キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


さすらいの太陽は今も輝いているか?
sasuraidumpmain.jpg
これまでにいくつか芸能人と旅についてのエントリーをお届けしましたが、
芸能人の旅と言えば、華やかなスポットライトを浴び常に満員の観客が迎えてくれる
売れっ子の全国ツアーもあれば、それとは裏腹な、ろくに客もいない寂れた会場で
酔っぱらいの罵声や、時には大イビキを相手に歌わなければならないドサ回り興行も存在します。
平成も20年を越えた今日ではそういうのは流行らないかもしれませんが、
昭和40年代には確実にそういう世界は存在し、むしろ主流でした。

sasuraijakesya.jpg(DVDはコロムビアミュージックエンタテインメントから発売中)

今回の御題に取り上げる『さすらいの太陽』はそんな昭和46年に放送されたアニメで、
運命のいたずらで入れ替わった大金持ちの娘と貧乏人の娘とが同じ歌手を目指して競い合う物語で、
主人公の峰のぞみは今は貧乏人の娘として暮らしているため、金の力でのし上がっていくライバルに
悔しい思いをしながらも、自らが信じる歌の心を会得するために様々な苦労に立ち向かっていきます。
原作はすずき真弓(脚本を担当したのは藤川桂介!)による古い絵柄の少女マンガですが、
アニメ製作を旧虫プロが担当したため、『あしたのジョー』の歌謡曲版的濃い世界が展開します(笑)。

sasuraigensaku.jpg

では、まずはその素晴らしいオープニングとエンディングを御覧ください。
音楽担当はいずみたくなので、どちらの曲も、いかにも昭和30~40年代の「下町の太陽」的、
明るさと、たくましさと、そして切なさにあふれた名曲です。



今回TOPにお見せしたのは、そんなのぞみが地方のドサ回りの時に乗せられたダンプカーで、
悪徳プロダクションのDMプロ(ドサ回りプロ?)ではたとえ一座のスターといえども
カラフルペイントのバスなんてトンデもなく、時には吹きっさらしの荷台での旅を強要されるのでした。
sasurai12 2009-01-07 01_33_52_671
画面ではこんな感じで細かい車種までは不明ですが、明らかなボンネットタイプのダンプカーで、
荷台の縁が高いところからも砂利運搬用のダンプを払い下げてもらったんじゃないかという感じです。
色が紫というのもあり得ない趣味の悪さで、昔こういうダンプが走ってるのはよく見たけど、
紫のなんて無かったですから!(苦笑)。


sasuraidamp3sides.jpg
ミニカーはトミカのニッサンディーゼルダンプトラックです。
黒箱の頃に出ていた当時の16番で、バリエーションナンバーは16-2。
色の正規バリエーションとしてこの紫もあったから、実は私が見たこと無かっただけで、
当時この色のもちゃんとあったのかもしれませんね。
ブツはジャンクとしてヤフオクで110円で手に入れました。リペしようとかなとも思ったけど、
多少はチップがあるくらいが実用車として自然なのでそのままです。


また、この作品にはメインタイトルにも出てくるし、主人公と恋人の青年ファニーとの出会いにも
大いに関係するポンティアックGTOらしき車も登場します。
sasurai02 2009-01-07 02_03_41_187
この独特のヘッドライト回りは1969年型っぽいでしょうか?
あのモンキーモービルのベースが66年型だからちょっと後になりますね。
やっぱこの車、音楽業界と縁が深いな~(笑)。


この作品で主人公の峰のぞみを演じているのが藤山ジュンコで、他のアニメでは見たことのない
声優さんですが、それもそのはずで彼女は歌手、それもいずみたくの弟子で
抜群の歌唱力を持った人なのです。時期的には今陽子の次くらいのお弟子さんでしょうか? 
ひょっとしたら、劇中登場する江川先生とのぞみとの、厳しくも暖かくそしてどこかユーモラスな関係は
いずみたくと藤山との関係そのものだったりして(笑)。
歌唱力を買われキャスティングされた藤山ですから、劇中の峰のぞみの歌声はみな彼女が
吹き込んでいます(このアニメ化自体が彼女を売り出すプロモーションだったという説もあります)。
エンディングの「心のうた」も最初は堀江美都子が吹き込んだ歌が使われましたが、
あまりに違いすぎるという話が出たのか、藤山ジュンコ版も何度か流されるようになりました。
ミッチ版はさきほど聴いていただきましたが、藤山版はこちらですので、どうか聴き比べてみて下さい
ミッチも歌は巧いんですが、峰のぞみの「下町の太陽」的なたくましさとは遠い歌声ですから、
この劇中と同じ藤山版をエンディングにも使ったのは大正解だったと思いますが、
ちゃんと1番と2番に分かれてるあたりが、当時のいろんな事情を感じさせますねぇ…。

