キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

04 | 2015/05 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


グランドギドラとギドラ族の系譜
4巡目なんでナンデモアリ回です。今月は何度かの入札&撤退を繰り返した後、
ようやく入手に成功したこのソフビ、30cm級怪獣の第三弾のキングギドラです。
sofubigrandgidorahmain.jpg
ミレニアムゴジラ、ガメラ1999に続き、この『モスラ3』版ギドラを選んだのは、
前2つと同じように、その原形の持ち味を活かしながらデザインのシェイプを
極限まで行ったかのようなアレンジぶりが気に入ったからですが、
高い人気ゆえ落札するまで大変でしたよ…(-_-;) 

何度も登場したキングギドラという怪獣がいったい何種類あるのか、
その亜種も含めここでおさらいしましょう。各映像作品の年代設定が
必ずしもリアル制作年代と一致してないので、制作年代順に御紹介。
BGMはこちらをドゾー!


◎(初代)キングギドラ
SAIDAINOKESSENn.jpg
『三大怪獣地球最大の決戦』で初登場した、五千年前に金星を滅ぼした
宇宙大怪獣で、地球へ到達するのに5000年かかった超鈍足怪獣でもあります(違)。
頭も相当悪いらしく『怪獣大戦争』ではX星人、『怪獣総進撃』ではキラアク星人に
操られて地球を襲い、地球怪獣軍団からタコ殴りにされて絶命したとされています。

◎(2代目)キングギドラ
ZONEGIDORA.jpg
『ゴジラ対ガイガン』でハンター星雲人に操られて地球に来襲した個体で、
初代と同種だと思われますが、やや体格は小ぶり。
その後はガロガバロン星人に捕獲され「宇宙大恐獣」として地球を襲いますが、
ゾーンファイターと地球と金星で戦い再起不能にされたようです。

◎ドラッドギドラ&メカギドラ
MECHAGIDRAH.jpg
『ゴジラvsキングギドラ』に登場しましたが、未来人が持ち込んだ
DRRAD.jpg
ドラッドという小動物3体が核エネルギーを吸収し、融合巨大化した怪獣です。
ゴジラと戦って深手を負い海中の低温状態で200年以上仮死状態で眠り、
未来で回収及びサイボーグ手術を受けメカキングギドラとして
現代に再飛来しゴジラと戦い、大破しながらも撃退に成功します。
hipermechagidrah.jpg
TVの『ゴジラアイランド』にはこのメカギドラをさらにパワーアップした
ハイパーメガギドラというのも登場しますが、ソフビ特撮なんで詳細は省略w

◎デスギドラ
DEATHGIDORAH.jpg
『モスラ(1996年)』登場の怪獣で、6500万年前に火星を
不毛の星にした後、地球の植物に壊滅的な打撃を与え恐竜を滅ぼしますが、
モスラ一族に敗れ、エリアスの盾の力で北海道紋別の森林奥地に封印。
正体はマグマ状の不定形物質で、過去にキングギドラと交戦しギドラの姿を
コピーしたためギドラ族の姿を持つそうです。宇宙のエントロピー増大の
傾向から生まれた「生命のない完全な負の存在」なので「デスギドラ」
と呼ばれますが死の概念が存在しないため滅ぼすことは不可能で、劇中最後は
エリアスの盾で再封印されますが、解かれるとまた復活するでしょう。

◎ヤングギドラ&グランドギドラ
『モスラ3キングギドラ来襲』に登場した個体で、幼体のヤングギドラは1億3千万年前の
白亜紀ギドラ
中生代白亜紀の地球に襲来し当時の生態系の頂点に立つ恐竜を絶滅寸前にしました。
成体と比べまだ若くて小さく華奢な体型で、体重も半分ほどしかありません。

GRANDGIDRAH.jpg
成体のグランドギドラは恐竜のエキスで強大に成長していて、今の地球の
生態系の頂点にあり生命力に富んでいる人類の子供をさらって、
分身体である生体ドームに閉じ込め、そこから分泌される溶解液で
生命エキスに変えて吸収しエネルギー源にしようとしましたが、
モスラの、時間も生命の限界をも超えた超進化による新形態である
鎧モスラが立ちふさがり、その野望をくじきました。


