キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


宿命の黒い鳥
blbirdmain.jpg
『湾岸ミッドナイト』2回目の今日の御題は、悪魔のZの宿命のライバルであるブラックバードです。
医者である島達也が駆る黒いポルシェは、10年近くも「湾岸エリアNO1」の座にある帝王でした。
大病院の跡取り息子に生まれた彼は、生まれながらにして全てを持つエリートで、
その暮らしの中では満たされない何かを求めてクルマに乗るようになったんですが、
初めて買ったクルマがポルシェだったという、もうどうしようもないほど徹底したエリートでした(笑)。
そうして湾岸を走るうちに自然とできた多くはない仲間の中に、
悪魔のZの前のオーナーがいた訳で、その彼もまた悪魔のZにより命を落とします。
廃車にしたはずの、仲間を死に追いやった悪魔のZが再び走り出したのを知った島は、
最初は今度こそ引導を渡そうと挑みかかって来るんですが、新しいオーナーであるアキオの元で
以前とは次元の違う走りを見せるその姿に驚嘆し、やがて惹かれていきます。
その姿を追ううちにこれまでのブラックバードのセッティングに飽き足らなくなった島は、
ついには悪魔のZを創り上げたチューナーである「地獄のチューナー」こと北見の門を叩き、
彼が悪魔のZに施したのと同等のチューニングを施すことによって、悪魔のZが達している領域に
到達しようとして成功します。以降、悪魔のZとブラックバードとは互いにバトルを重ねながら
そのマシンの完成度を上げていくことになるんですが、バトルとは無関係のちょっとした事故で
ブラックバードは大破したため、島は北見のチューンを受けたときにボディの補修を担当した
高木の協力を再び受けて、ブラックバードを復活させます。
実はこの時のチューンが、ボディを切り刻んで、フレームから組み直し、
外装の大部分はカーボン製のパーツに取り替えるといった大がかりなものだったため、
新しいブラックバードは「次の車検は通らない」1年限りの宿命を持つクルマになった訳ですが、
その後実世界では何年か連載が進んでも、劇中ではその期限は今のところ来ていません(笑)。

bbilust.jpg
これもフジミのプラモの箱絵ですが、911ターボがベースだったというブラックバードは、
その張り出したフロントと大きな吸風口を持つエアロパーツが特徴です。

bbird3sides.jpg
今回お見せしているミニカーはトミカダンディのポルシェ934です。
ブラックバードのリアウイングは初期はミニカーと同じようなポルシェの大型ウィングですが、
大改造を経てからは箱絵のような中が空いている口の字型のモノに変わっています。

ruf_ctr_yellowbird.jpg
ブラックバードは高名なポルシェのチューンドカーであるルーフ・CTR・イエローバードあたりからの
着想だと思われるんで、本来はそっちのミニカーを使うべきでしょうが、
吸風口やその左右のランプの形状が違うし、そもそも黒いイエローバードのミニカーなんてのが
見つからなかったので次善の策で、エアロパーツが似て無くもないコレにしました(笑)。

bbirddooropen.jpg
ライト部分に銀色を足した以外はノーマルです。大きさは1/45スケールで、9.4cmです。
ダンディなので左右とリアのドアが開閉します。

あくまでクールな島&ブラックバードと、ひたむきで純粋なアキオの悪魔のZとの対決や
それに様々な思惑で絡んでくる第3車との駆け引きがこの『湾岸ミッドナイト』の大きな魅力ですが、
その思惑や駆け引きはまた追って御紹介しましょう…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

こんばんは。
このクルマがNASAの技術(!)でチューニングされ、ドライバーが宇宙服みたいなレーシング・スーツを着ていて、ヤバい燃料使っているとワタシの守備範囲かも知れません・・・(楠木先生ごめんなさい)。

『湾岸~』ブラックバードは元ネタがしっかりしているし、ポルシェって実在の国産車チューン方面でもターゲットって感じなので、ライバル(?)キャラのマシンとしてはうってつけではないかと勝手に思っております。

ボクん家にもダンディの934って、どっかにあると思うんですが、fziroさんのみたいにカッコよくないですけどぉ!なんで?
【2008/10/13 00:04】 URL | どどまいや #3xOSmV06 [ 編集]


>どどまいやさん

>ワタシの守備範囲
あ、それ、そういうのそのうちレスキューフォースで出るかも?
最近見てないけど、ロボ戦はじめたみたいだし(w

ダンディの934はいろいろ色バリエあるから、
カッコヨク見えないとしたら、そのせいですかね~?
やっぱ「漆黒」ってのはカッコヨサが引き立ちますよ。

【2008/10/13 00:37】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


初めまして、何でもアリアリ悪食車オタの桃色ジープと申します。ブラックバードの元ネタですが、私の思うところ82年頃から「OPTION」誌に出ていた「MID NIGHT」と云うチームの純白の930(911?)ターボではないかと思います。当時、中学生だった私は国産チューンド相手に首都高や東名、ターンパイク最速と言われたこの車に(と、言うより今じゃチューンド界や走り屋界の重鎮ばかりのこのチームに)憧れてたもんです(ボンネットに書かれたトラクションマスターの文字がカッコよかったなぁ)。
あと、934と云うとタミヤのラジコンかすがやみつるの「マシン刑事999」を思い出す人は多分私と同年代。
【2008/10/22 16:13】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
始めまして、ようこそいらっしゃいました。m(_ _)m
ハンドル名に聞き覚えあるので、どこかお仲間のサイトの御常連の方ですよね?
色物専門のこのブログもどうかよろしくお願いします(笑)。

そうですか~、そういう実在の「伝説のクルマ」があったんですね~。
悪魔のZの方にもモデルはあったという話なんで、ブラックバードもそうだったんでしょう。
これは勉強になりました、ありがとうございます。

934の『マシン刑事999』は、私は読んだことは無いんですが、
そういうマンガがあったことは存じております。
たぶん、どどまいやさんあたりが取り上げてくれるんじゃないかな~と、
無責任にボールをパスしておきましょう(笑)。
【2008/10/22 16:34】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/195-1fe19752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)