キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


マセラーティ・ボーラを友とする男
boramain.jpg

『サーキットの狼』6回目は切替テツの駆るマセラーティ・ボーラです。
切替テツはAライ模擬レースに名無しのままボーラを駆って参加するのが初登場で、
この時は途中でガードレールにぶつかり宙に舞ったあげく池に飛び込んでリタイアとなります。

tetu1st
(集英社JC版9巻26pより引用)
右下のコマがその時の彼で、この時は後の登場時のやや小太りな感じとは違う顔つきですが、
被ってるヘルメットの文字と、2回目の出会いとなるスナック喫茶ポルシェ前での会話で
この時のことをからかわれてるところから、同じ人物であることが解ります。


tetu2nd.jpg
(集英社JC版10巻52pより引用)
この2度での出会いでは風吹・早瀬の駆るポルシェ930ターボ(ロータスを潰した風吹は
この時期、自分の車は持っておらず、早瀬を慕うミノリが買ったポルシェを借りていた)と共に
「スポーツカーを襲う怪物マシン討伐」に参加し、ボーラの底力を活かした280km/hを超える
ハイスピードで、直線では一時的に怪物マシンさえも追い抜きますが、コーナーではすぐにその
コーナリング性能の低さを突かれ追いまくられて大ピンチに陥り、怪物マシンをしとめた後の
ポルシェ2台とのバトルでも腕の違いから置いていかれ、そのままフェードアウトしてしまいます。


tetu3rd.jpg
(集英社JC版15巻53pより引用)
3回目の出会いは流石島レ-スで、ここで初めて正式に名乗ります。
中盤まではTOPグループに入って激走し、飛鳥ミノルともいい勝負をしたりもするのですが、
後半戦にはいると、風吹に挑むもあっさり抜かれ、「トホホ、オレっていつも負けてばかり」と
涙ぐむシーンがあって、以降、その姿は描かれません…。


この切替テツにはボーラも含め明確なモデルがあって、土浦の「ディノ」というカーディーラーの
オーナーである切替徹(とおる)氏だそうです。実は先に触れたAライ模擬レースでボーラ使いが
被ってたメットに書いてあったのも「カーショップ・ディノ」という文字で、ここからもあの人物が
切替テツだったことが解ります。なぜ途中でキャラが変わったかですが、マンガの性格上、
軽めのアンチャンが多くなりがちなんで、同じようなキャラが多くなるのを避けるために、
マセラッティというシブ目の車に乗っている彼の設定を、それに合わせて少々やぼったく
変えたんじゃないでしょうか?(笑) 

そんな切替テツですが、流石島レース以降の物語には出てきません。そのため徹氏と
池沢さとし氏との間に途中で感情的しこりが生じたのではないかとの想像もあるようです。
徹氏は実際に今も土浦で外車ディーラーを経営しており、HPにはスーパーカーブーム当時の
黄色いボーラや、ディノやロータス・ヨーロッパの写真がUPされていますが、その説明文には
「ある漫画のモデルとなった実車です。ナンバーもそのままです」と微妙な表現がされてるので、
「途中で不仲説」にも説得力がありますが、流石島以降もゾクゾクと登場の新キャラに押され、
ちょっと地味目のボーラとテツがそのまま忘れ去られただけなのかも知れません(笑)。


bora3sides.jpg
お見せしているミニカーはダンディです。少し小振りの1/45スケールで、サイズは9.7 cm。
フロントのリトラクタブルライトが開閉可能で、中のライトとそれからリアのブレーキランプにも
ちゃんと透明パーツを使ってあるのは、当時の国産メーカーにしてはすばらしい仕事です。
テツのボーラの色ですが、やはり表紙にはなっていないんですが、日東のプラモでは黄色の
箱絵が描かれてるし、当時の徹氏のボーラも黄色なので、その色だと考えるのが無難でしょう。
まぁだからこのダンディとは違いますが、これも箱入りミントで入手したのでリペはしてません。

boraopen.jpg
やはりダンディなので、左右のドアとリアのフード付きボンネットが開くギミック付きなんですが、
特にドアーはその内側に丸まっていく独特の曲線を見事に再現してます。

実は黄色いボーラのミニカーはこっちのビッグレーシング版のが手持ちにあるんですが、
borabigracing.jpg
こういうカラーリングだと、後に出てくる四国の獅子のパンテーラとモロに被るし、
他にも黄色いマシンは『サーキットの狼』には多いので、どっちをテツのボーラとして採用するか
悩ましいところです(笑)。マセラーティ・ボーラは好きなスーパーカーだけに余計に迷います…。


6回連続『サーキットの狼』特集を連発しましたが、流石島レース以前に登場したライバルと
そのマシンから、手持ちの分を一通り紹介したので、これで一旦終了といたします。
しばらくしたら今度は「流石島レース」編をお届けしますので、どうかお楽しみに!


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

ダンディの鯔、い~いカラーリングですね♪。MIBで入手とは羨ましい。。。
ギミックとプロポーションを両立した佳品だと思います。
【2008/03/03 15:16】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
20年前は、この辺りいくらでも安価で転がってたんですけどね~。
今はもうそこおsこの値段付いちゃうようです。
ダンディは型残ってるんだろうから、もっと積極的に再販してくれないかと思う
今日この頃です(笑)。
【2008/03/03 16:20】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


どもども、連載お疲れ様でちた、、
個人的にも、なかなか楽しませていただきました、、

で、、さすがダンディですねー、、これ、今じゃあ高いんでしょー、、
でも、、欲しいなぁ、、うらやましー×2(ねこさんの分)

次の特集、、なにいきましょーか、、

【2008/03/03 16:47】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
お楽しみいただき、ありがとさんですた!(w
ダンディ、まぁ高いといっても、本家トミカほどの高騰振りじゃないと思いますけどね(笑)。

次はね~、単発ものいくつかやって、それでまたネタ考えま~す!
【2008/03/03 19:07】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


fziro様

こんばんは。
コンディションの良さそうなボーラですね。今見てもこの時期のトミカ&ダンディって素晴らしいと思うんですけど・・・。ど~してスケールが1/45とかだったりするんでしょうね。
当方のメインアイテムのマスタングもダンディで出てるマスタングⅡだけが1/43では穴になっちゃってます・・・。
後々のモデルはちゃんと1/43になってるのでなんとも残念。
でも、再販には大賛成です。再販されたらきっと私も買います!

Ponys41
【2008/03/05 00:13】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
こんばんわ~!

やっぱトミーの場合、主体がトミカなんで、スケールでなくて絶対寸法が
モデルの大きさを決める基準なんでしょうね…。
で、もともと大降りのボーラは1/45になったんじゃないでしょうか……。
ダンディをトミカみたいなディスプレイショーケースに入れて売ることは
無かったんじゃないかと思うんで、絶対寸法にこだわる必要はなかったはずなんだけど、
そこはそれ、染み込んだ習慣という奴で(笑)。
ダンディの再販は一部の車種だけですが、トミカナンチャラって名称で
時々されてるから、ほんと、もっと積極な展開も期待したいですよね~。

【2008/03/05 00:33】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/134-14f0775c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)