キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


元祖の意地を見せつけた戦車
今日の内容は戦車の歴史の自分用おさらいなので、ミニカーの写真は後でお見せします。
どうかまたおつきあい下さい。m(_ _)m

世界で最初に戦車を実用化したのはイギリスで、その1916年に登場した車体は
Mark_I_.jpg
マーク1と呼ばれ、このように菱形をしていました。
まぁ要はキャタピラがそのまま動き出したみたいなもので、攻撃兵器よりは、
歩兵の支援をするための移動要塞的な役割が大きかったそうです。
戦車のことを「TANK」と呼ぶことがあるのも、この秘密兵器が敵に漏れないための秘密コードとして、
形が似ている「水槽=タンク」と呼んでいたことの名残なんだそうです。
こういう形なもんで最初の頃の武装は、中にいる兵隊が機関銃を撃つのがせいぜいでしょうが、
それでもこんなバケモノがいきなり襲ってくる状態に置かれた敵兵士はパニックったでしょうねぇ…。

やがて武装が強化され、フランス製のルノーFT-17という軽戦車で初めて、
360度回転可能な砲塔が付きました。
renault_ft17.jpg
ここに至って、ようやく今の戦車の形が整った訳ですが、まだまだ車体も、砲も貧弱で、
なおかつ車高は高く装甲も薄いという、オモチャチックな感じが強い戦車ですよね。

そして第二次大戦で戦車の重要度が増すにつれ、このむき出しのキャタピラが車体と一体化し、
砲塔の突出が小さくなり、砲が強化され、装甲も厚くなっていく訳ですが、
元祖であるイギリスの戦車は、元々の頑固な気質もあったせいか、なかなか進化しませんでした。

chrchillmain.jpg
そんなイギリスが第2次大戦での主力戦車として開発したのがこのチャ-チルです。
初めてこの戦車の写真を見たときは「なんてカッコ悪いんだ」と思いましたが、
戦車の歴史を勉強していくうちに、実はこのスタイルは戦車の原型のスタイルを保っていた
ということに気づき、なかなか味があるように思えてきました。ヽ(´ー`)ノ

mr-churchill.jpg
このチャーチル戦車、設計され試作された時点で、開発陣はすでに時代遅れなのを悟っていた
らしいんですが、時の首相チャーチルが「この戦車は素晴らしいから最優先で量産しろ!」と
いらんこと言った 檄を飛ばしたため、まんまとイギリス主力戦車の座を射止め、
ついでに名前もあやかってチャーチルにしちゃったというチャッカリぶりを見せたとのことです(笑)。

その首相の憶えもめでたいチャーチル戦車は、初陣では30両が出動しましたが、
うち27両が各坐・放棄されるという無様な結果に終わっています。しかし、敵砲火によって
撃破されたのはわずか2両に過ぎず、防御力の高さだけは立証されたとのことです(笑)。
この重装甲は良くも悪しくもチャーチルの個性となり、そのため時速も20km程度と、
敵の戦車と渡り合うにはあまりに鈍足なんですが、歩兵戦車という、
あくまでも歩兵の支援兵器ならこれで充分と頑固なジョンブルどもは考えていたようです。
でも、その考えがすでに時代遅れで、「歩兵の支援なら充分」というより
「歩兵の支援にしか使えない」と言うべきなのには気づかなかったようですが(爆笑)。

そのため、陸戦の主体が戦車同士のガチンコバトルになってからは、
鈍足で火力もお粗末なチャーチルは脇役にしかなりえず、
アメリカから借りたシャーマンが事実上のイギリスの主力戦車となってしまいました。
しかしこのチャーチルにも取り柄はあって、エンジンの性能がやたらトルクフルだったことと、
この巨大なキャタピラのおかげで登坂能力だけはやたら高かったようで、
量産が進んで機械的にも成熟してからは、通常の戦車なら立ち往生するような
塹壕だらけの戦場でも見事走破し、戦況を有利に導くことも少なくなかったようです。


