キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


蒼いイナズマ!
ボーイング社が製造中止したため、富士重工にライセンス生産させていた自衛隊の戦闘ヘリ
AH-64D アパッチ・ロングボウが1台200億円超のコストから、調達中止になるというニュースが
1ケ月くらい前に流れてましたが、これは当初60機程度を1台60億円で生産させようとしていたところ、
結局10機以下しか注文できなかったため、設備投資費がその少ない台数での頭割りになった結果
付いたプライスだそうです。予算も立たないウチから60機の調達を考えた担当官が大アフォで、
そもそもそんな少ない台数しか発注できないなら富士重工に生産させる意味はあったのかと
責任を問いただしたくなります。自衛隊の内部にはこの種の無駄遣いは数限りなくあり、
ただでさえ多くない国防予算を浪費してるんだから、本当に頭の痛い問題です。


bluethundemain.jpg
このニュースにちなんで、今日の御題は戦闘ヘリにしようと思いますが、
戦闘ヘリの研究は1950年代から始められ、以前紹介のシコルスキーのUH-34(はつかり)等に
武装を施した機体で実験も進められたようですが、当時の機体の安定性やスピードの問題等から
実用化までには時間がかかり、初のヘリ主体の戦闘はベトナム戦争時だったそうです。
なるほど密林での作戦では飛行機は空爆以外では使えないし、車輌も限度があります。
それにヘリの欠点である戦車やミサイル等で狙い撃ちされる点も、木々をかすめて飛ぶ作戦なら、
そう簡単には撃墜されないでしょう。この時多用されたUH-1の成果と問題点を参考に、
「既存のヘリコプターに武装を後付けした機体ではあまり成果が上がらない」との判断が下され、
UH-1の機関系を基にベルが製作したAH-1が「世界最初の戦闘ヘリコプター」と呼ばれています。

さて映像作品での武装ヘリコプターと言えば、古くは1976年のラウレンティス版『キングコング』の
クライマックスに登場した機体が印象的ですが、これはUH1でした。またAH1はゴジラ映画を始め
たくさんの映像作品に登場しているので、いずれまた独立して取り上げる予定です。


bluethunder.jpg
そして1983年の『ブルーサンダー』に登場するこのブルーサンダーこそが、
「戦闘ヘリコプター」という存在にスポットをあてた機体で、
パイロットの首の動きに連動して動く機首に備え付けられたマシンガンや
ローターの騒音を消してしまえるサイレントモード等の、
この作品でフィションを織り交ぜて語られる魅力的なメカ描写が、
戦闘ヘリコプターをメジャーな存在に伸し上げたと言っても過言ではないでしょう。
これまでの一般的なヘリのイメージと違う鋭角的なフォルム、尾翼に内蔵されたサブローター、
あたかもジェット推進力を持つかのようなボディ上部のバルブ等、
どう見ても映画のために作られた新鋭機のような感じを与えるこの機体ですが、
実はSA341G Gazelle という1973製のヘリの風防を鋭角的なモノに替え、
数々の武装を追加しただけの機体で、前部のターレット式マシンガン等の追加でヘッドヘビーになり、
実際にはかなり操縦しにくい機体だったとか(笑)。

SA341G Gazelle
こちらがそのガゼールですが、なるほど風防以外は基本的に同じ形です。
この丸っこい風防をエッジの立ったモノに替えるだけであれだけイメージが変わってしまうんだから
この映画のデザイナーは本当にいい仕事をしてますねぇ…(笑)。

blueoh6.jpg
ブルーサンダーが操縦しにくかったということは、劇中の最期の空中戦で出てくる
武装されたヒューズのOH6の方が、改造個所は左右のマシンガン程度でバランス良さそうなので、
実は操縦性は上だったのかも知れませんね(笑)。


ブルーサンダーの模型関係は、当時はモノグラムの1/32 のプラモデルが有名でしたし、
TV版に準拠した大型のtoyもMultiToysから出ていました。
ダイキャスト製はあまり無く、マッチボックスから胴体を寸詰まりにしたような形のが
無版権で出ていましたがカッコよくないのでスルーし、
イギリスのTOYWAYというメーカーからはトミカサイズの、こちらはわりと正確なプロポーションのが
やはり無版権で出ていたようですが、こちらは実物を見たことはありません。


bt3sides.jpg
今回お見せするミニチュアはトミカサイズのプラモデルです。これは韓国製のキットで、
箱が今手元に無いので憶測ですが、1/32のキットを出していた
Kitechというメーカーのモノではないでしょうか? 1/32のキットもモノグラムと同じスケールだから
提携なのかコピーなのか、さてどっちなんでしょうね?(笑)。
ボディは左右張り合わせなので、作例ではパーティングラインが消し切れてませんね(笑)。
なんどかやり直して少しはマシになったのが現状ですから、どうもすんません(笑)。
全長9.8cm程度のオマケキットなので、細かいディテールには見るべき所はありませんが、
大まかなプロポーションは良くつかめてるんじゃないかと思います。
なお武装やディテールは写真を見ながらかなり追加してあり、元キットよりはマシになってます(笑)。
また色は本当はダークブルーなんですが、写真を撮ると黒にしか見えないので、
やや明るめの青で塗装してあります。


oh6main.jpg
まぁこれだけでは何なので、ついでにOH6改戦闘ヘリもお見せしましょう。
こちらはダイソーで売ってる100円ミニカーをリペし、自作したマシンガンを追加したモノです。
全長約8.5cmで、コレも左右張り合わせだったので、フロントの継ぎ目をなるだけ消すように
心がけました。迷彩はテキトーなんで画面と見比べてはいけません(爆)


