FC2ブログ
キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄よりバスが気になったザジ(笑)
10月に入って急に寒くなって体調を壊しまくってるfziroです。ここんとこずっと調子悪かったんで
今月は休もうかなぁと思ってたら、今日は結構調子がいいんで、なんとか
下書きしておいた原稿をし上げて、写真を撮る気力がわきましたよ(・∀・)!!


zazi poster
さて、今月のミニカー回で取り上げるのは映画『地下鉄のザジ』です。
この作品は1960年公開の古いフランス映画で、その前年に漫画として発表され、
すぐ映画化されました。原題は「Zazie dans le métro」 
dansは「~の中の」(場所) 「~の後の」(時間)なんで 
つまり、正確には「地下鉄に乗ってるザジ」という意味になります。
それほどヒットした映画でもなかったし、もう公開から半世紀経ってるので、 
「知る人ぞ知る」という感じのカルト的な人気の映画で、
たとえば原田知世(のスタッフ)がほれ込んで、大貫妙子に依頼して同名の歌を作ってもらって
原田に歌わせ、それがCMに使われたりしたので、名前だけはそこそこ有名でしたが、       


2009年に色調を調整したニュープリントで日本全国で順次リバイバル公開され
そのバージョンのソフトも出たので、グッと見やすくなりました。

フランスの田舎に住む少女ザジがパリの地下鉄に乗るために母親についてきて、
母が恋人と逢ってる間、叔父さん(名優フィリップ・ノワレ!)に預けられますが
地下鉄がスト中で乗れず、ふてくされたザジはパリ中を逃げ回ります(笑)。
いろいろ珍冒険を繰り広げた後、ようやくスト解除になった地下鉄にザジは乗るんですが、
その時は疲れて寝てるんで、タイトルは「ザジは夢を見てる」という暗喩にもなってるんですね…。
そう言えば、最初の方でパジャマを着たザジが寝室に入ったからそのまま寝るのかと思ったら、
イキナリ洋服に着替えて外出してたっけ…、
ひょっとしたらあのシーンは、夢への導入部なのかも?

だからこの映画、全体がいろいろとあり得ない状況なんだなぁ…w
いくらパリの街中を巡っても、一定の区間をグルグル回ってたり、
あり得ない隠れ方をする追っかけっこなんかはその例で、
ザジが自動車を運転したりもしてるんですよね(笑)。
まぁ、まだその辺は元の漫画的に描写してるとも考えられるんですが、
エッフェル塔の上の方で叔父さんと危険な追っかけっこをしてたら、
叔父さんや青い服の女の人たちが塔のてっぺん付近から風船を持ったまま
ダイビングして、砂場や下に停まってるバスの二階席に無事に着地するなんて、 
絶対に現実ではあり得ないシーンまであるんですよね(苦笑)。 
ただwikiには「映画『地下鉄のザジ』撮影中に、エッフェル塔から投身自殺した人物がおり、
映画をスロー再生すれば、足を確認することができる」とあるので
このシーンはその哀れな人への鎮魂なのかも…。(´;ω;`)ウッ…

real cityrama
そのエッフェル塔から風船を掴んでダイビングし、2階に着地するバスはものすごいSFチックですが、
昔実際に走ってた物で、1929年に設立されたパリ最古の観光ツアー会社が「シティラマ」と銘打って
パリの街のバスツアー運営した際に使われたガラス張りの展望バスです    
この会社は年代によっていろんなタイプの車両を使っていましたが、
シトロエン製造の1960年ごろの展望バスが未来的なデザインで注目を浴び、
この映画『地下鉄のザジ』にも登場したため全世界的に有名となりました。
小さな女の子には興味ないんで、本当ならこの種の映画はスルーの私なんですが、
この映画に注目した理由はこのバスがあまりに未来的だったからなんですよ(・∀・)!

cityrama3sides.jpg
今回のミニカーは、雑誌付録のパートワーク方式でヨーロッパで出てた
「1/43で世界のバスを網羅する」という、気の狂った企画(笑)のブツで、
日本では正規では出なかったけど、ヤフオクには5000円前後の、
そう法外でもない値段で出まわったのでバスマニアは狂喜乱舞で争奪戦してましたね(笑)。
私は熱心なバスマニアじゃないけど、いくつか気になったのはあったし、
このシティラマはプラスチックを多用してますが、全長約23.5cmという堂々とした大きさで
今後もこのサイズでは出ないだろうから、争奪戦も落ち着いた辺りのタイミングで
トボしい予算をやりくりして抑えておいた次第です。

残念ながら、このタイプのシティラマは今はもう走ってませんが、
このアイデアにあふれた会社は2010年にシティヴィジョン社と統合され、
パリシティヴィジョンと改名し今日に至ってるので、いつか復活させてくれる、
かも知れませんね(笑)。

paricebus.jpg
ということで、その復活を祈願して、パリっぽい小道具を並べて撮った
イメージ写真で今回はお別れです。


BGMは「地下鉄のザジ」の唄を当時、大貫妙子がセルフカバーしたバージョンをドゾー!
原田版は当時の音源はYou Tubeに無くて、最近レコーディングし直したのならあるけど
年相応の歌い方になっちゃってるんで、大貫の当時の音源のほうがそれっぽく
(多分、カラオケが同じ)、ここに引用します(笑)。 セモア ザ(・∀・)ジ!
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。