堀江美都子は最初期の『紅三四郎』が途中で変更された主題歌を担当、
『金メダルへのターン』では、同じ主題歌を途中から元の歌手に変わって担当、
そして、この『さすらいの太陽』での「競演」と、日本コロムビアの当時の強い売り込み振りが
実感できるキャリアも持っており、この作品での峰のぞみのライバル役にキャスティングしたら
ピッタリだったのかもしれませんが、さすがにあの意地悪な役はイヤだったでしょうね。
どういう事情かは解りませんが、実際の声優も途中で交代してるくらいだし(笑)。


劇中では当時の流行歌の数々が藤山によって歌われますが、第18話「港にこだまする歌」で
流れるソウルフルな「鎖」というナンバーは藤山のオリジナルで当時、シングル発売もされました。

kusari.jpg
これがジャケットで、2つ折りをタテ一杯に使い彼女の全身を大きく取り上げているのは印象的で、
藤山ジュンコの風貌については今日ほとんど伝わっていないだけにこのジャケットは貴重です。
(1979年の『喧嘩道』というマンガの実写映画化時に「藤山順子」名義で歌った主題歌レコードにも
写真はあるけど、そっちは聴いたことないし、メイクが全然違い同一人物か不明なので保留w)


抜群の歌唱力を持ちながら、歌手としてのヒット曲には恵まれず、『さすらいの太陽』絡みでのみ
記録が残っている藤山ジュンコでしたが、2007年に意外な復活を遂げました。
weinotitukirumade.jpg
それは憲法9条改正問題を扱ったドキュメンタリー映画『We 命尽きるまで』の主題歌
「We shall overcome」を歌うというかたちでしたが、なぜこうなったかと言うと、
彼女の実の兄が藤山顕一郎という映画監督で、かつての学生運動の闘士でもあったために、
安倍内閣時に再燃した憲法9条改正問題に反対し、その活動記録を映画に撮り公開したのでした。
(この映画についての情報はこちらへ)

藤山ジュンコは表舞台には上りませんでしたが、ジャズやソウルをずっと歌い続けていたそうで、
歌声も今は「いぶし銀の歌声」に変わっているそうですが、その姿勢こそ、虚飾の世界を避け
ドサ回りの苦労から歌の心をつかもうとした峰のぞみの生き方そのものなので、
きっと今の彼女の歌う「心のうた」も素晴らしいんだろうなぁと思います。
この『We 命尽きるまで』上映会で行われることもある彼女のライブでは、
「心のうた」も歌ってくれるそうなんで、今も輝きを失っていないに違いない「さすらいの太陽」を、
自分の耳で確かめてみたい気持ちでいっぱいです。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント
見上げてごらん夜の星を
♪さすーらいーなーがらー きずつきーながらーー♪

1枚目のダンプ画像で・・・メトロン星人かと思いました・・・(恥

赤ん坊の時取り違えられた二人の娘が運命に翻弄されるドラマっていうと大映テレビの『赤い運命』『乳姉妹』などでお馴染み(?)のテーマ。中でも『さすらい~』はとりわけ濃い味ですね~。(昨年だったか、ス○パーで久しぶりについ見てしまいました。)

子供の頃見た記憶では『あしたのジョー』系列のキャラだった印象で、お話に至っては全くチンプンカンプンでした。
時代は巡り今目線で見ると、ローライズにギター一本のストリート系女性シンガーって設定・・・なんてカッコいいんだ!!と素直に思えてしまいます。

「意地悪」な香田美紀の声アテた嘉手納清美さんは「ダン対セブンの決闘」のサロメ星人なんですね。(近年『ウルトラ情報局』で拝見しました)

♪でぃーぷ・いん・まいはーと♪
【2009/02/16 10:43】 URL | どどまいや #WzzJX4NY [ 編集]


アタシもー、、

ポインターに砂利をぶちまけながら暴走する、メトロン星人のダンプだとー(爆)、、

で、コレ、見てましたよー、、どこかの童話みたいな話だと思いながらも、ダンプの荷台の旅は、広島大戦争の殴りこみシーンみたいで、イヤだなぁーと(汗)

で、この赤いオープンカー、、1970式のフォードLTD(Ford LTD 1970)にも見えますねー、、

http://www.toqinc.org/fords_downunder/70ltdcoupe.jpg

でも、ここはひとつ、米車大教祖様のPonys41さんのご判断をまちませう(爆)

でわでわ、、
【2009/02/16 12:15】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>どどまいやさん
おっ、最近御覧になりましたか~!
歌謡曲版『あしたのジョー』的テイストがとっても昭和していてカコイイ作品です。
嘉手納さんは前半の香田の声ですよね。後半はなぜか、平井道子さんになりました。
意地悪なサリーちゃんというのもオモシロイ取り合わせですが、
元々平井さんは、フェイ・ダナウェイを持ち役にしていたハスキーな声の人なんで、
違和感はなかったなぁ(笑)。

