キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


KAITOのアイス、じゃなくて哀戦士w
いつもはミニカーの写真から始まるのがフォーマットな当ブログですが、
今回はちょっとパターン崩しで、まずこの動画を御覧ください。
ニコニコ動画より、虎PプレゼンツのSD戦争歌謡w第3弾「KAITOの哀戦士」です。

※ニコ動が見れない方はこちら

過去2つの動画もすごかったですが、これはもう一つの究極をいってますね! 
第一弾「ぱんつぁーりーと」から第二弾「スターリングラード冬景色」までが2ケ月で完成したのに、
それからこの第三弾の完成までは半年を要しているのが納得の高密度動画です。
「はちゅね帝国とアキータ連邦の戦場に紛れ込んでしまったKAITOの、アイスもとい
哀愁あふれる奮闘ぶり」を描いた動画ですが、お笑いを越えた一大スペクタクルです。

kaitoaisensi 2008-12-23 05_55_41_359
そして、この動画の最後に出てくるビグザムみたいな超巨大戦車、これが今回の御題です。


t35main.jpg
つうことでやっとミニカーの写真登場ですが、この戦車はソ連のT-35(動画のはその巨大版)です。
ソ連が密かに建造してた最新秘密兵器、じゃなくて、なんとこれ実は1933年という
2つの世界大戦の狭間に制作されたものです。いくつもの砲塔を持つこのタイプの戦車は、
1925年にイギリスのヴィッカース社が開発したA1E1インディペンダント重戦車が最初で、
その偉容に驚いた各国の首脳は競って同じタイプの開発に乗り出しますが、
時同じくして巻き起こった世界恐慌によって自由主義社会では開発を断念してしまいます。
共産主義のソ連だけは恐慌の波が押し寄せなかったので、そのまま開発を続行し、
ついに完成を見たのがこのT-35を初めとする一連の多砲塔戦車群ですが、
中でもこのT-35は前方に3門、後方に2門の計5門もの砲塔を持つまさに陸上の戦艦という感じで、
試作品のみに終わることが多かった多砲塔戦車の中では最多の、全63両の生産量でした。

このT-35が実際に動いている動画があるのでどうか御覧ください。

なんか雪の中をけっこう機敏に動いてる感じですが、早回し疑惑もあるんで
願わくばもうちょっと長い時間観たかった(笑)。


KAITOの動画は大げさにしても、このT-35は全長9.72mと、車体本体の大きさではこれまでの
あらゆる戦車の中で最大を誇りました。普通戦車の大きさは砲塔の先までの長さで測り、
ボディそのものの大きさを測るときは車体長等の表記を使いますが、このT-35の場合は砲塔は
車体の外に飛び出さないので、全長=車体長になり、同じソ連の重戦車であるスターリンJS3の
場合でも、全長は9.73mとT-35よりわずかに大きいですが、車体長は6.77mしか無くて、
T-35の2/3強の大きさに過ぎないということですね!
同じソ連の名戦車T-34/85と比べるとどうなるか、当ブログおなじみのコンバットトミカが
同じ1/87スケールなんで一緒に並べてみました。
34t35.jpg

この写真、最後尾を揃えて並べてあるんですが、それでこんなに大きさが違います。
この巨大さから、さぞ実戦でも強かったんだろうなぁと思いますが、残念ながら、
メチャメチャ弱かったとか(苦笑)。あまりの巨体のため当時のエンジンの性能では力不足で、
装甲を薄くせざるを得なくなっただけでなく、ギア系にも負担かかりまくりで、
途中でエンコしてしまう例も多かったそうです。デカいから敵の砲撃も受けやすくなり、
装甲が薄いからすぐに大破し、なおかつ足も遅くギアも弱いと来ては、
いくら5つの砲塔が睨みを効かせていてもどうしようもありません…。

KAITO動画に出てくる拡大型はきっとエンジンも強化され、結果として装甲も厚くでき、
主砲も85mmやもっと強大なものに入れ替えられてるに違いありません(笑)。
それにあの運用法だと、あの場所から動かすことは考えてないようだから
(だってあのサイズじゃ基地から出れないw)、決戦兵器として思い切り装甲を厚くして、
重砲(スターリンJS-3に搭載された122mmのL43みたいなの)を仕込んでいたと
考えることもできるんじゃないでしょうか?(笑) 

