キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国を守り家族を守る素朴な気持ち
supexmain.jpg
今日の御題は1984年版『ゴジラ』よりスーパーXです。『メカゴジラの逆襲』以来眠りについていた
ゴジラが、ファンの声に後押しされる感じでついに復活したのがこの映画です。
1980年頃は「ゴジラ復活委員会」を初めとする様々なファングループが活動し、
それに連動して映画界も単館でのオールナイト上映はもちろん、
godzilladaizensyu.jpg
日劇を初めとして地方へも巡演した『ゴジラ映画大全集』と銘打った
昼間のリバイバル上映を開催し、ゴジラ復活に向け大きな盛り上がりがありました。


cybot.jpg
新作製作開始のニュースは大きな期待で迎えられ、撮影に使われた4mほどの
サイボットゴジラはその巨体と動きをあちこちのイベントで披露し、
私が足を運んだイベントではその咆吼に子供たちが鳴き声を上げるほどの迫力でしたねぇ!

 
godzilla1984.jpg
そんな盛り上がりの頂点で完成したこの映画は、84年年末(85年お正月)興行で公開されましたが、
『グレムリン』『ゴーストバスターズ』と激突して「3G決戦」と呼ばれ、
日本製の特撮映画がハリウッド大作と真っ向から張り合うという、
特撮SF好きにはけっこうタマラナイ事態となっていたのです。
そして期待に胸膨らませて足を運んだ私が見たものは………。


ツマラナくはないですが、けっこうビミョーな仕上がりのなんとも評価しがたい出来映えの映画でした。
重厚だけれども爽快感が無い。つまらないお笑いシーンは入れてるけれど笑えるシーンは無い。
科学的考証を重視してるけれども整合性は曖昧なまま……。
矛盾している要素のゴッタ煮みたいな感じで、怪獣映画というジャンルの難しさを
いろいろと考えてしまう仕上がりでしたね…。

その製作姿勢の曖昧さがたたったのか期待しているほどのヒットにはならず
反省点を考え直す時間が必要となったのか、次回作『ゴジラvsビオランテ』までには5年もの
年月が流れてしまう訳ですが、その『vsビオランテ』がかなりの良作に仕上がったので、
決してこの『ゴジラ(84)』は無駄であったとは言えないと思います。


superxstill.jpg
さて今日の御題のスーパーXですが、首都防衛のために自衛隊が秘密裏に開発した
「空飛ぶ要塞」で、そういうものが建造可能かどうかは置いといても(笑)、
首相が存在を知らないうちに完成してるってのは文民統制上マズいんじゃないかって気がします。
カブトガニをモチーフにしたスタイルは好みが分かれるところでしょうが、
個人的には無骨で好きですねぇ…。
このスーパーX、新宿決戦ではカドミウム弾をゴジラに打ち込み一度は完全に動きを止めたんですが、
思わぬ事故により再活性化したゴジラの怒りの反撃に合い、カドミウム弾も使い果たしたために
敗退します。しかし、この『ゴジラ(1984)』に始まる一連の平成VSシリーズはストーリーが全て
つながっているので、このスーパーXの善戦の記録は後に活かされ、改良を加えて行った結果の
Gフォース版メカゴジラやスーパーX3の「勝利」へとつながることになる訳ですね…。


superx3sides.jpg
お見せしているミニカーはバンダイの食玩「東宝マシンクロニクル」のモノです。
これも近辺で売ってなかったし、闇箱なんでショップで買いました。
スーパーXのアイテムとしては公開当時発売され、近年にも再販された日東=マスターの
30cmくらいはあるソフビを始め、ガレージキットではけっこう出てたんですが、
バンダイからは当時は出てなかったんじゃないでしょうか? 
オマケ的食玩だったらあったかも知れないですが、さすがにチェックしてません(笑)。
コレは全長約6cmの小さなモノですが、設定では全長27.2mなんで約1/450ですね。
この小ささでも硬質プラ製なんで、上下のレーザーやカドミウム弾の射出口は
ちゃんと伸張させることが可能です。


東宝「自衛隊」は様々な表現上の制約から自衛隊ではなく「防衛隊」とか「Gフォース」等の名称を
名乗っていますが、基本的には自衛隊なんで日本の国を守るために戦っています。
それなのに娯楽映画に過ぎないゴジラシリーズでも、
たとえばドイツ軍が描かれる『フランケンシュタイン対地底怪獣』ではあまり目立つ活躍はしないとか、
沖縄が舞台である『ゴジラ対メカゴジラ』には全く登場しないとか、
イデオロギー上の制約を受けたとしか考えられない事実があります。
今、マスコミが騒いでいる田母神問題とか、それとは反対に全く触れようとしない国籍法問題とか、
国を守るという素朴な感情がねじ曲げられている現状は何かおかしいのではないか? 
という気がします。

