キャラクターミニカー秘密基地
劇中車キャラクターミニカーを中心に 陸海空で大活躍するスーパーメカの模型が集まる秘密基地でしたが、開始後7年を迎え「映像作品に登場の様々なキャラの玩具」を紹介するブログとして拡大再開店です
プロフィール

FZIRO

Author:FZIRO
ミニカーコレクターからも、
合金コレクターからも異端視される
劇中車のキャラクターミニカー、
それも標準スケール物を中心に
ひたすら集め続けています。
マイナーなジャンルでしたが
この頃はキャラウィールや
カーズのおかげで、少しは
市民権を得られてきたかな?(笑)
なお、このブログの内容は、
いわゆる「日記」ではないので、
コメントや御質問があったら、
古い項目にも御遠慮なくどうぞ!

最初においでになった際には
カテゴリーの一番上の、
収集・運営ポリシー を御覧下さい。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


サブカテゴリー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック


その花言葉が示すもの……
stelthmain.jpg
なんかTVスペシャルで『ルパン三世vs名探偵コナン』というのが作られるという
衝撃のニュースが飛び込んできたんで、今日の御題は久しぶりの『ルパン三世』です。
TVスペシャルつながりってことで、ルパンファンには評判の悪い作品が多い
一連のTVスペシャルの中では、そんなに出来映えが悪くない「燃えよ斬鉄剣」を取り上げます。
この作品、山田康雄さんがルパンを演じた最後の長編作品となり、かなり体調が悪い中で
アフレコされたようで、かすれ気味の元気のない声に本放送当時はとまどったものでしたが、
その後、エッソのコマーシャルや次の劇場用作品の最初のCM等で
そこそこ元気なルパンを演じてらしただけに、あんなに早くお亡くなりになるとは思いませんでした。

dvdjake.jpg(vapより発売)
あの物議を醸した『風魔一族の陰謀』以来、久々の五エ門が主役のエピソードで、
忍者軍団との戦いや斬鉄剣にまつわる秘密、さらには五エ門の幼なじみの美女の登場と、
いかにもそれらしい道具立てにあふれた作品です。
許嫁の紫が待ってるはずなのに桔梗といい感じになる五エ門に多少違和感を憶えながらも(笑)、
ルパンファミリーに関しては1stシーズン風の作画だったおかげもあってそこそこ楽しめた作品でした。


moeyozantetuken 2009-01-19 15_57_47_578
そのクライマックスに登場するのが、斬鉄剣より硬い超金属を材料に使った、ステルスのB-2を
巨大化し、エッジを研ぎ澄まして斬鉄剣以上の切れ味を持たせたモンスター飛行機で、
五エ門の誇りと意地をかけた斬鉄剣との壮絶な一騎打ちが繰り広げられます。
アメリカが「隠し持つ」ステルス機は写真撮影すらも制限されているので、
こういう運用はあり得ないんですが、そこがルパン三世ならではの破天荒さでしょうか?


B-2 Spirit
こちらが実機の写真ですが、こういう全翼機はパルプSF時代の夢の機体だったし、
1953年の『宇宙戦争』にYB-49の試作機の実写フィルムが使われたのを見て以来、
実現を心待ちにしてただけに、1980年代終わり頃、
このB-2の写真が公表された時はワクワクしましたねぇ…。

Jack Northrop
ちゃんと開発もYB-49と同じノースロップ社が担当し、その機体の失敗により航空工業界を
引退するハメにも陥っていた創設者のジャック・ノースロップの夢を叶えただけでなく、
まだ完成前の1980年に余命幾ばくもなかった病床の彼の元に、最高機密であるB-2の精密な
模型を作って届けさせ、彼に「今こそ、神が25年の余生を私にお与えになった理由が分かった」と
涙を流させたという粋なエピソードも伝えられています。
タッカーもそうでしたが、何かを作るために全力を注いだ人の努力は、
たとえ商業的には成功しなくても、何らかのかたちで報われてほしいものですよね…。


