キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


大魔神と異国の魔神たち
大魔神について調べた時、他国の神話の荒神や鬼神等が出てくる特撮作品が  
気になって、まず浮かんだのが『シンドバッド黄金の航海』のカーリーでした。

kari.jpg
カーリーはインドの鬼神でシヴァ神の妻パールヴァティーの戦いの姿です。 
ドゥルガーが怒りに我を忘れた際にその額から飛び出し、敵を滅ぼした後も
暴れ続けたので、シヴァが我が身を投げ出しその上で暴れるうちに怒りが解け、
自分のやらかしに「テヘッ」と舌を出し恥じてる状態で表現されてるそうです。
三段変身とは今時の特撮ヒーローっぽくてイイけど、『黄金の航海』では像が 
魔法で動き出しただけで本物の神ではないので、この展開がなくて残念です。
この「敵を滅ぼした後も暴れ続け、身を挺して止められると怒りから覚める」という要素は、
そのまま大魔神に継承されたと言ってもいいかもしれないですね。

インド系神話と特撮といえばハヌマーンでしょう。この神は風神ヴァーユの子で、
中国に伝わって孫悟空のモデルとなったとも言われています。
hanuman.jpg
ウルトラマンや仮面ライダーと共演したハヌマーンはその白い姿や、
やたら踊りまくるスタイルで日本の特撮ファンに強い印象を与えました。

同じチャイヨープロダクションによる『ジャンボーグA対ジャイアント』と仮題が
ついてるジャンボーグA映画には、ハヌマーンではなく緑色の鬼神が出てきますが、
これがジャイアントという訳ではないようで、ジャイアントとはジャンボーグAの形容で
「デカイぞジャンボーグA」的原題を訳し間違ったようです。('A`)

tokkasan.jpg
ではあの緑の巨人は何かというと、ヒンドゥーの神話「ラーマーヤナ」で  
ラーマ王やその配下ハヌマーンと戦った鬼大将トッカサンだそうです。
心臓を体から分離し隠してるので本来は不死身ですが、いくら戦っても弱らないトッカサンを
訝しんだハヌマーンが、隠してある心臓を見つけ握りつぶしたので絶命したといいます。
映画に出てくるのは鬼大将そのものじゃなく姿を模したロボットのようですが、
やはりインパクト強い外見をしてますよね。

さて、魔神が出てくる映画をさらに検索したら、『伝説の大魔神vsエイリアン』という作品を
見つけました。これは2013年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品された
短編だそうで台湾の学生が作ったらしいです。

アマチュアフィルムならあるいはとyoutubeを探したらありました!\(^o^)/ 
16分と短いので見てください。

ジャイアントロボとトランスフォーマーとウルトラマンがゴッタ煮になってる
オタク丸出しの作品ですが悪くないです(笑)。中華文化圏の作品なんで、
中国武将関羽が神格化されてるのは解るけど、あの全然怖くない、
むしろカワイイ鳥頭のエイリアンに見覚えあると思ったら、なんとこれ、
1976年に台湾で作られた『戰神 香港大災難/關公大戰外星人』のリメイク、
というよりオマージュ作品らしいです。

その『戦神』とは
senshin.jpg
これまではこういうモノクロの印刷の悪い写真でしか知らなかったんですが、
とても1976年の作品とは思えず、日本戦前の『大仏廻国』と同じかほりがします。
大仏廻国
『大仏廻国』はすでにフィルムは失われているらしいけど、『戦神』の方は  
最近、デジタル修復されたそうで、yootubeにありました!(゚ロ゚ノ)ノ!!

こっちは70分以上あるしテンポも良くはないけど、特撮ステージがメチャメチャ広く、
そこに頭を越える大きさのビルを多数並べてるのは凄い。
円谷プロの高野特撮監督が指揮をとったらしいこの特撮、日本ではもう
予算的にできなくなってた部分をやりたい放題やれて嬉しかったでしょうねぇ…。
こっちの魔神グワンゴン(関公の現地語読み)は仏師が精魂込め作り上げた像に 
関羽が宿り動き出す設定で、軍神関羽公そのものなので強い強い!
特に「開眼」してからの第2ラウンドは無敵状態!
「オ~~ム」という低い唸り声と共に実体化、そして巨大化する様子は
身震いする程カッコよく、顔がマスクで無表情なので神秘さがあって(・∀・)イイ!!
リメイクは顔が赤塗りメイクで人間味が勝ちすぎるんですよね。

