キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーカーブームの落とし子たち
あの空前のスーパーカーブームから30年が経ちました。これまでにもスーパーカーブームの再燃は
ランボルギーニやフェラーリがフラッグシップカーの新型を出す度、小規模ながら起こってきました。
中でも1980年代後半はランボルギーニディアブロ、フェラーリF40、ポルシェ959、
そして日本からもホンダNSXと、スター級の車が出そろったので、ちょっと大きめの揺り返しが起こり、
その熱は『サーキットの狼2・モデナの剣』という作品にも結実しました。

まぁそれでも一般庶民にはスーパーカーは高嶺の花であることに変わりなく、バブルも弾け
景気が冷え込むと共に、「手に入らない車に憧れるよりは手に入る車をチューンナップして楽しむ」
という方向性が主流になる、というよりは以前からあったこの傾向がますます強まっていきました。


wangann1.jpg
『湾岸ミッドナイト』が始まったのは1992年でまさにバブルの弾けてすぐの頃です。
主人公の駆る「悪魔のZ」はスクラップ置き場にあった廃車寸前のS30型フェアレディZで、
それも『サーキットの狼』で魅死魔の初期の愛車として準スーパーカー扱いされていた
レース仕様の432型でないLエンジンのタイプでした。この本来ごく普通の車であるはずの
S30型Zの1台がなぜか特別の性能を発揮し、それに魅せられた天才チューナーたちの手によって
ますます強力な戦闘力を持つようになるのがこの漫画のメインストーリーで、
ライバルのブラックバードポルシェと、極初期に出てきたフェラーリのテスタロッサ以外は、
この悪魔のZとバトルを繰り広げる車たちは国産のチューンナップ車揃いでした。


initial1kan.jpg
1995年に始まった『頭文字D』になると、主人公の愛車はハチロクと呼ばれるスプリンタートレノで、
小型で非力なこの車を勝たせるためにバトルを峠の下り専門にするなど設定の妙が見られますが、
この「非力な車が主役を張る」カッコ良さは、現実でのフォローアーを多数生み、
一気にこのハチロクの中古相場は跳ね上がってしまいました(笑)。

この国産車中心の動きは2001年公開の映画『ワイルドスピード』により盛り上がった
スポーツコンパクト(スポコン)車ブームとも結びつき、国産チューニングマシンは
もはやスーパーカーが買えないからじゃない、スーパーカーをブッチぎる車として
認知されるようにもなりましたが、不景気が絶好持続中で国産車の維持すらも難しい状況と
なりつつあるここ5年あまりは、どうせ憧れるならやっぱスーパーカーとばかり、2004年からは
『カウンタック』・『彼女のカレラ』というマンガが相次いで青年誌でスタートし人気を集めています。

akumanozmain.jpg
これら、スーパーカーブームの落とし子とも言える作品たちの劇中車は、
当然キャラクターミニカー界でも大きな勢力を持っていますので、
今回はその中から、作品は『湾岸ミッドナイト』、車は主役の「悪魔のZ」を取り上げます。

img06904949.jpg
このイラストはプラモデルの箱絵だと思いますが、同じ国産チューンドカーを扱う漫画でも
『頭文字D』がバトルそのものの迫力をメインに扱うのに対し、『湾岸ミッドナイト』は
ドライバーやチューナーたちの考え方や生き方にスポットを当てた作風で、
時に雄弁に語られる登場人物たちの車に対する「哲学」は「ポエム」と呼ばれ愛されています。
そのため主要登場人物のキャラの立ち方はハンパではなく、巻数が進み出番が積み重なっていった
キャラクターたちはまるで生きているように印象も濃くなっていきますが、
それと反比例するかのように、作者の楠みちはるの画風の変化によって、
どのキャラも同じような顔立ちになっていってるのは笑えます。
それから主人公のアキオの印象だけが薄いというか、透明なのもこの作品の特徴で、
「悪魔のZに初めて本当に認められたドライバー」という基本的な設定以外は
完全な狂言回しに甘んじています。

akumaz3sides.jpg
今回お見せしているミニカーはトミカダンディのZ432を改造したモノです。悪魔のZのミニカーは
アオシマから1/36というハンパなスケールのモノが出ていたのですが、ここはやはり標準スケールで
欲しかったのでそれは買わずに、ダンディの改造で作り上げることにしました。
最初の方に書いたとおり、悪魔のZは432ではないんですが、オーバーフェンダー付きのために、
432のミニカーをベース車に使っています。そしてフロント下に装着されているのが、
「悪魔のZ」の最大の特徴であるエアロパーツです。

240zg.jpg
Zの空力パーツと言えば、240ZGに装備されてるZノーズが有名ですが、
悪魔のZにはそれはありません。マンガでは一度だけ付けたことはあったんですが、
やはり不評だったのかすぐに外しています(笑)。
このミニカーのパーツはプラ板削り出しの完全スクラッチビルドですが、このエアロ部分、
実は連載時期によって微妙に形が違っており、「改良した」と劇中で語られている訳ではないので、
たぶん作者の気まぐれだと思います(爆笑)。色も本来はミッドナイトブルーのはずなんですが、
最近のはどう見ても少し緑ががってるんでそのイメージで塗っています。


