キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


イヌのおまわりさんっ!
atommain.jpg
盛り上がった前回のシグマグランプリでしたが、そこでちょっと鉄腕アトムについても触れました。
そこで今日の御題はアトムつながりで、メトロシティパトカーです。
アトムの世界のパトカーはずっと昔からなぜか犬の形をしています。
理由としては、まぁ一般に警察の蔑称が「イヌ」だからなのかもしれないし、
ひょっとして「鉄ワン」のシャレなのかもしれないけど、詳細は不明です(笑)。
この犬のパトカー、モノクロのアニメの時も、前回のシグマグランプリのオモチャが作られた
80年代リメイクの時も商品化されませんでしたが、2003年リメイク時にようやくオモチャ化されました。
この時はタカラがスポンサーだったため、一番出回っていた商品はチョロQで、
チョロQのこのパトカーの上を極小のアトムフィギュアが飛んでいるというオモチャだったので、
その細工の細かさに関心はしたもののサイズ的にスルーし、何か他に標準スケールに近いモノを
物色しているうちに放映も終わってしまってましたっけ…。


atomimage.jpg
この2003年版、キャラを手塚先生の初期絵に似た感じのものにして「原典回帰」的路線を狙った
らしいんですが、テーマソングをあの「空を越えて、ラララ」の歌じゃないタイアップものにしたり、
声をオリジナルから演じ続けた清水マリさんでなくしたりという余計な小細工が目立つ作品でした。
まぁ歌や声優は時代の流れと言えなくもないですが、肝心のお話も暗い内容が多かったり、
かと思えば屈指の名エピソード「地球最大のロボット」で、プルートゥの性格をウランに惚れる
ロリコンにしてみたりと、迷走が目立つ作品でしたねぇ…。
歌も最後にはオリジナルをそのタイアップ歌手に歌わせたりもしてたけど、
やはりグダグダ感は拭えませんでした……。

wanwan.jpg
で、結局、ワンワンパトカーの手頃なのはみつからずガッカリしていたところ、
2年程前にヤフオクでみつけたのが今回お見せしている「ワンワンパトロールセット」です。
「親指大のアトムのフィギュアの中に乾電池を入れてパトカーに乗せると、それがスイッチとなって
動きだし、ミステリーアクションで走行する」といった楽しいギミックを持つオモチャです。

この「電池を仕込んだ小フィギュア兼スイッチ」という仕組みはタカラが2000年に展開していた
「デンチマン」というシリーズそのままで、2002年に「電動作戦ガッタイオー」として
メカ付きで新展開を迎え、その翌年の2003年に今度はアトムのオモチャとして
シリ-ズの一環と銘打ってはいませんが、3度目のお務めとなったんだそうです…。
基本的に同じ寸法なので、デンチマンやガッタイオーのシリーズとアトムをコンバートしても、
ちゃんと作動するそうで、このあたり、プラレールやトミカ等、
オモチャの規格を大切に守り続けるタカラならではの心遣いなんでしょうか?


atom3sides.jpg
このセットのワンワンパトカー、サイズは15.2cmとやや大きめだし、上部にアトムを合体させるため、
縦サイズも9.2cmとけっこう大きくなるという収納泣かせのオモチャなんですが、
とにもかくにも長年の念願だったイヌのパトカーが手に入って悦に入ってる次第なのです(笑)。


urasawapluto.jpg
この2巻の表紙のビジュアルを持つアトムが復活して
いよいよクライマックスを向かえつつある、小学館『ビッグコミックオリジナル』連載中の
浦沢直樹の『PLUTO』にも、このワンワンパトカー出てきてましたっけ? 
まぁあの世界観からは想像つかないけど(笑)。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

こんばんは。
6月27日(金)0:01紫艶ナリ!です。(またもや期待はずれ)
【2008/06/26 23:40】 URL | どどまいや #LwKhXXBQ [ 編集]


>どどまいやさん
おおっ、なんと迅速な紫煙振り! 楽しみです(笑)
【2008/06/27 00:01】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


どもでつ、、

アトムは当時の白黒の、、ちょっと前にCSで再放送されたので、ほとんど見ましたけど、やっぱ面白いですよ、、
単純な構成と動画なのですけど、、うちのお子も面白いって、、一緒に見てましたもの、、

それに比べて、2003年版、、駄作でつ、、

で、これのちょろQ版、、あることはあるのですけど、お子に徴収されたまま、か返してもらえません、
ヘ(´o`)ヘ とほほ・・・・

お願いだから、おとーさんのアトム、、返してぇー、、、
【2008/06/27 00:16】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
こんばんわ~!
モノクロ版も良かったし、80年代版もけっこう楽しめましたよね~。
なのに03年版はなぁ…………。
まぁホント、このワンワンパトカーが商品化されただけでヨシとするしかないのかもです。
お子さまもお気に入りなら、ヨカッタヨカッタ(w
【2008/06/27 01:10】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


うちにもあります、チョロQ・・・投げ売られてたなぁ(苦笑)

ワンワンパトロールセット、面白いギミックですね!
ぷるーとのパトカーは、残念ながらこんなのじゃなかった気がしまつ。
【2008/06/28 22:25】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
おお、そちらにもチョロQ版、生息してましたか~!
やはり好きな人たちには大人気なんでしょうねぇ~。

電動版はいろいろ凝っていて、しかもそれを唱ってないあたりが
タカラっぽいかも知れません(笑)。

『プルートゥ』にはやっぱ出てませんでしたか~。
浦沢氏にはそういう遊びの部分は興味無いんでしょうネェ……。
【2008/06/29 10:45】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/170-529e30d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)