特に国籍法問題は日本という国が亡くなりかねない重要な事柄なのに、
本当に極一部のマスコミしか報道しない現状は恐ろしくてたまりません。
ここであまり声高にいうのもなんだし、私という人間のフィルターがかかっているかも知れないので、
国籍法問題に関してはリンクを張っておきますから、どうか御自身で判断下さい。
ただ、お子さんをお持ちの方はお子さんの将来に大きく関わってくることなので
御覧になるだけはしていただけると幸いです。m(_ _)m

※すぐに問題点が解る有志が製作したチラシ
kokusekitirasi1.jpg

kokusekitirasi2.jpg



※関西で報道された評論家青山繁晴氏によるレポートの動画(約10分)
http://jp.youtube.com/watch?v=MM3c7wUEJi4

※詳しい説明がしてあるまとめwiki 
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント
行くよ!機龍!!
夏に公開された『さよならジュピター』の余韻覚めやらぬ同年暮れ、お正月映画として復活した『84ゴジラ』。
『メカゴジラの逆襲』以後、「ゴジラ」空白期間中の日本特撮の技術進歩は著しく、圧搾空気で動くヒロインの演技に驚嘆しました。

その後、1987年には巨匠市川監督メガホンの『竹取物語』で東宝映画の主役を射止め、1989年の『vsビオランテ』では遺伝子分解されカメオ出演(84ゴジラの特別出演者と好対照)するも、1994年『ヤマトタケル』では再びヒロインを演じることなり、サイボット技術とともに質の高い作品群を上映した東宝系映画館は感動の嵐に包まれたのでした。

1984年、アニメでは『風の谷のナウシカ』、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』が劇場公開。ナウシカ・ガールとして安田○美を発掘し、『SF新世紀 レンズマン』も公開されるなど実り多き年でした。

スーパーXいいですね!
「首都防衛移動要塞」を名乗り、高層ビル群をバックに84ゴジラ(100m)とガチンコ対決!!

この後タイムパラドックスの災禍に度々襲われカオス状態となった日本を、自衛隊通常装備だけで守ることが出来るとはとても思えませんので、スーパーXの配備を切に願うものであります。
ショッキラスが出てきたら?核攻撃以外はヘッチャラです!!
【2008/12/02 16:22】 URL | どどまいや #a2H6GHBU [ 編集]


ゴジラ公開の1ヶ月前、前夜祭的なイベントで全東宝特撮(マタンゴや緯度ゼロとか)リバイバルやってました。自分も学校サボって毎日映画館通いでしたね~(肝心のゴジラが今イチだったのが納得いかなかったけど)。
ただでさえヤバい出席日数が更にヤバくなったのも、今では人生の黒歴史(当時バイトとバンドとバイクにハマった高校1年生)?

スーパーX・・・戦闘形態がアイロンに見える(仲間ウチではアイロンと呼ばれてたりする)人は10人中3人はいるハズ。
【2008/12/02 18:55】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>どどまいやさん
そうそう、サイボット靖子の進化はすごかったですよねぇ…。
84ゴジラの時の初代はイマイチだったけど、徐々に改良されて、
ビオランテに変身したり、ウツノイクサガミになったりと大活躍でした(w

まさに今こそ、首都どころか日本全土防衛を固めないと!
【2008/12/03 00:41】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>桃色ジープさん
うわ~、緯度ゼロにマタンゴとは、なんてぶっ飛んだ上映会なんでしょう!
ビデオソフトもまだまだ普及しないあの時代、そりゃ行かないとウソですよね。

スーパーX、クリーニング屋さんで使ってる大型アイロンにそっくりですよね。
たぶん、デザインした人の頭にはそれが引っかかってたんでしょう(笑)。

【2008/12/03 00:45】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


そそ、コイツが新宿新都心の高層ビルの陰から、ちょこっとだけ顔をだして、様子を伺っている姿、、
自衛隊の秘密兵器なのに、すごくかわいかったでつねー、、

いったい、なに、見てるのだろう・・・
【2008/12/04 10:11】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
あはは、たしかに可愛かったですね~、アレ。
なんかこの初代は戦い方が小動物っぽくてよかったですよね。
2はミラーがあるから堂々としてたし、3は超スピードでゴジラを切りきりマイさせてたから
この初代が一番いじらしいかも?(笑)
【2008/12/04 22:26】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


fziro様

この84年のゴジラは私も劇場へ観に行きました。
・・・でもこのメカの活躍は余り印象に残ってないです。(ゴメンナサイ。。。)
印象に残っているのは沢口靖子の演技が今とは違って初々しい・・・というか大〇だったことでしょうか(笑)
【2008/12/04 22:30】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


> Ponys41 さん
初代サイボット靖子はまだ動き硬かったですもんね。
音声技術も発達してなかったから、セリフもおかしかったし。
でも外見はあの頃ですでに完成してたなぁ。初々しい魅力もあったし…。
初代が別格なのはゴジラと一緒ですね(違
【2008/12/05 00:56】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ゴジラVS大門軍団だったらどっちが強いでしょうか
【2014/07/18 19:38】 URL | 永山修一 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/211-ce664e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。