キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


ミッチーとコタンバのラブラブ大作戦!
heartbuggymain.jpg
ジャッカー電撃隊の3回目はハートクインのハートバギーを取り上げましょう。
3回目ともなると、あまり熱心に見てなかった身としてはそろそろ語るネタも尽きて来るんですが、
紅一点のミッチー・ラブについてチョコチョコと(笑)。

前回の「テコ入れ」のところで少し書きましたが、『ジャッカー電撃隊』の終盤では
スペードエースとハートクインの恋愛感情が大きくフィーチャーされます。
スーパー戦隊では「生身の人間が強化服を着て戦う」ことが普通のフォーマットですが、
ジャッカーの初期メンバーは「4人のサイボーグ」と主題歌で歌われている通り、改造人間です。
ビッグワンに関してはよく解りませんが、まぁあれは「宮内パワー」ということで
納得するしかないんじゃないでしょうか? そもそも原子力・電力・磁力・重力の4大パワーを
合わせ持つなんて、つまりは「いつでも一人ジャッカーコバック」状態なんだから、
そんなアブナイもの、人間の科学力では制御は不可能です(爆笑)。

「サイボーグ同士の恋愛」というと、『サイボーグ009』でも『仮面ライダー』でも語られてきた
石ノ森先生得意のモチーフな訳ですが、総じてアンハッピーな展開が待っています。
しかしこの『ジャッカー電撃隊』では希望を持たせた展開のまま終了しており、このあたりは
『サイボーグ009』の移民編で語られた「ジョーとフランソワーズの子孫」を思い起こさせました。

2603060593.jpg
こういう一人の女性と誠実に愛を育てていくというしっとりとした芝居では、
地味な二枚目である丹波息子の義隆がいい味を出してましたね。
このDVD第3巻のジャケット写真でもよく解る、かなり外人顔のミッチー・ラブの相手としては
キザで華麗な宮内洋の方が釣り合いそうなものですが、
彼にはああいう芝居はきっと無理、もとい似合わなかったでしょう(爆笑)。


heartbuggy3sides.jpg
このミニカーはポピニカの標準スケールで、全長約9.7 cmです。このハートバギーのベース車は
ミニモークということなんで、当ブログで紹介済みのサンドバルカン以前に、
すでにこのクルマが戦隊シリーズにに使われていたんですね~。
同じクルマということで、マッハロッド・マッハコンドル・ズバッカーの時みたいに
この2台の関連を考えると、『ジャッカー』が77年なのに対し『サンバルカン』は81年と
年代的にもけっこう開きがあるし、後になるサンドバルカンの方がかなり原型を留めていたので、
サンドバルカンはハートバギーの流用ではなく、それぞれ別の車体から改造されたと思われます。

karenandbuggy.jpg
実車の写真はこちらで、朝日ソノラマ刊の旧『宇宙船』7号からの複写なんで喉元が若干ボケていて
恐縮ですが、ジャケ写の写真とも見比べてみると、このポピニカは忠実なスケールモデルってよりは
かなりディフォルメを効かせた作りになっているようです。
コノ シャシンハ、 ベ、ベツニ、カレンタンノ オミアシガ メアテジャ ナインダカラ ネッ (;´Д`A ```

heartenzine.jpg
このミニカーにもちゃんとハートクイーンのフィギュアが乗ってますが、他の2台ではプラもしくは
ソフビ素材が使われていたのに、なぜかこちらは両手ボヨヨンの消しゴム素材です。
しかも全くの無塗装だったので、簡単に頭を中心に色塗っちゃいました(笑)。
ギミック的には天井のフードが外れ、エンジンカバーが開閉可能です。
カバーが開いた状態で固定できなかったんで、上の実車の写真みたいに
変身後の御本人に座って支えてもらったら、フィギュアの塗装がはげちゃったけど(゚ε゚)キニシナイ!!
それからボンネットのグリルを前に倒すことができ、
奥に格納されたミサイルはシフトレバーを押すと発射する仕組みになっています。
いや~、ずっとこのギミック使ってなかったんで完全に忘れてました(笑)。


搭乗フィギュアと言えば、スペードマシーンのスペードエースに小さいのと大きいのがあるようです。
NET上であのミニカーを取り上げている時「フィギュアに対しクルマがオーバースケール」という説明を
してあるのをよく見かけたんですが、前回ウチで取り上げた個体では特にそう感じません。
写真を見比べても微妙な違いなんで「アングルで違って見えるのかも知れない」と思っていたところ、
今回、どどまいやさんの追撃企画でウチと同じようなアングルの写真を載せて下さったんですよ。

見比べてみると一目瞭然。どどまいやさん所有のブツのフィギュアは明らかにウチのより小さいです。
ほとんどのミニカーを複数個所有するブルジョワコレクターとして有名などどまいやさんは、
スペードマシーンも複数お持ちで綿密に比較して下さるとのことなんで、
+(0゚・∀・) + ワクテカ +で続報を待ちましょう! 