それに何も戦車砲にこだわらずに艦砲を考えに入れるなら、1914年のカングート級にすでに
30.5cm砲は備えられていたんで、それを切りつめて持ってきた可能性もありますし、
rialt35.jpg
この実際の写真とKAITOとの比率の差から考えて約3~5倍に拡大されてるんで、
むしろ大胆に考えて、史実では未完成だったソビエツキー・ソユーズ級の主砲である
1937年型 40.6cm砲を持ってきていたと考えた方が面白いかな?
えっ、時代が少し合わないって? そんなことないですよ。
だってこの戦闘には一切の公式記録は残ってないそうなんで、いつ行われたのかは解らないし、
そもそもはちゅね帝国対アキータ連邦の戦いなんで、現実の歴史とはビミョーに無関係ですから(爆


t35-3sides.jpg
ミニカーの詳細はロシア製のPREMOというメーカーで、スケールは1/87、11.4cmのプラ製です。
本体は完成済みですが、細かい部品は自分で取り付けるようになっていて、
なんとすごいことにこのスケールで全砲塔が周回可能です!
この構成でお気づきの方もいらっしゃると思いますがPREMOって、
あのROCOと業務提携してるようで、海外の代理店はROCOが担当していたようですね。

premobox.jpg
箱はグレイを基調としたシブいデザインで、オレンジ色のパッケージだったロコとは好対照です。

一時期は輸入模型を扱ってる店ならわりと見かけたロコも、今ではすっかり手に入れにくくなって、
ヤフオクでもほとんど見かけないようですが、なんと最近、HERPAブランドとして再出発することに
なったようで、もうけっこうな数のアイテムが本国のサイトには載っています。
輸入ミニカー屋でも取り扱いが始まってるようですが、値段が倍以上になってるのは残念ですね~。

T-35の話に戻ると、主砲塔に付いている手すりと支持バーは自分で組み立てる必要がありました。
これ一体成形なら苦労も無いものを、手すりが細いプラ製で馬蹄型になっており、
そこに長さ約1cmの支柱を、単に接着するんじゃなくて支柱の先に穴が空いてるから、
そこに1つ1つ通していきながら組み立てるようになっていて非常に苦労しました。
だって手すりのバリに支柱の穴が引っかかるから、通しながらヤスリを当てていく必要があって、
削りすぎても力を入れすぎても折れそうだから慎重にやってたんだけど、
ヤスリで押したときにグニャっと曲がって、そのままバネと化して、ピョ~ンと、
部屋の隅の箱なんかがが積み上げてある場所に飛んでってしまったんですよ!(唖然
一瞬何が起こったか解らなかったんですが、やがて大落胆…。
しょうがないからそのあたりの箱やら本やらを全部どけて捜したけど行方不明………_| ̄|○
そのまま数日落胆しきってましたがようやく気力を奮い起こして、手すりを銅線、
一緒に飛んでった支柱をランナーから自作してなんとか形にしたのが今回のこの作例です。

lastt35.jpg
残っている当時の白黒写真では黒っぽく写り、現存してる最後の一両を撮ったカラー写真では
本体と同じオリーブドラブに塗られてるこの手すりですが、
KAITO動画では金色っぽくも見えるのでその色で塗ってあります。

ニコ動でも圧倒的好評で迎えられたこの動画ですが、このたびめでたく再生回数が10万回を突破し、
「殿堂」入りとなりました。発表から半年が経ってますから、虎Pさんにはそろそろ
次回作を期待したいところで、この「殿堂入り」が良い刺激になってくれることを期待します。


さて、2008年も押し迫って参りました。今回が今年最後の更新になりますが、
みなさま、今年も1年、やたら長い記事だらけのブログをお読みいただきまして、
本当にありがとうございました。m(_ _)m
来年もまた、キャラクターミニカー話におつきあい下さいますことを、心からお願いいたします。
新年度は、いろいろ準備もありますので最初の週はお休みいただいて、
7日か遅くとも10日あたりには更新を再開したいと思います。
でも、過去記事のコメントに対する御返事は、時間をみてさせていただきますので、
お休み期間もどうか御遠慮なく(笑)。

それではみなさま、よいお年を~!