kankoudaikessen diorama
この関公のカッコ良さにシビレたのでソフビを買ってしまいますた!ヽ(`Д´)ノ

もちろんウソです、そんなもんある訳ありまへん(笑)。
関公は普通の置物でヤフオクに出てた品。
映画のイメージに近くポーズも決まってたので購入。 
「ブロンズ風」と書いてあったので樹脂をそれっぽい色に塗ったおみやげ品かな
と思ってたけど、届いたら本当にブロンズでズッシリと重くてビックリ!

外星人はもちろんフルスクラッチ! こんなん作った奴は他にいないかもしんないw 
オリジナルのはリメイク版より気味が悪く、グレイタイプが標準になる前の
南米あたりで目撃された宇宙人に似たイメージです。
一応、火星人と名乗ってますが、鳥頭火星人ってのは斬新ですw
『未知との遭遇』でグレイタイプが流行って以来、目撃証言のほとんどが
同じタイプになっちゃったけど、それ以前は、
flatwoodsMonster.jpg
アメリカのフラットウッズの森に現れた3mの宇宙人とか、

alien unmo
旧ソ連のボロネジに現れたウンモ星人とかいろんな宇宙人がいたもんです(笑)。

こちらのサイトが詳しいので興味のある方は御覧くださればと思いますが、
『リング』以降、ビデオに写り込んだ幽霊がほとんど貞子ソックリさんになった
のと同じで、興味深い事実ですな(爆笑)。

話を『関公大戦』に」戻せば、関公のブロンズとフルスクラッチ外星人の2つを、
さすがに香港の街並みはないんで、手持ちのビルを適当に並べて撮ったのが
上の写真という訳です。\(^o^)/
関公は中華街に行った時に、関帝廟の香の煙で燻あげして、一番高いお守りを 
体に巻きつけてあるので、御利益明らか(のはず)です。(°∀° )

来週は5週目なのでお休みですが、ちょうど当ブログの年度の区切りを迎えるので
5月はリフレッシュで1月お休みさせていただき、次回は6月4日に更新の予定です。
それではいいGWをお過ごしください!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ガンプラ事始め!
今回のお題はガンダムなんで、BGMはこちらをどうぞ!

今や、総数がいくつあるのか解らないほど莫大なラインナップ数を誇り、
もうほとんど壊滅してしまった模型専門店を除けば、プラモデル売場には
それしか売ってない状態のガンプラことバンダイ機動戦士ガンダムプラモデルシリーズですが、
実は本放送時には全く発売されてなかったことを憶えてる人も、今や少数派でしょう。

視聴率不振で43話で打ち切られたという無印の『機動戦士ガンダム』。
その後の再放送と映画化で人気に火が付いたのは『宇宙戦艦ヤマト』と同じですが、
『ヤマト』は最初からバンダイがスポンサーの中にいたのとは違い、
『ガンダム』はクローバーという弱小オモチャ会社の提供でした。
クローバーはツクダの営業部長小松志千郎が独立し1973年に創業したメーカーで、
当初は女玩が得意でしたが、『無敵超人ザンボット3』や『無敵鋼人ダイターン3』で 
合金玩具にも乗り出し、その流れで『ガンダム』のスポンサーになったようです。
gundomecanontankanime.jpg
ファーストガンダムが立ち上げ時に、ガンダム・ガンキャノン・ガンタンクの    
3種のロボをコアブロックシステムで使い分けできるように演出されていたのは、 
ファイター、スナイパー、キャタピラーという構成からも、
getter123 illust
大ヒット作である『ゲッターロボ』を強く意識していたのは明らかで、
ゲッターでは不可能だったオモチャの3つのロボへの合体変形をこなしていたのは画期的でした。
そのため売れ行きは良く、後半に出たGアーマーの商品化である「ガンダムDX合体セット」も 
売り上げ好調だったのでクローバーにより打ち切りの撤回が打診されていたそうです。
スポンサーからの要請があったのに打ち切られるとは奇怪な話で、後番組が
『トライダーG7』という正反対の作風の作品で、『ガンダム』と共通スタッフが多いのに
総監督の富野喜幸が降板してることから考えると、性格の悪いもとい
協調性に欠けたところのある冨野を降ろすことが、番組交代の主目的だったのかもしれません。
番組終了後半年の1980年7月にガンプラが販売開始してることからも、バンダイが
放送中から着々と準備を進めていたのは明らかで、1983年8月のクローバーの倒産も、
版権独占を狙ってのバンダイの仕掛けかもしれません。というのもバンダイはその後、
タカトクが持つ『マクロス』の版権、日東科学が持つ『ゲゲゲの鬼太郎』の版権等を
同様に手中に収めているので、ガンプラの商売があまりに美味かったので同じ展開を狙った
と考えても何の不思議もありません。ま、同じように何の証拠もナイケドサ(°∀° )