◎護国聖獣魏怒羅
千年竜王
『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001)』
に登場する護国三聖獣の1体で、日本国家を護るものではなく、より昔の時代から
日本列島に形成されてきた、生物全ての集合体としての“クニ”を護る存在です。
本来は聖獣中最強ですがその力を発揮するには1万年の眠りが必要で、
早過ぎる目覚めのため、小ぶりの体や羽根の未発達で飛行不可能等、
ゴジラ戦には非力な状態で蘇りました。この不完全な魏怒羅が、一緒に戦った
最珠羅が爆散した後の思念やエネルギーを吸収し覚醒したのがキングギドラで、
ようやくゴジラと互角になりましたが、それでも倒すことはできませんでした。


◎カイザーギドラ
KEIZER.jpg
『ゴジラファイナルウォーズ』に登場した怪獣で、最初はX星人の操る
モンスターXとして暴れましたが、最終決戦でトランスフォームし、
カイザーギドラという真の姿を表します。
https://www.youtube.com/watch?v=UlE2f8FSdF0
はく光線もパワーアップしてゴジラのそれを上回りますが、
ゴジラも人間の協力でパワーアップし撃破しました。

以上7体、11形態もあるギドラ属。ギドラの名がつくだけでもこれだけあるのは
さすが屈指の人気怪獣ならではですが、ちょっと安売りし過ぎの感も…('A`)

Ggidrah3siides.jpg
まぁそれはさておき、今回のソフビですが、『モスラ3』時に発売された
「超ドラゴン怪獣キングギドラ」で翼長約460mm全高約280mmのビッグサイズで
確か定価で4000円だかした物です。よくヤクオクやオモチャショップに
箱入りで出てるので、あまり売れなかったんだと思います。白亜紀ギドラは
通常サイズで出してるのにこっちだけ大きいんで当時は困ってどっちも
スルーしましたが、30cmサイズで集めてる今となっては好都合で狙ってました。
数回の撤退の後、「箱無しジャンク」を1400円で落札に成功。ジャンクなんで
程度は悪いことを覚悟してましたが、届いてみると色移りもない美品でした。

3GDAIIKAIZYU.jpg
(クリックで拡大します)
ゴジラ、ガメラ、キングギドラと続いてきたこの30cmコレクションシリーズ。
いずれもワタシ的その怪獣の究極進化形で揃えてきたんで、今後もその線でいくつもり。
さぁ、次はどの怪獣の究極進化刑を射止めるか、乞う御期待!


と盛り上げておいてなんですが、ここで残念なお知らせをしないといけません。
今、日本各地で火山活動が活発してますが、当地は先週震度5弱の地震をくらいました。
もちろん、震度6弱だった東日本大震災本震には全然及びませんが、
それ以後起こった余震の中では最大で、建物は無事だったけど、
ミニカー数十台転落、怪獣十数体転落、製作中だったニューヨークジオラマは壊滅、
タワー6本が倒壊、ロボット7体倒壊&破損、トイガン5本落下、ボクシングパペット10体以上転落
ボンドールもコネリーエリア8体が転倒というけっこうな被害が出た上に、昨夜も夜中に地震、
今日、この記事をupしてる最中にもユラユラと横に大きく揺れるいやな地震が1分近く続いて、
とても落ち着いてブログを書いてられる状態じゃありません…orz

それで6月一杯更新をお休みさせて頂きます。しばらく様子を見て、余震が収まれば
落っこちたコレクションを拾い集め、また陳列し、その作業が済んだらまたお目にかかりましょう!(ノД`)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

