、あと1クールの延長も十分可能だったじゃないでしょうか?
もっとオモチャ会社に積極的に働きかけていれば、第3クール強化案として登場した
スペースウイングスの商品化も実現したろうに、返す返すも残念な話です。

redbaronmain.jpg
その中で今回紹介するのはマルイの(リモコン操作)レッドバロンで、放送開始時期に
発売された中ではもっとも劇中スーツのイメージを再現していたアイテムでした。
redobaronhakoe.jpg
ロボットの硬質感を出すため、ラテックスじゃなくわざわざグラスファイバーで制作された
レッドバロンの撮影用スーツはそのかいあって、フォルムは丸いけどモールドはシャープ
という矛盾した質感を持ち(笑)、いかにもロボットっぽくて良かったです。( ・∀・)
ジャイアントロボのスーツが当初のプラスチック製から硬質ゴム製に変更されたのと
真逆ですが、それぞれのロボットのキャラクターの違いが出ているエピソードですよね。

redbaron3sides.jpg
このマルイのレッドバロン、プラモだけあって丸みとシャープさは見事に両立されていて、
リモコン操作のモーター動力でのスリ足歩行もいかにもロボット玩具の王道で良かったです。
マルイは以前にキングロボ(Gロボパチ)とスーパーロボ(鉄人パチ)というオリジナルの
ロボットプラモを出していましたが、その経験が生きたということでしょうか?
胸の三角穴にはミサイル発射ギミックが付いていたが、残念ながら紛失してました…。('A`)

rimokonhiryou.jpg(参考画像)
またこの時期には珍しく、敵ロボットの飛竜も同規格で同時発売されていましたが、
当時の定価700円は、標準的な小学生の1月分のお小遣いを超える金額だったので、
両方は買えず、飛竜はだれかブルジョワな奴に買われていきました。(つД`)
ちなみにこのマルイのレッドバロンシリーズ、700円のこのサイズのは二回に渡って
金型の補修を受けマルイのオリジナルロボットとして再販されたので、もはや最初の形での
再販は不可能で中古市場に出ると高値、特に飛竜はトンデモナイ金額となります。('A`)

まぁこのプラモにこだわらなければ、レッドバロンのオモチャは今日に至るまで
細々とですが出続けているので、何かしら手にすることは可能ですね。
最近でも食玩やガチャポンの類が出ているのでオクを捜せば見つかるでしょう。
しかし、私の場合は、このマルイのレッドバロンを持っていたがために、
ある憂鬱を抱え込むこととなってしまいましたが、それはまた次の機会に…。








テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

それは神崎ガチャだった!\(^o^)/
1月ぶりの更新です。前回の記事の後、ちょうど次の更新時期に
セキのひどい風邪にかかってしまいまして、2週間はほぼ寝たきり、
その後も執筆できる状態までにはなかなか回復せず、とうとう今日まで来てしまいました。
まだ本調子とはいかないんですが、コレ以上休むのも何だし、
ちょうど順番からは、今やこのブログでは数少ないミニカーの記事だったので、復帰です(笑)。

いいお題も見つかり気分的にちょうどミニカーの記事を書きたくなってたんですが、
そんなときに病気にかかっちゃうんだから、ねえ……_| ̄|○

kaizakii727main.jpg
見つけておいたお題というのはいわゆる「神崎ガチャ」です。昔からあるミニカーのガチャポン
ですが、今は「神埼レンタルサービス」という会社が経営していて、
バンダイやタカラトミー系の大手ガチャガチャとは違って、なかなか筐体を設置してある場所に
めぐり会えず、私の行動半径では1箇所だけ、月に1度程行くスーパーに筐体はあったんですが、
巡り合わせが悪いのかずっと売り切れのままで、買いたくとも買えない状態が続いていたのが、
今年になって中身がちゃんと補充されるようになり、3回ほど回すことに成功しました。
kanzakikyotai1.jpg
そこには筐体が2つ設置されていて、飛行機シリーズと列車シリーズが入ってましたが、
手頃な模型の少ない飛行機を集めようと、そっちばかり回しました。
最近写真を撮りに行ったら下の列車シリーズが「調整中」(たぶん売り切れ)に
なってたので一般人気は列車の方があるみたいですね(笑)。
kanzakibox.jpg
飛行機シリーズの箱はこんな感じで、時代によりシリーズ名や箱絵は変わるようですが、
筐体の都合か、正方形の薄手の箱なことは同じですね。

手の平サイズの飛行機のミニカーは今でこそ専門店もあるほど隠れた人気アイテムですが、
そこで扱われているの現行品は1つ5000円以上もする高価な物ばかりで、気安く買えるのは
トミカシリーズにあるいくつかに限られてしまいます。でも昔の品だと、当ブログでも
ジャンボを紹介したジルメックスやそれを輸入販売したマスダヤの「スカイポケッター」、
アメリカのバッハマン製ミニチュアをトミーが輸入販売した「ミニプレーン」シリーズ、
デルブラド等の雑誌付録シリーズ、エフトイズ等の食玩ライン等々、数多く有り、
全部買い揃えて行ったら100機や200機のコレクション位すぐ構築できそうですが、
私が集めているのは「映像作品で活躍した」ものに限られるので、チョイスが大切ですね。


とは言っても1回300円のガチャなんかそう気軽に回す訳にもいかず、3回やったウチ、
当ブログ未登場で、多分他では登場しないだろうボーイング727を今回のメインにした訳です。
このヒコーキは日本でも1960年代中盤からお馴染みで、ジャンボが主流になる前は
よく飛んでましたね。直線的な機体のシルエットは今でも好きなヒコーキです。
登場する映像作品としてはいろいろありますが、日活映画の『大空に乾杯』が
主題歌にも「夢のジェット機727」とフィーチャーされてるので上げておきましょう。
kanpai.jpg
このあたり覆面えるさんのこの記事ともリンクしますので御覧ください。

727 3sides
この神崎ガチャのミニカーは全幅が72mmですが実機が32.9mなんで約1/450スケールになります。
神崎の中身はかつてHIRO620さんとこでこういう記事があって、ミニカーだったらモータマか
サントイスだったりするそうですが、このヒコーキの元は何でしょう?
刻印もメーカーを示すようなものはMADE IN CHINAくらいしか無いので謎です。

今回はリハビリを兼ねてなんで、浅い内容ですみませんが、この辺で(笑)。
またゆるゆると10日に1回を目標に更新していきますので、
どうかまたお付き合いください!m(_ _)m

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用