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

ポピニカを見てるとミニモークの改造とは・・・絶句ものですが、実車のグリルには面影があるような気がしますね(笑)。全国1000万(推定)のミニ玩車フリークに、新たな収集の一里塚が生まれたような(そうでもないような)
【2008/07/21 04:32】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
ホント、気づかないくらい大改造されてますよね。
ミニモークってフロントエンジンだったと思うけど、これはリアっぽいし……。
もうちょっと緻密に検証したいけど、あまり写真がないんですよねぇ…。

まぁ、もし、それが正しいとしたら、『プリズナーNO6』にも使われてたから、
当ブログですでに3回目の登場になるんですよ。
それだけ改造しやすいクルマってことなんでしょうかねぇ?(笑)
しかしエンジンの搭載位置はなぁ………。
やっぱデマかなあ?(爆笑)
【2008/07/21 09:49】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


やたー、、宇宙船のスキャナー写真、、特大のサイズで欲しいでつー、、ぜひよろしくー、、

で、フィギアの大きさ、、楽しみですねー、、

それに、このバギー、、ミニモークがベースなんですねー、、勉強になります、、

【2008/07/22 00:58】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
あれ? えるさんってばミッチー萌えだったんでつか?(w
了解、なんとかしましょう。

で、スペードエースのフィギュア、大きさ違うでしょ?
なんとなく初版で小さすぎることに気づいて、
再販分からは作り直したような気がするんだけど、さて?

ミニモーク説、えるさんはどう思います?
リアエンジンのモークなんてあるのかしらん?
それともミニカーが間違ってるのかな~。


【2008/07/22 01:59】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


へいへいへ、・・・・へ?
あ~っ゛!名前が出てるっ!v-12

家捜しするので、も少し涼しくなるまで待ってね、ってゆ~か答えが既に出てるよ~な気が・・・。
【2008/07/22 14:44】 URL | どどまいや #IzD6kwGc [ 編集]


どもでつ、早速、↑の大きい写真を送っていただき、ありがとうございました、、

で、ミッチーのふとももに、思わず惑わされてしまいますが、拡大して検証してみました、、
その結果、、フロントアクスル部分を好く見てみると、、これ、ワーゲンビートルと構造が一緒なので、ベース車両は、おそらくワーゲンビートルか、その発生型のバギーかと思われますー、

まあ、決して断言はできませんが、昭和63年発行の、テレマガの「ゴレンジャー大全集」に、ベース車は、英国のミニモークとか記載それているそうです、、おそらく、ウィキペディアは、それから引用だと思います、

ちなみに、ミニカーのエンジン、、フラットフォーが再現されていませんか?、、もしそうだとしたら、実車取材を行っているでしょうから、ワーゲンの可能性大でつね、、

でわでわ、、
【2008/07/22 15:49】 URL | 覆面える #- [ 編集]


おぉ~、ミニモーク!
しかしフラット4(笑)

しかし子供の頃持ってました~コレ。
子供ごころにピンクに抵抗を感じてましたが(笑)
【2008/07/22 17:53】 URL | aavecj #OduVeq52 [ 編集]


>どどまいやさん
えへへ、待ちきれずに載せちゃいますた。ヽ(´ー`)ノ
今暑いですもんね~。解りました涼しくなるまで待ちますよ~!

【2008/07/22 18:25】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


>カレン萌ええるさんw
どうも、穴の開くような分析、ありがとうございました~! m(_ _)m
やっぱそうですか~! エンジン位置はいじりようがないですもんね~。

その講談社の本はたぶん『ゴレンジャー・ジャッカー大全集』だと思うけど、
それを書いてる人たちはクルマの専門家じゃないんで、
思いこみで書いちゃったのかもしれませんね~。
これでまたトクサツ界の通説を一つ覆せたかな?

ミニカーのエンジンはハートクインのオシリあたりに見えてますが、
突起は見えてる6本の内側にもう2本あります。
つうことは8気筒?(爆笑)

【2008/07/22 18:38】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


>aavecjさん
ミニモーク説はどうやらデマっぽいですね~。
ただエンジンの構造等にまだ疑問は残るので、実車のリアの接写写真がみつかるまで
結論はおあずけって感じかも知れません。

これ、昔お持ちでしたか~!
ピンク1色の人形がまた、イヤ気ですよね~(笑)。
【2008/07/22 18:42】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


こんばんは。
皆様の流石スルドイ分析眼に感服いたしました。
子供の頃「ワーゲンバギー」とか「デューンバギー」のプラモデルを作ったことがあるので、その辺が元車だったら「ちょっちウレシイかも」・・・でございます。

あ、ボクの担当は「ビッグ1」のカウンタックでしたね。
へいへいへへい♪
【2008/07/22 23:24】 URL | どどまいや #oFnKZNMw [ 編集]


fziro様

X1/9にミニモーク、そしてビートル(?)以前ご紹介していただいたアメリカ車達といい、結構エンスー(死語?)なクルマをネタにしてるんですね~。
で、今回のマシン、実車はよく判りませんがモデルに装着されているタイヤ&ホイールがやたらアメリカンなのが気になります。この辺の雰囲気もモークというよりはビートル系のバギーっぽい雰囲気を醸してるかも?
【2008/07/23 01:26】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>どどまいやさん
いやホント、みなさん実車にもお詳しいので助かってますよ。
こうやって1つ1つ通説を検証していくのは面白いですよね。

