キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の町を舞うジェニー
jennymain.jpg

今日の御題はヒコーキです。それもノスタルジックな複葉機カーチス・JN4・ジェニーです。
このヒコーキは内田善美の『かすみ草にゆれる汽車』という単行本に収録されている
「五月に住む月星」という作品に登場しますが、第一次大戦後ほどなくのゲイルズバーグが
舞台のこの作品は、久方ぶりに町に帰ってきた曲芸飛行士のギウセップと助手のニモイ、
ギウセップがかつて愛したノース未亡人と娘ジョゼフィンとを中心に繰り広げられる物語です。

kasumisou1.jpg

空への憧れと、愛する人への想い。過ぎ去ってしまうものと、決して消えない感情。
いろんな想いを受け止めるように、軽やかに5月の風の町の空を舞うジェニーの姿は
美しさの極みですが、現実でもこの時代、ジェニーは郵便飛行機として
このあたりの空を飛んでいました。さらにこの機体は当時最もポピュラーなヒコーキで、
この時代のアメリカのパイロットのほとんどがこのカーチス・ジェニーで飛ぶことを憶え、
そしてあまり性能がいいとは言えず、墜落も多かった彼女をこよなく愛したそうです…。


jenny3sides.jpg

お見せしてる模型はコンビニで売られていた「世界の航空機コレクション」の1台です。
スケールは1/100で翼長約13.2cmになっています。
このシリーズ、実は前にルパン三世のアルバトロスの時にちょっと触れた、
あのデル・プラド・ジャパンの倒産処分品で、生産工場が困っていた製造済み品を
別会社が引き取り箱詰めして流通させたモノ。
コンビニでは瞬殺でしたが、ヤフオクには在庫豊富で(苦笑)、
全15種+αのコンプを目指さなければけっこう安価で手に入ります。
色もお誂え向きに黄色だったので、サイドに文字を書き入れただけで
ゲイルズバーグ仕様になりました(笑)。


このマンガの著者である内田善美は、細やかな神経が張り巡らされた物語を緊密な絵で描く
珠玉の作品を残した作家でしたが、あまりのその完成度が災いしたのか、
24年ほど前を境に作品を発表しなくなって今日に至っています。
遺された7タイトル10冊の単行本と数冊の画集は熱心なファンが今も探し求めていますが、
一説によると本人が再販を望まぬらしく、今日では大変な稀少品となっています。
ただこの『かすみ草にゆれる汽車』に収録されている一連の作品と同じ町を舞台にした
ジャック・フィニイのファンタジー小説『ゲイルズバーグの春を愛す』は
カバーイラストを内田善美が描き、今でも版を重ねていますので、
haruwoaisu2.jpg
まずそちらを手に取ってみて下さい。
そうすればきっと内田善美のイラストの素晴らしさと、そしてゲイルズバーグという町の魅力に
あなたも取り憑かれ、『かすみ草にゆれる汽車』を捜して読んでみたくなること間違いなしです。


それでは最後に、「五月に住む月星」の印象的なラストシーン、
ゲイルズバーグの町の上を飛んでいくジェニーの姿をイメージして作った写真を御覧下さい。
jennyflys2.jpg

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

おおおおおお~ッ>∀<ジェニーさん素敵ですねーッ
色も丁度良く黄色っぽいのがゲットできてなによりですぅーッ
コンビニで売られていたのはスゴイ意外だったけど;^^
内田さんも飛びついていたら面白いなぁ^^

ジェニーさんが飛んでるイメージお写真もウルウルきますよーw
有難うございますーッ

もう「かすみ草~」は内田さんのゲイルズバーグへの
思い入れがとても恋い(濃い)一冊ですよねッ
フィニィの小説とあわせて読むと、ゾワゾワしてきますwww

これでノース家の車が手に入ったら完璧ですねッ☆
その日が来るのをお祈りしていますw
【2008/03/26 00:18】 URL | haru-chon #- [ 編集]


>はるちょんさん
お待たせしました~!
あの時、たまたまミニカー屋で見つけたこの「食玩」が、
本当にあの作品に出てきたヒコーキだった訳ですから、まさに運命ですよ(笑)。

飛んでる写真のヒコーキの部分は背景と違和感が減るように、
昼間の自然光が差し込んでいる間に撮影しました。
いつもは夜間、照明の元で撮ってるんで、日光が差している時間に撮影するのは
けっこう大変だったりして(笑)。

車は引き続き調査中です。
ベンツSSKに似た感じもあるんだけど、
大戦間のアメリカ人がドイツ車に乗っているのも妙なんで、
キャデラックあたりかなと考えて古い写真を当たってます。
まぁ英車のロールスって線はありそうですが……。

本当に『ゲイルズバーグの春を愛す』のカバーイラストは秀逸で、
この作品の再販に関しては内田さんも許してくれているらしいのが、
この作品に対する彼女の愛情を感じさせてくれていて「感動」しますよね。
(単に「買い取り」で口をはさむ権利が無いのかもしれないけれど…)

どうか内田さんが考えを改めて、その珠玉の作品たちが
またいつでもみんなが読めるようになりますように!


