キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


頭文字はT・F?
hatirokumain.jpg
『湾岸ミッドナイト』を三回連続でお送りした後は、もう一方の雄『頭文字D』を取り上げます。
大まかな流れはすでに書いたし、今更、拓海とハチロクについて書いても、
みなさんも周知だと思うんで、私とこの作品の関わり方の歴史などを軽く書いてみます(笑)。

初めてこのマンガの存在を知ったのは今から12年ほど前でした。
その頃顔を出していたオーディオのイベントで参加者の一人が雑誌サイズの「総集編」と呼ばれる
単行本を持ってきていて、イベント自体はつまらなかったので合間に読んでいたら
すっかりハマってしまったのです。内容はシビック乗りの卑怯な庄司慎吾とのバトルで、
たまたまそのイベントの常連の一人と顔がソックリだったのでますます面白がっていたのでした(笑)。

inid5kan.jpg
それで前に遡って普通サイズの単行本を揃え、ブラックエンペラーの京一との再戦あたりまでは
買ってましたが、その中ではこの5巻の表紙が一番好きです。
その後も読み続けることは止めず今に至ってますが、やはり1998年のアニメの登場は驚異でしたね。

ind1st1.jpg
今では慣れっこになってしまったあのクルマをCGで表現するバトルシーン、最初に見た時は
そのリアルさに狂喜乱舞しました。(画像は1st stage第1話「究極のとうふ屋ドリフトより」)
TVで見る前にPS1のゲームも買ってたんで、CGで表現するとどうなるかという感覚は
前もって知ってはいたんですが、TVはそのゲームのプレイ画面よりずっとリアルで大迫力で、
まぁデモシーンがずっと続くようなもんですからね(笑)。
このアニメにもすぐハマったんですが、音楽だけはどうにもガマンがならなかったんですよ…。
トランス系が流行りまくってた頃なんで、全編リズムボックスモロ出しの単調なビートで、
まぁそれは聞き流せばいいとしても、メイン主題歌はおネ~チャンのボーカルが
音外れてて聞いてて気持ち悪いし(苦笑)。
最初のPSのゲームの音楽がヨカッタんだけどなぁ…。

まぁ、そういう感じの些細な不満はありましたが、『サーキットの狼』に熱中した
かつてのスーパーカー小僧にしてみれば、正直この作品に出会うまで
あまり国産車には興味は無かったので、いろいろ調べるいいきっかけになりました。


hatiroku3sides.jpg
お見せしているミニカーはコミックトミカEXです。かつてのダンディと同じ規格の
標準スケール1/43のミニカーで、大きさは約10cmです。


hatirokudooropen.jpg
これもダンディなんでドアは開閉し、リトラクタブルライトも開いて、中はレインボーシール仕上げです。
右側ドアにはこのハチロクのトレードマークである「藤原とうふ店」もちゃんと書かれていて、
このミニカーが正規の『頭文字D』商品であることを物語ります(笑)。

トミカはそれこそトミカサイズで『サーキットの狼』、『湾岸ミッドナイト』、そしてこの『頭文字D』等の
劇中車をミニカー化してますが、『頭文字D』だけは標準スケールのも出したということは、
やはり力が入っていたんでしょう。でも後が続かなかったのは売れ行き不振だったのかな?(爆笑)。

ハチロクに関してちょっとだけ書けば、壊れてからの「グループA用のエンジンをデチューンして搭載」
というチューンアップに燃えました。『サーキットの狼』の流石島レースで一瞬だけTOPに立った
「ニュートヨタ7のエンジンを積んだセリカ」じゃないけど、こういう反則技は夢があっていいですよね。
しかしその後もバトルは白熱する一方で、そのハイパワーハチロクも苦しくなってきてるはずですが、
サブにインプレッサを入れてはみたけど、まだまだ拓海のメイン車輌の座はハチロクが占めそうだし、
藤原拓海はイニシャルはT・Fだけど「D」だというこのタイトルの意味も、
いつかはっきりと解る時が来るんでしょうか?(笑)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

こんばんは。
おおっ!、ドリキン・マシンですね。
1980年代前半でしたか、土屋圭市さんブーム(?)みたいなのがあって、AE86トレノ(ついでにレビンも)が神格化され、後年、なぜかワタシまで釣られて「Option」ビデオを買ったことがあります。
ご紹介いただいているミニカーって、コミックトミカとかいって、RX7が一緒に入っていたヤツでしょうか?
『頭文字D』、アジアン多国籍な実写版がけっこうスキな駄目なワタシ(涙。
【2008/10/12 19:11】 URL | どどまいや #JKq.rG1Q [ 編集]


>どどまいやさん
そうそう、ドリキンブームなんかを初め、実際の走り屋さんたちには
『頭文字D』の方が人気でしたよね(笑)。
神懸かりの『湾岸ミッドナイト』に較べ、取っつきやすかったのかなぁ…。

あっちはあっちで憧れで残しておいて、実際の走りには『頭文字D』の方を
参考にした人が多かったのかな?

このミニカーの詳細についてはまた次回(謎


【2008/10/12 19:43】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


fziro様
矢継ぎ早の更新ですね~。私はトミカのセットは1/64サイズしか買いませんでした。。。
1/43のAE86トレノは、今ではエブロから出来の良いモデルが出ていますね。
フジミからも頭文字Dのキャラ車が何種類か出てました。・・・が、どれも結構イイお値段なんでお金が回らず購入してません。。。
当方は古いエムテックのパンダトレノを持ってます。頭文字D仕様とは表示されていませんが、ホイールがワタナベ風なのでどう見てもカーボンボンネット以前の拓海号ってカンジです。後はドアに豆腐店の文字を入れるだけです。(笑)
【2008/10/13 21:58】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
最近、更新サボリ気味だったので、ちょっと今月は頑張ってます(笑)。
「藤原とうふ店」号は人気車種なんで、けっこう商品化に恵まれてますよね。
追っかけていくとキリないので今回はマルっと無視しましたが(笑)。

ああ、エムテックも出してましたか……。
あそこ、10年くらい前はけっこう頑張ってたのに、
京商等が出てきてからは あまり目立たなくなりましたよねぇ…。
ダイヤペットの川端さんが初期に参加していたせいか、
ダイヤペットに似た感じだったのが良くなかったのかな~?
でもやはり、また頑張って欲しいブランドですよね。

お持ちのミニカー、ぜひ「藤原とうふ店 (自家用)」って文字、入れて下さい(笑)。


おお、このレスの認証用キーワードが「ハチロクよんろく」だった!(爆笑
【2008/10/13 22:33】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

レビントレノ
レビントレノといえば、歴史もあります。大衆車カローラはサニーの対抗馬として生まれました。
初代27レビンはセリカGTの2T-Gを搭載、オーバーフェンダーを装着したワイルドなルックスが精悍でした。37(カローラ30ベース)は短命でしたが、47トレノをベースにしたボディ(TE51)となりました。
そして、TE71となり、AE86がデビュー、エンジンは4A-Gになりました。FRのままモデルチェンジし(セダンはFF)ハチロクの愛称となりました。
そして、AE92になったとたん、カローラシリーズは全部FFになってしまいましたが、スーパーチャージャー仕様のモデルも出ました。101や111もありましたが、ハチロクのような人気にはなりませんでした。
あと、4A-G搭載車はカリーナ(AA63)とかカローラFXなどもあります。
【2014/01/23 18:33】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/197-0058a619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)