それはさておき、最初に発売されたガンプラは1/100ガンダム、1/144ガンダム、
1/144シャアザク、1/1200ムサイで、ガンダムが700円、他のが300円でした。
プラモデル発売が熱望されていたとは言え、極一部のマニア層だけの話なんで、
この4種はすぐに売り切れるようなことはなく、普通に店頭で買えましたが、
インターネット普及前で情報も少なかったので、ノーマルザクも一緒に売ってた
いや売ってないで意見が別れてましたね(苦笑)。私は「一応つまむか」って感じで、
4つとも買って、他のロボットコレクションと大きさの合う1/100だけ組み立てて、
あとは積んでおきました。この積みプラは次のグフまでは普通に買えたけど、
ドムあたりからブームが起こり買いにくくなり、しまいには要予約になったんで、
ギャンあたりで買うのを止めましたが、買い続けてたらキリが無かったから
賢明な判断だったかな?(°∀° )

gunpramain.jpg
さて、今回紹介は、その最初に買った初版の1/100ガンダムです。
今でも売ってるキットなんでお宝的希少性は皆無だけど、
当時組み立ててそのままという、36年近く経った今となれば稀な個体かも(笑)。

gundomparts.jpg
このようにコアブロックを分離合体できるのが強みですね。
コアファイターの垂直尾翼は差し替えだったようでどっかに逝っちゃった… (°∀° )
キャラはありふれてるし、キットとしても珍しくないんで、3面写真は今回撮ってません。

20cmrobots.jpg
20cmサイズのロボット玩具コレクションは他にもいくつかあったんで、
同じキャラの複数コレクションはしないことが原則だった私にしては珍しく
大きさの合うコレも買っていたのは当然だったんだけど、その後主流になる
1/144を組み立てなかったのは、無意識のうちに最初から
ガンプラマニアへの道を放棄してたのかもしれませんね(笑)。(°∀° )

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

サクラサク!\(^o^)/
関東では今年の春は早くから暖かくなり、東京辺りでは先週の中頃から
満開を迎えましたが、当地茨城県南地域ではいつもより肌寒く、
東京より遅れてやっと先週末満開となりました。
しかし天気そのものは不順で、せっかく咲いた桜も曇りや小雨で
冴えないこと甚だしく、ようやく今週水曜に晴天で撮れたのがこの写真です。
madozakura 2016 soto
その晴れ間も1日だけで翌日には関東全般に強い風と雨で、東京ではもう
半分近く散ったようですが、当地では咲くのが遅かった分、まだ花弁に力があり、  
ほんの少し散っただけで、まだ見頃を保ってくれてます。\(^o^)/