stelth3sides.jpg
お見せしてるのはTootsietoyのHARD BODYというシリーズのB-2 Stealth Bomberです。
翼長18cmのダイキャスト製で、15年ほど前にホンコンのトイザラスで買ったモノです。
当時はまだ日本にザらスがなかったため、ほんとカーゴいっぱいの買い物をしまくった時に
ついでに買ったモノでした。約15香港ドルで当時のレートが20円なんで、約300円になりますねぇ…。
当時は日本の100円ショップではまだこういうオモチャは売ってなかったんで、
300円でダイキャスト製のステルスが手に入る訳もなく、大喜びで買った記憶があります。

stelthpake.jpg
Tootsietoyというブランドも古くからのミニカーマニアには懐かしく、この品も生産こそは中国ですが、
ブランドそのものはシカゴだったのも買う気になった大きな要因でした。
そういう雑玩だし、気まぐれで買ったため、そのまま未整理荷物に埋もれていたのを最近発掘し、
いろいろ調べていたら「燃えよ斬鉄剣」に登場していたことに改めて気づき、
今回こうやって、もうパッケージはヨレヨレですが、当ブログに登場した訳です(笑)。
親に最初に買ってもらったミニカーがルパンと縁が深いクルマだったこともあるし、
よっぽど私とルパンはオモチャ的に縁が深いのかも知れません…。


話を「燃えよ斬鉄剣」に戻せば、幼なじみの桔梗は五エ門を裏切り敵に回る訳ですが、
これは意外でも何でもなく、ハデハデのキャラにせよ、その「変わらぬ愛」という花言葉を持つ
桔梗という名前にせよ、それから松井菜桜子の声にせよ(笑)、裏切りフラグ立ちまくりだったんで、
見てて当然でしたね。最後は五エ門の心にいくらか傷は残ったでしょうが、紫がいるというのに、
下手したら彼女とも面識がありなおかつ、同じ紫色の花である桔梗なんかに
のめり込んだゴエが悪い! と女性ファンなら怒っちゃうんじゃないでしょうかねぇ(爆

エンドタイトルで、水底に沈みゆく龍の置物をじっくりと映しながら流れる平井菜水が歌う主題歌
「想い出があなたを離さない」が印象的で、しっとりとねっちりの中間くらいの曲調と歌声は、
実は桔梗も内心では密かに五エ門を愛していて、本来は「隠れる」意味のステルスというのも
それに掛けてたんじゃじゃないかとの思いも感じさせ、余韻の残るエンディングになってました。

lupintvbestcd.jpg(vapより発売)
この歌も含めTVスペシャルの主題歌は、本編の出来映えがイマイチな作品が多いため
省みられることは少ないですが、悪くない曲も多いしベストCDも出てるので、
機会があったらお聴きになってはいかがでしょうか?



conalupin.jpg
しかし、『ルパンvsコナン』かぁ……。
『名探偵コナン』に関しては興味の対象外なんで、
放送されるまでにある程度は情報を仕込んでおかないと楽しめそうにないな…。

まさか今年のTVスペシャルはこれ一本ってことになるんでしょうか?
3月放送ということなんで、OVAだったけど去年の『Green vs Red』みたいな特別版ということで
放映局の日本テレビさん、どうか別カウントにしてくれないでしょうかねぇ…。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

あい、この作品、、確かに面白いし、傑作だと思います、、

寸分違わず、機体の同じ位置をなぞって行く五エ門の剣の腕と、桔梗に萌え々々しておりました、、

また、飛行する大型の航空機を相手に小型機で戦いを挑むと云うのは、未来少年コナン(名探偵じゃないわよ、、爆)のギガントや、死の翼アルバトロスのアルバトロス号、、と同様の展開で、分かっちゃいるけど、面白いですよねー、、

そか、この作品が、山田康雄さんの遺作だったのですねー(しんみり)、、

えと、モデルは、、Tootsietoyですか、、

トートスィーと読むか、、トートシーと読むかで、コレクター暦がバレてしまいますねー(爆)
【2009/01/29 16:02】 URL | 覆面える #- [ 編集]


>覆面えるさん
あの五エ門の攻撃は、最初は無駄なあがきと思わせておいて、
実は一番有効な攻撃だったってのがシブイですよね~。さすが五エ門って感じで!