chrchill3sides.jpg
お見せしているのはお馴染みのデル・プラド流れ「バトルフィールド」の歩兵戦車チャーチルMk7です。
コンビニ流れの方で不人気車なので200円でした(笑)。1/60のレジンキャスト製で約12cmです。
造形的にはいつものダサチックですが、チャーチルの場合、それでもいいような気もします。
つか、どっちが前だか解らないほど砲身チッチャ!(笑)


ddaychrchill.jpg
このチャーチルは当然、ノルマンディー上陸作戦にも参加しています。
実はさんざんな結果だった初陣というのは、このD-dayに先駆けて行われた上陸作戦である
ディエップ上陸作戦だったので、そのリベンジという意味もあったでしょうし、
足下は砂地で、なおかつ歩兵の援護が主目的のこの作戦は、
チャーチルにとっては一世一代の晴れの舞台みたいなもんで、通常の車体の他にも、
浜辺でも機動力が落ちないようにカーペットを敷く装置を搭載したボビンタイプが出動したのも、
先の作戦の教訓が生きていたのかもしれません。


ノルマンディー上陸作戦といえば『史上最大の作戦』なんで、あの映画を観れば
チャーチルが活躍する場面を見られるだろうと思ったんですが、
アップになるのはシャーマンばかりでなぜか出てきません。

それで遠景をいろいろ捜してみたら、
ldaylong.jpg
このシーン、下の方の右手に写ってる車体はかなりチャーチルっぽいです。
その後ろも長細いシルエットですが、先が丸く尖っているので、水陸両用戦車のどれかでしょうか?

遠景ではこうして写ってるのに、アップでは出てこないのはなぜかな~? などと考えつつ、
さらに細かく画面を見てみたら、どうやらその理由が解ってきました。
ドイツ軍の飛行機が上空から攻撃して来るシーンで一瞬ですが、
長細い戦車のキャタピラの影からタイヤがチラッと見え隠れしてるじゃありませんか!
つうことはこの辺の長細い戦車群はトラクターか何かにハリボテ被せた撮影用ダミーなんでしょうね。
この『史上最大の作戦』は当時のお金で40億かけた超大作だから、予算の都合とは考えにくいんで、
たぶんこの映画が撮影された1960年頃には、ちゃんと動くチャーチルが無かったんでしょうねぇ…。
あ、それから、この画面、見てお解りと思いますが、後から発表されたカラーライズ版のです。
あまり評判が良くないカラー版ですが、砂浜と戦車がはっきり区別できるのでこっちにしました(笑)。

longestcolorjake.jpg
かつてはこうやってビクターエンタテインメントから日本版ビデオも出てましたが、
モノクロ版しかDVDにはなってないみたいです……。


D-dayを扱った映画には『プライベート・ライアン』もありますが、アレはスプラッタ描写がきついんで
じっくり見る気にならないんですよ…。どうですか、あれにはチャーチル出てきましたか?
そういえばあの映画の「プライベート」って「私的な」って意味だと思ってて、
ライアンを救うために私的に傭兵を雇う話かと思ってたら、なんと「二等兵」って意味なんですってね!
なら素直に「ライアン二等兵を救え!」とか「ライアン二等兵救出作戦」等の邦題にすればいいのに…。


この映画のちょっと後に日本でビデオ公開された作品があって、
アフォな宣伝マンがマネッコで「プライベート・ソルジャー」なんてタイトルを付けちゃったという
お気の毒ぶりでしたが、「二等兵兵士」って、もはや意味不明でんがな(w
trampetfade.jpg
こっちは原題は「When Trumpets Fade」で、「トランペットが鳴りやむ時」くらいの意味です。
その「(無茶な命令に従って突撃していく)軍曹の吹き鳴らす進軍ラッパが聞こえなくなる」ってのが
何を表すか考えたらとても恐ろしいタイトルな訳で、とてもこんなあやかり邦題をつけていいような、
低予算・無内容のアホカス作品じゃありません…。充分に観る価値のある作品なんだから、
ちゃんと訳して『進軍ラッパはもう聞こえない』くらいのタイトルで、正当派反戦映画として売った方が
遙かによかった気がします…。だってこれ、『プライベートライアン』よりこっちの方がいい、
という口コミレビューもたくさんある程なんですから…。