鉄人トーバーとその周辺
今週は3巡目なのでロボットのターンです。1958年の『禁断の惑星』でロビーザロボットが大人気
となって以降、映画・TV界では同じようなフレンドリーなロボットが流行りますが、そんな流行に
乗って、 と思いきや2年早い1956年にすでに作られていたのがこのTOBOR THE GREATです。



tobor poster
今はyoutubeで予告編や時代が古いので全編すら見れますが、当時は日本公開されなかったので
日本で観ることは難しい状態が長く続き、たぶん日本マスコミ初登場の
マンガ少年臨時増刊『SF TV・コミック・アニメ・映画 の世界』 (1978年刊)に掲載された
海外のロビーカードや、その後の『宇宙船』の記事等で『鉄人トーバー』として紹介されてたのを見て
活躍を想像するしか無かったんですが、1985年に日本版 ビデオソフトが発売され、2万円の高値
(当時の相場)を払えば字幕入りで鑑賞可能になったのでした。

tobor video jacket
この時のタイトルは『偉大なるトボー』で、ROBOTのアナグラムのTOBORなんでこう発音しても
間違いじゃないけど、カッコ悪いよなぁと、ソフトを定価で買うには至らず、近場のレンタル屋にも無しで
見送ったんですが、1990年頃、仕事で立ち寄った東京近郊の小さな町の電気屋の店頭に、
豪雨か何かでパッケージが水をかぶり少し染みた状態のVHSソフトが2千円で売ってるのを見つけ
ホクホク顔で買い込み、やっと見ることができたのでした。(°∀° )
少年向け低予算映画なんで、主人公の博士の邸宅とスパイのアジトが主な舞台で今の目で見ると
極めて物足りないですが、その後のロボット物につながる描写がいくつかあり興味深かったです。

いくつかあげてみるなら、
・少年が勝手にデタラメに操縦機を操ってトーバーが暴れる描写→鉄人マジンガー
・最初は大きい操縦機が小型化(大型光線銃→トランシーバー→ペン内蔵)→鉄人
・通常操縦電波が切れ機能停止した後、少年の脳波を受け再起動する→ジャイアントロボ
・最後はロケットで宇宙に飛び立つ→『宇宙への冒険』(『禁断の惑星』の続編)に  という感じです。

一説では『鉄人トーバー』がロボットが主役として活躍する最初の映画らしいので、
ロボット物の典型はすでに元祖で完成していたことになります。

時代が時代だけに、劇中と同じオモチャは作られなかったトーバーですが、すでにロボット玩具
自体はあったので、ロボット玩具とタイアップした写真があります。
20110901105611.jpg
この写真でトーバーと主人公のBrian “Gadge” Roberts少年の間にあるのはアイデアルの
ロバート・ザ・ロボットで、この写真を見た時は劇中にも登場すると思ってたけどそんなことはなく
タイアップ写真を撮っただけみたいですが、主人公と同じ名前をオモチャにつけてるからには
「トーバーとロバートは兄弟だ」みたいなノリだったんでしょうねw

robert main
このロバート・ザ・ロボットという玩具は1950年代後半ですでにプラスチック製なのもスゴイですが、
このロボットに見覚えがありませんか? そう、この2本の足が無く袴のような物が下半身を覆う
スタイルは、日本のメーカーに数多くコピーされ、

例を挙げるとマスダヤの「ファイブ・ギャング」は全体のスタイルを、
masudaya gang5
(復刻小型版・参考写真)

ヨネザワのスモーキングロボットは顔のデザインを丸コピーしています。
smokingrobot.jpg
(参考写真)


当時日本には「版権」という概念が無かったから無理ないけどナンダカナァ…('A`)

ロボット玩具としても最初期のロバート・ザ・ロボットなだけにアメリカでの人気は今も高く、オリジナル
完動品は相当高値を呼んでるし、近年出された復刻版でも完品なら決して安くはないようですが、
robert3sides.jpg
今回紹介のこの個体はオリジナルの初版です!

と言っても内部機構完全破損のジャンクなんで数千円で入手しました(°∀° )  
昔持ってた訳でもなく雰囲気を味わいたかっただけなんでこれで充分です。
全高33cmもあって大迫力なんですよ、このロバート・ザ・ロボットって! 

