キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


レイア姫のやんごとなき髪型
さてスターウォーズ1月ブッコ抜き特集のトリを飾るのは、やはりスターウォーズコレクションの
中核はコレだろうということでフィギュアです。第一作公開時に始まる旧ケナー社の
アクションフィギュアは10cm程度のフィギュアをブリスターパックに封入して販売するという
このジャンルを形成したといっても過言ではないオモチャです。
日本では1作目公開時期はほとんど売れず、2作目では箱入り発売にしたけど苦戦で、

popeye1981.jpg
3作目の公開前に雑誌『POPEYE』の「コレクター特集号」(1981年4月25日号)で
ハワイアンシャツだのクルマだの、いかにもこの雑誌らしいスカしたコレクションに混じって、
ブリスターパックが背景に敷き詰めてあるというイカれたレイアウトで、 たしかデザイナーさんだと
思ったけど、スターウォーズフィギュアコレクターが紹介されてました。
そのコレクションが日本で売られたラインナップとは比べ物にならない莫大な数で、このフィギュアって
こんなに数あったのかという驚きと「日本公開前にハワイまで新作鑑賞がてらフィギュアを
まとめ買いに行く」という、当時も今もマネできぬリッチなライフスタイルに憧れたものでした…。
しかし何よりもこの時の特集で心の糧になったのは「ああ、オモチャコレクションも
フツーの人の趣味と同等に語ってもイイんだ」という感覚です。当時、オモチャや模型を
取り上げてくれる雑誌は『ホビージャパン』『宇宙船』『スターログ』等のマニア誌だけだったところへ、
「ナウいヤングのバイブル」で、今で言う「リア充」御用達の『POPEYE』が取り上げてくれたんだから、
オタクという概念すらまだ無く、単に「子供っぽい趣味の気持ち悪い連中」に過ぎなかった我々に
強力な免罪符を与えてくれたのでした。
それで『ジェダイの復讐』(当時)公開時にはそのフィギュアを集めてやると待ち構えてたんですが…。
一番欲しかったESBのバウンティハンター連中は再販されず、ビミョーなメンツばかりだったので、
結局は上京後に東京の輸入玩具店やイベントで チマチマ欲しいものを買い揃えました…。('A`)

今日お見せするのは、それらレギュラーサイズフィギュアといきたいんですが、現在行方不明なので、
その代わりにラージサイズのフィギュアというよりドールです。日本ではほとんど無視されてけど、
ケナー社は従来の30cmサイズのお人形も一緒に出してたんですよ。特に1作目の人形たちは
人形としての愛らしさを重視していたのかヘタしたら本当の俳優より美形で、
チャーミングだけど美人とは言い難いレイア姫も
leia large
全身はこうで、

leia faceup
お顔のアップもこの通りの愛らしさ(・∀・)!! 
髪の毛にはドールヘアを使用してるんで独特の髪型も再現されてます。
当時の技術水準ではレギュラーサイズでフィギュアの顔を似せることは不可能だったんで、
熱心なマニアは30cmドールも頑張って買い揃えたものですが、私はスターウォーズはファンでは
あってもマニアではないので、このレイアだけ、たしか何かのイベントで安かったので買いました。
ルースだけど髪がちゃんとしてたのがポイントで、ここってバラけてることが多いんですよ。

aof.jpg
「髪型は変わったけど、私は昔のままよ」。新作の『フォースの覚醒』で、久々の対面になるらしい
ハン・ソロとの会話でレイアが漏らした言葉です。レイアも今やレジスタンスの将軍となって、
逆に逃げ出したソロは(半)海賊に戻っているという立場なようですが、ソロが逃げたのは
もともとそういう窮屈なことが嫌いだけど打倒帝国のためやむなく将軍になったという事情の他に、
息子ベンの教育の失敗で、彼が悪の道に走ったことも原因だったようです。
そのベンがカイロ・レンと名乗り、ダース・ヴェイダーの後継者としてファーストオーダーで頭角を
現してるんだから、レイアもハン・ソロも、そして今後のエピソードで霊体として登場するであろう、
アナキンも気が気じゃないでしょうね。