一時期、映画の邦題に日本語を使わずに原題のカタカナ読みだらけになったことがあったけど、
映像作品の宣伝に携わる人は、自分の売ろうとする作品がどういうものなのかはちゃんと理解して、
たとえ売らなきゃいけないのがクズ作品の場合でも、クズもといそれほどでもない戦車を
身びいきして成熟度を上げさせ、ついには長持ちで使える戦車に仕立て上げさせた
チャーチルさんほどの粘りと根性を持って、仕事に携わってほしいものです。

宣伝のチカラでクズ映画がヒットした例も、今だってそこらじゅうにあるんだし、
日本語の持つ言葉の力、「言霊」はけっして小さいものではありませんぞ!(笑)











テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

大正時代に日本陸軍が始めて装備した戦車が、この英陸軍のマークⅠ(改良型マークⅢかも)2台で、大戦前まで陸軍中野学校でしばらく使われていたとか、、
グランドパワー誌かパンサー誌で見ましたけど、、押入れの奥なので、確認はできません、すいませーん、、

あと、チャーチルの後ろは、LVT-2ウォーター・バッファローかとも思いましたが、縦に細長いので、大型6輪水陸両用車DUKWだと思います、、

>>トラクターのハリボテ戦車、、
この映画、、何度も見てるんですけど、そんなとこまで見てなかったです、、
映画パットン大戦車隊でも、後ろの方はブルドーザーのハリボテなので、その可能性は大きいかも、、

でわでわ、、
【2009/01/26 08:45】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
え~、このメカムカデwを日本に輸入してたんですか!
なかなか旧日本軍もやるなぁ。

チャーチルの後のについての御教授、ありがとうございます。m(_ _)m
やっと戦車は見分けがつくようになってきたけど、それ以外についてはまだまだですわ。

ハイリボテのタイヤっぽいの見つけたのはチャーチル捜して何度も細かく、
背景ばかり見てたからで、普通は攻撃してるドイツ機の方に目が行きますよ(笑)。

『パットン大戦車軍団』はパットン戦車を平気で使うという剛毅な映画なんで(笑)、
まして後ろの方はハリボテ使いまくりでしょうねぇ…。
まぁそこに目をつぶれば面白い映画ですけど(笑)。



【2009/01/26 12:08】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


チャーチルにジョージワシントン、M151はケネディジープ。
アチラの方々は政治家の名前つけるのが好きなんだろうか?
日本だと角栄戦車とかイージス艦純一郎とかかな?カッコ悪。

それはさておきチャーチル。
子供の頃は「ダサッ!」とか思ったけど、歴史を知れば愛らしくなるのが不思議。

素朴な疑問。
チャーチルとマウス、タイマン張った場合
どっちが機動性上なんだろう?
大富豪にでもならんと検証はムリか。
【2009/01/26 15:49】 URL | 桃色ジープ #TNMtb/9k [ 編集]


>桃色ジープさん
日本はそのまま形式名か地名ですよねぇ…。
やっぱ日本の人名じゃダサイからなんでしょうか?

英国のチャーチル、日本のチハ、萌え戦車のtop2ですかな?
あとフランスかイタリアあたりのなにかを混ぜて、萌え戦車best3を選びませう!(w

マウスかぁ…。あれはクソ重いから、めり込んじゃって機動性はよくないんじゃないですか?
破壊力なら間違いなくマウスだろうけど(笑)。
つかチャ-チルじゃゼロ射撃やってもマウスは倒せないような気もします(w
【2009/01/26 19:17】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


古い情報で不確かですが、機銃(5丁)しかないマークIは雌型と呼ばれ、ひとまわり小さいらすい。なので写真は両側面に57mm砲がある為、雄型かもですね。

『プライベート・ライアン』は、アメリカに分捕られたという設定の自走可能なケッテンクラートがタイガーIを路地に誘い込むエサとして出てきますから、そこだけは見ても吉!!
タイガーIはもちろんフェイクですが、遠くからきしみ音&振動が伝わってくる様が良かったです。SEなんかも優れている映画だと思います。20mm機関砲もやばい敵でした。