人気のトーバーですが日本への影響はこれだけでなく、なんとさらに10年経った頃にまたパクられ、
そのパクったロボットとは『ウルトラセブン』のユートムです。
utomtobor.jpg
着包みの写真を見比べると、頭から下はディテールを変えただけってほど似てるし、  

utom narita
デザイン画ではその頭はロビーっぽく見えます。

ユートムは劇中では宇宙人が密かに大昔に地下に作った基地で無人のまま動き続けるロボット
という設定で『禁断の惑星』のクレル星と似てるので「ロビー風ロボット」と発注され
デザインしたんでしょうが、まんまパクリでは気がとがめて首から下はトーバーにしたんでしょうね。
『ウルトラセブン』後半ではデザインを降りてしまう成田亨氏ですが、芸術家としてのプライドは
高かったあの人だけに、あるいはこういう依頼が我慢できなかったのかもしれません…。

日本未公開ロボット映画が日本の玩具界や特撮映像界に少なからぬ影響を与えていたこの事実、
パクりをそしるより、そんな物からもソースを得た当時の業界人の研究熱心をほめるべきでしょうか…。
なにせアメリカではトーバーは商品としては未だガレージキットでしか立体化されてないんですからw

では最後に、そのトーバーの「義兄弟」たちをいくつか集めた写真を御覧ください。
tobor brothers
「トーバーブラザーズが宇宙への冒険に旅立って、とある惑星を探査中」ッて感じでしょうか?
特に熱心なブリキロボットコレクターじゃない私ですら、このトーバーの義兄弟たちを
いくつか持ってる訳ですから、やはり日本への影響は大きかったんですねぇ…。ヽ(^。^)ノ






テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

千の銃を探して
GWウィークはいかがお過ごしでしたか? 私は日帰りでしたがちょっとした小旅行に行き
疲れたけど堪能しました。このブログのネタになることなので、いずれまた披露しますね。
一週休んだので、今回は2巡め、トイガンのターンなので、西部劇でお馴染みのこの銃を取り上げます。
ウィンチェスターライフルは、拳銃のコルト・ピースメーカーと並ぶ西部劇のシンボル的存在で、
JOHN WEAIN
ジョン・ウェインが『駅馬車』等で大柄な身体にモノを言わせ、クルクルと振り回してるのを
始めとして実に数多く登場します。
我々の世代になじみ深い作品では『荒野の少年イサム』があるし、
かなり古くなりますが、1950年のモノクロ映画の『ウィンチェスター銃’73』という、
そのものズバリのタイトルの映画すらあります。

ではなぜ、ウィンチェスターライフルが、西部劇の登場人物たちに愛されたのかというと、
もちろん、レバーアクションの完成度の高いメカニズムが信頼されたからではありますが、
それ以上に、このライフルの多くが拳銃弾を使う銃だからだったのでした。
本来、ライフルは長距離狙撃用なので遠くの標的を確実に粉砕するため、拳銃弾より大きく
破壊力も大きいライフル弾を使います。しかし大型ということはそれだけコスト高と
いうことで、専門のハンターや軍人ならばそれも大きな問題ではないのですが、
貧しいカウボーイや一匹狼のガンマンともなると、二種類の弾を常に用意することは
経済的にも保管・携帯の手間的にも負担が大きく、拳銃と同じ弾が使えるなら、
狙いの付け易い長いライフルならではの確実な目標への着弾があれば、
多少殺傷能力は落ちても構わないという価値判断が生まれた訳です。
そういう要求にピッタリだったのがウィンチェスター銃で、拳銃弾仕様の非力さと
複雑なレバーアクションが過酷な戦場では敬遠されたことが理由で、
米軍への正規採用は一度も無かったそうですが、一般セールスは良好だったようです。

