キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


いつか登るぜ、栄光の空!
todoroki1main.jpg

今日からしばらくは『アローエンブレム グランプリの鷹』を取り上げます。
『サーキットの狼』により盛り上がったスーパーカーブームの熱気はアニメ界にも伝わり、
1976~77年には『マシン・ハヤブサ』『超スーパーカー・ガッタイガー』『激走!ルーベンカイザー』
『飛び出せ!マシーン飛龍』等が作られました。これらは当然ミニカー(合金玩具)として
ポピニカを初め各社から商品化されましたが、あまりに数が多すぎたのか、
その人気は長続きせず、低視聴率・売り上げ不振に喘いだあげく
打ちきられた作品もあったくらいで、ブームの恐ろしさがよく解る結果となっています。
このブームの中で成功を収めた『サーキットの狼』と『赤いペガサス』が企画はあったものの
TVアニメ化は実現しなかったことからも、この「スーパーカーブーム」の一過性及び、
マンガ先行作品のアニメ化にはいろいろな障害が多いことがうかがえますね。

『グランプリの鷹』はアニメ企画先行作品の中では、実在のF1界とシンクロさせたリアルな作劇で
成功した方で、2クールの予定が1クール延長されていますが、最後のF0編はあまりに絵空事に
なりすぎたレースレギュレーション共々、賛否が分かれる結果に終わっているようです。


todoroki3saides.jpg
この作品の主役メカはトドロキスペシャルです。タイレルP34からインスパイアされたデザインで、
T1~T3の3種ありますが、ポピニカではパーツ付け替えでこの3タイプをフォローしています。
写真はスタンダードタイプの方で全長約11.5cm。

takaop.jpg

TOP写真では白いT1のパーツを使って、オープニングの6輪タイプを再現していますが、
あれ? この写真よく見てたら、後輪が薄い四輪みたいにも思えてきました。ホントはどっちなんだろ…)
やはりこのトドロキスペシャルは「8輪車」の方が有名でしょう。
このT1や黄色いT2では後輪の外側にもう1対タイヤを付けることにより、
そして赤いT3では後輪もタテ2列にすることによって8輪を構成するシステムですが、
実際に8輪あったら、タテ4列の方はまだしも、後ろにもう1対タイヤを付ける方は
まともに走らないような気がしてしまいます。
まぁでも、そこはアニメならではのハッタリということで気にしないのが
オヤクソクなのかも知れません(笑)。このトドロキスペシャルは人気商品だったので、
このスタンダードの他にポピニカでは一回り大型のデラックス版、そしてプラデラでも
同様の変形システムを採用したセットが出ており、写真だけだと非常に紛らわしいので、
オークション等では御注意下さい。

今回その8輪車仕様にしなかったのには訳があって、外側一対付けは
私の感覚では不格好に見えるのと、そうするととある寸法的に不都合が出ること。
それから、またとある理由で赤いマシンにしたくなかったことによるんですね。
それらの理由は追々、解明されることと思います(笑)。


takacd.jpg

この作品の音楽を担当したのは宮川泰です。1977年と言えば『宇宙戦艦ヤマト』の後、
『さらば宇宙戦艦ヤマト』の前という、アニメ劇伴作家としてはもっとも油が乗り切った時期の
作品だけに、お約束の勇壮な主題歌はもちろん、あの川島和子をフィーチャーした
大人のセンスあふれるスキャットや、エンディングの哀愁あふれるバラード等、
聴き応えのある音楽に溢れています。
幸い、今、日本コロムビアからCDが安価で再販されているので、
ヤマトファンの方もお聴きになってはいかがでしょうか?

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

こんばんは。
ワタクシ、番宣の六輪より八輪の方がエライ!って論法に、とてつもなく説得力を感じてしまいました。
本編の♪ダバダ~♪な感じも大好きです。
コミック版(テレマガ?)のF0モスクワGPで”Q.コーナーを早く回るには?”その答えがコースのショートカット!ってのにも「もっともだ!」と納得してしまいました(さらに不覚!!)。
ヒロイン役である小山さんの素敵な声が超絶的に印象的でした。
【2008/03/16 23:34】 URL | どどまいや #- [ 編集]


う~ん(絶句)これもほぼミント状態でお持ちなのですね(羨)
合金玩具お約束の「変形合体」と、一世風靡したスーパーカーブームが結合した逸品。
猫にとっても30年ごしの片思いアイテムなのですが、成就する日は来るのか、な。
【2008/03/17 00:35】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>どどまいやさん
そういう超科学がこの種のアニメのウリですよね。
トッピでも説得力を持たせられれば勝ち、みたいな(笑)。
コーナリングに関しても、その手の理論のオンパレードだったし…。
ああ、あの熱気が懐かしいです!
【2008/03/17 01:30】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


>ねこざかなさん
実はこれ、そこそこキレイだけど、全然ミントではなかったりして(w
なんか値段上がっちゃって1マンオーバーが普通になってきましたよね~(嘆
どうか、早く、そちらも入手できますように!
【2008/03/17 01:33】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


えっと、、激走!ルーベンカイザーじゃあないですよねー、、なんか全部、頭の中がミックスで・・・

オープニングで、リアタイヤがダブル、、最初見たとは気は、自分のラジコンでやってみようかと(自爆)

いずれにしても、なんか幸せな時代だつたなぁ~トウイメ

【2008/03/17 20:59】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
確かにルーベンカイザーにも似てますよね~。
今回赤いタイプにしなかった理由の一つはそれです。
あっちはリア2対の赤い6輪なんでメチャメチャ似てきます(爆

ほんと、この種のアニメが乱立してたんだからいい時代でしたよね。
実写版マッハ号にかこつけて、何か1本くらい今年始まればいいのになぁ…。






【2008/03/17 21:43】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]

はじめまして
はじめまして、僕も良く見ていました。自分もトドロキスペシャルT1~T3まで持っていたことがありました。まるでスパロボみたい感覚でよく遊びました。
【2008/04/02 09:34】 URL | 豊岡勇人 #HfMzn2gY [ 編集]


>豊岡勇人さん
初めまして、ようこそいらっしゃいました!
このポピニカの変形システムってまさに合体変形ロボット感覚ですよね~。
このタイトルがDXポピニカの第一号らしんで、
たぶんバンダイ主導で考えられたギミックだと思いますが、
ほんとうにいいオモチャを出してくれたものです。

どうか、またおいで下さい!

【2008/04/02 10:36】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


こんばんは。

トドロキスペシャル小特集に突入させていただきました。

それにしてもトドロキスペシャル唯一の優勝はT-3によるもので、一番印象的なT-1は結局未勝利に終わったんですもんね。
【2009/04/19 00:32】 URL | どどまいや #i1jUUG.6 [ 編集]


>どどまいやさん
怒濤の大特集、楽しませてもらってますよ~!
他のクルマもお持ちなら、ぜひ見せてくらさい!
【2009/04/19 19:57】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/138-cda3bc6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)