ザク・マインレイヤーって、チャーチル・カーペットレイヤーのもじりでしょうかね。
【2009/01/26 19:47】 URL | NHRA68' #- [ 編集]


>NHRA68'さん
なるほど、マーク1にもまた細かい区分があるんですねぇ…。
ありがとうございます。勉強になりました。m(_ _)m

『ライアン』はスプラッタ色が強くないんならいいんだけど…。
でもそのタイガーは気になるから見てみようかな……。

あはは、あのマインレイヤーの語源はそこなんですかね?
もしそうなら、つけた人はかなりのミリタリーマニアだなぁ…。



【2009/01/26 19:59】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


FZIRO様

頑固で保守的な英国人気質、兵器の話しながら読んでいて微笑ましくなりました。・・・でも最初の戦車を造ったのはイギリス人、クルマで言うと初代ミニとか5ドアハッチバックの高級車ローバー3500とか、時々ぶっ飛んだモノを作っちゃう所もまた英国人ですよね。
【2009/01/26 22:11】 URL | Ponys41 #- [ 編集]


>Ponys41さん
そうなんですよね~。そういうジョンブル気質大好きです。
日本は本来はそれに近い倹約、我慢、そして改善の国だったはずなのに
いつのまにかアメリカ風の大ざっぱ大量消費の国になり果ててしまいました。
物量にモノ言わすやり方は、資源豊富なアメリカだからこそできたことだし、
それも今や破綻したんだから、日本もその辺よく考えなくてはならないのかもです。

日本はぶっ飛んだ発明は苦手なだけになおさらですよ、ねぇ…。
【2009/01/27 00:05】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


ネタでゴミンナサイ。

私ごときでも『史上最大の作戦』カラーライズ版はレンタルビデオで見たことあります。人工着色プロマイドみたいなテイストになるのかと思っていたら結構マトモでガッカリ(?)したような記憶がありますが、fziro様的にはいががでしたか?

『プライベート・ソルジャー』、未見ですが・・・マトモな映画だったんですね(ガ~ン
戦場に取り残された味方兵士を救出っていうと、J.C.ポロック『ミッションMIA』→『ランボー』→今度はプレデターだ!!、程度の私なので、てっきり『エリミネーター』みたいな内容なのかと・・・。

邦題の『プライベート・ライアン』は「プライベート」に色んな意味をかけている(であろう)原題の深みを残しているようで潔くない感じがします。いっそ『アイアン・イーグル2/オマハの誓い』とかつけてくれれば私にも一発で理解可能・・・(目茶苦茶)。

最後に今回の記事、歴史モノみたいで楽しかったです。
【2009/01/28 10:08】 URL | どどまいや #la5PUrQg [ 編集]


>どど軍曹
カラーライズ版、よくできてると思いますよ。
昔のテクニカラー映画ってこんな色合いのもあったから、
不自然って感じはあまり無かったです。
でもこの映画の場合、「ドキュンメンタリー的効果を狙って、あえてモノクロで撮った」
という説もあるんで、それが本当なら、色つけたのはいらんことだったのかも(笑)。

『プライベート・ソルジャー』は評判いいですよね。
観た人みんなが、放題はサイテーだと言ってる状態です(w

『ライアン』の方はあまりちゃんと観てないんですが
「私兵」って意味もかけてあるんですかね? それならこの邦題も納得なんだけどな~。
でもやっぱ解りやすいタイトルの方がいいや(笑)。

この映画の場合、「スピルバーグ」ブランドがジャマしたつう話があって、
一部のアフォ映画関係者にとってスピルバーグは
「格調高い人道的作品を作るカントク」になっちゃってるんだそうですよ(苦笑)。

そんなタワごと言ってる連中は、『激突!』『ジョーズ』『未知との遭遇』等は観たことない
んだろうし、だからこそこないだの『インディ・ジョーンズ』の最新作にケチ付けてます。
「人道派のスピルバーグにしては核の描き方がオソマツ」とか言って(呆

勝手に自分たちで張ったレッテルに勝手に自分たちでイチャモン付ける、
この国のマスコミ連中の得意技ですよね。┐(´ー`)┌



【2009/01/28 11:52】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/227-64414e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)