ウィンチェスター銃がブームになった理由はそれだけでなく、約1000挺に1挺の割合で、
非常に精度の高い個体が作り出され、それが「千に一つの名銃」ともてはやされたことで、
大当たり付きの懸賞的作用も果たしたのかもしれません(笑)。
この「1000の1」は実際にあった話で、ウィンチェスター社が1876年の広告で
大々的に宣伝したものでした。「1000の1」の他に「100の1」もあったようで、
どちらも優秀な個体として華麗な装飾が施され特別扱いされたようですが、
いつもその割合で組み上がり精度の高い個体が出るはずもないので、
単に完成チェック時に、100挺中一番デキのいい優良品と、さらにその優良品10挺中で
一番優秀な特選品を選別していただけかも知れませんね(笑)。
この個体によるデキの善し悪しは主にライフリングの差によるものだったようで、
1つ1つ出来映えが違っていたからこそ起こったことかも知れません。
そういえば『ゴルゴ13』でもゴルゴが愛用のM16の銃身を特別オーダーで
精密加工させる話がありましたねぇ…。

DVD JACET
映画『ウィンチェスター銃’73』は射撃大会の賞品になった「千に一つ」の名銃が、
その一目で分かる素晴らしさから、様々な男たちの手から手へと渡っていく
争奪戦の激しさを描いた作品です。まだ充分に若いジェイムズ・スチュアートが
彼にしては気性の荒い、銃の名手マカダムを演じますが、
なんと言っても真の主役は「千に一つ」のウィンチェスター銃73で、
movieversion.jpg
モノクロの画面を通してですら、その銃の持つ美しさと妖しさが充分に伝わってきます。
大昔にTVで見て以来その面白さは強く印象に残っていましたが、
最近再見した際にもそれに全く変わりはありませんでした。
欠点を敢えて上げるとすれば、90分余りの上映時間でこの銃は述べ8人もの
男たちの間を渡り歩くため、それぞれとの物語を構築する時間がほとんど無いことです…。
そのため単に所有者が次々に不幸な目に会う感じで、まるでこの名銃が呪われてるように
感じられるので(笑)、できればTVのミニシリーズか何かで毎回1時間くらいかけて、
それぞれの男達とのドラマをジックリと描いて欲しかったですねぇ…。
 
途中、インディアンとの戦いのシチュエーションも登場しますが、興味深いのが、この作品では
インディアンも弓矢や斧といった伝統的な武器だけじゃなく、銃で武装しているということ。
rock hadson
リーダーのヤング・ブルはそのために白人の武器商人との取引も行うし、武器商人が
売りつけようとしていた旧式のライフルだけじゃなく、彼が持っていたウィンチェスター銃の
価値も見抜く目利きとして描かれているのです。
このヤング・ブル、羽根飾りに上半身裸の伝統的インディアンの装いですが、やたら
カッコ良く描かれているなぁと思ったら、演じてるのはなんとロック・ハドソンした(笑)。
キャリア初期故の汚れ役ですが、それでもスターはやはり輝いてるモノです。

TONY W73
この映画には他にもトニー・カーチスがウィンチェスター銃の凄さを見抜く
一騎兵隊員として出てるし、

Shelley-Winters-Winchester73.jpg
ヒロインが若き日のシェリー・ウインタースだったりもするので一般映画ファンにもお楽しみは多いし、
最初にマカダムがやって来る街がダッジ・シティなので、保安官として登場するのは
ワイアット・アープだったりする、西部劇マニアをニンマリさせる仕掛けも充分です。
アープはこの後トゥームストーンに移って「OK牧場の決闘」を戦うので、いわば前史な
訳ですが、ジェームズ・スチュアート自身も1964年の『シャイアン』という映画では
ワイアット・アープを演じてるので、彼にとっても前史な訳でした(笑)。


