キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


歴史を作ったバットモービル
bartonmobilemain.jpg
今回の御題もバットモービルで、ティム・バートン監督版の2作品、
『バットマン』(1989)と『バットマン・リターンズ』(1992)で登場したバージョンです。
このバットモービル、封切り当時から大人気で、今よりずっとウルサ方が多く敷居の高かった
大人のミニカーコレクターが認めたキャラクターミニカーでしたね。
当時、彼らの間では「ミニカーは子供のオモチャではない」という考え方が一般的でしたから、
キャラクターミニカーは基本的に無視で、その中の 極一部、ボンドカーや旧バットモービル、
ペネロープカー等のコーギーやディンキーの逸品だけが辛うじて「認められていた」時代でした。
当然、ポピニカなんかは完全無視(苦笑)で、その数年前のナイト2000が久しぶりに
彼らに認められたキャラクターミニカーで、それに続いたのがバートン版バットモービルでした…。
多数商品化もされ、たぶんこのバットモービルだけで一大コレクションが形成できる程出ています。

barton3sides.jpg

そんな中で標準スケールダイキャスト製ミニカーとなると、
このアーテル製が最も最初に取り上げられるべきモノでしょう。
アメリカという国は基本的に標準スケールに冷たくて、ミニカーが出るにしても
1/60程度の小スケールやあるいは1/25以上の大型スケールになってしまいます。
「バットマン」というキャラクターに関しても、1/43というスケールで多数出しているのは
コーギーなんで、イギリス起源のメーカーなんですよね…。
そのコーギーはこのバートン版『バットマン』が制作された1989年頃はマテルに買収されたりして
勢いが無かったので、バットモービルのミニカーはちゃんと出るのかドギマギしたんですが、
ようやくアーテルから、ブリスターパック入りでしたが出てくれてホッとした記憶があります。

このアーテル製のミニカー、不思議なことにと言うか、期待に応えて、
かつてのコーギーのミニカーの仕様を踏襲している部分もあり、ちゃんとコックピットに
フィギュアが座り、ホイールにはバットマークが刻印してあるのはウレシイ限りですね(笑)。

ertlbrister.jpg
全長は約14cm。アーテルからは小スケールとそれから5cm程度のマイクロサイズの商品も
基本的に同じデザインのパッケージで出たので、いかに力を入れていたかが解ります。


movie-batmobile.jpg
こちらが実車の写真ですが、バットモービルと言えば、60年代の20世紀FOX版の
レトロフューチャー的なイメージが強かったところに、この全く違うゴシック的な感じのする、
しかしどこからどう見てもバットモービルなデザインは画期的で、
この後共通のイメージを保ったまま4作品に登場し、一つの歴史を作ることになります。

keatonbat.jpg

画期的と言えば、この全身をボディアーマーで固めたバットマンのデザインもそうで、
あくまでも布製のコスチュームをまとっていたこれまでのバットマン像を覆すものでしたが、
そもそもバットマンは超能力を持たない生身のヒーローなんで、布地の服で活動する方が不自然、
と言うかムチャなので、この改変はたちまち主流になりましたね(笑)。

このバートン版のバットウェポン、他にもありますので、また追ってお目にかけましょう!

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

おー、、やっぱバットマンといえば、フューチュラ改造の初代と、コレですよねー、、

当時、映画館でこの映画を見たとき、、初代のコミカルなイメージが強くて、、なんだコレ、、とか思っていましたが、、コレはこれで新しいイメージが作られましたので、、まっ、よかったのでしょう、、

この場とモービル、、当時、マックのオマケもあたのですよー、、、どっかにあたような、、
ということで、偶然にも勝手連、、発動しました、、ご笑覧ください、、でわでわ、、

http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/8561120/
【2008/04/23 10:26】 URL | 覆面える #- [ 編集]


このアーテル、フィギュア乗ってたのですね!
ブリバリしてなかったので気付いてませんでした・・・御教授多謝!

当方が最初に触れたバットマンはこの作品だったので、
60年代の映画やテレビは、かえって新鮮でした(笑)。いまはどっちも好き~♪
【2008/04/23 15:13】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>覆面えるさん
やっぱ、最初は違和感ありましたよね(笑)。
まぁfox版と全然違ったからこそ、その後の「基本」になれたって感じもします。

そちらのページも見に行きますね~!
【2008/04/23 18:54】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


>ねこざかなさん
そうなんですよ、外から見えにくいから、出してみないと気づきませんよね(笑)。

ほんと、どっちも甲乙付けがたい魅力です。
【2008/04/23 18:56】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


『バットマン』と言えばやっぱりこれが一番に思いつきます。

当方デジカメ修理中のため、

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/post_c605.html

になってしまいました。

ウエポン類の記事もすごく楽しみにしております。
【2008/04/24 10:56】 URL | どどまいや #- [ 編集]


あまり、こっちのデザインは萌えないなぁ。。。
【2008/04/24 15:49】 URL | さんた #- [ 編集]


>どどまいやさん
デジカメ、早く直るといいですね~!
ある意味貴重な勝手連、ありやとまいたw
【2008/04/24 17:54】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


>さんたさん
『バットマン&ロビン』版とは微妙な違いなんだけど、
お気に召しませんか~。

やっぱ、ボディがくびれてないからダメなんすかね?(w、
【2008/04/24 23:30】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


fziro様

う~ん。インパクトのあるカタチですね~。ボディアーマーに呼応するマッチョなデザインです。コレが標準スケールで出たのはfziroさんにはとっても嬉しい事なんでしょうね。私はバットマンは全てをフォローしている訳ではないのですが、ミニカーは物凄いバリエーションですよね。ここはやっぱりTV版を隣に並べてみたいです。

【2008/04/25 01:25】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
標準スケールのバットモービルはコーギーから多数出てるんですが、
映画版の版権は取れなかったみたいで、全部コミックス版なんですよね。
そのあたりは他にお持ちの方がいますんで、その方にオマカセです(笑)。
FOX版(tv)との揃い踏みは最後にやろうかな、と思ってます。
【2008/04/25 02:59】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/150-d1f96209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)