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

PREMO・・・私もこのT-35だけは無条件で購入してしまいましたよ(笑)。実車が仰るように意外に俊足なので驚きました。

今年一年、面白い記事を続々UPしてくださり、ありがとうございました。来年も何卒よろしくお願いいたします。

当方は来月からはそろそろ月3回に・・・と思っていたのですが、プロバイダーの都合で元日から半月ほどネット不能に(汗)。復活の日はまだ先のようです。
【2008/12/30 03:16】 URL | ねこざかな #JalddpaA [ 編集]


>ねこざかなさん
今年一年、いろいろありがとうございました。
いつも深夜のUP後すぐにコメントくださってるのでうれしいです!

さすがはねこさんで、PREMO御存じでしたね~。
私はミリタリー方面は浅いんで、このT-35関係捜してて初めて知りましたよ。
この戦車の模型って比較的手に入りやすい中では、1/35のICMのはデカ過ぎるんで、
このプレモのHOスケールあたりがちょうどいい感じのコレクションサイズですよね~。
あとはチョコエッグの中にも入ってたそうだけど、アレはどのくらいの大きさだったんでしょうか?
たぶんトミカ程度だろうから小さすぎるかな?

お子さんのお世話大変でしょうが、
次世代ミニカー、ミリタリーマニア養成のために、なにとぞ頑張って下さいまし。
2月からの(?)、月3回更新、楽しみにしております!
【2008/12/30 03:51】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


PREMO...名前は知ってても見た事無い、まるで都市伝説の様なブランド。
そして、ばねビヨ~ンの悲劇。バイクのエンジン組む時、ついやってしまうのでその気持ち凄くわかります。
飛んで行った時の、あのやるせない気持ち(5分位意識飛んでます)。

それにしても、多砲塔戦車(カールビンソンでは多宝塔戦車w)とは...最後まで期待を裏切らないこのブログ、愉しませて頂きました。
来年もよろしくお願いします。

では、よいお正月を。
【2008/12/30 13:33】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


fziro様

1年の締めくくりにモデルも、記事も力作お疲れ様でした!
小さなパーツの紛失や破損、当方も昔に比べて増えているような気が・・・。この1年、アメリカ車ばかりの当方と違い、fziroさんの所で色々と知らなかった世界を垣間見させて頂きました。有難うございました。この多砲塔戦車と言うのも、PREMOというブランドも知りませんでした・・・。

来年も楽しい記事を楽しみにしております。機会が有れば(隙あらば?)また勝手連をさせて頂ければと思います。(笑) 来年もよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m
良いお年をお迎え下さい。

【2008/12/30 18:11】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>桃色ジープさん
なんかこのPremo、Roco以上に今は手に入れにくくなってるみたいですねぇ…。
でも、RocoがHelpaブランドに入ったってことは、いずれPremoって思うけど、
生産はロシア国内っぽいから無理かなぁ……。

ビヨーンの経験、桃色ジープさんもおありですか?
ホンとアレ、しばらく立ち直れませんよねぇ…。
やるたびに反省するんだけど、結局また横着こいてやっちゃうという……_| ̄|○

今年最後の記事もお楽しみいただけて幸いです。
また来年もどうかよろしくお願いします。



【2008/12/30 22:19】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>Ponys41さん
このT-35、あまりの異形ぶりに、けっこうカルト人気があるみたいで
調べるといろいろ出てきて面白かったですよ。
これを強くして活躍させてあげたいっていう虎Pさんの願いもよ~く解りました(笑)。

勝手連、どうかこちらからもよろしくお願いします。
最近、まともなクルマを取り上げることが少なくなって来てる気もするので、
来年はちょっと反省します(笑)。


【2008/12/30 22:23】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


おほっ♪、、多砲塔戦車、、

コレって、実際の運用はともかくとして、見た目は強そうですよねー、、
四方八方から、攻め込む敵を、バッタバッタとなぎ倒し、、って、、でも、そんな場面になったら、もう勝ち目はないって、、