さて、そのみんなの憧れのウィンチェスター銃ですが、さすがに高名な銃だけあって
トイガン界でも人気は高く、ヤフオクでもいつも高値に吊り上がります。
私もこれまで8回どころか、十数回は途中撤退させられ、先日は1100円で落ちてたのに、
その瞬間他のことをしていてレイズを忘れる大失態を演じてしまったのでした(つД`)…。
そのオクは売り主がリサイクル業者でマニアでなかったため、ウィンチェスターという
名前でなく、オモチャメーカーの「ジェファーソン銃」という名で出していたため、
注目度も低く、落札の絶好のチャンスだったのに…_| ̄|○
そんな中、今度は手が届くスタート価格で同時期に3挺のウィンチェスター銃が出品され、
2挺はトイガンとして有名なマテル製のウインチェスターで、後の1挺はタカトクの
つづみ弾仕様のエアガンで、これも業者が無知で「ウィンチェスター」の名前を使わずに
出品しているブツでした。品格からすればマテルのが上でしょうが、落札しやすいのは
やはりその名を出していないタカトクかと狙いを定めた私は、それに絞って入札の結果、
5回のバトルを経て3400円で無事落札に成功したのです。マテルのがどうなったかは、
1挺は18の入札の末、3700円で、もう1挺はそれ以上とやはり高値安定でした(苦笑)。
「3400円も3700円も大差無いじゃないか」とおっしゃるあなた、ハイそれは正論ですが、
たぶんそっちに私が張り込んでたらもっと上がったろうし、マテルのは
写真で見てもはっきり解るほどにサビサビ&傷だらけと程度が悪かったんですよ。
ss700.jpg
その点タカトクのは写真でもキレイだったし、実際届いてみると素材のツヤさえ
残っているピカピカの美品でした。弾が無いので不確かですが、作動も良好なので
たぶんこれ、まだ撃てると思います。でも専用の弾&カートリッジを買おうとすると
また3000円近くかかっちゃうんで、このままの状態で放置ですが…。(ノД`)

takatoku.jpg
どうもこれはSS7000、愛称SSスーパー7という名がつけられた商品のようで
上位機種のスーパー9は名銃の誉れ高く、タカトク倒産後も後継メーカーで
一部仕様を変えて引き続き生産されたということなので、撃ってみたい気はします…。

タカトクのトイガンはマツシロという下請けメーカーが製造し、一部は自社ブランドでも
発売していたようですが、1984年のタカトクの倒産で連鎖倒産してしまいました。
すぐにその技術を惜しんだバンダイが資本を出しユニックスとして再建されましたが、
その後の推移は不明です。大手だけが生き残り下請けはドンドン入れ替わる構図は
どの業界も変わりないようですが、腕のある技術陣がその腕を買われて生き抜いてく様は
どこか凄腕ガンマンや千の一のウィンチェスター銃と似て、カッコ良さすら感じます。(°∀° )




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

カワイ子ちゃんが乗ってきた可愛い子ちゃん
STEAMERMAIN.jpg
GWが始まりました。当ブログは2007年のGW開始なので8年が過ぎて9年目に突入です。
コレクションも煮詰まってもとい、数を増やしてくるとなかなか新しい出会いが無くなるもので、
前世紀のひたすら足で出会いを稼ぐ段階から、NETショップやヤフオクをチェックしまくる段階へ移り、
やがてはそれですら出会いが無くなり、ついには世界へ触手を伸ばす段階へ移るようになります。
まぁその「世界」とはebayのことですが(爆)、今年に入ってからセカイモンを毎月利用しだしました。
それはいつの間にか始まっていた「1ヶ月留め置き無料サービス」が結構使えたからです。
セカイモンを使いアメリカebayから買う時、一番のネックは日米間の送料で最低でも3千円近くかかる
ので、これまではそれだけ送料を払ってもいい相当欲しいモノか、相当日米間で値段差があるモノ
以外は、なかなか手を出す気になれませんでした。
実は以前から「一週間以内に落札したモノ同士ならまとめて発送」というサービスはあったんですが、
落札後、発送まで一週間、アメリカ国内輸送にまた一週間、セカイモン内の検品にまた一週間、
なんてことも珍しくなかったんで、たった一週間の猶予ではまとまって送られる方がマレで、
一個づつ間一日置きで送られてムカついたこともあった程です。('A`)