【2008/03/26 00:40】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


内田善美さん・・・初めて聞くお名前ですが、繊細で丁寧な線ですね。
私の好きな森川久美さんの画風にちょっと似てるかも。

入手困難と聞くとチャレンジしたくなりますが・・・
ブックオフでブーケコミックスを漁るのは、ほんの少し?勇気が必要(汗)
【2008/03/26 01:00】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
まずはハヤカワ文庫の『ゲイルズバーグの春を愛す』からどうぞ!
どれも甘く切ないノスタルジックストーリーで、
特に「愛の手紙」なんかは、涙腺決壊間違いなしですぞ。

で、それが気に入ったら内田善美作品捜してみて下さい。
『かすみ草~』で、ヤフオクで2000円くらいかなぁ…。
ブックオフでみつかったら奇跡に近いです。
【2008/03/26 01:31】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


なるほどねー、、奥が深いですねー、、でも、内田善美さんは、初耳でつ、、

で、、やっぱヒコーキはいいですねー、、
ぢつわ、当方、、もともとヒコーキ屋さんでして、、1/72の旧日本軍機とエアライナーは、すべて作り倒しました、、でも、ヒコーキは場所をとるので、すべて人にあげちゃいましたけど、、

今は、お気に入りの1/48のダグラスDC3が一機、残っているだけですー、、

そーいえば、この機体をみて、映画「華麗なるヒコーキ野郎」と「素晴らしきヒコーキ野郎」を思い出しました、、DVD、、出てるのかなー、、
【2008/03/26 12:58】 URL | 覆面ドライバー #- [ 編集]


>覆面ドライバーさん
ヒコーキはいいですよね~。
でもそんなにお持ちだったとは驚きました。
私もこれを皮切りに、ちょっとだけヒコーキも取り扱おうと思ってますよ。

『素晴らしき』も『華麗なる』もDVD出てますよ~!
どうかそっちもまた御覧になって下さい。
【2008/03/26 13:09】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


『かすみ草~』、なんかピンとくるものを感じたのでヤフオクで落としてみました。
内田善美さんの作品はよく知りませんが、わたしよりちょっとだけ年長で、女子美出身ときくと、かつて画学生だった者としてはキュンとくるものがあります(笑

今後のヒコーキの展開も楽しみにしてます。
私的なヒコーキ歴ですが、
幼い日に絵本でディズニーの「小さな郵便飛行機」に夢中になったのにはじまって、アンダーソン系飛行メカ、「頭上の敵機」「素晴らしきヒコーキ野郎」「ブルーマックス」「空軍大戦略」「翼よ!あれが巴里の灯だ」「トラ!トラ!トラ!」等々の航空映画に一時期はまりました。
宮崎駿なんかにも、そうしたものへのオマージュを感じますね。
【2008/03/26 19:55】 URL | Aquirax #mQop/nM. [ 編集]


>Aquiraxさん
お~、入手されましたか~!
どうかじっくりとお楽しみ下さい。
収録されているどの作品も、背景までじっくりと書き込まれて読み応えありますよ~。

ヒコーキ歴は私も同じようなモノです。
リンドバーグは私の故郷とつながりがあるので、彼関係も押さえたいなぁ…。
それから『星の王子さま』とサン・テグジュベリも欠かせないですよ。
まぁ、そちらもボチボチと追っていきますのでどうかお付き合い下さい!



【2008/03/26 21:01】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


先日は、いろいろとありがとうございました。
しかし、内田善美さんまで語ってらっしゃるとは・・・!
昔、自力で潜水艦を作る青年の話を描いてらっしゃいましたけど、この話は知りませんでした。
完成度が災い・・・分かるような気がします。う~ん、探して読みたくなってしまいました。
でも、まずはフィニイからかなあ・・・。
余談ですが、フランスには「サン・テグジュベリ空港」という小さな可愛い空港があります。
【2011/03/03 08:42】 URL | azarashiumi #- [ 編集]


>azarashiumiさん
いえいえ、どういたしまして~!
実は内田善美の『星の時計のLiddell』研究は
私の生涯の大きなテーマの一つなんですよ。
秋が来て、金木犀が香って来る季節になると、
毎年、ウラジーミルをお迎えしようと、
資料を漁ってはいろいろと考察を深めております(笑)。
内田クンの作品は珠玉の名作揃いなんで、未読の作品があれば、
なんとかして捜して読んでみて下さい。

サンテックス! 『星の王子さま』も素晴らしい作品ですよね。
あれも取り上げたいんですが、作中に出てくると思しきヒコーキや
実際にサンテックスが乗っていたヒコーキのミニチュアが
なかなか手に入らなくて実現してません…!

でもいつかは、きっと、ヽ(´ー`)ノ
【2011/03/03 09:44】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

ブーケ
プログで 漫画の記事で 時々 内田さんの漫画が 紹介されています。気になる タイトル名ですね。詩的で 余韻が残ります。まだ 作品は 読んだ事ないです。
漫画同好会(名前検討中
【2011/11/26 12:34】 URL | 村石太マン #NijQw3bs [ 編集]


>村石太マンさん
内田さんの作品は名作揃いなので、ぜひ一度御覧になって下さい。
本人の御意志で全品絶版になっているので
中古市場を探すしかないのが残念なんですが……。
【2011/11/28 20:37】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/141-da34c5e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。