単行本も40巻を越え、そろそろ国産車で戦うべき車が払底しだしたこの『湾岸ミッドナイト』でしたが、
はっきりと終了とは唱っていないものの、いきなり副題として「C1ランナー」というフレーズが付き、
読者を驚かせましたが、新登場のキャラがかつての作者のマンガ『TOKYOブローカー』に出てきた
ノブという小僧っぽいことが指摘され、意外な作品のクロスオーバーにさらに注目を集めています。
このノブがどう作品に絡んでいくのか? さらには今のところまだ出てきていないアキオは
この新章には登場するのか? 謎は謎を呼び、しばらくは目が離せそうにありません。



※いつもコメント頂いてる方にお詫びとお知らせです。
特殊な趣味を扱うこのブログですが、それでも一日に3~5件くらいのスパム書き込みがありまして、
これまではお知らせメールが来しだい、手動で削除していたんですが、
その際のウッカリミスで、せっかく書いて頂いたコメントを削除してしまったことが何回がありました。
そこでそういうスパムを防ぐために、コメント書き込む際の認証システムを導入しましたので、
お手間かとは思いますが、どうか御協力お願いします。m(_ _)m

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

fziro様
”湾岸ミッドナイト”も”頭文字D”も30巻位までは読んでいたんですけど・・・。
一度読み始めると止まらないのと同じで一度止めちゃうとダメですね~。。。
たまった分をこれから買うのはちょっとシンドイかも。
ウチには何気に両作品のトミカセットが有ったりします。(頭文字は2種類)

当方、アメリカ車以外にヨーロッパや日本にも好きなクルマはたくさんあって、日本ではハチロクは大好きな1台です。(個人的にはトレノよりレビンが好み。)
Zにはあまり強い思い入れはなかったのですが、湾岸~を読み始めてからはやっぱり気になる1台になりましたね。でも”悪魔のZ”ってちょっとだけ”クリスティーン”に似ているかも?
【2008/10/05 22:27】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


> Ponys41 さん
ダイジョブです、私も全然買ってません。全部立ち読みです(爆
いや~、ブックオフ様々ですよ。
正確に言うと『頭文字D』は初め買ってたけど途中でやめまして、
その顛末はその記事の際にでも(笑)。

悪魔のZ=クリスティーン説ですかぁ…。
確かに特に初期に見せてたようなドライバーに逆らう生きているかのような動きは
そういう感じもしますよねぇ…。
実は連載中断(つうか、C1ランナー突入)直前は、
「悪魔じゃなくて、暁を駆けるルシファーだ」みたいなことを言い始めてたんで、
おひおひ黙示録の世界に突入するのか~! とか思ってたら、
やっぱそこでとぎれちゃいました(笑)。


【2008/10/05 22:45】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


こんばんは。
読んで来ましたヨ!(床屋の待合(!)で。)

あれ?このS30って、ターボでしたっけ?
トホホ。もう忘れてしまいました(涙)

この作品が人気あるのは、わかる気がします。
いい意味で煮詰まってるというか、成熟・安定してる感もあるので、新キャラを考えたです。

大まかですけど、現行のF1エンジンって、NA2.4リッター、1万9千回転(制限)、700馬力ですよね。
そのエンジンを、大昔、インド(!)へ旅立った伝説のオト(ピー)チ・メカニックがスズキの四輪車に無理やり搭載して日本に帰国。醜い日本の現状に失望して、インド人ドライバーとかを使い、C1で日本車狩りの蛮行に!
最高速、RE、ターボへのブレイク・スルーはF1、インド、スズキですよ、やっぱ!(ホンマカイナ
(講談社系の編集方針を真似るつもりが川内ヒーローになってしまうのはワタシの至らぬせいであります。)

一番下の画像、昔買ってもらったトミカのマルーンの240Zを思い出し、心にキュ~ンときましたです。
ネタ・コメントで、ひたすらゴメンナサイ(深謝
【2008/10/12 23:49】 URL | どどまいや #oFnKZNMw [ 編集]


>どどまいやさん
おお、これはなんと研究熱心な、お金をかけないところも実にスバラシイ(・∀・)!

新キャラ、インド人、(・∀・)イイ!
ナマステ~、もといナマエはハッサンね、コレデ、キマリよ!

ハッサンはコレね! ゲンキシテタヨ!!
http://www.k2.dion.ne.jp/~fusan/gif/hassan.gif

クルマハ、SX4ね、コレッキャナイヨ! エンジンのらなくても(゚ε゚)キニシナイ!!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:SX4WRC2008.jpg

オシ、コレデワンガン走るネ!
メンキョ無いけど(゚ε゚)キニシナイ!!

なんかもう、スピードレーサーの世界だけど、ぜんぜん(゚ε゚)キニシナイ!!

ウラララララララララ。キャッホ~~~~~ッ!
【2008/10/13 00:31】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/194-f4d00cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。