しかし一ヶ月猶予がある上に、期間内なら個別に出荷指示を出さないと送られない
今回の「留め置き」システムだとちゃんとこちらの意図通り荷物をまとめることが可能で、
5個とかまとめると各々の送料は800円程度で収まり、つまりは国内宅配便と同等の値段
になるので、気分的にグッと買い物がしやすくなりました。ヽ(^。^)ノ 
もともと海外のキャラクター玩具は一部の例外はあるけど、日本で買うよりebayで買った方が
安い場合が多いので、いくつかまとめてもそんなに懐は傷まないしw

今回の品はそういう留め置き発送のついでに入手したブツで、単品ではとても
海を渡らせる程は欲しくはない品物です(笑)。お題的には『グレートレース』で、
長く続くこのテーマがちょうど記念日の今日回ってくるのも奇遇ですね(笑)。

これまでこのテーマでは映画のモデルになった実際に行われたレースの出場車を  
紹介してきました。というのも版権を取った品が皆無だし、主役の2台である、  
レスリースペシャルもハンニバル8も自作にはちょっとハードルが高いクルマだし、
他の多数はスタート直後でリタイヤしてしまうからです。
the-great-race_la-carrera-del-siglo_blake-edwards-1965.jpg
唯一中盤まで残ってる紅一点マギーのスタンレースチーマーは蒸気自動車という
時代をよく表したクルマなんで欲しかったんですが、8年前に調べた際には標準スケールに
近いのはプラモデル、 それも相当なヴィンテージ品しかみつからず入手を断念してたのが、
ebayで英語で検索したら、手頃なサイズのが高くない値段で複数出品されてるじゃないですか!

STEAMER 3 SIDES
それが今回のTOOTSIE TOYのミニカーですが、ここはアメリカ最古のミニカーブランドで、
裏打ちの無いプレスの車体に一体成型の車輪がそのままハメてあるような素朴な、
ちょうど昔のグリコのおまけをそのまま大きくしたようなミニカーを作っていたところです。
たぶん日本に正規に輸入されたことはなく、日本語の文献も中島登さんの「バイブル」だけなんで、
そこで書かれた「トゥトスィトーイ」という表記で認識はしてましたが、キャラミニカーのみの
私の収集対象じゃないブランドでした(笑)。それでまず意外に思ったんですが、 
安かったので取ってみると、車輪にゴム素材が使われていなかったりはするけど 
ちゃんと裏板もある、中島さんの本で見た同ブランドのよりよっぽど普通のミニカーの作りでした。
そこで気になって調べると、なんとこの会社、経営陣の交代はあったりしたけど現役のメーカーで、
TOOTSIE TOYも1980年代頃までは確実に生産され、このスタンレースチーマーは1960年代に
5種類出たクラシックシリーズの1台とのことで、金属製、全長は78mmなんでスケールは約1/46です。
本当は劇中と同じ深緑に塗るつもりだったけど、思ったより程度が良かったのでリペは止め、フロントに
このクルマの特徴である、筆記体で書かれたロゴをマネして書いたシールを貼るだけにしました(笑)。

しかしこのブランド名の「トゥトスィトーイ」って、書きにくいし発音しにくい名称だと思ってたんですが、
意味は何だろと調べたら、なんと「カワイコちゃん」でつまりトッツィー、
tootsie-poster.jpg
そうあのダスティン・ホフマンの映画と同じ単語だったんですよ。(°∀° )

natalie-wood-MAGGIE.jpg
つまりはこのミニカー、ナタリー・ウッド扮するマギー、ミルクちゃんの元ネタの
あのカワイ子ちゃんのクルマをカワイ子ちゃんとして出したことになります(爆)。

旧名称のトゥトスィトーイよりよっぽど書きやすいし読みやすいので今後はこのブランドを
トッツィートイと呼んで愛でてあげることにしましょうか!(°∀° )


今後の予定ですが、今月はGWだし土曜日は5回あるんで、来週1回お休みいただいて、
以降は1回ずつズレた状態で全4テーマをお届けする予定です。
みなさんもどうかよいGWを!ヽ(^。^)ノ






テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用