ビッグワン仕様カウンタック、期待してます!(笑)
【2008/07/23 02:59】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


>Ponys41さん
この番組はスーパーカーブームにあやかろうとした形跡がかなりありますので
予算の許す範囲でけっこう頑張っていたようです。
同じ東映が後の番組でカマロとかトランザムを使ったことや
『カーレンジャー』で彼らの勤務地の自動車メーカーにカニ目なんかが入庫してたのも
やはりエンスーがスタッフに混じってたんでしょうかね?(笑)
【2008/07/23 03:05】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


昔撮ったビデオ(コレを見た直後にβのデッキのモーターが死んでしまった。パーツまだあるかな?)を見る限りではモークではなくてVWベースのバギー(ENPIバギーもしくはENPIのコピー)だと思われます。当時、ENPI製はケッコーいい値段したので多分、コピー品ではないでしょうか?
あと、実写版ワイルド7の草波の専用車(セブンレーラーじゃないよ)とウインドシールドと幌の形が似ているのでもしかしたら同一車種かも知れませんね。
【2008/10/23 17:55】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
さすが、その名前を名乗ってらっしゃるだけあって、鋭い考察、ありがとうございます。

そうですか~、コピー品っぽいですか~。
草波のクルマはすぐ思い浮かばないので、今度勉強してみます。
流用だったりしたら面白いですよね~(笑)。
【2008/10/23 22:50】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


とりあえず今判ってる所を

ワイルド7の草波専用車はスポンサーのモービルの当時の社有車で、GCレース等のイベントで使用されていた物と同一の可能性大(73年の富士300キロで使用されていて、ワイルド7の放映時期と重なる)。

バトルフィーバーで使われた車両とワイルドで使われた車両はフロントのノーズ形状・バンパーの形状・ホイル(クレガーSS)・ウインドシールド形状が同一なんでもしかしたらワイルドの草波号かも知れません。

近い内、モービルの広報に問い合わせてみようと思います。

【2009/03/16 21:14】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


あっ、上記コメントのあとに「果たして、真相は如何に?」(警視庁24時の田中信夫ボイス)or「割目せよ!」(アニメ巌窟王予告ボイス)を脳内補完すると臨場感出ますw
【2009/03/16 22:32】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
おお、これは貴重な追加レポート、ありがとうございます。m(_ _)m
なんかだんだん詳細が判明してくる課程はワクワクしますよね~。

追加レポート、お待ちしてます!  ヽ(´ー`)ノ
【2009/03/17 01:11】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


まいどまたまたです。

あのバギーはデューンバギーだとおもいます。
ビートルのバギーには、バハ・バグ、というものと、デューンというものが
ありまして、どちらかであります。

ちなみに、タミヤから出ていたなつかしのバギーチャンプ、あれもビートルの
改造車です。

フロントのダブルトレーリングアームのサス形式はビートル独特のものですし
キャブがそのまま見えるリヤエンジンもビートルそのものです。
タミヤのラジコンバギーチャンプのフロントサスペンションと比べると一目瞭然でΣ(^▽^;)ございます。
【2010/01/05 04:14】 URL | えむけけ #- [ 編集]


>えむけけさん
こちらでも情報ありがとうございます。m(_ _)m
やはりビートルバギー説をお採りになるんですね。
メカを解ってる方が口を揃えておっしゃるからにはもう間違いないでしょうね!
本当に勉強になりました。
【2010/01/05 22:11】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ハートバギーのベース、MINI-Tという名前の車でした。
1970年発行のDuneBuggy&HotVWという洋書に特集記事が組まれてました。
T型フォードのHotRodをイメージしたアメリカ製のバギーで、VWタイプ1のシャシをカットしたショートホイルベースのMINI-Tとロングホイルベース(タイプ1のシャシをそのまま使用)MINI-T4の2タイプが存在します。
日本にはモービルが数台輸入してワイルド7の劇中車や各種イベントで使用した後、払い下げられた様です。
多分、ハートバギーは払い下げられた内の一台だと思います。

未確認情報ですけど払い下げられたMINI-Tのオーナーには、かつて日野のワークスレーサーでモスラや宇宙大怪獣ドゴラに出演していた俳優のロバート・ダンハムさんもいたそうです。
【2012/09/30 23:51】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
おお、これは貴重な情報をありがとうございます。
そうですか洋書に特集がありましたかぁ!ヽ(´ー`)ノ
このハートバギーの前身が『ワイルド7』の劇中車だったらスゴイなぁ…。
それにしても桃さんの読み、ドンピシャでしたね、さっすが!
【2012/10/01 00:30】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/179-bc2b0e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)