yaenosakura.jpg
今週はトイガンのターンなので桜にちなんだ作品で、『八重の桜』を取り上げます。 

2013年1月~12月の1年間NHK大河ドラマとして放映されたこの作品の前半は、
幕末に「白虎隊の悲劇」を初めとする数々の激戦が繰り広げられた会津若松が舞台です。
その激しい戦いには何人もの女性が巻き込まれましたが、中でも果敢な戦いぶりで  
見事、戦乱を生き延び、明治の時代にも活躍したのが八重でした。
会津藩砲術師範山本家の長女に生まれた八重は、砲術や銃に興味を持ち、
いつの間にか体で覚え込んでいくんですが、兄・山本覚馬が藩の銃調達の任に就いていたので、
当時最新のスペンサー銃を大政奉還の前年慶応二(1866)年に長崎にいた覚馬から贈られます。
最新式だけに元込め七連発と抜群の性能を持つスペンサー銃でしたが、
史実では最新が仇になり弾がすぐに尽きてしまったので、八重は
弾が入手しやすく自作もできる、旧式のゲベール銃を使う機会の方が多かったそうです。
いくら史実と違うとは言え、いくらなんでもヒロインに先込めのゲベール銃ばかり  
撃たせる訳にもいかないので、『八重の桜』ではスペンサー銃が威力を発揮し続けますが、 
史実云々を言い出したら八重は残された写真を見る限りでは、どう見ても      
Niijima_Yae.jpg
綾瀬はるかのような目元涼しい美人ではないので、言うだけヤボってもんです。
デブの八重が一発一発シコシコと銃の先から弾込めしてる、そんな『八重の桜』を
見たいですか? ワタシハ ミタクナイ デス。(°∀° )           

そのスペンサー銃ですが、西部劇の名銃ウィンチェスター銃に連なる完成度の高い銃 
なんですが、トイガンはほとんどありません。(日本の)トイガンって豊富なようで   
実はそうでもなくて、限られたいくつかの銃を幾つものメーカー、下手したら同じメーカーが
バリエーションを変えて数多く出しているのが実情なんです。
これはトイガンに限った話じゃなくて、怪獣ソフビにせよ、合金ロボットにせよ、ミニカーにせよ、
出てるのは同じ人気機種ばかりで、すぐに一通り揃っちゃうんで、そこでコレクションを卒業するか、
同じ品のバリエーションをいくつも買い続けるかの選択を強いられることになり、
いくつは義務感半分で買ってもやがて飽きちゃうことが多いんじゃないでしょうか? 
安くはない経費もかかってるからバリエーションを多く出すメーカーの都合も解らないじゃないですが、
トミカとかならともかく、ウン千円ウン万円もする商品のバリエーションを数多く買い揃えるのは
私には無理です。( TДT)

スペンサー銃のトイガンも『八重の桜』人気に反応して出ることは出たんですが、
メーカー価格¥185,000(税別)の超高級品!(゚ロ゚ノ)ノ!! 
出したのはKTWというところで「未開の銃に、挑戦」とホームページのtopで唱ってるだけあって、
出してくれただけでも有り難やですが、全く手の出る価格ではないんで入手はあきらめてました。

しかし「スペンサー銃」で検索すると、ワンフェス等で精密なゴム銃を出している「共栄」という
メーカーが以前出していたスペンサー銃がまだ在庫があるのに気づきました。
これは実物の約70%のスケールで全長約705mmとのことで、原寸サイズでないんで
ちょっと抵抗があったんですが、18万なんか無理だけど、5800円のお手頃価格なら出せるし、
外見はとてもゴム銃に見えない精密さなんで注文しました。

spencer gom
届いてみるとやや小さい以外は完全に満足です。ここの商品の最大の特徴は
本体が全て木製ということなんですが、ライフルなんでストック等、木の部分は元々多いし、
金属であるべきのバレルもうまく処理してあるんで気になりません。
ウィンチェスターライフルに比べやや細身で華奢な作りがヒロインが持つにふさわしく、
これをずっと使ってることにしたのはやっぱ正解ですね。


その天然ぶりがよく話題になる綾瀬はるか(笑)。最初の数年は全然売れず、ヨゴレ扱い 
されかけた経験もあるだけに、仕事に対する姿勢は誠実で、もうドラマ終了からかなり経つのに、
2015 aizu
今でも呼ばれれば会津に赴き、八重の格好で人前に立つこともあるようです。
最新の彼女の主演作『精霊の守り人』、3回めの視聴率がヒトケタ台に落ち込んで
苦戦しているようですが、それに過敏に反応して、じっくり丁寧に数年がかりで映像化していく
という基本コンセプトを崩さないでいてほしいものですねぇ…。
反乱者たちの戦いはこれからだっ!ヽ(`Д´#)ノ
revels mainchara
今日のお題は『スターウォーズ反乱者たち』です。『フォースの覚醒』の露払いのように
昨年10月からテレビ東京でも放映が始まったこの作品、アニメ版はほとんど
見てこなかったけど地上波ならいいかとチャンネルを合わせると、
どうしてどうしてなかなかちゃんとスターウォーズしてたので、
毎週楽しみに見るようになりました。