さて、変わったというレイアの髪型、実はEP4~6の3本でいつも違う訳ですが、  
そのうち印象深いのがドールでも採用された初登場EP4での
leia tnh
コレですよねぇ。衣装の純白とも合わせいかにもオボコい感じですが(笑)、
この特異な髪型についてルーカスは
hopylgirl.jpg
「ネイティブ・アメリカンのホピ族の髪型がインスピレーション源の一つだった」と
語っているようです。でもあくまでも一例だし、衣装も含めて考えると全然違います。
あの全身白いイメージは処女性を超えて神聖さすら感じさせるので、
mizura.jpg
日本の古代の角髪(みずら)という髪型だと考えれば衣装が白いのとも合致します。
ルークが柔道着みたいの着てるし、日本のイメージが濃い2人に典型的メリケン扮装をした
ハン・ソロが絡んでくるという構図だったんじゃないでしょうか?
なんか最近「レイア姫のコスプレをしようとしたけど髪型がうまく再現できなくて、ロールパンで
代用する人続出」というマジかネタか解らない記事があったし(笑)、トリンドルがスターウォーズとは
無関係に再現してたり、鬼奴がCMで絶対失敗できぬお見合いのため美容室で髪型を変えまくった
挙句、角髪にして満足なんてのもあったので、この髪型、ひょっとしたら流行るかも?(°∀° )

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

テンバイヤースターウォーズ
1ヶ月ブッコ抜き特集をやる場合、トイガン&ロボの連携が一番難しいんですが、
スターウォーズは例外です。ブラスター&ドロイドという呼び名になりますが、
どちらも挙げきれないほどたくさん出ているからです。(・∀・)

R2D2-C3PO-EP4.jpg
ドロイドは最初に制作されたEP4ですでにC-3PO&R2-D2のコンビが登場しましたね。
その他にも、ジャワズのロボット即売会でオーエン叔父が最初に購入を決めてたのに、
動かした途端に異音をたてて作動停止してしまったR5-D4が印象に残ってますが、  
R5-D4.jpg
なんとあのドロイドには後に「ジャワズの倉庫でしばらくC-3PO&R2-D2と過ごす間に
彼らに託された任務の重大さを理解し、別れさせてはいけないと自ら作動回路をふっ飛ばして
身代わりになった」という、多分ファンによる裏設定が考えられ、劇中その直後に
サンドクローラーが帝国軍に破壊されドロイドを売ったジャワズが全滅した時も
「それ以前に盗み出されて無事で、複数の持ち主を転々としたあげく反乱軍有力者により
整備改造された後、モス・アイズリー庁舎で情報収集の任に就き、その後長く反乱軍に重要な
価値ある情報を提供し続けた」という泣けるストーリーが付加されました(笑)。
もともとR2の廉価版としてデザインされたあのドロイドにこんないい話を考えるなんて、
スキモノの心はアメリカ人も共通のようです。(・∀・)

Rebels Ezra Chopper
『フォースの覚醒』の露払い的に地上波放送が始まった『反乱者たち』で、
R5ユニットに形が近いドロイドのチョッパーをレギュラーに入れてるのも
もしかしたらR5-D4好きがスタッフにいたからだったりしてw

ESB BOUNTYHUNTERS
『帝国の逆襲』では医療用ドロイドの2-1BやバウンティーハンターのIG-88が
印象深かったし、

BATTLEDRONDS.png
『前史3部作』では無数に出てきて共和国を襲ったため、対抗上、クローン兵団の  
使用を決断させたバトルドロイド軍団が強く印象に残ってます。

今回の『フォースの覚醒』に関しては約1年前からオモチャ売り場で常設コーナーを
作っていて、徐々に人気を盛り上げるつもりだったんでしょうが、最初の作品が
アメリカとの公開時期を1年ずらし、報道合戦によって前人気を盛り上げることには
成功したんですが、さすがに1年は長すぎで日本公開時期にはすっかりブームは冷め、
映画がコケはしなかったけど関連商品は売れ残りの山だったのを横目で見てたんで、 
同じ失敗にならねばいいがと思うことしきり…。
売り場維持に少しでも貢献しようと『反乱者たち』の宇宙船やドロイドを買おうとしたら、
全然売ってねぇ…。いくら露払いとはいえ地上波放送してるんだから、
ちゃんと取り扱えばいいのに…。('A`)

bb8 sumsup
そして新作ではなんと言ってもBBー8! 公開前はあの球体2つを重ねたような姿がカッコ悪く感じて、
オモチャ売り場で見かけた小型のもスルーしてたんですが、劇中での張り切りぶりを見たら
もう可愛くてしょうが無くなりました。特にサムズアップが(・∀・)イイ!! 
それで何か一つオモチャが欲しくなり、スターウォーズ玩具の基本のベーシックサイズフィギュアでも
買おうとしたら、カイロ・レンとBB-8のどっちも売ってねぇ…('A`)  
あったのは銀色トルーパーとフィンと、あとはよく解らないフィギュアだけでした。
メタルコレクションという金属製で5cm位のシリーズにBB-8あったからそれでいいや
と思ったけどそれも無し…。どうも公開後速攻でテンバイヤーが買い占めたようなんですが、
アメリカでは売ってるBBー8のベーシックフィギュアが日本では無いみたいなんですね…。
そのかわりに売りたかったのがメタコレみたいで、見事BB8だけは無くなってました。