メトロンのダンプ、今度考えます(笑)


【2009/02/16 21:29】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


あれれ、、なんか難しいお題を振られてしまいましたね~(笑)。
う~ん、、、難しいですね~。・・・でも、'70フォードはセンターグリルがありますからね~。
2分割グリルはやっぱり'68~'69GTOっぽいですかね~。
あっ、LTDは'70より'69のが似てるかも! グリルのセンターラインとかどうでしょう?
→ http://www.cardomain.com/ride/3038786
'71~チャージャーって新説を切り出そうと思ったけどコンバチ、、ありませんでした。。。
→ http://www.cardomain.com/ride/401809
大教祖などでなくヘタレです。。。(爆)

・・・すっかり本題からズレてしまってすいません。。。ダンプなんですけどアニメのスタッフが作画にあたってトミカを参考にしたって事はないでしょうか?恥ずかしながら当方はこちらも未見のヘタレです。。。
【2009/02/16 21:30】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>覆面えるさん
えるさんもメトロンだと思ったんですね。
う~ん、よっぽど印象深いんだなぁ、アレって(笑)。

ダンプ荷台の何がスゴイって、意地悪でもなんでもなくて、
一座の花形スターも同じ扱いなんですよね。さすがはドサ回りプロだけのことはあります!
のぞみは契約の途中で逃げだすんで、後半その契約がアダとなりはしないかと
心配だったけど、子供番組でそこまでエグイことはできなかったみたいでホっとしました。
まぁ、途中打ち切りでしたくともできなかったのかもしれませんが(爆

赤いスポーツカーですが、たしかにそっちにも見えますね~!
ponys41さんの御判断を待ちましょう! ヽ(´ー`)ノ
【2009/02/16 21:35】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>Ponys41さん
難しい御題を振ってしまってすんません。m(_ _)m

そうですか~、どっちにも見えるってことですね!
この時代のアニメじゃそこまでこだわってなかったろうからムリもないですねぇ(笑)。
さらには新説まで出して下さって、どうも情報、ありがとうございます。

トミカを作画資料の件ですが、残念ながらトミカの発売の方が数年後です。
そしてこの車体の最初のバリエーションがこの色だったみたいなんで、
紫のボディカラーが実際にあったと考える方が自然でしょうね。
【2009/02/16 21:54】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


小学生の頃、再放送でやってたから記憶にはあるんですが・・・ストーリーを思い出せない・・・。

この、謎のアメ車ですが当時の金持ちはハンパ無い人達が多いですから、71チャージャーをベースにアチラのコーチビルダーに作らせた・・・てのはどうでしょう?
て、言うかどう見ても71チャージャーにしか見えない(サイドはフューリーぽいけど)。

あと、のぞみの私服がいつ見ても矢吹丈のコスプレ(帽子が昔の桜田淳子みたいなヤツじゃなくてハンチングだったら尚更)に見えるのは私だけですかね?

そして、私もてっきりメトロン星人が出てくると思いました。
【2009/02/17 18:14】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


> 桃色ジープ さん
71チャージャー説に賛同者登場ですな。
その「好き者が作らせた説」は充分あり得るんで、そのあたりが正解なのかも?

作画は『あしたのジョー』と同じ頃の虫プロなんで雰囲気はソックリですよね。
恋人のファニーがボクサーなところも影響大って感じです(笑)。

メトロン星人はみなさんに印象大なんですねぇ(笑)
正直言って忘れてたんで、今度見返してみますね!
【2009/02/17 22:41】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]

はじめまして
はじめまして。
たまたま流れ着きました。
もうごらんにならないかもしれませんが、一応書き込ませていただきます。
上の赤い車はおそらく67年型のポンティアックグランプリのコンバーチブルと思われます。
実車では赤も設定されておりました。
【2009/10/20 12:14】 URL | 消火器 #mQop/nM. [ 編集]


>消化器さん
初めまして、ようこそいらっしゃいました!

67年型のポンティアックグランプリのコンバーチブル、とのことで
検索したら画像ありました。
http://www.vintagedreamcars.com/Copy%20of%201967%20Pontiac%20GP-Convertible%20(2).JPG

おお、たしかにコレですね!
う~ん、ちゃんと細かいとこまで作画されてたんだなぁ…。
旧虫プロ、おそるべし!ヽ(´ー`)ノ

どうも、御教授ありがとうございました。m(_ _)m
よかったら、またどうかお書き込み下さい!
【2009/10/20 12:38】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/224-d4e89a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)