巨大飛行機との戦いというのは確かに宮崎さんの得意技で、
そういう意味ではこの作品も宮崎リスペクトなのかもですねぇ…。

私はトートシーですが(笑)、こういう精密なのも出してたのか~って、
ちょっと意外な感じが当時してましたよ。
あまり日本では見かけないけど、今もこのメーカー健在みたいで何よりです。

【2009/01/29 18:29】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]

見た目は5歳頭も5歳
日テレさんは今後、ルパンの多角化を進めるんですか?
緑ルパン、赤ルパン、桃ルパン・・・その他色々あるけど全部別キャラですよ!みたいな感じで・・・。

一方でとりあえず3月特番はTVSP系赤ルパンで様子を見て、イケると判断したら、夏にはカリ城ルパンと某有名ジブリキャラのコラボとか。

やっても~た!な結果が出たら全部なかったことにして、『ヤッターマン対コナン』でコツコツ稼ぐ!!みたいな・・・。
でも時々でいいからルパン小僧、8世とかも使ってね。

ご紹介いただいたステルスのオモチャ、初めて見ました。
B-2って裏側のインテークとか、何気にバットマン・メカっぽかったりしませんか?
【2009/01/30 16:33】 URL | どどまいや #LkZag.iM [ 編集]


>どどさん
去年のOVAの『Green VS Red』でやりたい放題やったばかりなんだけど、
また今年もこんなんやるってことは、毎年春先に異色作をぶつけてくるつもりなのかも?

『ヤッターマン』も映画がどうなるかでその後の展開決まるだろうし、
まぁナマ暖かく見守りませう!(笑)

B-2、黒く塗ればそのままでバットマンの飛行メカになりますよね~!(w


【2009/01/30 22:26】 URL | fziro #jxzSJpSE [ 編集]


fziro様

当方、最近のルパンⅢ世は殆ど観ていないのですよ~。でもこの作品は仰る通りキャラクターも1stシーズンっぽくてちょっと観たくなりました。

宇宙戦争に出てきた爆撃機、YB49と言うのですか・・・子供のころ物凄く怖かった、今見るとちょっと微笑ましい宇宙戦争(笑)の中でも強く印象に残っていたのですが、ステルスと遠からぬ関係があったんですね。ノースロップ氏の事も含め、感慨深いお話でした。
【2009/01/30 23:36】 URL | Ponys41 #- [ 編集]

見た目は子供も10年経ったら元通り
いつだったか『コナン10周年』の時に思ったのですが、
「10年経ったら元の高校生に戻っているのでは?」―と。
きっと新一君は青春の一番オイシイ時代を帽に振るのが惜しくなり、実年齢の姿に戻らずに「このままでいい」と思うでしょう。
辛抱強く新一の帰りを待っていた蘭ちゃんはアラサー近く。成長したコナンの姿を見続け正体に気付かないフリをしているのも限界だと17歳になったコナンに結婚を迫る。
しかし、その頃にはコナンの心は高校生になった歩美ちゃんに傾いているのだった…。
『大人の名探偵コナン』になってしまいますね。

おっと、話がそれましたが、ステルス機と言えば『ゲッターロボ ゴウ』原作版に登場するステルスから変形するロボはカッコ良かったです。
『マクロス7』にもステルス変形のバルキリーが出てましたね。
【2009/01/31 10:42】 URL | ドルフィン #Q2uDoHQQ [ 編集]


> Ponys41 さん
そうです、あの機体はそういう名で、このB-2の直系の御先祖様ですよね。
当時のテストフィルムを流用したらしい、あの出演場面は、
あの映画の中ですらも、異彩を放ってましたが、
あの機体が実用化された訳だから、ほんと設計思想を替えずに頑張った
ノースロップの技術者のガッツは素晴らしいと思います。
【2009/01/31 23:31】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


>ドルフィンさん
そのあたり、この『名探偵コナン』の設定上の泣き所でしょうか?(w
まだまだ終わる気はないだろうから、ほんとどうなることやら…。

『ゲッターロボ・ゴウ』のステルバー、ありましたねぇ!
あれも原作マンガはちゃんとゲッターロボサーガの中に取り込まれてるから
面白いですよね。全体の完成を待たず、石川賢先生が亡くなったのは本当に残念です。

マクロス7はほとんど見てないので記憶にありません、すみません。m(_ _)m
【2009/01/31 23:38】 URL | FZIRO #jxzSJpSE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/tb.php/229-ae503d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)