そっか~、昔の国産スターウォーズ玩具はダダ余りになったけど、今はテンバイヤーたちが
熾烈な争いを繰り広げてるんで、とりあえずは店頭在庫はハケる訳ですな。
テンバイヤースターウォーズ、恐るべし
((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル  

オクを覗けば1500~3000円位でメタコレBB8が多数出品されてますが、誰が通常品を
2倍とか3倍出して買うもんか!ヽ(`Д´#)ノ

つうことでBB8が入手できなかったので、今回は代わりにC-3PO&R2-D2の玩具を御紹介。
TAKARA R2
R2は確かEP1時のタカラ製の合金玩具で、C-3POは 詳細不明のソフビ製のたぶんペンダント。
R2にスケール合わせようとしたら、この謎のソフビが見つかりました(笑)。
R2で8cm、3POで12cm位の大きさです。3面図を撮る程のものじゃないで今回はパスということで(笑)。

今回はBB8は買えませんでしたが、短期決戦のテンバイヤーたちと違って、
こちとらコレクターは数十年単位で待つのだってフツーなんで、奴らの陰謀に負けることなく、
BB8が安価で買えるまでしぶとく抵抗を続けてやろうと思います!
May the Force be with Me! ( ー`дー´)キリッ                  

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

チューバッカのボウガン型ブラスター
2巡目なんでトイガンの回です。『スターウォーズ』世界には銃器も多数出てきます。
実弾でなくエネルギーを撃ち出す光線銃が普及してますが、携帯する銃器の場合は、 
一続きのレーザービームを照射するレイガンじゃなくてエネルギー光弾やパルスエネルギーを
撃ち出すブラスターの方が多いようです。それにはいろいろな理由があるんでしょうが、   
(1)撃った後のリアクションが実銃と同じでいいので、芝居がつけやすい     
(2)ジェダイの武器がライトセーバーなので違いを際立たせたかった
辺りは、まず間違いないところでしょう。

実は「ブラスター」という単語を意識したのは『スターウォーズ』からで、それ以前はレイガンの方が
多かったような気がします。日本特撮では最初期の『ウルトラマン』『ウルトラセブン』辺りは
レイガンでしたが、第2次怪獣ブームあたりからブラスターですらない実弾を撃つ銃が
主力になったのは、いちいち光学合成しないでいいからでしょうね(苦笑)。

『スターウォーズ』世界のブラスターと言えば、やはりハン・ソロ&チューバッカの 
海賊コンビがバカスカ撃ちまくってますが、今回はチューイの銃を取り上げます。
sorochuwe.jpg
チューイの銃は普通のブラスターじゃないボウガンで、この日本に最初期に紹介されたスチルで
すでに構えていますが、この素朴な武器を選ぶ辺りにも文字通り野人である 
彼の個性が際立だってましたが、そのうちチューイの「手製」であるとの設定が紹介され、
私的にはますます興味が湧いてきました。この銃はスターウォーズ世界での正式名称は
ボウキャスターで、矢を撃つんじゃなくて、やはりエネルギー射出銃でした(笑)。
じゃなんで弓っぽい形をしてるのか解りませんが先祖の使用武器の名残なのかもですねw
『フォースの覚醒』でもこのボウキャスターは大活躍し、なんと今回はハン・ソロが 
これを借りてブッパナシてましたね。\(^o^)/

bowcaster omote
今回紹介は、EP3「シスの復讐」の際に売られたトミーダイレクト製です。
映画には出てこないのにラインナップされたのは、やっぱ銃のバリエーションとして貴重な  
ラインナップだからでしょうか? 
bowcaster ura
こちらの裏の写真にあるようにボウガンの弓部分は別パーツで、それを組み立てた後、
ソフト素材のダーツの矢風の弾を撃ちだす仕様で、新品未開封で買ったので
多分撃てるはずですが、梱包がイランこと頑丈で箱から出すと箱が壊れそうなので解りまへん。
もちろんお子様サイズなんで、このまま箱に入った状態でディスプレイしておくのがいいかな?