rebels ghost
『シスの復讐』と『新たなる希望』の間を埋めるこの作品、主人公の反乱者たちが乗る
宇宙船ゴースト(写真中央下)は、外側の要所要所のパーツ(コックピットやレーザー砲)が、
ハン・ソロの愛機ミレニアム・ファルコンと似てるなぁと思ったんですが、
それもそのはず、両機とも、コレリアン・エンジニアリング社製の貨物船を改造した
という設定だとか。ゴーストの方が直線的なデザインなので、魔改造のあげく
原形を保ってないらしいファルコンも、ひょっとしたら最初はこうだったのかも(笑)。
時代が時代だけに帝国軍のタイ・ファイターや、AT-ST、スター・デストロイヤー、
ランドスピーダー等おなじみのメカニックが勢ぞろいなのもうれしいところで、
エピソード1~3より違和感が少ないかもしれません(爆笑)。           

おなじみの敵メカと熱戦を繰り広げているゴーストを毎週見ているとオモチャが欲しくなる
のは当然で、さっそく『フォースの覚醒』公開1年前からコーナーを作って頑張ってた
近くのショッピングセンターの玩具売り場に行ったんですが、
なんと『反乱者たち』関連の商品は無いとのこと…(ノД`)・゚・。 
ええっ、映画公開までの間を『反乱者たち』でつなぐ戦略じゃないんですか?
そこでワールドワイドで検索するとアメリカではホットウィールやレゴでゴーストが
出ているようですが、レゴは守備範囲外なんで熱輪だけになり、
日本の専門店を当たっても取り扱いは無しで、熱輪1個をebayで取り寄せるのは
効率が悪いんでそのままになってたのが、3月の終わりに他の品とまとめて届きました。
ghost main
立体を手に取ってみるとますますファルコンっぽいですねぇ! \(^o^)/

ghost 3sides
全長8cmのダイキャスト製。スタンドがロボットの脚部みたいな変わった形なんで、 
どこかチキンウォーカー姉妹機にも見えなくもないですが、本体がそれなりに重いんで
こういう形にしなかったら安定しなかったのかしらん?(笑)
ghostwalker.jpg
もちろんこの小ささなんで、ゴーストの大きな特徴である後部突起部(ファントム)の
分離は不可能ですが(゚ε゚)キニシナイ!!


この『スターウォーズ反乱者たち』、日本では先日シーズン2の放映が終わり、
アメリカでは3が製作中らしいので、また数年後に見れるといいなぁと思ってたら、
youtubeにシーズン2なのに見た覚えのない話が挙げられてて、詳細に調べたら
なんと、アメリカではシーズン2はあと10本もあるんですよ!Σ(・ω・ノ)ノ!
ahsoka vs dader
『クローンウォーズ』という、『反乱者たち』以前に製作されたアニメシリーズオリジナルキャラの
アソーカ・タノ(アナキンの元弟子のはぐれジェダイ。スペルはashokaなんで
インドの英雄アショカ王起源っぽくてライトセーバーの達人)が因縁のヴェイダーと斬り合い、
ヴェイダーのマスクが割れ、アソーカは生死不明という壮絶なシーンが
本来のシーズン2のラストエピソードのようです。((((;゚Д゚))))ガクブル

シビレルほどカコイイですが、なんでテレ東はこんな半端な放映するかなぁ…。
ただ次週から始まるのがスパイダーマンのアニメで、これも中断をはさみ
継続されてるんで、半年後に『反乱者たち』の残りの10本をやってくれるかもしれません、
つうかヤレ~!ヽ(`Д´#)ノ

それから、この文を書くために最新の情報を探ったら、タカラトミーからもやっと、 
トミカサイズの『反乱者たち』のメカがいくつか出たようです。
えっと、放映終わる頃に出してどうするんですか? 
またBB8みたいにテンバイヤースターウォーズが起こるだけですよぉ…。・゚・(ノД`)・゚・。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用