で、ロコと同スケールですか、、なかなか良い感じですね、、今では、小さい方は1/144が主流となってしまつて、ぜんぜんつまらんですれど、やっぱ1/87あたりが限度(小スケールの)ですよねー、、

ロコモデル、、そんなに入手難だったなんて、、知らなんだ、、(あせあせ)
【2008/12/31 00:30】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
ま~さしく、KAITO動画の最後がそんな感じですけど、
あんな基地の最深部まで攻め込まれては、もう勝てまぜんよね~(笑)。

大きさはおっしゃる通りで、WTMを集める気にならなかったのは
小さすぎて戦車の重量感が感じられなかったからなんですよ。
やっぱ今でも1/35で揃えたい気はあります、場所が許せば(爆
このT-35も海外製で1/35あるんだけど、計算したら20cm越えるし、
なんかパーツが鬼のように多いそうなんで、あっさり降参してこっちにしました(笑)。


そうなんですよ、ロコは今ではけっこう入手難です。
そちらでその話がチラッと出た時、
すでにこの原稿のあらかたは書いてたんでビックリしましたが、
半年前東京で捜した時、確実に手に入りそうなのは2件くらいで、しかもそのうち1件は
昔の在庫が残ってるだけで、自分にはマイナーな奴ばっかで買うには至らなかったし、
もう1件は銀座の天賞堂にあるってことでしたが、敷居が高くて行けませんでした(笑)。
オクでも数件引っかかるかどうかって感じで、けっこう入手難だったんですけど、
ヘルパブランドになったから、今後は手に入れやすくはなりそうですが、
もしそちらの近辺に旧パッケージのままでまだ残ってたりしたら、
ヘルパ化して数倍の値段になる前に買っておいた方がいいかもです(笑)。





【2008/12/31 04:11】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


おはようございます。
今回の動画もなんか凄いですね。病み付きになりそう・・・であります!!

もし世界恐慌がなかったら、世界中がこんな戦車で埋め尽くされて・・・ってことはないのでしょうが、ロシアとか中国はそのうちやってくれそうな気がします。

なるほど!今回の戦車もジオラマに組み込まれるのですね!期待しておりま~す(爆!

自分は今日も今から仕事で、いろんな事するのであります。
お世話になりっぱなしのFZIRO様に恩返しできない分、上司やら同僚のヘマを救済する(している)ので(部下は普通に助けるけど)、彼&彼女らはFZIRO様に感謝しなくちゃいけないのであります!

新しい年が皆様にとってよい年でありますよう祈念しております。
【2008/12/31 09:40】 URL | どどまいや #Mc.KE39I [ 編集]


本年は飛び込みなカキコミにもかかわらず、
いろいろとありがとうございました。

来年も食いつくとこは食いつかさせて頂きます。

そして静かに閲覧も。(笑)


来年はファイティング・ブル年ですぞ。
【2008/12/31 17:25】 URL | TMJM #- [ 編集]


>どど軍曹
大晦日までお仕事御苦労様です。∠(`へ´*)
どうか最後まで気を引き締めておつとめ下さい。

戦争はもうすでに始まってます。
暴力によるものだけが戦争ではなく、日本はもうかなりヤバイとこまで来てます…。

来年がいい年であるように全身全霊をもって祈りたいと思います。


【2008/12/31 22:09】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


> TMJM さん
いえいえ、書き込み、ありがとうございました。
TMJM さんがお好きな東映トクサツネタ、来年もしっかりやっていきます。
ちょうど『ディケイド』っていう回顧ネタのも始まるし(笑)。

そっか、牛絡みなんで、なにかランボもやらなきゃなぁ(笑)。
来年モー、よろしく(・∀・)!!(違

【2008/12/31 22:13】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


あけましておめでとうございます。
今年も愉快でマニアックなネタを期待してますよ~!
【2009/01/01 12:28】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/01 17:29】 | # [ 編集]


>桃色ジープさん
あけましておめでとうございます。

なるべくご期待に添えられるように頑張りますので、
どうか今年もよろしくお願いします。
【2009/01/01 23:56】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/218-3c635d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)