実は「ボウガン」って和製英語で、正しい英語だと「クロスボウ」なんだそうです。 
しかもボウガンは日本では株式会社ボウガンの登録商標かつ社名なんで、
他のメーカーは使えないんだとか…。
クロスボウは後に『ユアアイズオンリー』のメリナや『バイオハザード』シリーズの 
エイダ・ウォンの武器としてフィクション世界でもお馴染みになるし、
実は銃と違って日本でも本物を持てるということでガンマニアにはアピール度が高く(笑)、
私もメリナと同じタイプのを探したこともありますが、あれはもう型が古くて後継機種
でないと売ってないし、それも5万以上と高価なので諦めました(泣)。
でも今思うとそのせいで、「スターウォーズの銃を何か一つ」選ぶ時に、
チューイのボウキャスターに思い至ったのかもしれません(笑)。
ウーキーの銃なんで、申年のエトとも関係あるし。\(^o^)/

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

『フォースの覚醒』はやはり「スターウォーズ」だった\(^o^)/
あけましておめでとうございます
どうか今年もよろしくお願いします。m(__)m

SWTFA MV
『スターウォーズ フォースの覚醒』観てきました。なるほど、先に見た人たちの  
言う通り「いかにもSW」でした。ほとんど新規のスタッフがここまで頑張って  
「昔の栄光」を再現したのは凄いと思います。
軽いネタバレになりますが話はまたしてもデススター攻防戦で、
再現に留まり新しい事をやってないことを批判する意見もあるけど、
もはや伝統芸能だからアレでいいんですよw
余計なことをして元の持ち味を損ねるよりはよっぽどマシです。    

XWINGCOUNTERATTAC.jpg
展開は読めてたけど、ブラックXウイング編隊が「ヒャッホー」と
助けに来たシーンは、やっぱ燃えたし!\(^o^)/ 

個人的な感想ではそもそも過去作だって満足したのはEP4と5までで、
EP6はボバ・フェットのあんまりな最後とスターデストロイヤー艦隊の杜撰な扱いに
「金返せ」と思ったし、EP1は「ビミョー」、EP2は「嫌な話」、
EP3は到達点が決まってるので仕方ないけど観てるのが辛かった。
でも、3の最後にモフ・ターキンがカッシング翁が亡くなってたので別人にメイクして
そっくりにしてまで出てきたのを見て、スタッフの「愛」を感じたんで許せちゃいましたけどね(笑)。

今回イヤだったのは冒頭、20世紀フォックスのファンファーレが流れないこと。   
なんでルーカスはディズニーに売っぱらうかなぁ…。あのファンファーレはSWサーガの一部
なんだからフォックスも他社に渡すなよ。('A`)            
それから今回、時間の都合で3D・吹き替え版に入ったんですが失敗でした。    
さすがにstarwarslogo.jpgのロゴは英語だったけど、
以下の説明が全部日本語。('A`)
あ〜そうでした吹き替え版はこの余計な親切をしてくるんでした(T_T)       
FOXファンファーレ抜きに続く萎え萎え2連発でしたが、日本語のおかげでEP6以降
どうなったかが、字幕の字数制限無しに伝わったのは良かったです。

今回敵対する2大勢力ですが、帝国の残党が名乗るファーストオーダーと
共和国側のレジスタンスという名称が不適切だと思いましたねぇ…。
ファーストオーダーじゃ一番重要な勢力みたいだし、
レジスタンスじゃ共和国がまた滅んだみたいですよねぇ…。
帝制復古軍vs平和義勇隊みたいなわかり易い名前つけるべきです('A`)

WRECKEDSTARDESTROYER.jpg
スターデストロイヤーが砂漠に座礁してるのは斬新な絵面で、宇宙戦艦ヤマトっぽかったです。
そんな画は他の宇宙SF映画で無いと思うし、影響したんだったらうれしいけど…。

さて今月は1週休んだけど5週目まであるんで、1つずつずらし4ジャンルやります。
面白かったんでスターウォーズブチ抜きで!\(^o^)/
Xwing Main
今月のミニカーは、7年前にアキバのショップのジャンクコーナーでオールドケナーの
ダイキャスト製TIEを1000円で見つけて以来、相方を探し続けてようやく入手した
同じオールドケナーのXウイングファイターです。

Xwing 3sides
約40年前の玩具だけにアメリカでも高値で日本で探した方が安いくらいで、相場では
ブリスター入りで5000円位するのをルースで1500円でGET。
売主がよく把握してなくて「XーWINGプラプラモデル」とか書いてたのが幸いしたかもw
当時モノのダイキャスト玩具にはケナーのを輸入したのとタカラ開発の商品があって、
タカラ自社開発のはカッコ悪いのでケナー製の写真と見比べ判断つけたけど
間違ってなかったようです(笑)。

Xwing open
ギミック的にはウイングの開閉の他にキャノピーもちゃんと開きます。翼先端の機銃が黒いのは
撮影用ミニチュアと違うけど、「ミニカー」なんでそれも愛嬌ですね。(°∀° )

このオールドのXwingファイター、デキはもちろん最近のモノの方がいいけど、
当時物には独特の雰囲気があるし、相方のTIEファイターと揃えたかったので
ねばったかいがありました。TIEの方もそのうちお目にかけますね。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用