では2台揃ったところで、最後に久しぶりのお遊び特写(笑)。
ラストのブルーサンダーvsOH6のチェイスシーンです。
bluebattle.jpg
お遊びとは言え、ベトナム戦争時の上官であるコクレーンと、主人公マーフィーの
戦闘ヘリでのタイマン勝負という、この兵器の歴史をも感じさせる名シーンなんで、
背景はそのまま映画の素材を使いました。
いつもならローター部分にもう少し効果を加えるんですが、
せっかくの機体が見えなくなりそうなので今回は最小限にしています。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

とゅぅ~とゅぅ~とゅぅ~♪とゅぅるっとゅ、とゅぅるとゅぅとゅう~♪
宇宙刑事シリーズ第3作→本作→映画『ジョーズ』の三段逆スライドで、日本の良い子に「ロイ・シャイダー」の名を知らしめた作品です(かなり違

自分はゴールデン洋画劇場で見ました!
この機体って、たしか盗撮機能が充実してるんですよね(違!
ウィスパー・モードと併用して大都会のアーバン・ナイトを闊歩する正に大人のヘリ(ナニイッテンダ!

テレビ版の放送が告知されても『超音速ヘリ エア~・ウルフ』と勘違いした良い子は多かったハズ!あれ、ワタシだけ?

隣国の模型事情は全くわかりませんが、80年代初めって、韓国さん、対米向けの商売が上手になり始めていたよ~なので、ご紹介いただいた一見まともなパチ気味アイテムが氾濫していたのでしょ~か

なお、冒頭は宇宙刑事シャイダーOPのスキャットのつもりです(涙
本作テレビ版がヒットしていたら『宇宙刑事ジャンマイケルビンセント』(長っ!)になっていたかも(ナイナイ
大変ご無礼いたしました。



【2008/09/20 20:00】 URL | どどまいや #JIprNDFY [ 編集]


>どどまいやさん
まぁ、『ジョーズ』やこの作品が無かったら
宇宙刑事の第三弾が「ジャイダー」という名前になることはなかったでしょうね。

ブルーサンダーは覗きやってます(笑)。
封切り時は全裸のネーチャンの室内アクロバット、
(TV放映時は諸事情からレオタード装備になってましたが)をチャッカリ覗いてましたよね~(笑)。
やっぱサイレントモードってのため専用なのか~(違

TV版は映画と全然関係なくてすぐ終わっちゃいましたが、
あれはあれでヨカッタような気もします(笑)。
【2008/09/20 21:29】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


えと、、やっぱヘリは、Bell UH-1 "Huey"て゜っせー、、( ^.^)( -.-)( _ _) ドウモ

でも、ダイソーのヘリも、、なかなかいい感じですねー、、
OH6と云えば、ハイウェイパトロールですが、、ジョン&パンチのミニカーセットも、このヘリが付いています、、

しかしも自衛隊の武器調達、、軍用マニアの当方としても、別に文句を云うつもりはサラサラ無いのですけど、

もっと役に立つ兵器を物買えよー、、つてところですー、、

【2008/09/21 01:12】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
Bell UH-1は『ブルーサンダー』にも回想シーンなんかに出たし、
何と言っても『地獄の黙示録』でのあの「ワルキューレの騎行」が印象深いですよね~。
あのヘリもカッコイイんでいずれやりたいです。

ダイソーヘリは昔なんとなく買っておいたのが役立ちました(笑)。
最近見たらベルタイプのもあったから買っておこうかな? ヒューイだといいなぁ(笑)。

自衛隊はねぇ、こないだのナントカ洋行じゃないけど、怪しい連中が間に入りすぎですよ。
この60億が200億になっちゃうのもワザとじゃないのかな~、っていう疑念もあったりして(苦笑)。
ホント、予算は有効に使って欲しいです。





【2008/09/21 02:01】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


子供を寝かしつけて、ようやく一息の時間でつ(汗)
じえーたいの無駄遣いははね~、もはや伝統みたいなモンですね。

国産技術の維持向上とかもっともらしいこと抜かしてますが、
こうも予算食いだと、「素直に米国製をそのまま使え!」と言いたくなります。

韓国製のブルーサンダーのプラモ、いつか台北で見かけました。
いま思えば、買っとけばよかった・・・。
【2008/09/22 00:39】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこパパさん
お疲れさまです~!
しばらくはいろいろと大変かと思いますが、どうか頑張ってくださいね~!

ほんと、自衛隊の予算喰い、このアパッチみたいな明らかな無駄遣いは
何とかならないもんですかねぇ…。
現場の人からもそうとう不満も上がってるようだしなぁ……。

台北にブルーサンダーありましたか~!
同じアジア圏だからそこそこ出回ってるんでしょうね~。
【2008/09/22 01:06】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


映画版ブルーサンダーのオープニングに出てくる「この映画に出てくる兵器は全て開発中のものである」のテロップの通り、21世紀の現在、実戦配備されちゃいましたね。
まさか、視線移動式のターレットの「10人に1人は許容範囲」の誤差もそのままだとは(「現在は改良が進み100人に1人位だ(笑)。」と元、普天間所属の飲み仲間は言ってたけど本当かな?)。技術の進歩ってスゲエ。
【2008/10/23 17:02】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
サイレントモードと、あとはデバガメ機能以外は全部実用化されてるんじゃないですかね~。
明らかになってないだけで、デバガメ機能ももしかしたら(笑)。

後は値段がねぇ………。

【2008/10/23 22:42】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/191-6c9444d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)